エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

ゲームレポート&コナン感想

エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年5月第2週[メイン更新]

今週のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます!

カムバック、GW!!

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・Nintendo Labo バラエティキット(Switch)
・Splatoon2(Switch)
・ハローレディ!Superior Dynamis(PSVITA)
・ブレイブルー セントラルフィクション(PS4)
・大逆転裁判1(3ds)

Nintendo Labo バラエティキットのトイピアノで演奏してみた!


1525612957175

今回は先週の記事で予告した通り、とある曲を弾いてみたので載せておきます!
ただ先に言っておきますが、私はピアノが一切弾けませんので、リズムも弾き方もボロボロです(笑)
1ミリも期待しないで聞いてくださいね!w

手を映していませんが、それはすべて人差し指でペシペシしていて恥ずかしいからです!(^_^;)



ちなみにですが、上手い人が時間をかけて練習してリズムや楽器などもしっかり考えて弾けば、相当な完成度で楽曲を再現できそうなほど、トイピアノ自体の完成度は高いと思います♪







ハローレディ!Superior Dynamis の一言感想

先日ようやくハローレディをクリアしました!
全体的に学園ものという感じは薄く、最初から最後まで主人公の復讐と、そこにいたるまでの過去を描く、といった作品でしたね。

キャラクターは全体的に良かったですし、舞台装置としての設定も魅力的でしたが、いかんせん一本調子なのが玉に瑕。高い文章力のおかげでテンポよく進めることはできますが、もうひとひねり大きな展開が欲しかったというのが正直なところ。主人公や周りの人間の行動原理に納得がいくかどうかというところも評価が分かれそうなポイントだと思います。



2018年4月の人気記事ランキング

第8位 ちゃんとした記事を書かねば!というプレッシャー
第10位 エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年4月第1週[メイン更新]

トップテンに今月公開・更新の5記事がランクイン。
Switchおすすめタイトル記事はようやく軌道に乗ってくれたようで、安定したアクセスとなっています。

意外とエイプリルフール記事(第7位)、ゲーム関係ないコラム記事(第8位)を読んでいただけたのが印象的でした。

全体的な水準としては先月比20%減といったところ。
ただそもそも更新回数が減っていますし、アクセス数はあまり気にしないことにしたので大丈夫です。ゼンゼンキニシテナイヨ!ミンナニハナイショダヨ!

本をいっぱい買った!

ゲームとは関係ありませんが、ぶらりと本屋に立ち寄ったらいつの間にか10冊も購入していた…。
本屋、おそろしい子!
いろいろ読んでおすすめできそうなら後日ブログでも紹介したいですね。

名探偵コナン第901話「妃弁護士のSOS!(前編)」感想(ネタバレ注意)


今週のコナンは原作前後編の前編。妃英理の登場回となっています。

メッセージアプリが題材の今回、ちょっとした”カンマ”によって本物の妃先生を言い当てるあたりはさすがですね♪その後で鐘の音だけで大まかな場所さえも特定してしまうとは…。かっこよすぎて辛い(笑)

全体的に緊迫感の漂う演出がとてもよかったですし、蘭の通算10度目くらいとなる「コナン=新一!?」という疑いも久し振りで。次週が待ち遠しい!

それにしても蘭はいつになったらスマホにするんでしょう?高校生でガラケーというのは今の時代ほとんど見ないですよね。新一に買ってもらった携帯だから大切にしているんでしょうか。
というわけで今度はスマホも買ってあげてほしいところ。もちろんナマコ男ストラップ付きで(笑)

個人的評価:10(満点10)



エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年5月第1週[メイン更新]

今週のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます!

今週はGWということで、Splatoon2のオフ会に加え、友人と集まってゲームをプレイする機会がありましたのでそれについても簡単に。

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・Nintendo Labo(バラエティ・キット)
・Splatoon2(Switch)
・ARMS(Switch)
・ハローレディ!Superior Dynamis(PSVITA)
・ブレイブルー セントラルフィクション(PS4)
・オーバークック(Switch)
・スーパービートスポーツ(Switch)

Nintendo Labo(バラエティ・キット)

ニンテンドーラボのバラエティキットをついに購入!
早速リモコンカーとトイピアノを作ってみました!

1525612947968

リモコンカーは意外と力強く走るのでびっくりしました。
それにしても普通はコントローラーで物を動かすのに、これはコントローラー自体を動かしてしまうのですから、よく考えればあり得ないアイディアですよね(笑)

1525612957175

そしてピアノ!
こちらはおよそ2時間半ほどかけて完成。分かりやすい組み立て動画のおかげで迷ったりつまづいたりすることはなかったですが、作業量という意味では鍵盤とつまみがなかなか大変でした(^_^;)

ただこのピアノ、苦労して作っただけの甲斐はある一品で、その機能の多さに感動してしまいました!
というのも、普通のピアノと同じように演奏ができるのはもちろんのこと、

・つまみでの音の特徴の変更
・レバーでのオクターブの変更
・録音と再生
・リズムが生成できる
・波形カードでいろいろな楽器の音が作り出せる

こんなにいろいろできる!

ちなみに私は現在このトイピアノを使って「とある曲を再現してみよう!」ということで練習中。来週の記事では公開できると思いますのでぜひご覧ください!

ARMS / オーバークック / スーパービートスポーツ

4人でSwitchをTVに繋いで3タイトルをマルチプレイ!

ARMS

ARMSはかなり久し振りだったので操作をほとんど忘れていて、ボコボコにされましたw
ペアを変えながら2対2での対戦でしたが、勝率は3割くらい?(笑)チャージショットや狙い変更がいまだ思ったようにできないのが致命的ですねw

オーバークック

オーバークックは2回目のプレイ。
今回は4人でのプレイでしたが、相変わらず盛り上がること盛り上がること。

各ステージごとに構造や配置、作るものが違うため、作戦や動き方がまるっきり変化。常に新鮮な気持ちで遊べるのがスゴイ。これ一本あれば一日余裕でもちますよw

DTeAKn_UQAAAjRH

関連記事リンク:Switchのおすすめダウンロードソフトをご紹介!vol.1

以前上記の記事でも紹介したスーパービートスポーツ。
こちらに収録されているミニゲーム「リズムラケット」で対戦プレイ。

ホッケーのようなゲームなんですが、リズムに乗って打ち返す感覚が爽快で、パーティー性も強め。一緒に遊んだ友人たちも「これは面白い!」と高評価。

今月購入予定のタイトル

今月購入を予定しているタイトル・気になっているタイトルのまとめです。

購入確定タイトル

今月も先月に引き続き購入確定のタイトルはなし。
とかいいつつ先月もそうですがDLタイトルや旧作タイトルはいろいろ買うでしょう…w

気になるタイトル




ペルソナ5を題材としたリズムゲーム。
ペルソナ4ダンシングオールナイトは楽しめたので、こちらも興味は持っています。(ただその前に本編早く遊ばないと!)



高難度アクションRPGとして知られるダークソウル1作目のリマスタータイトル。ダークファンタジー感が強めだということなので、どうしてもホラーチックな雰囲気が苦手で挫折したブラッドボーンのリベンジと行きたいところ。



ブレイブルー、アンダーナイト、ペルソナ4U、RWBYの4作品のコラボレーションが実現した格闘ゲーム。ブレイブルー好きとしては気になるタイトルです。

蒼の彼方のフォーリズムのSwitch版を購入してしまいました!

PSVITA版をクリア済みなんですが、Switch版(パッケージ版)もお布施ということで購入。続編である「ツヴァイ」、待ってますよ!!



名探偵コナン第900話「密室の推理ショウ」感想(ネタバレ注意)


今週のコナンは放送900話という節目の回!一話完結のアニメオリジナルで脚本はユニークミステリーで知られる扇澤延男さんが手掛けています。

なんというか特殊すぎる内容でしたねw
コナンの”泣き落とし”と転じて犯人に”果敢に立ち向かう”ギャップは、ある意味小学生という見た目と高校生の頭脳というコナンの軸となる部分を象徴するようなものだったとは思います。

それにしても毛利のおっちゃんが無事でよかったですw

個人的評価:5(満点10)

話変わりますが、劇場版・零の執行人は週末観客動員ランキングでV3を達成!私もつい昨日2回目を見てきました。来週には3回目に行く予定です(笑)

この調子だと最終興収は75億円を超えそうで、昨年に引き続き”2018年公開邦画No.1”はほぼ確実といえそうです。ちなみに他作品の動向次第では、”2018年公開全映画No.1”も狙える位置につけています。



エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年4月第3週[メイン更新]

今週のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます!

ということなんですが、今週はコナン映画の公開週。
私もコナンマニアとしてコナン漬けの1週間を送っていたもので、ゲームをあまりプレイしていないという…w
そのため今週はかなりコナン成分強めとなっていますので、コナンに興味ないという方、すみません。

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・Splatoon2(Switch)
・ハローレディ!Superior Dynamis(PSVITA)
・スチームワールドディグ2(Switch)

Splatoon2

今週はある読者の方とタッグマッチに参加!
ガチアサリとガチヤグラを約1時間ずつプレイしました!

やはりタッグマッチは熱いですね~♪



ハローレディ!Superior Dynamis、二人目のヒロインを攻略

復讐を題材とした学園ADVをプレイ中。現在ふたつ目のルートである「空子ルート」を読了。
空子が持つ特殊性が作られたきっかけを想像してちょっと不憫に思いましたね。個人的にはもともと好きなキャラだったので、なおさら気持ちが入ってしまいました。

さて、先週も書きましたが、正ヒロインっぽい「朔ルート」、そして「菱亜ルート」が楽しみです。



今週発表された新作タイトル

今後は毎週末にその週に発表された新作タイトル(発売日決定タイトルも含む)を箇条書きにする形に変更しようと考えています。
今回に関しては火曜日に新作情報をまとめていますので、水曜日以降に明らかになった新作を以下で挙げておきます。

速報性はこれまで以上になくなってしまいますが、1週間の情報のまとめとしてご活用いただければと思います。

魔界戦記ディスガイア リファイン Switch/PS4(2018年7月26日発売)
クローズド・ナイトメア Switch/PS4(2018年7月19日発売)
ロックマンX アニバーサリー コレクション1 Switch/PS4/XboxOne(2018年7月26日発売)
ロックマンX アニバーサリー コレクション2 Switch/PS4/XboxOne(2018年7月26日発売)
サクラ大戦最新作 ハード未定(発売日未定)
ボーダーブレイク PS4(2018年8月2日発売)
シェンムー1&2 PS4(2018年発売)
フライデー・ザ・サーティーンス:ザ・ゲーム日本語版(2018年7月13日発売)
戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch(2018年秋配信)
暴れろ 動物たちよ! スマホでパーティー PS4(2018年4月26日配信)
Lanota Switch(2018年6月配信)
SEGA AGES 全15タイトル Switch(2018年夏より順次配信)
ライバル・メガガン Switch/PS4/XboxOne(2018年冬配信)
THE麻雀LITE Switch(2018年6月21日配信)




劇場版名探偵コナン「ゼロの執行人」を見てきました!


1523778793668[2454]


2018年4月13日に公開された劇場版名探偵コナン最新作「ゼロの執行人」。早速公開日に見てきましたので、「ネタバレなし」「ネタバレあり」に分けて感想を書いていきます!

ネタバレなしの感想

まずはネタバレをしない範囲で。
本作はある程度予想していた通り、公安にスポットを当てたシリーズでも異色の本格刑事もの。この辺りは相棒や科捜研の女のメインライターである櫻井武晴さんが脚本を手掛けているから納得ですね。

そんなダークなシナリオにはミステリー要素が満載!今作は推理をするような場面はないのかと思っていましたが、蓋を開けてみれば序盤~中盤は捜査と推理が大半を占め、犯人と安室の謎めいた目的を追うことになります。それでいてテンポが素晴らしく疾走感があるのは感嘆しました。

また本作から7作ぶりに新監督にバトンタッチしていますが、それに伴う変化は如実に表れています。

ひとつはアクション面。見栄えする大迫力アクションは健在ですが、無駄に派手にするような意志は感じられず、全編を通じて要所で物語を引き締めるために使われていたのが印象的。その分尺もコンパクトになっていて、濃い人間ドラマを描くのにたっぷりと時間を割いています。

ふたつめに演出面。美しい背景を引きで見せるような場面が多く、加えて人物の仕草や細かな現象の描写がとにかくリアル。例えば雨粒が傘にあたるような小さな表現にもこだわっていることが伝わってきました。

音楽は相変わらず大野さんの素晴らしいサウンド、そして福山雅治さんの主題歌「零」が作品にベストマッチ。エンターテインメント作品としての完成度がますます洗練されていたように感じます。

全体的にとにかくバランスのよかった作品。ミステリー、キャラ描写、アクション。それが上手く混ざっていて、ここ10作の中で個人的には「絶海の探偵」と並ぶ傑作になっているのではないかと思います。立川監督はこだま監督の作品を彷彿とさせるバランス感覚なのではと感じました。来年以降、通例通り7作品手掛けてほしいですね。

個人的評価:95(満点100)

ネタバレありの感想

ここからはネタバレありの感想となります!まだご覧になっていない方はご注意ください!



コナンvs安室。それは真実vs正義といった位置付けで宣伝されていましたが、実際に見てみると真実を明かすということは二人の中で共通していて、そのための方法としての正義の在り方が少し違うのだという印象を受けました。

そもそも安室さんは原作でも重要キャラクターですから、そうイメージを壊すようなことはしないだろうと思っていましたが、序盤~中盤はまさに”コナンの敵”。そのため「どんな目的で安室がそんな行動をとるのか?」ということが物語の大きな謎となっていました。

各地で起こるIOTテロや不可解な言動の弁護士。公安警察の不穏な動きとサミット会場の爆破など犯人の目的。そうした複雑に絡み合う謎がすべて過去のある事件に繋がっていく美しさはさすが櫻井さんの脚本!と感じましたね。

序盤の爆発、中盤のスケボー、ラストのカーアクション。どれもがコンパクトでありつつも、効果的なタイミングで入れられていて、観客が飽きないような構成になっているのもお見事。ここ数年のコナンのいいところをしっかり受け継ぎつつ、それに頼り切ることはしないというバランス感覚に感心しました。

さて次回作は怪盗キッドで「夜空に浮かぶ船」が舞台とのこと。どのような雰囲気の作品となるか、今から期待大です!

エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年4月第2週[メイン更新]

今週のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます!

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・Splatoon2(Switch)
・ハローレディ!Superior Dynamis(PSVITA)
・ロケットリーグ(Switch/PS4/XboxOne)
・スチームワールドディグ2(Switch)

ハローレディ!Superior Dynamis、一人目のヒロインを攻略

復讐を題材とした学園ADVをプレイ中。現在ひとつ目のルートである「珠緒ルート」を読了し、「空子ルート」をプレイ中。

キャラクターたちの描写もさることながら、会話のキレと言葉選びが素晴らしく、ライターさんの文章力の高さを感じます。テンポよくギャグパートとシリアスパートが切り替わるため、プレイしていて重くなりすぎず軽くなりすぎず。いい塩梅になっていると思います。

個人的には正ヒロインっぽい「朔ルート」、そして「菱亜ルート」が特に楽しみです。



Splatoon2

来たるウデマエX(現在のS+10以上)に備えてガチヤグラを鬼のようにプレイし、ようやくS+9までいった束の間、新しく追加されたクラッシュブラスターネオを試してみようなんて出来心に誘われて負け始めたのが運の尽き、なんと2連続でゲージが割れて一気にS+0まで戻りました(;ω;)

I can’t believe it!



スチームワールドディグ2を絶賛プレイ中!


DZI-xQHVAAYa_qP


まだクリアには至っていませんが、現在は破壊神の神殿を攻略中。なかなか入り乱れた構造で探索のし甲斐がありますね。この辺りになると、仕掛け満載の小部屋が本編より難しく感じますw特に炎をかいくぐって登ったり降りたりを繰り返すところと、ギミックボタンを押さないように進むところが難しくてしょうがなかったです…。(伝わりますかね?)

おそらくもう終盤に差し掛かっているのではないかと思いますが、ここへきてさらにアクションが拡張されていくのだから、底が深いゲームです。(穴掘りだけに。)

2018年3月の月間人気記事ランキング

第9位 エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年3月第2週[メイン更新]
第10位  ニンテンドーダイレクト2018.3.9発表内容総まとめ!ついにスマブラが降臨!?

2018年3月の月間PVはほぼ2月と横ばい。更新記事数は半分ほどになっていることを考えれば思ったより落ちていない印象です。まずはこの水準を維持していきたいところです。

ランキングは相変わらず変わり映えしませんが、先月からスタートしたメイン更新記事(この記事シリーズのことです)が5位と9位にランクイン。思っていたより多くの方に読んでいただけているようで良かったです。今後時間がなくて更新をスキップする週もあると思いますが、その場合は何らかの代替記事を用意するつもりです。

ブレイブルー セントラルフィクションがPS4でフリープレイに!


BBCF

ブレイブルーの最新作にして、ラグナ・ザ・ブラッドエッジを主人公とする物語の完結作として発売された「セントラルフィクション」。現在PS Plusのフリープレイタイトルになっています!

格闘ゲームとして楽しめることはもちろん、壮大なビジュアルノベルとしても楽しめるのが特徴のシリーズですので、シリーズ未経験の方もぜひこの機会にデビューされてはいかがでしょうか。

ちなみに私はかなりヘタクソではありますが、コンティニュアムシフトやクロノファンタズマでは「ツバキ・ヤヨイ」「ジン・キサラギ」「ライチ・フェイ・リン」などを使っていました。

BLAZBLUE CENTRALFICTION - PS4
アークシステムワークス
2016-10-06


今週の名探偵コナン「ケーキが溶けた!」感想(ネタバレ注意)


今回のコナンは劇場版最新作「ゼロの執行人」のプレストーリーとなります。脚本はもちろん劇場版と同じく櫻井武晴さんが担当。

基本的にはタイトルの通りケーキが溶けた理由を明かしていくだけのシンプルな内容ですが、IOT家電や無線の混線、ドローンの誤作動、安室とコナンの立ち位置や考え方の違いなど、劇場版の内容にそれとなく繋がるように作られていることが伝わってきました。一方で作画が崩れていたことは少々気になりましたね。青野さんに再びローテーション入りしてほしいところなんですが…。

ちなみに私は「ゼロの執行人」、例年と同じように公開日を含め5回ほど見に行くつもりです。昨年の「から紅の恋歌」は2017年公開の全邦画で興行収入第1位という快挙を達成しましたが、今年も昨年同様に過去最高更新&邦画NO.1を記録してくれることを期待します!

個人的評価:7(満点10)







エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年4月第1週[メイン更新]

今週のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます!

今週は友人と3人でゲームで遊ぶ機会があり、そこでSwitchのダウンロード3作品を合計8時間近く遊びましたw
それらもさくっと紹介していきます!

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・Splatoon2(Switch)
・マリオカート8デラックス(Switch)
・ハローレディ!Superior Dynamis(PSVITA)
・ロケットリーグ(Switch/PS4/XboxOne)
・スチームワールドディグ2(Switch)
・オーバークック スペシャルエディション(Switch)
・FAST RMX(Switch)

ハローレディ!Superior Dynamisをプレイ開始!

桜花裁き斬をクリアしたので、今度は異能バトルものの学園ADVをプレイ開始。まだ初めて2~3時間ですが、主人公が”最強かつ変態”だということだけはよく分かりましたw
”最強かつ朴念仁”,"変態かつ朴念仁"という設定はよく見るのですが、”最強かつ変態”は意外と珍しい印象。
謎多き閉じた学園を舞台とする世界観で、掴みはいい感じですので、ゴリゴリ読み進めていきたいと思います。



ロケットリーグで対戦プレイ!


ロケットリーグ

以前から購入したいと思っていたロケットリーグをSwitchでダウンロード購入。アクロバティックな車を操作してサッカーを楽しむスポーツアクションゲームです。価格は約2000円。

こちらを早速3人でマルチプレイしてみたのですが……これかなり難しい!

DZsXgeTVMAEtBoZ

思った方向になかなか進めませんし、ゴールはおろか、なかなかボールに車を当てることすらできない始末(笑)特にボールが空中にある時、ジャンプしてタイミングを合わせるのは私にとって至難の業w

それでもなお十分に面白いのですが、本格的に対戦するのはかなり慣れと練習が必要だなと実感した次第です。ぼちぼちトレーニングしようかと。

DZr_mWCV4AAw2JN

スチームワールドディグ2を絶賛プレイ中!


DZI-xQHVAAYa_qP


いやあ、これはインディーズゲームとは思えない完成度…。
地面を掘り進めて探索する独自のゲーム性に、徐々に解放されていくアクションで探索の幅が広がっていく感覚。これはかなり練りに練って作られていることが伝わってきます。

ドリルでガシガシ削っていったり、ワイヤーで遠くまで飛んで行ったり、ボムで仕掛けを動かしたり。進めていくとこれらを活用してちょっとした謎解きをしていくことになりますが、それがスピーディなゲーム展開を邪魔していないのだからスゴイ。程よい謎解きがアクセントとなって探索の楽しさを跳ね上げています。あそこのギア、どうやって取るんかな…?みたいな。

ハック&スラッシュ的に鉱物やギア、貴重なアイテムを集めて能力を強化していける要素もいいですね。このおかげでどんどん冒険が快適になっていきますし、手触りとテンポが加速度的に増していきます。

DZI-0g7VwAAQxd6

また基本的には奥へ奥へと掘っていくわけですが、結果的にはアリの巣のような広い迷宮となっていて見ているだけでも楽しいですね。戻りやすいようにと考えながら掘っていくのはちょっと頭を使います。とにかく新鮮なゲームだと感じています!

オーバークック スペシャルエディションを協力プレイ!


オーバークック

オーバークック、これメチャクチャ面白いです!
本作は最大4人で協力して指定されたメニューの料理をとにかくたくさん作っていくシミュレーションゲーム。

食材を取り出して、刻んで、鍋やフライパンやかまどに入れて、皿に盛りつけて、提供して、汚れた皿を洗って……と聞くと複雑そうに聞こえるかもしれませんが、操作はごくごくシンプル。スライドパッドと4種のボタンの簡単な使い分けだけなので、10分くらい遊んでいるとどなたでもだいたい掴めてくると思います。

じゃあ何がそんなに面白いの?というと、とにかく効率を意識してチームワークよく立ち回る大忙しのゲーム性です。ピクミンに通じるゲームと言えばわかりやすいでしょうか。

DZr_tldU8AAftl8

みんなで適当に食材を切っているだけでは料理が完成しませんし、様々なステージが変形したり分断したりで担当できる作業がプレイヤーごとに変化。あ、スープが出来上がる前に次のオニオンを切っておこう…いや、仲間がオニオンを準備している、となると皿を洗うべきだ…。

こんな感じで常に頭をフル回転、状況をしっかりと見極めて最善手を考えるのがもう楽しくてしょうがないんです。おいおい、鍋から火がつくぞ!そんなところで魚捌いている場合じゃないから!はよ!あ、火が付いた!消火器もってこーい!あ、フィッシュアンドチップス間に合わなかった…。

わいわいみんなで文句を言ったり褒めたたえたりお互いに指示を出したり。今回は3人でプレイしましたが、4人でプレイしてそこに指示役が何人かいてもいいくらいの難易度。
意外なほどアクション性もありますし、プレイのたびにちょっとずついい動きが分かってくるのも上達を感じられて嬉しいですね。

DZr_1KJVMAIG9zB

約2000円でおすそわけプレイができますので、みんなで楽しめるパーティーゲームとしてこれから猛プッシュしていきたい作品になりました!全力でおすすめです!それにしても工程の多いピザ、ハンバーガーは難しい。

FAST RMXで対戦プレイ!


FASTRMX

こちらはハイスピードレーシングアクションゲーム。
SFチックな高速のレースが特徴で、続編が待望されているF-ZERO感のある作品となります。価格は約2000円。

DZr_UWQVMAAUA9s

ブーストエナジー(私が勝手に命名した)をたくさん取ってガシガシブーストするのが爽快で、またジェットの色をブルーとオレンジで変化させることが可能。床に設置された加速装置は色が合っていないと減速装置になってしまいますので、タイミングよくジェットの色を変えていく要素もあります。

渓谷や都市など様々なロケーションを爆走するのが心地よく、振動も手に馴染みます。こちらもおすそわけプレイに対応していますので、みんなで対戦するのにもってこいですよ!

DZr_cBRU8AAuWIQ

2018年4月に購入予定のゲームソフト

月初め恒例、エンタメ最高マンの今月購入予定ソフトまとめ!

購入予定タイトル

実は今月は珍しく購入確定のタイトルはなし。Switch/PS4/PSVITA「ワールドエンドシンドローム」が延期されてしまったのが残念なところです…。

ただその代わり気になるタイトルは目白押し。時間や予算と相談しながら、いくつか購入してプレイしていこうと思っています。

気になるタイトル



スナックワールドのSwitch版。作品としてはなかなか評判がいいようで、RPGとしてどの程度楽しめるのかが気になるところです。



PS4の完全新規RPG。ソードアートオンラインのようなVRMMORPGを題材とした作品で、かなり興味を持っています。評判次第では購入したいと思います。



ネオアトラスのSwitch版。以前VITA版を購入しようと思っていた際、当時の評判を聞いてスルーしてしまったという経緯があるので、改善されているようなら購入したいです。



戦車のRPG・メタルマックスシリーズの完全新作。シリーズは未プレイですが、今回はデザイン面に惹かれていて悩み中。過去作もおすすめしていただいているのでどこかで時間を作りたいところではあるんですが…。




任天堂の全く新しい挑戦的なタイトル。体験してみたい気持ちはありますが、あまり大きいと置き場に困りそうな予感(笑)購入するとして、どちらにするかもまだ決めていません。ゲーマー的にはやはりロボットですかね?



名作ADVが復刻。閉鎖された廃屋から脱出を目指すマルチエンドの密室サスペンスストーリーが展開。PS4/PSVITAでの発売ですが、購入するならPSVITA版にします。調べれば調べるほど欲しくなるタイトル。

2018年3月の月間人気記事ランキング

申し訳ありませんが、時間の都合上次週公開いたしますm(__)m

今週の名探偵コナン「呪いの仮面は冷たく笑う」の感想(ネタバレ注意)


今週のコナンはアニメの4代目監督(前監督)である越智さんが脚本を手掛けたアニメオリジナル1時間SPのデジタルリマスター再放送。初期の名作の1本として知られるお話です。

私はすでに3回以上見ているのでトリックや犯人などは完全に覚えていましたが、この不気味な雰囲気はやっぱり好きですね~。また仮面がただの雰囲気作りではなく、事件のトリックに欠かせないものになっているというところが上手いと思います。

越智さんはこれ以外にも「秘湯雪闇振袖事件」や「降霊会W密室事件」といったトリックものや、「転落のアリバイ」に「疑惑のイニシャルK」といった一話完結のシンプルなものまで何本か書かれていますので、興味がある方はご覧になってみてください。個人的に「秘湯~」は大のお気に入りです!

個人的評価:9.5(満点10)







エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年3月第4週[メイン更新]

今週のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます!
(あやうく更新が日を跨ぐところだった…日曜更新と言っているのにギリギリになってすみませんw)

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・あなたの四騎姫教導譚(Switch/PS4/PSVITA)
・Splatoon2(Switch)
・桜花裁き 斬(PSVITA)
・FORTNITE(PS4)
・スチームワールドディグ2(Switch)

Splatoon2のフェスをプレイ!

今回のフェスもしっかり「えいえん」まで上げました!w
テーマは「最新モデル」vs「人気モデル」。私は「人気モデル」での参加です!

ミステリーゾーンはインクを当てると一気に引き寄せられる仕掛けが設置されていて、これが立ち回りにかなり影響を与えていましたね。これは気に入ったのでぜひ新ステージ追加の際に導入してほしいです。

さて、気になる結果の方ですが、投票率こそ最新モデルが上回ったものの、勝率はソロ・チームいずれも人気モデルが上回り人気モデルに軍配が上がりました!

フェスのお祭り気分でお遊びプレイもしてみましたよ(笑)

桜花裁き 斬をクリア!

江戸時代を舞台に、奉行である主人公が事件を解き明かしていく逆転裁判やダンガンロンパライクの推理ADVである本作。

ついに後日談含め完全クリア!
いやあ、ここまでプレイした感想ですが、最初に思っていた以上にキャラクターたちのことを気に入りました!

推理ものということで中盤までキャラクター性は薄味な気がしていましたが、メインストーリー(共通ルート)のクリア後にプレイできるキャラエンドは一つ一つよくできていて、ある意味本編より楽しめたかもしれませんw

全体的には「おお、こう来るか!」といった大きなカタルシスにかけるところはありましたが、終始安定して先が気になる展開。徐々に江戸感も味わえました(笑)

なお好きなヒロインはやはり幼馴染みの理夢…なんですが、沖田紫乃がまさかあれだけの破壊力を秘めたキャラだとは……。不覚。

いずれにせよ、ミステリー好きの方には十分おすすめできる内容だと思います!



スチームワールドディグ2のプレイを開始!

DZI-xQHVAAYa_qP

スチームワールドディグ2のプレイをようやく開始!
まだ一時間ほどしか触っていないので細かいことは書けませんが、まず感じたのはアクションの手触りの良さ。コンコン地面を掘っていく感触が心地よく、また壁をBボタン連打で張り付いて登れるのも気持ちいい!なるほど、これは高評価も納得です。

DZI-3eLU0AEqXbf
DZI-0g7VwAAQxd6

仕掛けもいろいろと施されていて探索のし甲斐がありそうですね。ギアなど収集/カスタマイズ要素もあるみたいなので、ゆっくりと遊んでいきたいと思います♪

簡易コラム/家庭用ゲームでデジタルシフトが進む理由

昨今家庭用ゲーム業界で進むデジタルシフト。パッケージタイトルの売上本数のうちダウンロード版の占める割合は(ハードやソフトにもよりますが)年々高まっており、今では無視することができない規模となっています。

今回のコラムではこのデジタルシフトがいいことかどうかはさておいて、なぜこうした動きが進んでいるのかを簡単に考えてみたいと思います。

ゲームカード・ディスクを抜き差しする必要がない

DL版の場合はソフトの抜き差しが必要ありませんから、容量の許す限りは何本でもハードに常駐させることができます。遊ぶ頻度の高いゲームの場合、これは非常に便利ですよね。

中小規模のDLソフトやインディーズゲームが増え、DL購入へのハードルが下がった

DL専売タイトルが中小メーカーやインディーズなどを中心として増加したことで、DLでソフトを購入する障壁はかなり小さくなりました。
加えてスマホアプリの普及によって、ゲームをダウンロードすることに慣れてきたという面もあるでしょう。

品薄の時にも問題なく購入できる

パッケージ版が品薄で購入しづらい場合でも、ダウンロード版ならいつでもどこでも購入できるのも大きいと思います。いわゆる機会損失の影響は以前よりは出にくくなってきているのではないでしょうか。

ゲーム機をオンラインで繋ぐのが当たり前になった

オンライン対戦機能やショップ機能の充実などにより、ゲーム機をネットに繋ぐのは非常に自然なことになりました。世代を追うごとにネットとの接続率は上がってきています。

メーカーによってはお得な価格に設定している

パッケージ版は割引が前提の価格ですから、パッケージ版の価格とダウンロード版の価格が同じである場合はどうしても割高感があったわけですが、近年はメーカーもDL版の値段をあらかじめ安めに設定していたり、発売直後にセールを行ったりして、ユーザーがDL版を選びやすいような施策を打っています。

前日の午前0時から遊べる

DL版の予約購入やあらかじめダウンロードサービスを用いれば、基本的にはパッケージ版の発売日の午前0時からそのタイトルのプレイが可能。他プレイヤーより一足先に進めることができる手段として重宝している人も多いのでは?

まとめ

ダウンロード版は便利な点が多く、今後もまだまだパッケージ版からのシフトは進むと思います。もちろんパッケージ版のメリット・ダウンロード版のデメリットもありますし、タイトルやハードなどに合わせてどちらも上手く活用していきたいですね。

今週の名探偵コナン「白い手の女(後編)」の感想(ネタバレ注意)


今週は原作回の後編。ラストは若狭留美、脇田兼則、黒田兵衛が勢ぞろいする思わせぶりなシーンが。私はRUM=脇田兼則説を提唱したい(笑)

さておき事件の方も綺麗にまとまっていて面白かったです。特に顔に字を書いたトリック。なるほど、ハンコの要領で押したとは…!これはシンプルですが盲点でしたね。

トリック写真の謎もすっきり解決。前編の化粧品の匂いはここに生きてくるわけですか。うーん、さすがよくできてるw

それと灰原さんが顔にナルト付けているのが可愛すぎましたね♪
でもコナンがあれだけ笑って見せたのはおそらく若狭先生に”自分は子どもだよ”アピールをしたかったからではないかと勘繰ってしまいました。おそらく今回の件でコナンは若狭先生に何らかの疑念を抱いたと思いますので。

ちなみに若狭先生=RUMではないと思う根拠は灰原が”組織の気配”を感じていないからです。センサーに反応しないということは、おそらく組織側の人間ではなく味方?ではないでしょうかね。

そして関係ありませんが、BGMで「5・4・3・2・1!」の07バージョンが流れたのにはびっくり!劇場版4作目「瞳の中の~」の曲ですが、07アレンジされていたんですね。知らなかった…。

さて次回は名作アニメオリジナルの再放送「呪いの仮面は冷たく笑う」。前監督である越智さんによる脚本、作画監督は青野厚司さんということで注目を浴びた回ですね。1時間SPということで楽しみです!

個人的評価:10(満点10)






エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年3月第3週[メイン更新]

今週のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます!

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・あなたの四騎姫教導譚(Switch/PS4/PSVITA)
・Splatoon2(Switch)
・桜花裁き 斬(PSVITA)
・FORTNITE(PS4)
・がるメタル!(Switch/体験版)

あなたの四騎姫教導譚

正直言って先週からあまりプレイしていませんw
というのも、後述しますがSplatoon2で新ウデマエが導入されるとあって、ガチマッチをプレイしまくっているからです。

DYkCRuRU0AAy9eQ

さておきまだ一人目の姫を教導中なのですが、やはりこのゲーム、育成回りの要素がごちゃごちゃしているのでシステムの把握が結構大変です。ステージの一つ一つは数十秒~数分でクリアしていけるテンポのいい内容で、大作の合間でプレイするのにピッタリ…だと思っていましたが、育成にこだわり始めるとそういうわけにもいかなくなってくるみたいですね(^_^;)

DYkCWXoUQAEMzMy
DYkCZvOU0AU0jrQ

テキストの軽いノリや、細かな演出などは日本一ソフトウェアらしさがありますし、世界観やゲームの雰囲気は私も気に入っていますよ。

Splatoon2のアップデートについて

ガチマッチにおける新ウデマエ「X」の詳細が明らかに。
こちらはS+10以上のプレイヤーだけが参加できる最上級のマッチングとなるようで、逆に言えばS+11~S+50までは廃止されることになります。

ウデマエXはレート制となり、勝敗で数値が変動。一定以下の数値になった場合はS+9に陥落してしまうそうです。またこの数値は毎月リセットされるとのこと。

というわけで私はS+10を目指し、これまで以上にプレイ中。他のゲームをやる時間がなくなるほどに…(^_^;)

一度ウデマエゲージが割れるとプラス数値が5段階落ちてしまいますのでとにかく厳しい戦いですが、それでも頑張ります。

桜花裁き 斬 簡単レビュー


桜花裁き

江戸時代を舞台に、奉行である主人公が事件を解き明かしていく逆転裁判やダンガンロンパライクの推理ADVである本作。

ついに最終盤に突入しました!
いやあ、ここへきて怒涛の展開ではないですか。

ネタバレになってしまうので多くは語りませんが、ただのオムニバスものではなく、しっかり本筋のストーリーがあるのはいいですね。

世界観に合った熱い音楽、主人公を取り巻く陰謀のシナリオ、分かりやすく親切なゲームシステム。まさしく”逆転奉行”とでもいうべき作品になっているように思います。

少し気になったのは誤字や台詞抜け、文脈の不整合が意外と多いことでしょうか。細かい部分で作品の面白さとはあまり関係がないところではありますから、そう問題にはならないと思いますけどね。



FORTNITE(フォートナイト バトルロイヤル)をプレイしてみた!

人気のPUBGライクタイトルとして人気の「フォートナイト」がPS4で無料配信されていたのでダウンロードしました。

DYkYycSUQAA8F-F

本作は最大100人のプレイヤーが生き残りをかけて戦うバトルロイヤルゲーム。広いフィールドが徐々に狭まっていき、時間の経過とともに敵との邂逅率が上がっていきます。

DYkYzM1UMAERdbB

そんなわけで私も早速遊んでみたのですが……なにこれ、ハラハラドキドキがスゴイんですけど!
5試合ほどのプレイではまだ相手を満足に倒すこともできていませんが、いつどこから敵が来るかもしれない緊張感は独特のものがありました。これはこの手のゲームが流行っているのも納得です。

そして面白いのは壁や足場などをクラフトして、自在に移動したり身を守ったりできる点。このシステムのおかげで動き方にかなり幅が生まれているような気がします。(やられた後に上手いプレイヤーの観戦をしていて実感。)

DYkY0F5VQAABUYF

これだけの内容が無料というのは太っ腹だと思いますので、気になる方はぜひダウンロードしてみてください♪

がるメタル!(体験版)をプレイしてみた!

こちらも体験版を無料でダウンロード。
本作はSwitchで発売されたDMM GAMESによるリズムアクションゲーム。女子高生バンドがメタルで地球を守るという謎のストーリーはなんと今井秋芳さんが担当。

というわけで実際に遊んでみましたが……なにこれ、めちゃくちゃ爽快なんですけど!

DYkCD7dVMAIDfkd

ジョイコンを振っての体感操作はHD振動と相まって気持ちいいですし、楽譜がないというのも新鮮。自分で好きなようにリズムをつけて演奏することができます。(高得点を狙うには様々な種類のリズムを組み合わせる必要あり。)

DYkB6UIV4AAHNxb
DYkCAdyU8AMac2V

マンガ仕立てのストーリーも出だしからバカゲー感満載で楽しそう。ゆる~いノリですw
そんなわけで体験版を遊んでいたら、普通に製品版が欲しくなってしまいましたね。気楽さと奥深さをこんな形で両立してくるとは、DMM GAMESもやりますなあ~!

DYkCLH4VQAEmHza
練習モードのハードルである100万点に行くにはどれくらい練習すればいいのでしょうw

記事のアップデート情報

VITAは傑作・名作ADVの宝庫!おすすめタイトル総まとめ!
・千の刃濤 桃花染の皇姫
・桜花裁き 斬
の2タイトルの紹介を追加しました。

近日追加予定のタイトルを変更しました。

エンタメ最高マンによる”オリジナル名言(迷言)”を本日より1日1個公開

本日より1日1個、Twitterでゲームに関するオリジナル適当名言(迷言)を公開します。30個は厳しかったので全15個にすることにしました。
共感していただけるものがあれば嬉しいですが、どうなることやら。(後日全部まとめて記事化する予定です。)

今週の名探偵コナン「白い手の女(前編)」の感想(ネタバレ注意)


今週もコナンは青山先生による原作回。若狭先生が登場する重要なお話です。

事件の方はいわゆる倒叙もの。犯人があらかじめ分かっている中で、その犯人がどのように犯行を行ったかを解き明かすことになります。

タイトルの”白い手の女”という架空の人物を犯人に仕立て上げるのが真犯人の目的なわけですから、探偵団が見た怪しい女が真犯人の変装であることはおそらく間違いないでしょうね。

となると肝となるのは犯人の顔に書かれた「愛してる」の文字。現場に残っていたインスタントカメラの写真では第三者が書いているように見えるその字を、一体どのようにして犯人が書いたのかということですね。全く想像つかない…。これは興味をそそられる謎!

それはさておき、コナンの一休さんの演技、よかったですね~。まさか優作&有希子&チビ園子&チビ蘭が出てくるとは思っていませんでしたよ!なんか得した気分(笑)
演出もさすがは鎌仲さん、相変わらず丁寧で素晴らしかったです。

個人的評価:10(満点10)



エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年3月第2週[メイン更新]

今週のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます!

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・あなたの四騎姫教導譚(Switch/PS4/PSVITA)
・ブラッドボーン(PS4)
・Splatoon2(Switch)
・桜花裁き 斬(PSVITA)
・ディアマイアビス(Switch)
・ポイソフトのズン(Switch)

あなたの四騎姫教導譚 序盤簡単レビュー


ダウンロード

今週発売された日本一ソフトウェアの完全新規作品である「あなたの四騎姫教導譚」。主人公の騎士が4人の姫を育成する物語が展開されるファンタジーアクションRPGとなっています。

私も早速プレイしていますので、序盤の簡単な手触りについて書いていきます!(購入したのはSwitch版。)

思った以上にゲームとしては凝っている

DX541-IUQAECeMb

見下ろし型の2Dアクションでなおかつハクスラ系ということで、シンプルなゲームを想像していましたが、意外なほど凝った作りでビックリしました。

多彩な攻撃方法の使い分けをはじめとして、回避、作戦の変更、シミュレーション的な判断、姫へのコマンドの選択など、いろいろと考えながらプレイする必要があります。

ストーリーもなかなか楽しい

DX54q8GUQAAJLmY

まだ一人目の姫のストーリーを攻略中なので細かいことは言えませんが、なかなか先が気になるシナリオです。ちなみに私が最初に選んだのはアルパナ。デザインはリリアティが一番好きなので、この子を最後に回そうと思っています。

育成の方法やバトルの効率的な進め方などは説明不足
一番はじめにチュートリアルがありますが、覚えることが多くてほとんど頭に入ってこないのが難点。システムを理解するまでにちょっと時間がかかる気がします。進めるうちに慣れる、といった感じですね。

会話デモでキャラが揺れまくる

DX54xL4UMAAYZhe

言葉の通り、キャラがプルプル揺れます。まるで痙攣です(笑)
いやあ、これはOFFにしたい(できない)。特にアルパナの場合は背中の羽が揺れまくって気が散りますw(スクショは静止画なので伝わりませんが…)

まとめ
全体的に手堅い良作といった印象を受けました。小粒さこそありますが、一つ一つの要素は思いのほか丁寧に作られているように思えます。1プレイが短いゲームなので、メインで遊ぶというよりも大作の合間にちょこちょこ遊ぶのに向いているかもしれません。世界観・ゲーム性が気になるという方、日本一ソフトウェアらしい高い価格設定ではありますが、買って損した!というようなゲームではないと思います。

なお騎士の性格を選択することができますが、”変態”が存在。というわけで変態紳士の方はぜひどうぞ。(私は”知的/寡黙”を選択しましたよ!)

あなたの四騎姫教導譚 - Switch
日本一ソフトウェア
2018-03-08

あなたの四騎姫教導譚 - PS4
日本一ソフトウェア
2018-03-08


Bloodborne(ブラッドボーン)を触ってみた!


Bloodborne

PS4のフリープレイタイトルとなっていたので、一時間ほどプレイ!
…いやあ、難しい。

高難度アクションゲームは完全に初めて触りましたので、イロハが分かっていないからというのもあるのでしょうが、たった一時間で10回はGame Overにw

まずもって出会った敵全員に戦いを挑むスタイルがあかんのだろうと思います。それとマップがないためにヤーナム市街で迷いまくり。方向音痴の私にはなかなか辛いところです(^_^;)

それとダークファンタジー系の世界観かと思っていたら、どちらかというと近代ホラー寄りの雰囲気なんですね。ホラーが苦手な私にとっては、それがさらに難易度を高めている…w

というわけでもう少し遊んでみるつもりですが、とりあえずクリアできる気はしません(笑)

桜花裁き 斬 3つ目の事件までの感想


桜花裁き

江戸時代を舞台に、奉行である主人公が事件を解き明かしていく逆転裁判やダンガンロンパライクの推理ADVである本作。
現在3つ目のストーリーまでクリアしましたので、ここまでの印象をネタバレなしで書いていきます。

世界観・・・設定の割には軽め。歴史的な描写は少なく、時代劇感はあまり感じない。
キャラクター・・・概ねキャラが立っている。人間関係もしっかりしている印象。
ストーリー・・・序盤に提示される大きな謎がどうなっていくのか楽しみ。
システム・・・思っていた以上に逆転裁判という感じ。ただしだいぶ簡素化されていて難易度も低め。

DXb01G_VMAAOdgQ

そしてやはり気になるのが”ミステリーとしての出来”ということになると思いますが、現時点では可もなく不可もなくといったところでしょうか。あまり込み入った感じではなく、本当にシンプルに証言を組み立てて犯人を明かすというのが特徴なので、奇抜なトリックや巧妙な論理に期待すると若干肩透かしとなる可能性はあるかも。

しかしシンプルだからこそ、それぞれの証言をじっくりと検討していく過程は手作業感があり、自分がお奉行様になって裁きを進めている気持ちになれるというメリットもあります。というわけで現時点では結構夢中になってプレイしております。推理もの好きなら十分楽しめる作品になっていると思いますね。

ちなみに関係ありませんが、理夢が可愛い。(幼馴染み属性に弱い。)



ディアマイアビス


Dear my Abyss

今週は「桜花裁き斬」をじっくりプレイしていたこともあり、まだ昴編の途中。「桜花裁き 斬」をクリアしてから本気出します(笑)

ポイソフトのズン プチレビュー


poisoft-ZUN

CPU戦を数試合プレイしてルールを把握。同じ数字や同じマークでないと出せず、またUNOのようにカードを引かせたり、順番をスキップしたり、順番をリバースしたりといった効果を持つカードが存在。最終的には手札の合計が場の札の数値と合致すれば”ズン”となります。

DX54ksaVwAAZ16B

正直言って今の時点ではどのようにカードを出していくと戦略的にいいのか、といったことは全く分からず、出せるカードを出すだけのプレイになってしまって負け続けている状態。

決してつまらないわけではありませんが、どのように立ち回るのがいいかをアドバイスしてくれるようなチュートリアルモードが欲しかったところです。まあこれは経験を積めばカバーはできそうですけどね。

一方でおすそわけプレイに対応していないのはちょっと残念。顔を突き合わせての対人戦は盛り上がりそうなだけに、アップデートで追加されることに期待です!(オンラインプレイやローカルマルチプレイには対応しています。)

頂いたニンテンドープリペイドカードで新作を購入!

実は今週とても嬉しいことがありました。
なんと、ある読者の方からニンテンドープリペイドカードのコードを頂いてしまったのです…!
いつも楽しく読んでくださっているとのことで、そのお気持ちだけでも感謝なんですが…恐縮でございますm(__)m

早速Switchのeショップで”気になるリスト”に入れておいた「スチームワールドディグ2」を購入させていただきましたよ!

これがまた非常に評判がよく、様々な方がプッシュされていましたので、私もこの機会に思い切ってダウンロード♪プレイしましたらこの日記記事で紹介していくつもりです。

改めまして本当にありがとうございました!!!

今週の名探偵コナン「となりの江戸前推理ショー(後編)」の感想(ネタバレ注意)


新キャラクターである板前・脇田兼則が登場する原作重要回の後編。
大根おろしとガリとわさびのどれで血を消したのか、ということが焦点でしたが、答えは大根おろし。ということで犯人は外れてしまいました…w
でもガリでも血を消すことはできるそうで、惜しかったといえば惜しかった?(笑)

正体不明の板前さんの前で小五郎を眠らせて大丈夫??と思っていましたが、上手く死角に入り込んでいましたね。ただやはりあの板前さんは只者ではない気がします。間違った推理をしたのはわざとなのではないかと勘繰ってしまいますね。

今回は前後編通じて小五郎がびくびくしている姿が面白い回でした。ラストで万馬券を交番に届けるシーン、何度も未練がましく振り返るのには笑ってしまいましたw

さて、来週は「白い手の女(前編)」。もう一人のRUM候補・若狭先生が登場する原作回。演出はダークな演出のスペシャリストである鎌仲さんが担当されるようで、いつにもまして楽しみです!

個人的評価:8(満点10)



お知らせ(再告知)

近日よりちょっと変わった企画を行う予定です。
「ゲームにまつわるオリジナルの名言を作って1日1個、全部で30個公開する」という謎の企画で、毎日私のTwitterでつぶやく形式にしようと思いますので、よろしければご覧ください。

なお、つぶやき忘れて慌てて2個つぶやく日があるかもしれませんがお許しをw
30個公開した時点ですべてをまとめて記事化するつもりですので、Twitterをやっていない方はそちらをご覧いただければと思います。(開始日は未定です。今は作りためているところです。)

エンタメ最高マンのゲームレポート!2018年3月第1週[メイン更新]

今週からスタートする毎週末(日曜日)更新のゲームプレイ日記/雑記。
私がこの1週間でプレイしたゲームとその簡単なレビューなどをまとめるほか、ソフトの購入予定やおすすめタイトル紹介、月間人気記事と毎週のコナンの簡単な感想など、これまで別々に更新してきたトピックを凝縮してお届けしていきます。

しばらくの間はこの記事シリーズが当ブログのメインという形でやっていくつもりですので、ご理解ください。

今週のゲームプレイ日記

<プレイしたゲーム>
・千の刃濤 桃花染の皇姫(PS4/PSVITA)
・Splatoon2(Switch)
・桜花裁き 斬(PSVITA)
・ディアマイアビス(Switch)
・まんが・か・けーる(PS4/PSVITA)※PS4版は現在配信日未定

千の刃濤 桃花染の皇姫


DXb0DCiUMAAEbTa

こちらはプレイ時間約20時間ほどで無事読了!分岐が分かりやすいので助かりました。

本作は日本を元にしている皇国が舞台の和風ファンタジーADV。名作・穢翼のユースティアを手掛けたオーガストの作品ということで期待していましたが、まさに期待通りの内容。以下簡単にレビューをしていきます。

練りこまれた世界観
オーガストの生み出すファンタジックな世界観はとにかく濃密で説得力があり、リアリティを感じさせるから脱帽です。呪術が存在する世界。武人と呼ばれる戦闘に特化した能力。皇帝の権威と共和国の侵攻。これらの要素が本作の根幹にあります。

見ごたえのある演出
ノベルゲームでありながら、戦いの描写や重要な局面では剣戟や血しぶきのアニメーションが入り、没入感をさらに高めてくれます。背景絵やキャラ絵も美しく、その意味でも本作はお気に入りになりました。

主人公たちの様々な忠義を軸に据えた熱いシナリオ

DXb0G55U0AEEQ7p

DXb0IYhVoAATvJu
DXb0FFkVQAAf4kM

登場する人物たちがそれぞれ抱える思い。それが丁寧に描かれているのも本作の魅力。
主人公だけでなく、多くの人物が自らの信じる忠義を込めて戦う。そんな熱い物語でした。
またシリアスな展開ではありますが、重くなりすぎず、適度に気を抜いて楽しめるのも個人的にはありがたかったです。

なお個別ルートが短めであること、全体的にもボリュームが多いわけではないことはハマったからこそ気になりましたが、完成度はその分高いので十分満足です。購入を悩んでいる方、おすすめします
(個人的には稲生滸の扱いがかわいそうな気が…。一番好きなキャラなだけに…w)



Splatoon2

ガチマッチについては常にやっているのでここでは割愛して、今回はフェスについて簡単に。

花と団子

今回のテーマは「花vs団子」。私はまさに”花より団子、団子よりゲーム”な人間なので、今回は団子チームに投票。スーパーサザエ欲しさにしっかり「えいえんの団子ガール」まで上げておきました。

ちなみに結果は得票率こそ団子チームが優勢でしたが、試合の勝敗は花チームが僅差で上回り、破れてしまいました(^_^;)

関連記事リンク:Splatoon2フェスのお題を20個考えてみた!DQvsFFなんてどう!?

桜花裁き 斬


桜花裁き

江戸時代を舞台に、奉行である主人公が事件を解き明かしていく逆転裁判やダンガンロンパライクの推理ADVである本作。

まだ一章ですので、詳しいことは次回以降の日記で触れていきますが、思っていたより世界観やテイストは軽めの印象。

一方で実際に現場を捜査したり、容疑者の証言を聞いたり、証拠を集めたりする調査パートと、犯人に矛盾を突き付けたり、選択肢を選んで犯人の言葉の刃を斬っていったりする奉行パートはいずれも思っていた以上に逆転裁判のシステムに近いような気がします。

DXb0ywSVMAAIsUA
DXb0wq9U8AAb459
DXb01G_VMAAOdgQ

ミステリーとしてのレベルや謎解きの楽しさがどの程度のものかはまだ判断しかねますが、数少ない貴重な推理ADV、しかも江戸時代という特殊な世界観ということで、じっくりプレイしたいですね。もう少し進めたら推理ものとしてのレベルがどのくらいか、評価していきたいと思います。



ディアマイアビス


Dear my Abyss

一冊の本をきっかけに主人公やその周りに異変や事件が巻き起こるサスペンスADV。価格は972円とお安めですが、25時間ほどの大ボリュームとなっているそうです。

私も先日よりプレイしており、現在は魅栖華編が終了。昴編に入ったところです。
まだ物語がどのように進展していくのかは分かりませんが、ドキドキさせるような展開が多く、その世界観はなかなか魅力的です。

クトゥルフ神話を題材とした物語ということですが、私にその知識はゼロ。とはいえここまでは特に分からない場面などもなくスムーズに進められています。

DXbotXRVMAANh6a

ちなみに主人公含め登場キャラ全員シルエットで描かれているのはかまいたちの夜を彷彿とさせますし、背景絵が滲んでぼやけているのも不気味でいい感じ。というわけで引き続きクリアまで進めていきたいと思います。

DXbo9rrVwAIOkOI
DXboyQ8UMAAs93D

まんが・か・けーる


DUqYQIZUMAAua_M

とりあえず30コマくらいは作った(というか一話ジェネレーターで自動生成した)のですが、自分でオリジナルのコマを作るのがとにかく難しい。用意しておいたシナリオを表現することなど私の技術では不可能に近いことが分かりましたw
というわけでどうするかはまだ未定ですが、どうにかむりやり着地させる方法を模索してみたいと思います。

2018年3月購入予定タイトルのまとめ

<購入確定のゲーム>
・ポイソフトのズン(Switch)
・ダマスカスギヤ 東京始戦(Switch)
・あなたの四騎姫教導譚(Switch/PS4/PSVITA)
・ブラッドボーン(PS4)※フリープレイ

<購入を検討しているゲーム>
・パケットクイーン(Switch)
・DOOM(Switch)
・シルバー2425(PS4)
・戦場のヴァルキュリア4(PS4)
・蒼の彼方のフォーリズム(Switch)
・シャイニングレゾナンス リフレイン(PS4)

あなたの四騎姫教導譚




教導騎士となって4人の姫たちに戦いの指導をしていく日本一ソフトウェアのファンタジーアクションRPG。
本作を大作揃いの3月に本命視しているブログはうちくらいかもしれませんが、私は本当に期待しています!新規タイトルということもあってボリュームや完成度は心配な部分もありますが、来週の日曜の記事ではさっそく簡単な感想を書いていくつもりです。

DOOM


Doom(R) - Switch
ベセスダ・ソフトワークス
2018-03-01


ベセスダ・ソフトワークスによる大作FPSゲーム。
一応購入確定ではなく購入検討の欄に入れてはいますが、おそらく購入します。前にも書いたような気がしますが、このクラスの大作が携帯機でどのような完成度で移植されているのかとても興味があるんですよね。ジャイロ操作も追加されているということでその手触りも気になるところ。正直いつプレイできるのかは全く見通せませんが…w

戦場のヴァルキュリア4




「え、戦場のヴァルキュリアの大ファンと言っていたのに購入確定じゃないの!?」と感じられた方もいらっしゃるかもしれませんねw
先に言っておきますが、絶対に買いますし絶対に遊びますが、後発で2018年夏発売が予定されているSwitch版を待つか悩んでいるということです(^_^;)
めちゃめちゃ好きなシリーズなので、いつでも遊べて布教もできるSwitch版に心惹かれるんですよね~。すぐにやりたいという思いがないわけではないですが、私は美味しいものは必ず最後まで取っておくタチの人間なので、待つのは意外と苦じゃありません(笑)(同じ理由でドラクエ11もSwitch版を待っているw)
両方買えって?はい、その通りですね!両方買うか…!来年度のゲーム補正予算案をしっかり検討した上で参議院に送ります(?)

蒼の彼方のフォーリズム




熱く甘い青春が味わえるスポーツもの恋愛ADVである「あおかな」のSwitch版。空を飛べるという設定の下、架空の競技・フライングサーカスのコーチとなった主人公が指導を通じてヒロインたちと心を通わせていく物語。
私はPSVITA版をプレイ済みですが、これがもう本当にオススメ!熱いし感動できるしヒロイン可愛いし!私はスポ根ものはあまりプレイしないんですが、本作はどっぷりとハマりました!お布施で買おうか悩んでいるくらいです。PS4版もありますのでお好みの機種でぜひプレイしてみていただきたいですね!

2018年2月の月間記事ランキング

第10位 変態で青春の科学ADV!?「俺達の世界わ終っている。」レビュー!

月間としての水準はおかげさまで4か月連続過去最高PVを記録。もっとも更新形式が変わる今月以降はどうなるか全く分かりませんが(^_^;)

特筆すべきはやはり第3位!期待していた10倍近いPVを集めました!あまりレビューしているサイトが多くないのが功を奏したようで、今も読み続けていただいているようです。

そして第4位と第6位。いずれの記事でも皆さんからたくさんの温かいコメントをいただいたおかげでこうしてブログを続ける運びとなりました。改めてありがとうございました。

そして第10位は先月公開したレビュー記事。また第7位~第9位はいずれも先月以前に公開したレビュー記事のロングランとなっていて、レビュー系の強さ(需要)を改めて感じます。

今週の名探偵コナン「となりの江戸前推理ショー(前編)」の感想


新キャラクター「脇田兼則」が初登場となる青山先生原作・重要回の前編でした!担当声優さんは千葉繁さん!すごいキャラに合っていましたねw

このキャラ、まさか組織のNo.2であるラムなのでは!?といった声も上がっていますが、果たしてどうなんでしょう。個人的には結構怪しい気がしているんですけどね。

事件はスリの犯人を当てるということでこじんまりとしていますが、今回の肝は血を大根おろし・ガリ・わさびのどれかを使って消す方法(トリック)。私はガリなのでは?と予想しておきますw

全体的には小五郎の表情が豊かに変わる回で、蘭と3人での団欒が見られて楽しかったです。さすがは原作!

個人的評価:9(満点10)



お知らせ

近日よりちょっと変わった企画を行う予定です。
「ゲームにまつわるオリジナルの名言を作って1日1個、全部で30個公開する」というもの。毎日私のTwitterでつぶやく形式にしようと思いますので、よろしければご覧ください。

なお、つぶやき忘れて慌てて2個つぶやく日があるかもしれませんがお許しをw
30個公開した時点ですべてをまとめて記事化するつもりですので、Twitterをやっていない方はそちらをご覧いただければと思います。

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村