エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

家庭用ゲーム情報

角川ゲームス3タイトル情報、2018年はVRソフト130本⁉など[2018年1月7日のゲーム情報+雑記]

この時期はなかなか新作情報は出てこないのでコンパクトな記事になってしまいますが、いくつか気になったものをまとめておきたいと思います。

1.Birthdays the Beginning(バースデイズ ザ ビギニング)のSwitch版が登場!

ハコニワ世界で様々な生物を育てて自分だけの”箱庭”を作る、クリエイト系シミュレーションゲーム。
そのニンテンドースイッチ版が2018年3月29日に発売決定!

発売中のPS4版のシステムやゲームテンポなどが改善され、新イキモノも登場するということで、タイトルも「Happy Birthdays」に変更。スイッチのハードと相性が良さそうなタイトルが出てきましたね。
(上のPVはPS4版のものです。)

2.バーンアウトパラダイス HDリマスターがPS4で発売決定!

PS3/Xbox360で発売された箱庭系のレースアクションゲーム・バーンアウトパラダイスのHDリマスターが2018年3月16日にPS4で発売決定!オリジナル版は非常に評判がよかったですが、現行世代ではどの程度受け入れられるのかが気になります。
(上のPVはオリジナル版のものです。)

3.ゴッドウォーズとルートレターに動きが!星娘も家庭用に!

角川ゲームスの安田社長のTwitterで3つの興味深い発表がされていましたのでお伝えします。

まずは「ゴッドウォーズ」。日本神話を題材にしたシミュレーションRPGとして、予想以上の高評価となっているタイトルですが、大型のアップデートはもちろん、完全版の発売も予定されているみたいですね。

続いてはルートレター。”角川ゲームミステリー”と銘打って始まった作品ですが、予定通り続編の展開(シリーズ化)が行われるようです。こちらはなかなか厳しい評判ではありましたが、主にキャラクター面での問題だったこともあり、新作には期待しています。

最後に「星娘(スターリーガールズ)」プロジェクトについてですが、こちらは家庭用ゲームの開発が進んでいるようです。宇宙を舞台としたSFチックな世界観での育成シミュレーションゲームとなっているスマホアプリですが、家庭用ではどのような作品となるのか注目です。

4.その他発表されたゲームソフト

実況パワフルプロ野球2018 PS4/PSVR
以前の記事で取り上げたパワプロの最新作の発売日が2018年4月26日に決定。

5.PSVR、今年一年で対応・専用タイトルが130本展開!?
ソース記事リンク:SIE、「プレステVR」のソフト280本超に(日本経済新聞)

SIEがPSVRに対応するソフトを2018年末までに280本に増やすとの記事がリンク先に掲載されています。
現在までにダウンロード専売のVR対応・専用タイトルが合わせて約150本発売されているとのことなので、この記事の内容が正しいなら、今後1年間で約130本もの新作VRタイトルが供給されることになります。

VRは私も昨年購入してその体験に感動しましたが、現状ではソフトが大充実といった感じではないので、今年一年間に期待したいところ。そういった意味でこうしたニュースは朗報だと思います。

6.「俺達の世界わ終っている」をプレイ開始!
俺達の世界わ終っている。 - PSVita
レッド・エンタテインメント
2017-11-09

PS4の地球防衛軍5と並行して、PSVITAのアドベンチャー「俺達の世界わ終っている」をプレイ中。
まだ序盤で、大きな事件が起きるようなところまでは行っていませんが、これが思っていた以上に面白く、キャラクターたちの軽妙な掛け合いに笑わせてもらっていますw
舞台・キャラ配置・設定など、「シュタインズ・ゲート」を参考にしているのでは?という部分も多く、科学アドベンチャーっぽさが強いのも特徴です。40時間ほどかかるみたいなので、のんびりとプレイしていくつもりです。


フェイト新作正式発表!ニンテンドーダイレクト次回はいつ?など[2018年1月1日のゲーム情報+雑記]

新年の一日目ですが、取り扱っていないゲーム情報がいくつかあったので、まとめておきます。ついでに今年の抱負も簡単に書いておきますw

1.Fate/EXTELLA LINK (フェイト/エクステラ リンク)が正式発表!
fateextellalink
ハイスピードサーヴァントアクションと銘打つ、いわゆる”Fate無双”的なアクションゲームの新作の詳細情報が明らかに。明かされていなかった対応プラットフォームはPS4/PSVITAとなり、発売日は2018年6月7日と発表されています!

本作は完全新作ではなく、あくまでも前作の完全版という位置づけですが、本作より新たなに登場するサーヴァント(クラスはセイバー)であるシャルルマーニュの新規シナリオが展開。またドレイク、アストルフォ、スカサハの3騎のサーヴァントも新たに追加されているそうです。
また詳細は不明ですが、アクションやグラフィックも生まれ変わっているということで、前作からいろいろと手が加えられているようです。

なおFate/EXTELLAはニンテンドースイッチ版も発売されましたが、残念ながら今作LINKは現時点で発売の予定はないようです。

2.その他発表されたゲームソフト

マーセナリーズサーガ クロニクルズ Switch
ライドオンジャパンが手掛けるタクティカルシミュレーションRPGであるマーセシリーズ。そのシリーズ過去三作品をすべてセットにしたのが本作。ファイアーエムブレムライクの”戦記+SRPG”という内容で、2と3は3dsでも配信中。なかなかどうして丁寧に作られた作品で価格以上に楽しめる作品だと思います。シリーズ作セットで移植というのは嬉しいですね。2018年配信予定。

まいてつPURE STATION PS4
鉄道を擬人化した特徴的なADVがPS4で正式発表。今年の冬発売予定ということですが、今月末から予約が開始されるとの情報があり、発売日はそう遠くなさそうです。

3.Splatoon2に新武器登場!

2017年12月30日より、シェルター系の新武器「スパイガジェット」が追加されています。パージが使えない分、閉じたまま攻撃できるという特殊な武器で、従来のシェルターよりも使いやすそう?

さらに2018年1月2日より「ホクサイ・ヒュー」も追加。ビーコンとマルチミサイルという構成となっています。

4.米アマゾンに謎のSwitchソフトが大量登録!近日発表会開催か!?
ソース記事リンク米Amazon.comで多数のNintendo Switch向け謎タイトルが登場!(Nintendo Switch ブログ様)

アメリカのAmazonで、ニンテンドースイッチの謎タイトルが20本近く登録されたとのこと。(現在はリンク先は削除されたようで確認できません。)

そのページでは「Just Announced at the Nintendo Switch Event Box art coming soon.」と表記されていたらしく、こちらは和訳すると「ニンテンドースイッチのイベントで発表されたもの。パッケージ画像の公開もまもなく」という感じ。

これはあくまでも私の予想ですが、ニンテンドースイッチに関する何かしらの発表機会(おそらくニンテンドーダイレクト、もしかするとプレゼンテーション発表会?)が迫っていて、こちらはそのイベント後に公開するものを誤ってフライングしてしまったのではないか、と思っています。

もともとニンテンドーダイレクトは公式サイトのリンク集にできた”空白”、そして周期的な意味で、1月中の開催が濃厚だとみられていますので、可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。
(ただしあくまでも噂程度に考えてください。特にそうした発表がないとすれば、お騒がさせして申し訳ありません。)

5.2018年の抱負など

今年も「おすすめゲームソフト紹介&ゲームレビュー」「ゲームソフト発売予定」「ゲーム新作・業界情報」「ゲーム関連コラム」をテーマとして、基本は1日1回更新するのが目標です。
(さらに「名探偵コナンのTVアニメ感想」と「名探偵コナン放送予定」はそれらの基本更新とは別枠で公開するつもりです。)

新作情報はスピーディーに、レビューは楽しさが伝わるように、発売予定は丁寧に、ゲームコラムはユニークに、そしておすすめソフトは全力で!
こんな感じの適当な抱負ではありますが、どの程度達成できるか、温かい目で見ていただければ幸いです。



ゲームメーカー年賀状2018新情報簡単まとめなど[2017年12月30日のゲーム情報+雑記]

週刊ファミ通で恒例となっている”ゲームメーカー年賀状2018”が公開されていましたので、そちらを取り上げるほか、いくつか新作情報もまとめておきたいと思います。

1.ゲームメーカー年賀状2018
1514619905698[1960]
量が多いので、既出情報のみのメーカーは省略して、未発表の新作の存在をほのめかしているメーカーのみを簡単にピックアップさせていただきます。ここに載っていない中で「このメーカーはどんな感じ?」というのがありましたら、コメント欄などで聞いていただければ返信いたしますので遠慮なくどうぞ。

アイディアファクトリー&コンパイルハート
コンパイルハートでは「驚きのコラボと万全の布陣で臨む完全新規タイトル」や「突き抜けた意外性を持つ『ネプチューヌ』シリーズ最新作」などの発表に向けて準備。

角川ゲームス
2018年は「メタルマックスゼノ」を始め、10周年記念プロジェクトを多数進行中。

コーエーテクモゲームス
2017年に立ち上げた新ブランド”midas”をはじめ、各ブランドも新作の準備を進めている。

日本一ソフトウェア
複数のプロジェクトを準備中で、中には「あっ!」と驚くものも。

フリュー
「ドラえもん」最新作と「バディファイト」の新作も春に発売。未発表のオリジナル作品も鋭意準備中。

MAGES./5pb.
既報タイトル、今後発表となる新作ゲームを通じて、非日常のドキドキをたくさん。

レベルファイブ
20周年新企画も。

2.新たに発表されたゲーム情報

マインクラフト ストーリーモード シーズン2 PS4
パッケージ版が2018年3月8日に発売決定。シーズン1との関連性はなく、本作から楽しめる。

OPUS 魂の架け橋 Switch
先日スイッチで配信されたOPUSの続編もニンテンドースイッチで発売決定。儚い世界観は共通。

ナツイロココロログ PSVITA
現実世界と電脳世界の2つを舞台とした恋愛ADV。2018年春発売予定。

Ninja Smasher! アルケミックダンジョンズ Switch
3dsでも発売されたニンジャスマッシャーの移植作品。追加要素を用意しているとのこと。

お絵かきパズル Pic-a-Pix Deluxe Switch
こちらも3dsで発売された作品の移植。2018年1月11日配信予定。価格は800円。

3.メタルマックスXeno(ゼノ)の発売日が2018年4月19日に決定!

かなり今風でスタイリッシュなデザインにしてきた印象のメタルマックスシリーズ最新作、その発売日は2018年4月19日に決定!思っていたより早い発売ですね♪
対応プラットフォームはPS4/PSVITA。私もスケジュールにもよりますが、購入したいと思っています。

4.地球防衛軍5が面白い!

この数日はEDFっ!EDFっ!と叫びながら地球を守る日々。いろいろと痒いところに手が届く仕様で、シリーズを2・3と遊んできた私からすれば(4は未プレイです。)、びっくりの大進化!まずは全ミッションをハードでクリアすることを目標に進めていますが、なかなかの歯ごたえ。でも今回は途中でやられてもアーマーや武器の一部が回収できるので、ちょっと気楽に楽しめます。

本作は控えめに言っても面白すぎるため、地球を守ると同時に、そびえたつ積みゲーの山も防衛されてしまうのが痛いところ。そろそろ「メガテンDSJ」と「俺達の世界わ終っている。」を遊びたいのに!

ちなみに本作は売上25万本を突破するなど非常に好調な様子で、シリーズファンとしてはとても嬉しいですね♪


キューブクリエイターXが発売決定などNintendo Switchニュース!

ニンテンドースイッチ関連のちょっとマニアックな情報をお届けするNintendo Switchニュースの第三回!今日も新作情報はじめ、いくつか気になるものをピックアップしていきます!

1.キューブクリエイターXが発売決定!
kyu-bu
Big John Gamesが手掛けるマインクラフトライクのサンドボックス型ゲームシリーズ・キューブクリエイターがSwitchにも登場!
そのタイトルは「キューブクリエイターX」でパッケージタイトルとして2018年4月26日発売予定となっています。パブリッシャーは引き続きアークシステムワークスが担当。RPG要素が加えられているそうです。

これまでには3dsで「キューブクリエイター3D」や「キューブクリエイターDX」が発売され、当時マインクラフトの3ds版がなかったこともあって、いずれも大ヒットを記録しました。今回のスイッチ版はマインクラフト発売後ですから、どの程度の売り上げとなるか注目されます。

2.D3パブリッシャーがダウンロード専売作品を続々予定!

シンプルシリーズを3dsで30本以上配信するなど、ダウンロード専売タイトルを多数リリースしてきたD3パブリッシャーですが、Switchではいまだソフト展開がなし。当然裏で開発はいろいろとしているのではないかと思っていましたが、先日紹介した乙女ゲーム2作に加えて脱出ゲームなどを新たに発表!

(・逆転吉原扇屋編 今冬)
(・逆転吉原菊屋編 今冬)
密室からの脱出 今冬
テニス 1月下旬
ビリヤード 2月下旬

ここからは定期的にいろいろな配信ソフトが出るようになるといいですね♪

3.アーケードアーカイブスの新年1月中旬までの配信スケジュールが発表!

2017年12月28日
・アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイター'96
・アーケードアーカイブス ダブルドラゴン

2018年1月4日
・アケアカNEOGEO キング・オブ・ザ・モンスターズ

2018年1月11日
・アーケードアーカイブス クレイジークライマー
・アケアカNEOGEO 龍虎の拳2

2018年1月18日
アケアカNEOGEO パワースパイクス

4.シノビリフレ-閃乱カグラ-の販売本数が明らかに!
1511523375901
先月のDLタイトルの売上が発表され、シノビリフレを間違って購入した方は全国で3万人ほどいたことが判明しました(笑)
DL専売タイトルであること、まだ発売から間もないことを考えてもこの数字はなかなかインパクトがあります。これは「Peach Ball 閃乱カグラ」の売り上げも期待できそうですねw

関連記事リンク:HD振動はどんな感じ!?シノビリフレ閃乱カグラをレビュー!

5.よゐこのマイクラでサバイバル生活・シーズン2、最終回の放送日程が発表!

よゐこの二人によるマインクラフトの実況プレイ動画シリーズ、よゐこのマイクラでサバイバル生活。
そのシーズン2最終回が2018年12月28日から放送されます!ラスボスであるエンダードラゴンとの戦いをしている以上、さすがにシーズン3はなさそうですし、これが見納めとなってしまうかもしれません。寂しい…。

できればマインクラフトではなくても、別のタイトルで2人の協力プレイの動画シリーズがまた始まってほしいものです。

関連記事リンク:よゐこのマイクラでサバイバル生活シーズン2が相変わらず面白い!(追記あり)

6.Splatoon2新武器が追加!
ちょっと取り上げるのが遅くなってしまいましたが…

連打することでジェットスイーパーに近いほどの射程を誇り、長押しの場合はわかばシューターに近い性能となる特殊な武器が登場。
ジャンプしながら連打しつつエイムを合わせるということができれば、理論的には最強ともいえる性能のシューターですが、使いこなすのはかなり難しそう。スプラッシュシールドの使い方も鍵となりそうです。

Splatoon2については、現在ガチアサリの攻略記事を執筆中。間もなく公開しますので、もうちょっとだけお待ちください。

7.クリスマスはニンテンドースイッチが爆売れ!?

今週はニンテンドースイッチが各所で大量入荷されたとの報告が続々と上がっています。あくまで予想ですが、おそらく今週は発売週以上の勢いがあったのではないでしょうか。品薄で購入できなかった方の中にもようやく手に入れられた、という声が。


記事公開時点でもAmazonでは上記のセットが定価で販売されています。

ニンテンドースイッチのソフトをお探しの方は以下の記事もぜひ参考にしてみてください!
関連記事リンク:名作揃い!Switchのプレイ全作品レビュー&おすすめ作品総まとめ!


閃の軌跡シリーズの新作が2018年に発売決定!(正式発表・追記あり)

(ラストに追記あり)

今年の9月に新作・閃の軌跡3が発売された軌跡シリーズ。
早くもその続編に関する情報が日本ファルコムの決算から出てきました!
2018年9月期の計画として、シリーズの最新作を引き続きPS4で発売予定とのこと。これは当然「閃の軌跡4」ということになるでしょう。
http://www.falcom.com/kaisya/ir/library_pdf/setumei1709.pdf(リンクはファルコム決算補足資料のPDFファイルです。)

閃の軌跡2から閃の軌跡3までは3年間というインターバルがありましたが、今回は1年というハイスピードで新作が登場するということで、おそらく3と4は同時進行で開発していたのだと思われます。

ちなみに私は閃3をまだプレイしていません。プレイしよう!と思ってディスクを入れたところで、まだ帝国編が完結していないことを知り、これは完結編(になるであろう)閃4まで待とう、と決めたんです。

私は軌跡シリーズが本当に好きなので、細かい伏線やキャライベントなどが完璧に頭に入った状態で遊びたいんですが、あまり間が空いてしまうとどうしても少しずつ忘れてしまう。そんなわけで、閃4が早くに出てくれるのは私にとっては朗報です!これでそうしたことを気にせずに、心置きなく始められる!
(でもやっぱり閃3を遊ぶ前に、空FCから全作品のEvolution版を復習プレイしようと思っていますので、もうちょっとおあずけです(笑))

ちなみに上に載せた資料ではPS4版「閃の軌跡」「閃の軌跡2」も来期に発売されることが判明しています。これによって閃シリーズ(帝国編)はすべてPS4でプレイすることが可能になります。

それにしても改めて息が長いこのシリーズ。
当然「カルバード共和国編」「アルテリア法国編」はあるでしょうし(いずれも2~3部作以上?)、もしかすると「レミフェリア公国編」「レマン自治州編」「ノーザンブリア自治州編」もあるかもしれませんし、まだまだ終わりは見えないですね。私は何作出されても付いていく自信があるので、一向に構いませんが(笑)、新規ファンの獲得も難しくなってきそうなので、そのあたりはちょっと心配。
というわけでこのブログでは今後もしつこく軌跡シリーズをプッシュしていきたいと思います!!

(追記)
hirameki4
本日2017年12月20日に軌跡シリーズ最新作「英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-」が正式に発表されました!
対応プラットフォームはPS4、発売日は2018年秋予定となっています!(まあ秋と言っても、ファルコムのことですから、まず間違いなく2018年9月27日であると考えていいでしょう(笑))

今回はシリーズで初めて副題がついていますが、これが正真正銘、閃シリーズの完結作となるようです。(注:あくまでも閃シリーズの完結作であって軌跡シリーズの完結作ではありません。)

ちなみにシリーズ1作目と2作目のPS4版にあたる「閃の軌跡1改」は2018年3月8日、「閃の軌跡2改」は2018年4月26日に発売予定となっています。2018年はまさに閃シリーズのフィナーレを飾るにふさわしい年となりそうです!

関連記事リンク:日本ファルコム・軌跡シリーズ!順番と評価
関連記事リンク:軌跡シリーズの個人的”作品&キャラクター”ランキング!
関連記事リンク:英雄伝説 軌跡シリーズの個人的名曲集!音楽から軌跡デビューもアリ!

英雄伝説 閃の軌跡III
日本ファルコム
2017-09-28


キャサリンのリメイク&6本の新作情報など[2017年12月20日のゲーム情報]

今週は小粒な作品の情報が多めですが、逃さずピックアップしておこう…としたら記事が小粒になってしまった感が(笑)

1.キャサリンのリメイクが発表!
キャサリン(特典なし) - PS3


噂にはなっていた「キャサリン」のリメイクが正式に発表!そのタイトルは「キャサリン・フルボディ」。対応プラットフォームはPS4/PSVITAで発売日は現状未定となっています。
ちなみに本作はアトラス内に新設された橋野桂さん率いる部署「スタジオ・ゼロ」の第一作目ということになるようです。

「キャサリン」はPS3/Xbox360で発売されたパズルアクションアドベンチャーで、悪夢と現実を行き来しながらストーリーを進めていく、ホラーチックな大人向けジュブナイル作品です。

今回のリメイクに際し、”3人目のキャサリン”としてリンというキャラが追加。物語はただエンディングが追加されるわけではないということなので、新キャラを巻き込んだ新たな展開などが用意されているみたいですね。

またオリジナル版はその難易度の高さから挫折する人も多かったようですが、今作では物語を最後まで楽しめるように幅広い難易度を用意しているということです。私も「キャサリン・フルボディ」購入したいと思っています♪

2.その他発表されたゲームソフト

Monster Energy AMA Supercross(モンスターエナジー AMA スーパークロス) Switch/PS4
インターグロー改め、オーイズミ・アミュージオのモトクロスレーシングゲームが登場。両機種ともパッケージ版も。2018年3月22日発売予定。

FLOWERS -Le volume sur hiver-(冬編) PSVITA
連作の百合系ミステリーADVの4作目が登場。2018年3月16日発売予定。

カノジョステップ PSVITA
学園もの恋愛ADV。選択肢を選んで好感度を上げていく。2018年3月21日発売予定。

パックマン チャンピオンシップ エディション2 Switch
名作アクション・パックマンのリブート作品。PS4/XboxOne版に加えてSwitch版も決定。国内での配信は現時点で未定のようですが、おそらく配信されると思われます。

ワールドネバーランド エルネア王国の日々 Switch
リバーヒルソフトが生み出した、ファンタジー要素のある世界での生活シミュレーションゲームシリーズが登場。2018年春配信予定です。

ナナミと一緒に学ぼ! TOEIC LISTENINGAND READING TEST 完全マスター Switch
メディアファイブによるTOEICを題材とした英語学習ソフト。アニメチックなヒロインが登場することで有名なシリーズ。今冬配信予定。


Switch版ドラクエビルダーズ発売日決定、レジスタ新作発表など[2017年12月17日のゲーム情報+日記]

今日はブログ更新の時間がほとんど取れなかったのですが、DLソフト関連の情報はいろいろとあったので、それらを取り急ぎまとめておきたいと思います。

1.レジスタのSwitch参入第一弾タイトルが発表!
Dear my Abyss
ルートダブルで知られるADVメーカー・レジスタは以前Switchに参入を発表していましたが、第一弾タイトルの配信が決定!
タイトルは「Dear My Abyss(ディアマイアビス)」。ダウンロード専売のアドベンチャーゲームとして、2018年初頭に配信予定だそうです。

本作は謎の本「破滅の書」を手にした少女たちの身の回りで様々な不可解な出来事が巻き起こるという、サスペンスストーリーが展開されるようで、シナリオボリュームは25時間。イベント画像も1000枚以上使われているということで、なかなか力が入っていそうです。私は興味はもちろんありますし、レジスタへの応援も兼ねて購入。SwitchでノベルADV市場が十分に形成されることに期待します。

関連記事リンク:ルートダブルで有名な有限会社レジスタがSwitchに参入を発表!

2.「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」のSwitch版は2018年3月1日発売!
DQB
ドラクエにサンドボックス型の要素を加えることで生まれたドラクエビルダーズシリーズの1作目のである本作。そのニンテンドースイッチ版の発売日が2018年3月1日に決定しました。
価格は4800円(税抜)とお安めで、スイッチのユーザー層的にも非常に重要なタイトルとなりそうです。

ちなみに2018年の2月には体験版が配信予定とのこと。また本作のセーブデータについて、Switch版「ドラクエビルダーズ2」への引き継ぎ要素もあるそうです。(もちろんPS4版も同様に引き継ぎ要素が用意されています。)



3.その他発表されたゲームソフト

サリーの法則 Switch
2Dのアクションパズルゲーム。2018年冬配信予定。

魔神少女 エピソード3 勇者と愚者 3ds
魔神少女シリーズ最新作が2017年12月27日に配信決定。

コンバット! サーチ&レスキュー PS4/Switch
バトルヘリ・アクションゲーム。PS4版は2017年12月21日、Switch版は2018年1月に配信予定。

万物乙女☆ダンジョンズ PS4/PSVITA
基本プレイ無料のローグライク。2017年12月21日配信予定。

4.テヨンジャパンがSwitchに2本新作発表?

12月21日はSwitchのダウンロードソフト情報が半端じゃないボリュームになりそうです(笑)

5.PSVR「Pinball FX2 VR」を購入しました!
pinball
ピンボールではお馴染みのZen Studiosが先日リリースした「ピンボールFX2 VR」をプレイしてみました。「SecretsoftheDeep」「Mars」「EpicQuest」の3つのステージが収録されていて、それぞれテーマに合ったVR演出がなされています。

まだ数回プレイしたくらいなので細かいことはまた後日記事にしようと思っていますが、手堅くピンボールとして楽しめるのはもちろん、サメ?や炎、剣士など、筐体の周辺にいろいろと動きがあるのはなかなか新鮮。価格は1500円程度ですので、ピンボールが好きな方は検討されてはいかがでしょうか。


レイジングループチーム新作情報!Switch累計1000万台突破!ガチアサリ感想も!など[2017年12月13日のゲーム情報+日記]

今週は新作情報は少なめですが、取り上げるトピックは非常に多くなっています!

1.スーパーロボット大戦シリーズの最新作がPS4/PSVITAで発売決定!

様々なアニメに登場したロボットたちが一堂に会するシミュレーションRPGシリーズ・スパロボシリーズの最新作がPS4/PSVITAで発売決定!発売日は2018年3月29日ということで、年度末のタイトルラッシュがさらにすごいことに!(笑)

今作で初参戦となる作品は「ガンダム Gのレコンギスタ」「魔神英雄伝ワタル」「バディ・コンプレックス」「バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-」「ふしぎの海のナディア」となっているようです。

シリーズ初プレイの方でも楽しめるよう、本作だけでシナリオが完結しているほか、従来のシステム・グラフィックがさらにブラッシュアップされているとのことで、もちろんシリーズファンにとっても待望の一本となっていそうですね♪




2.閃の軌跡2改の発売日は2018年4月26日に!

軌跡シリーズの帝国編・2作目にあたる閃の軌跡2。そのPS4版である「閃の軌跡2改」は2018年4月26日に発売決定

同じく閃の軌跡1改(PS4)は2018年3月8日発売予定、閃の軌跡3はPS4で発売済み、また2018年には軌跡シリーズ最新作(おそらく「閃の軌跡4」)が発売予定ということで、これで閃シリーズ全作品がPS4で遊べるようになるということですね!



3.ストリートファイターの30周年記念作品が発表!

シリーズの30周年を記念した「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」がSwitch/PS4/XboxOneで2018年春に発売決定

過去作12タイトルを収録したパッケージとなっており、うち4作品(「ストリートファイターIIターボ」
「スーパーストリートファイターIIターボ」「ストリートファイターALPHA3」「ストリートファイターIIIサードストライク」)はネットワーク対戦にも対応するということで、30周年にふさわしい豪華な内容となっています。

(収録される12作品は「ストリートファイター」「ストリートファイターII」「ストリートファイターII’」 「ストリートファイターII’ハイパーファイティング」「スーパーストリートファイターII」「スーパーストリートファイターIIターボ」「ストリートファイター ALPHA」「ストリートファイター ALPHA2」「ストリートファイター ALPHA3」「ストリートファイターIII」「ストリートファイターIII セカンドインパクト」「ストリートファイターIII サードストライク」とのこと。)

4.その他発表されたゲームソフト

セクシーブルーテイル Switch
日本一ソフトウェアのインディープロジェクト。ループする仮面舞踏会を舞台とした3Dパズル要素のあるミステリーADVですでにPS4でも配信中。価格は税込2160円、配信日は2017年12月21日。

Dance with Devils My Carol(ダンスウィズデビルス マイキャロル) PSVITA
同名アニメのゲームファンディスク。女性向け恋愛ADV。2018年3月22日発売予定。

5.ニンテンドースイッチの全世界売上台数が累計1000万台突破!

これはおめでたいニュースが飛び込んできました!!
WiiUは5年間の累計が1300万台程度でしたから、それを考えても素晴らしいペースでの普及です!

ちなみにスピード的には同時期の3dsと近いデータのようですが、3dsは1万円値下げがあったことも踏まえると、予想以上の好調ぶりであることが改めて分かります。この調子でどんどん普及していってほしい!

6.カプコンとスクエニがインタビューでSwitch向け展開について語る

まずはカプコンの辻本春弘社長が日本経済新聞のインタビューの中でSwitchに言及。

テレビに接続する据え置き型でありながら、持ち出して遊べるゲーム機の特性をうまく捉えられた。外で複数人で遊びやすい格闘ゲーム『ストリートファイター』などは予想以上に好調だ』として、
任天堂の過去のゲーム機向けに展開できていないソフトを移植することも考えている』とのこと。

続いてスクウェア・エニックスの松田洋祐社長はイギリス雑誌MCVのインタビューの中でSwitchに言及。(リンクは翻訳しているIGNJサイトです。)

過去の名作をSwitchなどに移植することはとても重要なことだと思います。しかし、弊社の過去のラインナップの魅力に気づいてもらうためには単なる移植では不十分です。今のゲーマーでも魅力的に思えるようにアップデートしていく必要があると思います

また松田さんはさらに、「いけにえと雪のセツナ」「LOST SPHEAR」のSwitch版はなんとダウンロード版の売り上げ本数がパッケージ版を上回っているということを明らかに。
Switchのe-shopの動作がサクサクであることや、自動的に届くゲームニュースの機能が優れていることなども影響してか、任天堂ハードでもデジタルシフトが進んでいるようです。

両メーカーとも変わらずSwitchに好意的という印象で、今後の展開がますます楽しみになりますね♪
明るいニュースだと思いましたのでこの記事でシェアさせていただきました。

7.レイジングループ開発チームの最新作は2018年夏頃に登場?
1502889793592reijing
ケムコの人狼を題材としたADVであるレイジングループ。このブログでも再三おすすめしている通り、これがもう本当に極上のホラーサスペンス・ハラハラドキドキの推理を楽しめる素晴らしい作品なのですが、そのレイジングループ開発チームが手掛ける新作が2018年の夏~秋頃に発売予定だとか!

機種・内容などは明らかにされていませんが、今度もパッケージ版も考えているそうで、かなり気合いが入っているみたいです!

レイジングループのシナリオを手掛けられた野吹さんが監修するタイトルでテイストは近いものになるとのことで、レイジングループの直接の続編というわけではなさそうですが、土着信仰を題材とした不気味なミステリー作品はもうぜひとも遊びたい!民俗学という響き、好きなんですw

現在までに家庭用機版(Switch/PS4/PSVITA版)にスマホ版の売り上げを合わせて3万本を販売したということですが、これはもっと売れていいタイトルだと思いますし、まだまだプッシュしていきます!


まずは来年1月に発売されるPS4向けパッケージ版を応援

関連記事リンク
人狼がテーマのADV・レイジングループが最強に面白い!クリアレビュー!
(記事の前半部分は公式サイトで分かること以上のネタバレはなしで書いていますので、未プレイの方も興味があればぜひご覧ください。)

ちなみにケムコはSwitch/PS4/PSVITA/3dsでダウンロード専売のRPGタイトルも多数リリースしていますが、これらをひとまとめにしたパッケージ版なども計画しているそうです。
ADVとRPGで今再び攻勢を仕掛けるケムコから目が離せません!!

8.ガチアサリをちょっと遊んでみた感想!

本日より追加されたSplatoon2の新ルール・ガチアサリを15試合ほどプレイ!

ステージに散らばる小さなアサリを10個集めるとガチアサリに変化。これを敵陣のバスケットに放り込むとバリアが破壊され、その間は小さなアサリやガチアサリを入れることでカウントを進めることができる、というルール。

第一印象は「かなり難しいルール」だと感じました。
いつ攻め込むか、もしくは守りに徹するかといった立ち回りについては、ガチルールの中でももっとも戦略的な動きが要求されるのではないでしょうか。

またガチアサリを運ぶためには敵陣ぎりぎりまで行かなくてはいけませんので、タイミングが非常に重要。常に戦況にアンテナを張っていなければいけないルールですね。

詳しくはウデマエがS+に到達次第、従来の3ルールと同様の形で攻略記事(と、できたら正式なプレイレビュー)を公開しますので、そちらもぜひご覧いただければ、と思います。ゼノブレイド2なども絶賛プレイ中(現在第6話に突入)なので、てんやわんやですが(笑)





新作情報も!The Game Awards 2017発表内容まとめ&感想

全世界が選ぶ”ゲームアワード”である”The Game Awards”。
今年も2017年12月8日に開催され、各部門の受賞作・ノミネート作が発表されました。またそれだけではなく、世界初公開となる新作情報なども複数登場!この記事では発表内容を改めて簡単にまとめておきたいと思います。

<Game of The Year>
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

ゲームファンはよく”GOTY”と略している今年の”Game of The Year”を獲得したのは日本のタイトル!Switch/WiiUの「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」でした!

これは予想通り、納得の受賞という感じだったと思います。初めてオープンワールドを採用した今回のゼルダ最新作は、まさに任天堂渾身の一本という出来栄え。次回作がどうなるのか心配に思うといった声もあるようですが、受賞に際したスピーチで開発者の青沼さんは「これからも驚きに満ちた新しいゼルダを作っていく」とコメントされていました。

また会場ではエキスパンション・パス「英傑たちの詩」がその日から配信されることが発表され、受賞に花を添えるサプライズとなりました。

※その他のノミネート作品
・スーパーマリオオデッセイ
・ペルソナ5
・PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)
・Horizon Zero Dawn(ホライズンゼロドーン)

Best Game Direction
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

<Best Narrative>
フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと

<Best Art Direction>
Cuphead(カップヘッド)

<Best Score/Music>
NieR: Automata(ニーアオートマタ)

<Best Audio Design>
Hellblade: Senua's Sacrifice

<Games for Impact>
Hellblade: Senua's Sacrifice

<Best Ongoing Game>
Overwatch

<Best Handheld Game>
メトロイド サムスリターンズ

<Best VR/AR Game>
バイオハザード7 レジデント イービル

<Best Action Game>
Wolfenstein II(ウルフェンシュタイン2)

<Best Action/Adventure Game>
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

<Best Role Playing Game>
ペルソナ5

<Best Fighting Game>
Injustice 2(インジャスティス2)

<Best Family Game>
スーパーマリオ オデッセイ

<Best Strategy Game>
マリオ+ラビッツ キングダムバトル

<Best Sports/Racing Game>
Forza Motorsport 7

<Best Multiplayer>
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンド)

<Most Anticipated Game>
The Last of Us Part II(ザ ラストオブアス2)

主な受賞部門については以上となります。
今年はなんといっても和製ゲームタイトルの受賞が目立ったのは、日本人・そして和ゲー好きとして、とても嬉しい!特にペルソナ5のようにJRPGがこれだけ広く受け入れられ、高く評価される時代が再びやってきたということに感慨を覚えています。これからさらにこの流れが強くなって、日本の中小規模の作品が海外でもどんどん広がっていくことに期待します!

ちなみにこのブログでは「GOTY2017 ~ESM編~」なる記事を公開する予定です!(ESMはエンタメ最高マンの略です(^^; 黙れとか言わないでくださいね(笑))
こちらは私が今年購入・プレイした作品をすべて一覧形式で公開、お気に入りの作品をまとめるという内容になりますw(公開は今月末を予定。)

<さて、それはさておき、ここからは新発表された新作情報のまとめです!>

Vacation Simulator PSVR
新作VRシムゲーム。2018年発売予定。

World War Z PS4/XboxOne
私も映画を見た(ゾンビものと知らず見させられてしまった)WWWのゲーム化。

フロムソフトウェア新作
”Shadows die Twice"という謎のメッセージと共に公開されたティザー。ゲーム内容やハードなどは未定ですが、ファン待望ですね!


ソウルキャリバーVI PS4/XboxOne
人気の格闘ゲーム最新作が発売決定!かなり久し振りの復活となります。


ベヨネッタ/ベヨネッタ2 Switch
ベヨネッタ過去二作品がそれぞれSwitchに登場。2018年2月17日発売予定。同日にはセットパッケージである「ノンストップクライマックス エディション」も発売。


ベヨネッタ3 Switch
なんと最新作もSwitchで発売決定!


FADE to SILLENCE
Witchfire

などが発表されました!
まとめは以上です。個人的にはベヨネッタとフロムソフトウェアの新作に注目ですね♪


ペルソナ5 - PS4
アトラス
2016-09-15







パワプロ2018など新作情報がズラリ![2017年12月7日のゲーム情報]

今週は発売日決定のニュースをはじめとして、ゲーム情報が豊富でした。この記事ではそれらを一挙にまとめておきたいと思います。

1.パワプロ2018が発売決定!
パワプロ
コナミの野球ゲームシリーズ「パワプロ」の最新作、「実況パワフルプロ野球2018」がPS4/PSVITAで発売決定!昨年は”2017”が発売されなかったので、長らく待っていたという方も多いでしょう。

発売時期は2018年の春予定ということで、いつもと同じなら3月末~4月頃に発売ということになりそうです。

今回のパワプロに収録されるパワフェスモードはなんと海上が舞台。”船の上に球場”というとんでもないことになっていますw

また今回はなんとPSVRに対応!詳細はまだ明らかになっていませんが、主観視点でバッティングができるのかな?そうだとしたらそれはぜひとも体験してみたい!コナミも最近は少しづつ家庭用回帰の兆し?が見えてきたような気がしなくもありません。

2.その他発表された新作ソフト

ブラッククローバー プロジェクトナイツ PS4
週刊少年ジャンプで連載中の人気作品・ブラッククローバーがPS4でゲーム化決定。


ウイニングポスト8 2018 Switch/PS4/PSVITA
人気の競馬シミュレーションゲーム最新作がマルチで登場。2018年3月15日発売予定。

ワンピース:ワールドシーカー PS4
ワンピースのゲーム最新作がPS4で登場。フィールドを自在に走り回ることができるドラマチックなアクションゲームになるのだとか。オープンワールドになるのではという噂も。

舞華蒼魔鏡 PS4
東方プロジェクトの対戦型弾幕シューティング。2018年1月25日配信予定。

不思議の幻想郷TOD -RELOADED- Switch
東方プロジェクトのローグライク形式のDRPGがSwitchにも登場。2018年12月21日配信予定。私はPSVITA版をプレイ済みですが、トルネコ・シレン好きとして十分楽しめるローグライクになっていました。未プレイの方はぜひ。



3.新作ソフトの発売日も続々決定!

The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム) Switch
2018年2月1日発売予定。

DOOM Switch
2018年3月1日発売予定。

レイマンレジェンド Switch
2018年2月22日発売予定。

がるメタる! Switch
DMM GAMESのスイッチ参入作品。2018年2月8日発売予定。

メモリーズオフ イノサンフィーユ PS4/PSVITA
最後のメモリーズオフと銘打たれるシリーズ最新作。2018年3月29日発売予定。
ニューダンガンロンパV3 廉価版 PS4/PSVITA
2018年1月11日発売予定。新価格は3218円となるようです。
関連記事リンク:「ニューダンガンロンパV3」クリア後レビュー(核心的ネタバレなし)

ドラゴンファングZ Switch
基本プレイ無料ソフトとして3dsで配信されていたローグライクが、2400円の買い切り作品(DL専売)として2017年12月14日に登場。今回はしっかりやりこめる本格作品として力が入っているようです。私は3ds版を少しだけ遊んだことがありますが、オーソドックスなシレンライク作品で、買い切りであるならオススメ。なおPS4版とXboxOne版も後日発売予定とされています。


以上となります。
2018年も1~3月はPS4を中心に新作ソフトの大混戦となりそう。Switchもマルチタイトルが増えてきて、粒ぞろいなラインナップになってきました。

Doom(R)
任天堂
2018-03-01






コーエーテクモゲームス
2018-03-15

ロックマンが再始動!ファン待望のシリーズ最新作など続々発表!

海外で2017年12月5日に放送された「ロックマン(海外名・Mega Man)」の30周年記念ライブストリーム。
その中でファン待望となるロックマンのシリーズ最新作や、関連作に関する情報が一挙公開!この記事では発表内容を簡単にまとめておきます。

ロックマン11 運命の歯車!!


ボスを倒して特別な武器を入手しながら進めていくのが特徴で、2Dのアクションゲームとして絶大な人気を博しているロックマンシリーズ。長らく新作が途絶えていましたが、逆に新作の発売を望む声は途絶えることを知りませんでした。今回の発表で、ファンの方はようやく念願叶ったという感じだと思います!

さて、そんな最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」ですが、高精細なイラストのようなグラフィックで滑らかな動きを実現しつつ、従来作と同じドット絵による小気味よいアクションもそれと両立させるべく、開発が進められているとのこと。 (2.5Dとも呼ばれる横視点からの3Dグラフィックを採用。)

対応プラットフォームはSwitch/PS4/XboxOneという現行据え置き機3機種。大規模なマルチプラットフォーム展開となるようで、発売時期は2018年の後半を予定しているということです。

ロックマン クラシックス コレクション / ロックマン クラシックス コレクション2

ロックマン1からロックマン6までを収録した「ロックマン クラシックスコレクション」は現在3ds/PS4/XboxOneで、ロックマン7からロックマン10までを収録した「ロックマン クラシックスコレクション2」は現在PS4/XboxOneでそれぞれ発売されていますが、今回いずれのタイトルもニンテンドースイッチ版が発売決定

ロックマンクラシックスコレクション2は3ds版の発売を期待する声もありましたが、ここは新作が発売されるSwitchが選ばれたようですね。

ロックマンXシリーズ8作品

ロックマンシリーズの派生作品、ロックマンXシリーズの過去作8本がすべてSwitch/PS4/XboxOne向けに移植されることも発表!

販売形態や発売時期などについては今後の発表ということですが、2018年内に発売されることはほぼ間違いなさそうです。
(こちらもコレクション形式でパッケージ化されるか、もしくはダウンロード専売となると予想されます。)


というわけで、30周年の記念にふさわしい豪華な発表だったのではないでしょうか。
2018年はなんと19本のロックマンが3機種で一堂に会することになりますから、ロックマン好きの方はかなり忙しくなりそうですね!

なおカプコンはこの発表を機にロックマンブランドを活性化させていくと述べており、将来的には例えば「ロックマンDASH」シリーズの新作などが見られることかもしれませんね。
各作品の詳細はニコニコ動画にて2017年12月13日20時より放送される「ロックマン30周年記念生放送」で明らかとなるようです。



ゼノブレイド2のプレイ開始!ヒロアカがゲーム化決定など[2017年12月2日のゲーム情報+日記]

ゼノブレイド2と並行してクリアを目指すつもりの「オカルティック・ナイン」をプレイ開始。まだ始めたばかりでなんとも言えませんが、演出がとにかくスタイリッシュ!あちこちで「これはペルソナ5か!?」と言われていたのにも納得です(笑)そんなペルソナ5の世界売上についても最後に取り上げています。

1.ゼノブレイド2がようやく到着!さてやるぞ~!!
1512210362188[1935]
ゼノブレイド2が発売日から1日遅れで到着。ちょっと出遅れてしまいましたが、本作はボリューミー過ぎたゼノブレイド1作目と比べても約1.2倍~1.3倍ものボリュームがあるとのこと。ということは今月中にクリアできるかも怪しいですし、のんびりとプレイしていきたいと思います。

ちなみにネタバレに気を付けながら各所で評判やレビュー(海外レビュー含む)を読んでみたところ、かなり今回も評価は高いみたいですね!イベントに力が入れられているほか、戦闘システムも複雑ながら奥がかなり深くなっているようです。キャラもみんな嫌味がなく、相変わらず音楽も素晴らしいということで、これらが本当なら完璧じゃないですか!

ちなみに初報段階でキャラクターデザインに賛否がありましたが、遊んでいるうちに愛着が沸くといった意見も。私個人はテイルズオブシリーズなどに代表されるアニメ系デザインが大好きなので、もともと大歓迎でしたけどねw

ともかくこの冬は本作と「オカルティックナイン」と「地球防衛軍5」の三本をじっくり遊び、「真・女神転生DSJ」と「俺達の世界わ終っている」と「千の刃濤、桃花染の皇姫」と「RXN-雷神-」と「忘失のイストリア」と「レヴナントサーガ」は新年に回すつもりです。……1日を48時間、いや72時間にしてほしい。

2.Switch版の「Song of memories」が2018年2月頃に発売決定!

PS4で発売され、かなりの高評価を獲得しているアドベンチャー「Song of memories」のニンテンドースイッチ版が2018年の2月頃に発売されることが発表。価格は4000円でダウンロード専売となるようです。
第一部の平穏な日常パートと第二部とのギャップがすごいということで知られる本作は、”人が狂暴化するウイルス感染症”という非常に珍しい題材を取り扱っており、謎多きシナリオが魅力的と言われています。

私は興味はありつつもこれまで未プレイだったので、スイッチ版の発売を機に購入します。全編アニメーションというE-moteシステムが採用され、演出面にも力が入った作品となっているみたいで、かなり楽しみ。

3.その他発表されたゲームソフト

僕のヒーローアカデミア One’s Justice Switch/PS4
人気作品であるヒロアカを題材としたバトルアクションが登場。今月の15日より開催されるジャンプフェスタ2018でプロモーション映像が公開されるとのこと。

あざやかな彩りの中で、君らしく PS4/PSVITA
PSVITA版はダウンロード専売。2018年2月22日発売予定。

ご当地鉄道for Nintendo Switch!! Switch
2018年2月22日発売予定。

Crossing Souls PS4
80年代洋画テイストの2DアクションADV。2018年2月13日配信予定。

プラチナトレイン 日本縦断てつどうの旅 Switch
基本プレイ無料。スマホ版とのマルチプレイ対応。

4.ペルソナ5の全世界売上が200万本突破!
ペルソナ5 - PS4
アトラス
2016-09-15

アトラスの大ファンとして嬉しいニュースが飛び込んできました!
なんとペルソナシリーズ最新作・ペルソナ5の全世界累計売上が200万本と突破したというではないですか!日本ではハーフミリオンを少し超えたあたりだったはずなので、海外だけで150万本近く売り上げていることになります。

東京を舞台とした純粋なJRPGがこれだけ広く受け入れられていることからも、日本のソフトメーカーの存在感が再び海外で大きくなってきたということが分かりますね。売上だけでなく評判もすこぶるよく、GOTY(ゲームオブザイヤー)にもノミネートされています。


12月購入予定ソフト、ニンテンドーダイレクトまもなく開催?など[2017年11月28日のゲーム情報+雑記]

今年も残すところあと一か月。ゲーム業界は本格的な年末商戦へと突入していきます。

1.ニンテンドーダイレクトが近く開催か?

ニンテンドーダイレクトのリンク集に空白ができると、それから数週間以内に新たなニンテンドーダイレクトが開催される」。

このような法則があるのをご存知でしょうか?
何度か例外こそありますが、基本的にはほとんどの場合でこの法則は的中しており、今回も新たなダイレクトの実施が期待されています。

過去の開催時期を書き出してみると、今年は、

ニンテンドースイッチ プレゼンテーション発表会(1月)→ニンテンドーダイレクト(4月)→E3スポットライト(6月)→ニンテンドーダイレクト(9月)→???

というスケジュールになっており、周期的にも12月の中旬辺りまでには開催されそうな予感があります。

また、任天堂のスイッチ向けタイトルで現在発売日が決まっているのは、近日発売のゼノブレイド2とマリオ+ラビッツ キングダムバトルだけなので、その意味でも信憑性は高いものとなっています。というわけで早く開催されてほしい!

2.ワールドエンド・シンドロームはミステリー&恋愛アドベンチャー!

アークシステムワークスがSwitch/PS4/PSVITAで発売を予定している新規ADV「ワールドエンド・シンドローム」。

公式サイトのデザインやライターさんの過去作品などから予想されていた通り、やはりただの恋愛ADVではないことが判明しました!

具体的には、”黄泉人伝承”,”女子高生の行方不明事件”,”ミステリー研究会”,”水死体”,”作中映画・ワールドエンド”といったキーワードが登場し、「極上のミステリー」が恋愛ものと融合したような内容となるようです。

探索パートでは朝・昼・夜にそれぞれ訪問スポットを選択、登場キャラクターたちと交流を深めて伝承の謎に迫っていくことになります。

これは個人的に超朗報!
設定や世界観を聞くだけでワクワクが止まらない!ミステリーのADVは大好物なので、来年発売されるタイトルの中でトップクラスに楽しみです!伝承とか聞くとレイジングループを思い出しますね♪



3.その他発表されたソフト

・DS~DalSegno PS4/PSVITA
学園もの恋愛ADV。2018年3月22日発売予定。

・大戦略 大東亜興亡史DX~第二次世界大戦~ 3ds
2018年春発売予定。

・逆転吉原~菊屋編~ Switch
・逆転吉原~扇屋編~ Switch
女性向けADVがSwitchに参入。ゲームアプリの移植版のようです。

・Concrete Genie PS4
絵筆を題材としたアクションアドベンチャー。日本でも発売されるようです。

・鉄道にっぽん! 路線たび 上下線収録 ダブルパック 3ds
お得パッケージが登場。2017年12月7日発売予定。

4.エンタメ最高マンが2017年12月に購入する予定ソフト
私が来月購入予定のタイトルを改めてご紹介。

ゼノブレイド2

なんといっても本命はこちら!正直これ一本で一月遊べそう…というか他のソフトは全部積むことになりそうです。

地球防衛軍5

シリーズのファンとしては見逃せないのですが、この作品もなかなかに時間泥棒なのがネック。

千の刃濤、桃花染の皇姫

世界観・ビジュアルが好みな上、オーガストタイトルは穢翼のユースティアがかなり楽しめたので今回も期待。PSVITA版を購入します。

RXN -雷神-
カヤックの家庭用参入作品(Switch)となるシューティング。ストーリー性が高そうなので購入します。DL専売で価格は約4000円。

<購入する可能性があるタイトル>
・仁王 Complete Edition
・リディ&スールのアトリエ
・A列車で行こうExp.(エクスプレス)
・グリザイア ファントムトリガー 01&02

5.ゲームのプレイ状況
簡単に現在の私のプレイ日記をまとめます。

Splatoon2 Switch
アップデートでさらにモチベーションがUP中。これがあるせいで他のソフトのプレイに重大な支障が…。

ロボティクスノーツ・エリート PSVITA
ようやくクリア目前。感想は後日何らかの形で公開予定。

オカルティック・ナイン PSVITA
ようやくプレイ着手。

RPGツクールフェス 3ds
シナリオを執筆開始。制作自体はまだ全く進んでいません。構想は概ね固まりました。

シノビリフレ 閃乱カグラ Switch
潔く白状しておきますが間違って購入したわけではないです。時たま癒されております。

・その他積みゲー多数
ゼノブレイド2クリアしてから本気出す。

龍が如く 極2
セガゲームス
2017-12-07

戦場のヴァルキュリア4がPS4とSwitchで大復活!!

きたああああああああああああ!!!

(ごめんなさい、テンションがすごいことになっているエンタメ最高マンです

………ついに!………ついに!
戦場のヴァルキュリアシリーズが家庭用ゲームとして大復活!!!
戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITIONから6年以上の時を経て、完全新作戦場のヴァルキュリア4」が記事タイトル通りの2機種で登場することが発表されました!
PS4版は2017年3月21日発売予定、そしてニンテンドースイッチ版は2018年夏発売予定ということになっています。


戦場のヴァルキュリアシリーズは架空の”第二次ヨーロッパ大戦”をテーマとした濃密な戦記ストーリーと戦略的な”アクティブシミュレーションバトル”システム「BLiTZ(ブリッツ)」を特徴とする人気RPGシリーズです。

これまでに本編作品として1(PS3)/2(PSP)/3(PSP)、1作目のリマスター版(PS4)、派生作品として蒼の革命のヴァルキュリア(PS4/PSVITA)が発売されています。

今回の4は、シリーズの原点ともいえる1のシステムをベースとしつつ、新たな兵科・擲弾兵が追加されるなど、さらに強化・改良を加えた正統続編となっているそうです。

またこれまでのシリーズとは異なり、東ヨーロッパ帝国連合(帝国)と大西洋連邦機構(連邦)の覇権争いに巻き込まれた小国・ガリア公国を舞台とするのではなく、主人公は連邦軍に所属している小隊長となっているそうです。(兵科は戦車長)

私は以前からこのシリーズの復活を望む記事を複数公開してきましたが、今回まさに念願が叶いましたよ!セガ、グッジョブ!!!
またシリーズ通して初めて任天堂ハードに登場するのも大きなポイント。これを機にさらなるファン層拡大を目指していってほしいです!

それと主題歌はなんと倉木麻衣ではないですか!曲名は「Light Up My Life」。さてはコナンLOVEな私を籠絡する気だな!?

<あらすじ>(公式サイトより引用)

「あの戦争こそが、僕たちの青春だった」 ――戦火の下で描かれる青春群像。
 
征暦1935年、共和国国家連合体「連邦」と専制君主国家「帝国」に二分されたヨーロッパ大陸。連邦は圧倒的な物量を誇る帝国に苦戦を強いられていたが、劣勢を覆すべく帝国の首都を急襲する一大反攻作戦「ノーザンクロス作戦」を発動する。作戦に従軍する連邦軍E 小隊所属のクロードは、仲間との絆、託される想い、様々な犠牲の下、成し遂げる意志を試される――。戦火の下でしか訪れなかった、悲しくも熱い青春が描かれる。

(以上引用終わり)

来年の楽しみがまた一つ増えました背景グラフィックやキャラクターデザインからもシリーズらしさを感じられて大満足です!


メビウスがスイッチにソフト一挙展開などNintendo Switchニュース!

今週もNintendo Switch向けのちょっとした耳よりな新情報を一挙にまとめていきます!

1.メビウスのSwitch向け新作が続々登場決定!

2015年からパブリッシング事業に参入したメビウス。ニンテンドースイッチではこれまでに「メゾン・ド・魔王」や「刑事J.B.ハロルドの事件簿 マーダー・クラブ」「刑事J.B.ハロルドの事件簿 マンハッタン・レクイエム」などを手掛けています。

さらには年内には「送り犬」の配信も発表されていましたが、それ以外にも多数のダウンロードソフトをSwitchで発売予定であることが明らかになりました!

・送り犬 2017年配信予定
・L.F.O.-LOST FUTURE OMEGA- 12月配信予定
・クリーピング・テラー[Re:] 今冬配信予定
・人形ハ歩キ回ル。 今冬配信予定
・刑事 J.B.ハロルドの事件簿 キス・オブ・マーダー 今冬予定配信予定
・AGARITHA(アガルタ) 2018年春~初夏配信予定
・俺のケツをなめろ! 配信日未定

このように続々とDL専売作品を送り込む計画を立てているようで、非常に積極的な姿勢がうかがえます。刑事J.B.ハロルドの前二作が予想以上に売れたのかもしれませんね。

ちなみに3dsでは「dreeps」、「ヘビーファイア スペシャルオペレーション」、「ヘビーファイア ブラックアームズ」が今冬、またPSVITAでは「グノーシア」が2018年春に配信予定とのことです。

2.PUBGで知られるBlueholeがNSw/PS4で新規IPの開発に着手! 

現在世界中でフィーバーとなっている「PLAYER UNKNOWN’S BATTLE GROUNDS」、通称「PUBG」の開発会社であるBlueholeがニンテンドースイッチとPS4で新規のIPに着手しているとのこと。

詳細は分かっていませんが、アジアをターゲットにした新作となっているそうで、PUBGに次ぐヒットを放てるか注目が集まります。

3.アーケードアーカイブスの今後のラインナップ(予定)が明らかに!

ハムスターが手掛けるアーケードアーカイブスの配信予定が、量販店などで配布中のスイッチの「プレゼントソフトカタログ2017冬」に載っていたそうです。その内容が以下。

2017年11月22日 サッカーブロール
2017年11月30日 ワールドヒーローズ
2017年12月7日  トップハンター~ロディ&キャシー~
2017年12月14日 幕末浪漫 月華の剣士
2017年12月22日 VS.スーパーマリオブラザーズ
2017年12月28日 ダブルドラゴン 
2017年12月28日 ザ・キング・オブ・ファイターズ’96

アケアカは年末まで毎週皆勤ということになりますねw

4.Splatoon2で新武器「ヴァリュアブルローラーフォイル」が追加!

本日よりヴァリュアブルローラーフォイルが追加!
サブはキューバンボム、スペシャルはマルチミサイルとなっています。

私は今作ではローラーをほとんど使っていませんが、無印のヴァリュアブルローラーよりも使いやすそうな構成という印象です。

5.ゼノブレイド2紹介映像が公開!TVCMも放送が開始された模様


ゼノブレイド2の紹介映像が任天堂から公開!
戦闘や育成・探索などシステム面の解説を中心とした映像となっています。

また先日の記事にて紹介したTVCMが実際に地上波で放送され始めたとのこと。前作にあたるゼノブレイドクロスではTVCMがありませんでしたが、今回はこうしてしっかり宣伝が始まって安心。ガツンと売れてほしい!

6.「シノビリフレ 閃乱カグラ」が近日配信予定に!

カグラシリーズのスイッチ向け一作目となる本作の公式サイトが更新!間もなく配信が開始されるようです。(公式のシステムページがすごいことにw)

今作はHD振動をテーマとしたダウンロード専売作品で、おなじみのキャラたちとマッサージを通じてスキンシップを取れるという内容。価格は1000円となっています。

私は「HD振動がどれほどの真価を発揮しているか確かめるために」本作を購入予定です♪(下心なんてまるでありませんとも。)





PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS
日本マイクロソフト
2017-12-12

カリギュラ オーバードーズがPS4で発売決定!TVアニメ化も決定!

”偶像(アイドル)殺し”と”現代病理”をテーマにした学園ものジュブナイルRPGであるカリギュラ。
PSVITAで新規IPとして発売され、フリューとしてはスマッシュヒットを記録した作品です。

そんなカリギュラの2大新情報発表会が本日開催!
この記事にてその発表内容を簡単にまとめておきます。

1作目に様々な新要素を追加した”完全版”がPS4で発売されることが決定!


タイトルは「Caligula Overdose(カリギュラ オーバードーズ)」。
発売日は2018年5月17日ということです。

PS4での発売ということでグラフィック面などの向上はもちろんのこと、「禁断の楽士ルート」が解禁され、前作の2倍のシナリオ量(前作並みのシナリオが追加されているということのようです)となっているほか、女性主人公の追加、新キャラクターの追加、新曲の追加、マルチエンディング化など、新要素を多数収録。新作といっていいほどに力を入れて開発しているみたいです。

ちなみにOverdoseとは過剰摂取を意味しており、転じて過剰強化・過剰追加を表しているそうです。
(一方でカリギュラは、見てはいけない/してはいけないものほど見たくなる/したくなる、という心理効果を意味する言葉です。)

私はPSVITAでカリギュラをプレイしましたが、独特の世界観と戦略的で新しい戦闘システムなど見所が多い作品で、磨けばさらに光るような作品だと思っていましたので、こうして新作が登場するのは嬉しいですね。

2018年4月からTVアニメが放送決定!

カリギュラが2018年4月よりTVアニメとして放送されることが発表。
キャストは全員ゲーム版と同様ですが、主人公には新たに「式島律」という名前が付けられています。


シャイニングレゾナンスがPS4で復活、Switchに面白法人カヤック参入など[2017年11月15日のゲーム情報+雑記]

今回も新作情報などを雑記形式でまとめておきます。

1.シャイニング・レゾナンス リフレインがPS4で発売決定!
レゾナンスシャイニング
人気RPGのシャイニングシリーズが再始動
シャイニング・レゾナンスのリマスタータイトルとなる「シャイニング・レゾナンス リフレイン」がPS4で発売決定!

エクセラとジーナスが仲間になるifストーリーが楽しめるリフレインモードが追加されるほか、150種以上のDLC、新主題歌などの追加、難易度やAIの調整など、様々な要素が加わってリメイクにも近い内容となっているようです。
発売日は2018年3月29日とのことです。

2.面白法人カヤックが初のコンシューマーゲームをSwitch向けに発売決定!

面白法人カヤックによる初のコンシューマーゲームがSwitchに登場することが判明!
同社が子会社化した2Dシューティングを得意としているガルチとの共同開発タイトルで、そのタイトルは「RXN -雷神-」。


本作も縦スクロールシューティングとなっているそうで、フルボイスのストーリーモードも搭載。PVを見てみましたが予想以上に力が入っている印象で、これは私も購入します!
配信日は2017年12月を予定。ダウンロード専売で価格は税別3900円ということです。

それにしても最近はこの手のスマホゲームを手掛けていたメーカーの家庭用への逆参入が目立ちますね。先日はコロプラの家庭用ゲーム参入も話題となりました。非常にいい傾向であると好意的に受け止めています。

3.その他発表されたソフト

アンエピック-オタクの小さな大冒険 PS4
日本一ソフトウェアの”日本一Indie Spirits”の第七弾。レトロなグラフィックの2D横スクロールアクションゲーム。2017年12月に1620円で配信予定。

ファントムブレイカー バトルグラウンドオーバードライブ NSw
5pb.による横スクロールのラインバトルアクションゲームのスイッチ版。他機種版のDLCをすべて収録し、マルチプレイにも対応。2017年12月7日に1000円で配信予定。

4.オカルティック・ナイン」/「俺達の世界わ終っている。」を購入しました!

まだプレイできていないので、これまで特に触れていませんでしたが、購入はしてあります。ロボティクス・ノーツ エリートをプレイ中なので、これをクリアしたら順次プレイする予定です。

それとSwitchのダウンロードソフト「The Bridge」(990円)を購入してプレイ中。画面を傾けて扉を目指すシンプルなパズルアクションなのですが、白黒で描かれたどこか不気味な雰囲気と、意外なほど歯ごたえのある高い難易度が見事にマッチ。今後別の記事でも触れるつもりですが、頭を使って解くパズルゲームが好きな方はぜひ。

5.RPGツクールフェスを用いた新作の制作を開始!

3dsの「RPGツクールフェス」を使ってエンタメ最高マンのオリジナルRPG第二弾を制作することを決めました!現在はシナリオのプロットとシステムデザインを準備中。

現段階ではまだ制作に着手しているわけではありませんし、なかなか時間が取れそうにない状況なので、いつ完成するかはまだ未定ですが、ぜひ興味を持っていただけたら嬉しいです。(3dsさえお持ちであればどなたでも無料で遊んでいただけます。)

ちなみに1作目は一応ファンタジーの戦記物を作ったつもりですが、今回はファンタジーの世界観ではありつつも、一風変わった成長システムを搭載した冒険風作品にする予定です。

関連記事リンク:エンタメ最高マンが制作したRPG!「救国の英雄戦記」攻略!



ゼノブレイド2のCMが公開/スイッチ参入が続々などNintendo Switchニュース!

ハードの売れ行きが絶好調なだけあって、ニンテンドースイッチのニュースが最近かなり多く、通常の更新ではなかなか拾いきれなくなってきたので、追加記事ということでこちらにまとめておきます!

1.ゼノブレイド2のCM3種が公開!


2018年12月1日に発売が迫っているゼノブレイド2。今回は過去シリーズの中でも特に力が入った作品となっているようで、この年末商戦の大きな目玉タイトルの一つとなっています。私も来月のソフトで一番楽しみにしています。

そんなゼノブレイド2のCM3種が公開されていますので、ご紹介。
いずれもキャラクターとイベントを中心とした作りとなっていて、壮大な物語が繰り広げられることが伝わってくる素晴らしい出来ですね。3種それぞれTVモード・携帯モード・テーブルモードが映っており、プレイスタイルの自由度もアピールしています。
このCM映像を見ていたらさらにワクワクしてきましたよ!発売日が待ち遠しい!

2.カプコンが逆転裁判シリーズなどをニンテンドースイッチで開発中!?

時事通信のインタビューでカプコンの辻本社長がスイッチ向けの新作を2018年度以降に投入するべく、新作を開発中と明かしたそうです。
記事の中では「逆転裁判」など国内外で人気の高かったソフトを販売するとしており、これが事実なら、3dsで展開されてきた逆転裁判もスイッチへと移行することになります。

私個人の希望としては、逆転裁判シリーズの最新作はもちろんのこと、「大逆転裁判1&2」のスイッチ向け移植が欲しいですね。それとレイトン教授vs逆転裁判2をどうか…!!

3.システムソフトアルファーがニンテンドースイッチに参入!
大戦略パーフェクト4.0
システムソフト・アルファー
2017-12-21


大戦略シリーズをはじめとして、太平洋の嵐シリーズや戦極姫シリーズなど、歴史もののシミュレーションゲームを数多く手掛けている同社。全体的に作品の評価がかなり芳しくないことでも有名ですが、それでもいまなお固定ファンを抱えているようで、新作も出し続けています。

そんなシステムソフトアルファーのスイッチ参入第一弾となるのは「大戦略パーフェクト4.0」となるようです。
PS4版は2017年12月21日に発売予定で、スイッチ版は2018年3月22日発売予定ということです。(上のAmazonリンクはPS4版です。)

4.PLAYISMがニンテンドースイッチに参入!

株式会社アクティブゲーミングメディアが運営するインディーゲーム販売プラットフォームであるPLAYISMがスイッチへの参入を発表。PS4/PSVITAで発売済みの「クロワルール・シグマ」スイッチ版を開発中であることが明らかになりました。

スイッチはインディーゲームやダウンロード専売タイトルにとって売り上げ的な意味でかなり魅力的な市場となっているようで、”Play,Doujin!”など、これまで任天堂ハードとは縁遠い印象だったメーカーも続々と参入しはじめていますね。
クロワルール・シグマ - PS4
アクティブゲーミングメディア
2017-03-09


5.スクウェア・エニックス、マーベラスが決算でスイッチに言及!

先日の記事でバンダイナムコが決算でスイッチ向け開発ラインを追加したと発表したことをお伝えしましたが、スクウェア・エニックスとマーベラスも決算説明会でスイッチ向け開発に言及。

スクウェア・エニックス

・ゲームではハイエンドとローエンドの2極化が進み、ミドルレンジが消えてしまったがSwitchではそういったソフトにチャンスが有る。そこは我々の得意とする所で、マルチになる可能性が高いが期待は高いし、積極的な開発をしていく。IPは新規・既存・復活含めあらゆる可能性を排除せず積極的にやっていく。
ソース記事リンク:Nintendo Switch情報ブログ様)

マーベラス

(マルチ展開を強化していくのか、という問いに対して)
・ご認識のとおり、各プラットフォーム、各地域に全方位外交で取り組んでまいります。特に、Nintendo Switch は、任天堂さんの当初の予想以上に好調な推移をしておりますし、我々も新作開発や過去作品の移植など、積極的に取り組んでおります。
(ソース記事リンク:マーベラス・2018年3月期 第2四半期 決算説明会 質疑応答概要PDF


この他にもTake-TwoやUBIソフトなどもスイッチ向けソフトの売り上げが好調だとしているようで、全体的にWiiUとは真逆ともいえる流れとなっています。これは来年のソフトラインナップが今から楽しみになってきますね♪

6.「Cave Story+ 洞窟物語」が2018年2月8日に発売決定!

様々なプラットフォームに移植され根強い人気を誇る、横スクロールの探索型アクションアドベンチャーの「洞窟物語」。
そのニンテンドースイッチ版が2018年2月8日に発売決定。ダウンロード専売ではなく、パッケージ版も同時発売されます。
新要素やちゃんとチャレンジが追加されるほか、無料のアップデートでローカルの協力プレイも追加されるそうです。もともとは年内発売予定だったので、多少遅れた形ですが、これで発売日も決まり楽しみにされている方にとっては朗報ですね。

7.Splatoon2で新たな武器「パブロ・ヒュー」が追加!

今回追加されるのはパブロ・ヒュー。
サブはトラップ、メインはイカスフィアということで、あちこちを走り回りながら意外な場所にトラップを設置しまくる立ち回りが楽しそうです。(かなり上級者向けの構成な気もしますけどw)
本日よりすでにアップデートで追加されています。

以上となります。
冒頭にも書きましたが、今のスイッチは続々と新情報が入ってくるので、今後もこのような形であまり広がっていなさそうなマニアック?なネタをまとめて拾い上げていくつもりです!






[2017年11月8日のゲーム情報]ゼノブレイド2ダイレクト発表内容まとめ、うたわれるもの第一作リメイクなど

今週もゲーム情報が一挙襲来!この記事でまるっとまとめていきます!

1.ゼノブレイド2ダイレクトが放送!発表内容のまとめ


・ストーリー中のイベントを断片的に紹介。

・世界観を紹介。楽園に住んでいた人間が巨大獣アルスの上で暮らすようになった経緯を綴った伝説と、現状のアルストについてなど。

・アルスによって趣きが異なる風景を紹介。雲海には満ち引きがあり、泳いで渡ることができる場合もあるとか。

・採集ポイント/サルベージポイントで素材などを入手可能。

・広大なアルスには多数のランドマークが存在。一度発見したランドマークへはワープすることも可能。発見が大変な絶景ポイントも。

・アルストに息づく多彩な生物の一部を紹介。攻撃しなければ襲ってこない穏やかなものから、戦闘に乱入してくるもの、お祈りのようなことをしているもの、群れで行動するものなど、行動も多種多様。高レベルのモンスターや二つ名付きのモンスターも。

・街が各所に存在。町並みの風情も国・地域によって異なる。町の人からの依頼(クエスト)や交易システムなども。

・アクセサリー/楽器/おもちゃ/本/料理など様々なものを購入可能。

・ブレイドの能力は探索中/戦闘中に特定の効果を発揮する。コアクリスタルと同調することで新たなブレイドを入手可能。レアブレイドも存在。いわゆるガチャのような仕組みと思われます。また能力を強化させることも可能。

・ブレイドとのキズナトークイベントが発生することも。

・余ってしまったブレイドは傭兵団として派遣することが可能。経験値や報酬を入手することができる。

・作中でミニゲーム「タイガータイガー」がプレイ可能?ドットテイストの2Dアクションでお宝を回収しながら進んでいく。

・人工ブレイドなるキャラが登場。カスタマイズパーツによって強化可能。

・バトルシステムの解説。ドライバーアーツと必殺技。

・一人のドライバーは3体のブレイドを連れていける。ブレイドは攻撃/防御/回復タイプの3種類に分類され、その組み合わせによってドライバーのパラメーター上昇も変化。ドライバーはアーツのレベルアップや新しいスキルの習得もできる。また連れてきたブレイドはいつでもスイッチすることが可能。

・ドライバーコンボ、ブレイドコンボ、フュージョンコンボの紹介。パーティーゲージと属性玉による特大コンボを繋ぐことも可能で、ダメージが飛躍的にアップ。これらはプレイしているうちに自然と身に付くとか。

・冒険をサポートするアイテム(発売以降順次)、本編追加クエスト(2018年1月以降順次)、新たなレアブレイド(2018年春)、強敵とのチャレンジモード(2018年夏)、オリジナルストーリー(2018年秋)というDLCがセットになったエキスパンション・パスが税別2778円で配信。各コンテンツの個別購入はできないとのこと。

・あらかじめダウンロードが本日より開始。

・ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドにゼノブレイド2のレックス衣装が追加。その他限定版などの紹介。

以上が発表内容となります。
細部までこだわって作られているのが伝わってきて、さらに本作が楽しみになりましたよ!本作の発売までに積みゲーを極力片付けなければいけませんね(笑)

2.「うたわれるもの」シリーズ1作目のリメイクがPS4/PSVITAで発売決定!

2006年にPS2で発売された「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」がPS4/PSVITAで発売決定
”原点はいま、新たなる出発点へ”なるキャッチコピーも明かされ、本作がシリーズの新しいスタート地点になるとのこと。リメイクに際して、フィールドの3D表示などシステムの変更が予定されているようです。

うたわれるものはユーザーからの評価がずば抜けているSRPGシリーズで、高いストーリー性が売りとなっており、新規ユーザーとしてもこれは朗報ですね♪
なお、本作の発売日は2018年4月26日ということです。

3.その他発表されたゲームソフト

・シュタインズ・ゲート エリート NSw/PS4/PSVITA
シュタゲのリメイク版の発売日が2018年3月15日に決定。
関連記事リンク:シュタインズゲート・エリートの詳細が一部判明!

・円環のメモーリア-カケラ灯し- PSVITA
ドラマティッククリエイトによる女性向け恋愛ADV。2018年3月29日発売予定。

・アイドリッシュセブン Twelve Fantasia! PSVITA
バンダイナムコによる男性アイドル育成シミュレーション。2018年2月15日発売予定。

4.バンダイナムコエンターテインメント決算にて「スイッチ向け開発ラインを複数追加投入」!

2018年バンダイナムコの社長による話として、以下のようなものが上がってきています。
(ソース記事リンク:バンダイナムコ田口社長「Switch向けに投入した3タイトルはいずれも動きが良い。Switch向けオリジナルタイトル、開発ラインを複数追加投入した」

・Switch向けに投入した3タイトル、いずれも動きが良い。(ナムコミュージアム・ONE PIECE アンリミテッドワールド R デラックスエディション・ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch)

Switch向けオリジナルタイトル、開発ラインを複数追加投入した。(発表は来期頭、発売は来期を予定とのこと)

・ここらへんは出すだろうというIPがあるかと思うが、それらに関しては期待してもらって良い。どのIPを使うかは出し惜しみしない。可能性を強く感じており積極的にやっていく。

・来春から夏にかけSwitch専用に3本ビックタイトルをワールドワイドに展開。PS/Xboxにも引き続き(注力)。開発リソースは十分にある。)

ということで、スイッチに対して比較的鈍い印象だったバンダイナムコも重い腰を上げたと言えそうです。キャラゲー開発といえばなくてはならないメーカーですし、今後もぜひ各ハードに積極的に新作を投入していってもらいたいですね♪





バンダイナムコエンターテインメント
2017-12-21


2017年12月(年末商戦)のソフトラインナップを昨年と徹底比較!

一年前の同時期に公開した、年末商戦のソフト比較記事の第二弾
今年も昨年(2016年)の12月に発売されたソフトラインナップと今年の12月に発売予定のソフトラインナップを比較し、今年の年末商戦の盛り上がり具合を分析していきたいと思います。

(ここで取り上げているのは一定の売り上げを記録したタイトル、もしくは一定の売り上げが見込めるタイトルということになります。記事の趣旨からこのようにしています。またこの記事の趣旨はあくまで売上での比較であって、発売タイトルの量や中身などを比べているわけではありません。)

<2016年12月1週目>
ファイナルファンタジー15
ウォッチドッグス2
デジモンユニバースアプリモンスターズ
スーパーマリオメーカーforニンテンドー3DS

<2017年12月1週目>
ゼノブレイド2
信長の野望 大志
リトルウィッチアカデミア
進撃の巨人2 未来の座標
カービィ バトルデラックス
The Surge

第一週目の新作は売り上げ的には昨年のラインナップに軍配か。というのも昨年はやはりFF15と3ds版スーパーマリオメーカーがありましたからね。FF15もスーパーマリオメーカーも現時点で100万本以上売れる大ヒットとなりました。
とはいえ今年は特にゼノブレイド2に要注目。勢いのあるスイッチでの発売・年末という時期的な後押しもあり、シリーズとして最高の売上を記録する可能性は十分あると踏んでいます。私は30万本規模を予想しています。

<2016年12月2週目>
人喰いの大鷲トリコ
龍が如く6 命の詩。
ぷよぷよクロニクル
Miitopia ミートピア
めがみめぐり

<2017年12月2週目>
龍が如く 極2
妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー ソード/マグナム
地球防衛軍5
すみっコぐらし すみっコパークへようこそ
L.A.ノワール
仮面ライダー クライマックスファイターズ


第二週目は今年のラインアップの方が粒ぞろいという印象。昨年同週にも発売された龍が如くを相殺しても、30~50万本が目指せる妖怪ウォッチバスターズ新作・20万本を見込んでいる地球防衛軍5・10万本が期待できるすみっコぐらしなど、どのタイトルもある程度まとまった売上となるでしょう。こう考えるとタイトルの知名度以上に差が出る週だと言えそうです。

<2016年12月3週目>
妖怪ウォッチ3 スキヤキ
アキバズビート
サガ スカーレット グレイス
実況パワフルプロ野球 ヒーローズ

<2017年12月3週目>
デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー
牧場物語 ふたごの村+
The Elder Scrolls V: Skyrim VR

第三週目の比較。今年はこの週のタイトルは完全版や廉価版的ソフト、そして小規模なソフトが多く、この週の新作をすべて合わせても「妖怪ウォッチ3 スキヤキ(初週33万本)」に及ばなそうです。デジモンは10万本規模、牧場物語は5万本規模を想定しています。

<2016年12月4週目>
桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!
よるのないくに2 新月の花嫁
不思議の幻想郷 TOD RELOADED
おそ松さん 松まつり!

<2017年12月4週目>
リディ&スールのアトリエ
ワンピース海賊無双3 デラックスエディション
アイドルマスター ステラステージ
メダロット クラシックス カブトVer./クワガタVer.


第四週目も昨年と比べると若干迫力に欠けるラインナップ。昨年の桃太郎電鉄は待望の新作だったということで現在までに40万本を超える売り上げを記録していますが、今年は5~10万本規模のタイトルだけとなっています。

<2016年12月5週目>
なし

<2017年12月5週目>
マリオパーティ100 ミニゲームコレクション

第五週目は不戦勝で今年に軍配。とはいえマリオパーティーの本編ではなくミニゲーム集ですので、そのポテンシャルは未知数。年末商戦効果である程度は売れそうですが、5~10万本程度ではないかと予想しています。

まとめ/新作は弱いけど旧作は強い!
こうして挙げてみると思っていた以上に今年の12月は目玉となる新作が不足していることが分かります。昨年と比較して優位なのは第五週目を除き、第二週目のみということになりました。
特に3ds向けの大きな新作があまり見当たらず、少しずつその勢いがスイッチへと流れていることが伺えます。

さて、こうしてみるとなかなか厳しそうに見える今年の年末商戦ですが、実は私は家庭用ゲーム全体の市場規模はむしろ昨年より拡大すると見ています
その理由はやはりニンテンドースイッチとその旧作の強さ。

特にSplatoon2、スーパーマリオオデッセイはいずれもこの年末だけで50万本以上を上積みするだけのポテンシャルが十分にあります。またゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドも新パッケージの投入もあり、大きく浮上してくる可能性が高いでしょう。ARMSや1-2-スイッチにも期待。

他機種についてもPS4はPSVRの在庫が潤沢であれば、クリスマスで一定の伸びが期待できそうですし、豊富な旧作たちも強み。
3dsについては昨年と同様、11月にポケモンの新作が発売されますので、これがどの程度売り上げを伸ばせるかに注目。完全新作ではないのがどの程度影響するかが焦点となりそうです。

昨年の12月5週間のソフト売上本数は合計約650万本。(電撃ランキング参考)
というわけで今年の12月5週間は私の予想では合計700万本としておきます。




スポンサーリンク
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村