エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

家庭用ゲーム情報

Neo ATLASがSwitchに!ケムコインタビューと本ダイレクトの噂など[ゲーム情報まとめ/2018年1月21日]

週末ではありますが、小さめのネタがちらほら入ってきています。

ネオアトラス1469のSwitch版が発売決定!

発売が噂されていたネオアトラス1469のSwitch版が正式発表!2018年4月19日発売予定となっています。


本作は「A列車」で知られるアートディンクによる、大航海時代のヨーロッパを舞台とした「世界発見シミュレーション」。2016年10月にPSVITAでも発売されています。(上の動画はPSVITA版のものです。)

リスボンの貿易商となった主人公が、探検から戻ってきた提督たちの様々な報告を「信じる」か「信じない」かによってプレイヤーごとに全く異なる世界地図をできあがるゲームで、発見した都市との貿易や世界の謎を解き明かすクエストなども存在。じっくり楽しめる中毒性の高さを売りとしています。

PSVITA版は発売当初こそフリーズや操作のもっさり感などが指摘されていましたが、アップデートでだいぶ改善されたようで、ソフトの内容自体は高い評価を受けています。Switch版も快適に遊べるようになっていることに期待したいですね。
(なおSwitch版は公式ガイドブック同梱版も発売。早期購入特典はオリジナルサウンドトラックとなっています。)

Neo ATLAS 1469 - PS Vita
アートディンク
2016-10-27


ケムコのRPG/ADVに関するインタビュー記事が公開!


以前当ブログでも紹介したケムコへのインタビュー記事がファミ通のWeb版に上がっていましたので、改めてご紹介。

いくつか気になる情報ももう一度抜粋しておくと、
・2018年の夏~秋頃にレイジングループのシナリオを手掛けた野吹さんが監修する新作ADVが発売予定。
題材としては、“透明人間”、“世界が滅びる”、“ループ要素”といったところ。また“ヒロインはひとりだけど、たくさんいる”。
・パッケージ版も出せれば出したい。
野吹さん自身が手掛ける新作も絶賛企画中。(文脈的に人狼・デスゲームもの?)
・RPGも4本くらいをまとめてパッケージ化していきたい。
といったところでしょうか。
透明人間を題材とした新作も楽しみですし、野吹さん自身が手掛ける新作(レイジングループ2だったりして…?)も期待大。まずはPS4の「レイジングループ」パッケージ版が上手くいってほしいです。



その他発表されたゲームタイトル

それ以外に発表・発売日が公開されたゲームソフトは以下。

イモータル・レッドネック:不死王の迷宮 PS4/XboxOne&Switch

imortal
ミイラになってしまった主人公を操作して、エジプトのピラミッドの謎を究明するFPSローグライクゲーム。PS4/XboxOne版は2018年2月28日配信予定。Switch版は2018年第一四半期に配信予定。

星の欠片の物語、ひとかけら版 PSVR

VRを駆使した謎解きと体験をテーマとしたコミュニケーションゲーム。星の欠片に取り残された少女の脱出を目指すという内容。本作はそのプロローグ版にあたるそう。価格は2800円で2018年1月26日配信予定。

KORG Gadget for Nintendo Switch Switch

ゲーム感覚で曲を作ったり、演奏したり、対戦したりできる音楽制作ソフト。HD振動にも対応。2018年春配信予定。

マリオ+ラビッツを購入!などゲーム雑記

1516528769632[1977]
予定通り「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」を購入。とはいえまだパッケージすら開けていませんが、「地球防衛軍5」をクリアし次第プレイする予定。レビューも公開するつもりです。

また「俺達の世界わ終っている。」はノーマルエンドの最終盤に突入。こちらは数日程度でクリアしたいところですが、どうなるでしょうか。



ニンテンドーダイレクト、本ダイレクトが2月に実施という

※あくまで噂です。信憑性があるかどうかは分かりませんので、以下は話半分だと考えてください。

先日「Nintedo Labo」なる完全新規タイトルが2018年4月20日に発売されることが発表されましたが、この発表をリークしていたとされる人物が、”ミニではない通常のニンテンドーダイレクトが2018年2月に公開される”と発言したとの情報が一部でささやかれています。

また一つこの噂を補強するような動きとして、任天堂のダイレクト公式ページのリンク集にまた「空き」ができていることは挙げられます。
(過去の傾向ではこのリンク集の「空き」ができると、それから遠くないうちにダイレクトが公開されることが多いと知られている。)

というわけでこれが事実だとすれば、2018年2月17日発売予定のベヨネッタ/ベヨネッタ2の発売前となる2月の中旬頃が怪しいような気がしますね。とはいえリークというのは外れていることも多々ありますので、私は「実施されたらいいなあ…」くらいに思っておくことにしますw

日本一ソフトウェアが未発表作含む自社作品を”直接”発表!詳細まとめ

まさに”日本一ソフトウェアDirect”!

(↑公式もわざわざ「新川社長が”直接”お届け」と強調。実際4Gamer.netの記事によると、「ニンテンドーダイレクトにインスパイアを受けて制作した動画」であることを認めているそうです(笑))

そんなわけで、日本一ソフトウェアが2018年夏までに発売する家庭用新作タイトル情報を発表するプレゼンテーションが開催されました
2018年1月18日23時から約分放送され、「シルバー事件2425」や「あなたの四騎姫教導譚」など既発表作品の新情報をはじめ、未発表の新作も公開されました!この記事では発表内容をまとめておきます!

動画リンク(Youtube)

あなたの四騎姫教導譚

shikihime

2018年3月8日発売予定のSwitch/PS4/PSVITA「あなたの四騎姫教導譚」。その最新PVが公開!
本作は4人のヒロインを選び、騎士として戦いの指導をする見下ろし型の完全新規アクションRPGとなっています。
なお立ち絵が3倍速のようにプルプルしていたモーションは修正されたようで、これは個人的にかなり朗報です!w

シルバー事件2425

shiruba-2425

グラスホッパーマニファクチュアの須田剛一さんによる名作「シルバー事件」のHDリマスター版と「シルバー事件25区」のリメイク版をセットにしたタイトルである「シルバー2425」。
サスペンスフルなシナリオとスタイリッシュな演出が高く評価を受けているミステリーアドベンチャーゲームの最新PVが公開!
2018年3月15日にPS4で発売予定です。

嘘つき姫と盲目王子



日本一ソフトウェアの会社内コンペ「企画祭」でゲーム化が決まったという完全新規タイトル。
お姫様に化けたバケモノと目が見えない王子様の切ない恋を描いているとのこと。絵本風のデザインの作品となっています。詳細は近日公開とのこと。

プロジェクトナイトメア(仮)

実写映像+ADVという新たな挑戦となるホラーゲーム。なかなか面白い着眼点のタイトルになりそうですが、詳細は一切不明(こちらも近日公開とのこと)。今回言及されたのは映像が本社のある岐阜県で撮られたということくらいでしょうかw

”高解像度版”魔界戦記ディスガイア(リマスター)

日本一ソフトウェアの看板IPである「魔界戦記ディスガイア」。そのシリーズ第一作目が高解像度版のリマスタータイトルとして発売されることが発表。
こちらも対応ハードは不明ですが、2018年夏発売予定とのことです。

段ボールとハードが合体!?謎のSwitch新規作”ニンテンドーラボ”発表!

Nintendo Labo
なんかよく分からないけど凄そう…。

私が動画を見た第一印象はそんな感じw

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」なる”工作とビデオゲームの融合”がテーマのニンテンドースイッチ向け完全新規タイトルが任天堂から発売決定!発売日は2018年4月20日と発表されています。


公式サイトを読んでみると、「ダンボール」でピアノや釣り竿やバイクを作り、それをNintendo Switchと合体させると演奏したり、魚を釣ったり、レースしたりできるという説明が。

……なんかよく分からんけど凄そう!?(2回目)

要はダンボールの形をモーションIRカメラで認識して、作ったものに応じて異なる様々なミニゲームができるような感じなんでしょうか。

自分で作るコントローラー”Toy-Con”(トイコン)とSwitchを合体させるということですが、このトイコンは自由にデコることが可能。(まあダンボールですからねw)
自分だけのオリジナルなトイコンを作ることができるとのこと。

しかし気になるのは、「しくみがわかるといろんなあそびが発明できる」という文言。一体どんなあそびが発明出来てしまうんでしょう…??

Nintendo Laboは5種類のToy-Con(リモコンカー、つり、おうち、バイク、ピアノ)が入ったバラエティキット(税抜6980円)とロボットのToy-Conが入ったロボットキットの2種類が発売予定。
それぞれのキットにはソフトとダンボールシート、ヒモなどが入っているということです。
(これはヒットすればToy-Conのパックをいろいろと追加しそうな予感(笑))

というわけで誰にも予想ができないような新規作が出てきましたね~。モノづくりが好きな子にはたまらないソフトとなっていそう。私は工作自体は苦手でしたが、まったく新しいゲーム体験ができそうなので、今後の情報公開も楽しみにしたいですね。

公式サイト

Switchを活用した"新しい遊び"!?明日朝7時に任天堂が何かを公開!

なんだなんだ…??なんか来たぞ!?

2018年の1月18日の朝7時、任天堂がニンテンドースイッチを活用した「新しいあそび」を公開することが明らかに!

ニンテンドーダイレクトのように何か動画が公開されるのか、「新しいあそび」を実現する新作ソフトやハード周辺機器などが登場するのかなど、詳細は今のところ一切不明ですが、どうやら世界中で一斉に情報を出すみたいなので、それなりに大きな企画が用意されていることが期待されます。

任天堂の君島社長は昨年末、朝日新聞のインタビューに回答し、「来年はコントローラーについている振動機能やカメラなどを生かした、新しい遊びを提供したい」と話しており、この発表はHD振動やモーションIRカメラなどを活用したものであることが予想されます。
(ソース記事リンク:ニンテンドースイッチ快調 「新しい遊びを提供したい」

気になるのは「新しい”ソフト”を紹介」とはしていない点で、明日の発表はハード関連になるのでは?という声も上がっていますがどうなるでしょうか。

ともかく今は明日の発表を楽しみにしたいと思います。(明日発表され次第、時間さえとれれば情報を記事化する予定です。)
任天堂公式サイト

(上記リンクで情報が公開されるとのこと。)

ちなみに今回の「新しいあそび」の発表が近々あるということは最近リークをきっかけに噂されており、その日時が2018年1月18日であるとする情報もありました。今回そのリークが見事に的中したことになります。

(追記)
段ボールとハードが合体!?謎のSwitch新規作”ニンテンドーラボ”発表!

ガンブレ新作、FF15完全版にGジェネ移植も発表!など[ゲーム情報まとめ/2018年1月16日]

今週も続々と新作情報が出ています!余すことなく一挙にまとめていきますね!(''◇'')ゞ

1.New GUNDAM BREAKERが発売決定!

本日配信された「ガンダムゲーム新春まつり2018」で新作が発表!そのタイトルがNew GUNDAM BREAKER(ニューガンダムブレイカー)。ガンダムブレイカーシリーズ最新作でありつつも”ガンダムブレイカー4”ではなく、Newというタイトル付けに変更され、様々な要素がパワーアップしているとのこと。対応プラットフォームはPS4

※詳細な情報は2018年1月28日の放送で公開されるということです。

(なおそれ以外にもPS4「ガンダムバーサス」でゴッドガンダム・マスターガンダムが1月23日、ピクシー・ファルシアが1月30日、イフリート・ビルドストライクガンダムが2月6日に、いずれもBGM2曲がついて約600円で配信などの情報も。)

2.ファイナルファンタジー15 ロイヤルエディションが発売決定!
FF15R
海外で噂が広まっていたFF15の完全版が正式に発売決定!対応プラットフォームはPS4/XboxOneで、パッケージタイトルとして発売されます。発売日は2018年3月6日

本編に加えて、これまでに配信された6つのDLC(ダウンロードコンテンツ)や特典アイテム、さらには新規要素も多数収録
(新規要素は歴代王などの強力なボスや新アイテムなどが登場する王都インソムニアマップの追加、ノクティスの視点でゲームをプレイできるファーストパーソンモード、クルーザーでの航海や新たな釣り場と魚と料理、真ファントムソード、FF15の世界に関する理解を深められるアイテムの追加、レガリアTYPE-Dの入手・強化クエスト・レースの追加、新トロフィーなどとなっています。)

なおこの新規要素分のみを追加購入することもでき、その場合は2160円(税込)でのアップデートが可能とのことです。



3.SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switchが発売決定!
G
2016年11月にPS4/PSVITAで発売された「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」が、このニンテンドースイッチ版が発売決定!発売日は2018年4月26日となっています。

ジージェネシリーズといえば歴代のガンダムシリーズが集い、モビルスーツやキャラクターで自分好みの部隊を編成して戦うウォー・シミュレーションゲーム。その中でこのジェネシスは原作を追体験できる形式の作品となっています。

なおスイッチ版ではPS4/PSVITA版の追加コンテンツをすべて収録しているとのことです。また初回特典はSDガンダムXとなっています。

4.サイバーステップがSwitchに3本の新作を発表!

スマートフォンやWindowsでオンラインゲームを手掛けているサイバーステップのSwitch参入が決定。
MMORPGである「鬼斬」、3Dの対戦アクションである「ゲットアンプドモバイル」、開発中の新作アクション「アカツキの英雄ブレイカーズ」の3本が2018年にサービス開始予定とのこと。最近はこの手のメーカーの家庭用ゲーム参入も増えてきましたね。いい傾向だと思います。

5.それ以外に発表されたゲームタイトル

爆釣バーハンター 爆釣バーロッド 3ds
3dsに専用のガジェットを取り付け、リール&ジャイロアクションが楽しめるAR空間でのフィッシングバトルゲームですが、今回その発売日が2018年3月17日に決定。

Yonder 青と大地と雲の物語 PS4
日本一ソフトウェアのインディースピリッツプロジェクトの一環として登場するオープンワールドアクション。嵐で遭難した島での冒険が楽しめるということで、どこかイースっぽい?2018年2月22日に2160円(税込)で配信開始予定。

クリプトオブネクロダンサー Switch
PS4/PSVITAで配信された、ローグライクとリズムゲームの融合した斬新なゲームシステムを特徴とする同作のSwitch版が登場。PC版の最新DLCであるAMPLIFIEDやダンガンロンパ・風来のシレン・喧嘩番長のキャラビジュアルで楽しめる機能も適用。私も購入予定です。

マンガ・カ・ケール PS4/PSVITA
絵が描けない人でも漫画を作ることができる本作。長らく延期となっていましたが、ようやく発売日が2018年1月に配信予定。価格は600円。私は絶望的なくらい絵心はありませんが、小説を書くのが趣味ということでシナリオ作りは大好きなので、購入するか悩んでいます。

アイコノクラスツ PS4/PSVITA
無免許の修理工がレンチを片手にボスたちと戦うアクションアドベンチャー。2018年1月23日配信予定。

ガンダムブレイカー3 - PS4
バンダイナムコエンターテインメント
2016-03-03


VITAは傑作・名作ADVの宝庫!おすすめタイトル総まとめ!

<この記事は適宜追記を加えていきます。2018年1月時点で30作品近くのおすすめタイトルを取り上げています。>

ビジュアルノベルやテキストアドベンチャーとは、簡単に言ってしまえば「純粋に文章を読む」というジャンル。操作と言えばタッチパネルをタップしたり、ボタンを押したりするのがほとんど。たまに出てくる選択肢を選ぶだけの作品も多数あります。

では小説と何が違うかと問われれば、もはや背景やキャラクターがビジュアルとして画面に表示されていることくらいだったりするわけで、「そういうゲーム性の低いゲームには興味がない!」という方もいらっしゃると思います。

しかし私はこのジャンルがRPGと同じくらい大好きです。ストーリーをとにかく重視するプレーヤーなものですから、すべてをシナリオに注ぎ込んでいるこのジャンルの傑作たちの虜になってしまった、という感じです。

さて、このジャンルがもっともたくさん展開されているのがPSVITA。今でもMAGES/5pb.やドラマチッククリエイト、エンターグラム(前TGL)などのメーカーを中心に、毎週続々と展開されていてすべてチェックするのが難しいほど。今回はその中から「これは絶対に間違いない!!!」という、私が実際にプレイした作品の中でもさらにおすすめができる作品を一覧の形でまとめていきます

(数が多いため、レビューと概要をそれぞれ一言ずつ簡単に書いていくことにします。今後個別にここで紹介したタイトルの詳しいレビューも続々と公開していく予定です)

※なおランキング形式というわけではありません。順番は全く関係ありませんのでご注意ください。

累計10000PVを突破!ご覧いただきましてありがとうございます!被っているタイトルも多いですが、PS4のADVについても書いていますのでよろしければ合わせてご覧ください。実は大量!PS4で遊べるおすすめの傑作/名作ADV総まとめ!

シュタインズ・ゲート(一連の関連作品含む)



これは今更挙げる必要もない名作中の名作でしょう。
秋葉原にある未来ガジェット研究所の個性的なメンバー(通称ラボメン)たちが、ひょんなことから偶然出来てしまったタイムリープマシンをきっかけに、思いもよらない事態に巻き込まれいくストーリー。キャラクター(特に主人公)にかなり癖がありますが、神がかった伏線回収は記憶を消してもう一度プレイしたいと思う人が続出するほど。

なお「Steins;Gate」は本編、「Steins;Gate 線形拘束のフェノグラム」「Steins;Gate 比翼恋理のだーりん」はファンディスク、「Steins;Gate 0」は続編(過去編)、「Steins;Gate ELITE」は本編のフルアニメ版です。

ダンガンロンパ1,2 / NewダンガンロンパV3

ダンガンロンパ1・2 Reload
スパイク・チュンソフト
2013-10-10


こちらもあまりにも有名でわざわざ紹介するまでもないかもしれませんが、念のため。ダークな世界観でのミステリーで、息をつかせない物語が展開。超本格的な推理作品ですから、推理作品が好きな方は騙されたと思ってプレイしてみてください。簡単ではありますがシリーズの紹介記事を書いていますので、ぜひどうぞ。



ダンガンロンパシリーズ三作目となるV3。過去二作と世界観を一新し、才囚学園を舞台に新たなコロシアイが始まります。
とはいえシリーズ過去二作のプレイは推奨。また様々な冒険を孕んでいるため、賛否の分かれるところはあると思います。しかし推理ゲームとしての完成度は今回も十分です。詳しいレビュー記事(1章までの感想全体の感想)を書いています。ネタバレは避けているつもりですが、注意してご覧ください。(追記4・2017年1月25日)

クロガネ回姫譚 -閃夜一夜-



学園ものの熱血バトルADVである本作。主人公は学内の対テロ組織に所属し、特殊警察のような過酷な任務に挑んでいきます。テンポのいい読みやすさと、戦いの描写の盛り上がり、そして何より世界観の設定が素晴らしいですね。主人公が最強というラノベなどでよく見かける設定なのですが、それだけでは終わらない凝った物語となっています。ストーリーの終盤にはまだ終わらせたくない!という気持ちになっていましたよ。

ちなみにダウンロード専売ではありますが、本作キャラの一人にスポットを当てた短編と、本作キャラが登場する麻雀ゲームも配信されています。

解放少女SIN



こちらは大国からの侵略から新日本国を守るための戦いを描いた作品。現代的な政治色の強い作品という時点で珍しいのですが、ロボットものとしての迫力のある演出も魅力。推理要素や熱い展開なども含め、あらゆる要素を取り混ぜていてとにかく濃密な物語となっています。ヒロインが大統領で主人公はその補佐官という突飛な設定に納得さえできてしまえば、あとは最高のストーリーに飲み込まれるでしょう。全体的に暗くシリアスなのでそれが苦手な方は注意です。

蒼の彼方のフォーリズム



いわゆる”スポ根もの”の本作。空を飛べるというファンタジー設定の中で、架空の競技フライングサーカスの大会での優勝を目指すという物語です。主人公はヒロインたちの指導を担当するコーチ。甘酸っぱい恋愛要素と爽やかで熱いスポーツの駆け引きを味わえる作品です。

全体的にとても明るく気楽に楽しめますし、主人公の抱える”トラウマ”にもスポットがあたり、いろいろと考えさせられる場面も。あとヒロインがとにかく可愛いです。続編も発売予定となっていますが、詳しい情報が公開されたころに個別の詳細記事を書きたいと思っています。ちなみに2018年3月29日にはニンテンドースイッチ版も発売が予定されています。

ルートダブルBefore Crime After Days 

(VITA版はダウンロード専売となっています。AmazonリンクはPS3パッケージ版。)


事故で封鎖された原子力発電所でのパニックサスペンスストーリーが展開される本作。ルートダブルというタイトル通り、二つの視点・違う場面での二つのストーリーが用意されていて、どちらからプレイするかによって物語の意味が180度変わるというとんでもない仕掛けが施されています。謎が謎を呼ぶ展開や、別のルートで明かされる真実を推理する楽しみも含まれた傑作です。こちらも遠くないうちに個別の感想記事を書きたいと思っています。(追記3・2016年11月20日/ルートダブルの詳細レビュー記事を書きました。ぜひご覧ください。)

穢翼のユースティア Angel's blessing








PCゲームブランド・オーガストによるダークファンタジーの移植タイトルが本作。世界は上層と下層、さらにスラム街に分かれ、スラム街は無秩序な世界。そこでかつては殺し屋として生計を立て、今では何でも屋のカイムが主人公。ある日上層から売られてきた貴族の惨殺されているのが発見されて…というストーリーです。
背中に羽が生える羽化病やスラムでの事件。ジャック・ザ・リッパーのことを彷彿とさせる世界観の中でカイムの運命は大きく左右されていきます。カイムが本当にかっこいいキャラで、ストーリーも最高!ただしアダルティな部分が多々あるのと、不気味な雰囲気の物語なので苦手な方は注意が必要です。

特殊報道部

特殊報道部
日本一ソフトウェア
2012-08-23


死のレターやクローン、UFOなど超常現象やオカルト事件の取材を通じて謎を解き明かしていく日本一ソフトウェアのADV。主人公はテレビ局に勤めていて、どんなプログラム構成にするかによってストーリーが分岐します。この手のテーマだと真相は放り出されることが多いですが、それは本作でも同じ。ただ納得がいかないということはなく、 丁寧に結末まで描いた作品です。同社の流行り神シリーズをマイルドにしたような印象です。

グリザイアの果実→グリザイアの迷宮→グリザイアの楽園



学園もの恋愛ADVの人気シリーズです。とはいえただ単純に甘い恋愛だけを楽しむ作品というわけではありません。キャラクターたちは主人公も含め全員が過去にトラウマ的な体験をしたことで心に傷を負っています。
学園生活における触れ合いの中でそんな傷を少しずつ癒し、克服していくことになりますが、それぞれの過去が本当に悲劇的でプレイ中は心にズシリときます。しかしだからこそそれを主人公が救済していく姿に感動することができます。また一方でその主人公自身の過去を描いたエピソードもあり、世界観にさらなる奥行きが生まれています。

ちなみにファンディスク的な作品として「グリザイアの果実 -SIDE EPISODE-」が、世界観を引き継ぎ主人公を交代した新作「グリザイア ファントムトリガー01&02」も発売されています。

ひぐらしのなく頃に粋

ひぐらしのなく頃に粋
加賀クリエイト
2015-03-12


ひぐらしと言えばこれは有名、おやしろ様信仰が根付いている雛見沢村を舞台にした連続怪死事件に、主人公たちが巻き込まれていく推理ADVです。本作はまず特筆すべきがそのボリューム。本作に収録されているすべてのストーリーをやろうとすれば100時間は下らないでしょう。なんといっても小説20冊分以上がフルボイスですからね。
前半の和気あいあいとした雰囲気ががらりと変わっていく過程はまさしくホラーで、このカタルシスは味わって損はないものとなっています。

ブレイブルーシリーズ(カラミティトリガー→コンティニュアムシフト→クロノファンタズマ→セントラルフィクション)



格闘ゲームシリーズとして有名なブレイブルーシリーズですが、この作品はとにかくバトルファンタジーとしてのストーリーが凝っていることで知られています。専門用語が連発されるのでハードルは高めですが、VITAで展開されている中だとコンティニュアムシフトエクステンドと、クロノファンタズマをプレイされるのがいいと思います。熱いバトルアニメが好きな方におすすめです。現在は主人公をラグナとしての物語は完結しています。

アリアズカーニバルサクラメント 



アーケンと呼ばれる特殊な能力を使って、部活同士が学園内でポイント(バトルで勝つともらえる)を競い合うという設定のADV。主人公の持つ謎の力や、学園に隠された謎など恋愛ADVでありつつもストーリーで読ませるタイプの作品です。ポイント一位を取るとアリアという称号を得られるということで、チーム戦が繰り広げられるのですが、この描写が面白い。重くないので手軽なのもおすすめポイントです。

フェイトシリーズ(フェイト ステイナイト→フェイト ホロウアタラクシア)



フェイトシリーズは聖杯戦争に巻き込まれることになった主人公・衛宮士郎とその使い魔(サーヴァント)であるセイバーが他のマスター(魔術師)たちと生死をかけた戦いに身を投じていくという王道ファンタジーノベルです。有名度で言えばこの記事で紹介している中でもトップクラスの本作ですが、その人気の秘密は何といってもバトルものとしての熱さ、そしてキャラクターたちの魅力にあるでしょう。今は廉価版が出ていてお安くプレイできるのもいいですね。

シリーズの順番などについてまとめた詳細な記事もありますので、合わせてご覧ください。

百花繚乱エリクシル Record Of Torenia Revival



新米の巡察使であるブルームが大貴族の不正を暴いたことをきっかけに、辺境の村ミルトスに飛ばされてしまい、その土地で村おこしに奮闘していくという物語。主人公は頭脳明晰なのですが超がつく堅物。しかし嫌味がなくとても好感のもてる人物です。そしてそのひたむきな態度に村の人たちもだんだん心を開いていきます。頭を空っぽにしてのんびりと楽しめる快作です。

&-空の向こうで咲きますように



幼馴染たちとともに「二つの月」の謎に迫るファンタジーADV。基本的には軽いノリのストーリーなのですが、願いが叶う道具を手に入れたことをきっかけに、主人公たちは日常を揺るがす大事件に巻き込まれていきます。全体的に似たような展開が各ルートで繰り返されるのが難点ですが、人間関係を少しずつ明かしていく上手さはなかなかだと思います。

ハーヴェストオーバーレイ



AR(拡張現実)技術の進歩により、生活にARが欠かせないという近未来SFチックな世界観のアドベンチャー。ハーヴェストオンリアルなるゲーム内ゲームを主人公たちがプレイするという展開で、そのゲームをプレイすることを通じて、ヒロインたちとの仲が深まっていきます。本作はハーヴェストの運営母体である会社やその関係者などにまつわる秘密が明かされていく過程が楽しく、また純粋にRPGをプレイしているような感覚をノベルゲームで味わえるのが魅力だといえるでしょう。

かまいたちの夜 輪廻彩声


孤立した雪山のペンションで起こる連続殺人の謎を解き明かすミステリーADV。名作サウンドノベルとして知られるかまいたちの夜に、キャラ絵やボイスを搭載し新シナリオを加えたリメイク作品です。
リメイクの内容に賛否こそありますが、名作として知られるだけあって事件の完成度はさすが。ボリュームについては、ミステリー篇だけだと5時間ほどでコンプリートできますが、すべてのシナリオをコンプリートするには20時間近くかかるので、コスパがそこまで悪いということはないかと思います。詳しいレビューはこちらです。(追記5・2017年2月23日)

デザイア リマスターバージョン



人気ライターとして知られた菅野ひろゆきさんによるSFサスペンスADV。閉鎖された島・デザイアの謎の研究施設へ取材にやってきたアルバートが事件や不可解な出来事に巻き込まれていくというストーリー。

タイムパラドックスを題材に、非常に興味深くまた複雑な物語となっている反面、矛盾が多くみられることや演出や会話、システムが古臭い部分がある、そして説明不足が目立つのが難点といえるでしょう。ただラストの展開は正直驚きましたね。よくこんな世界観を作り上げたな…と感心してしまいました。

時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-



PC三部作が一本にまとまって新シナリオも入っている超ボリュームが魅力の本作。
学園もの+魔法ファンタジー+推理というまさに私のためにあるかのような世界観の作品で、非常におすすめできる内容となっています。

”昼”と”夜”という二つの世界の中、ミストと呼ばれる不思議な道具を巡って起きる様々な事件を、特務分室に所属する主人公たちが解決していく物語。
伏線の回収や事件の裏側に隠された真相も見事で、序盤の展開がおとなしすぎることを差し引いても、文句なく傑作だと言えると思います。

レイジングループ

1502889793592

人狼をモチーフにしたダウンロード専用のホラーサスペンスノベルADV。
人狼を信仰する異質で不気味な休水集落に迷い込んだ主人公が「死に戻り」というループを繰り返して、村に潜む狼の正体・怪異の謎・伝承の秘密・ループの真相を解き明かしていく、というストーリー。
あまりの面白さに徹夜間違いなし、ドキドキ感を味わいたいならもってこいの作品です。詳細なレビュー記事もありますのでぜひどうぞ。(2017年8月16日・追記7)

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- V - 



300年前の世界にタイムスリップしてしまった主人公が、江戸元禄時代を舞台に忠臣蔵の歴史に翻弄されつつも、四十六士の命と忠義を守るために、そして自身が元の時代に戻るために奔走する大ボリュームのノベルADV。

歴史に疎い私でものめりこんでプレイしてしまうほどの息をつかせぬ展開と、熱く燃える戦いの描写。そして切ない出会いと別れの数々。ループ物としてのファンタジー要素と丁寧に描いた実在の時代背景が見事に融合し、その世界観はまるで違和感を感じさせない完成度となっています。本作は身も心も強くなっていく主人公の成長の物語でもあり、熱血バトルストーリーが好きな方には特におすすめします。傑作です!(2017年11月1日・追記8)

ロボティクスノーツ・エリート



種子島の高校のロボット研究部・通称ロボ部の個性的なメンバーたちが、紆余曲折はありながらも、巨大な二足歩行ロボットを作る姿を描いた物語が展開される本作は、シュタゲやカオスヘッドに連なる科学アドベンチャーシリーズの第三弾にあたります。

もちろん本作もただの青春ものということはなく、300人委員会やSERN、渋谷地震といったシリーズでお馴染みの”陰謀”に格闘ゲーマーである主人公は巻き込まれていきます。
連絡がつかなくなった姉のため、ロボットにかけるヒロインの情熱、それに絆されていくロボ部の仲間たち、そして徐々に明らかとなる見えない敵。いくつかの謎が宙に浮いてしまったままなのは惜しいところですが、それは今後発売予定の正式続編「ロボティクスノーツ・DaSH(ダッシュ)」に期待しましょう。一癖も二癖もある青春群像に興味がある方はぜひ。(2017年12月2日・追記9)

オカルティック・ナイン



全体的に評判は低めですが、オカルトを題材としたテーマ性とプレイヤーを引き込む魅力的な謎かけは一定のレベルに到達していると思います。実際井の頭公園で起こるニゴロ事件やコトリバコの事件の怖さはなかなかのものでした。

問題はアニメ版の方がゲーム版より詳しいくらいで、ゲーム版でも謎が謎のまま回収されずに残っていたりするということ。ただこれについては現在さらなる追加シナリオが開発中であるらしく、無料のパッチとして提供されるとのことですので、それ次第では一般的な評価も変わってくるかもしれません。現時点ではオススメとまでは言えませんが、アニメ未視聴であれば十分楽しめる作品であるような気はします。(2017年12月15日・追記10)



さて大量に展開されているVITAのADVのうち、ほんの一部ではありますがおすすめタイトルを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。どれも一筋縄ではいかない緻密なストーリー展開で、「文章をただ読むだけなのは・・・ 」「小説でいいじゃん」という方にもむしろおすすめしたいですね

またこの記事にはこれからもプレイしてこれは!と思ったタイトルを定期的に追記していきます。興味のあるタイトルがあった方はぜひチェックしていただければ嬉しいです。
皆さんからこれもおすすめだよ!という作品を教えていただければそれもできる限りプレイしたいと思っています。最終的にはVITAのADVライブラリのようなページにするのが目標です(笑)

※近日発売(or購入)・本記事に追加予定の作品
俺達の世界わ終っている、アノニマス・コード、双子座のパラドクス、桜花裁き 斬、ハローレディ、千の刃濤 桃花染の皇姫 など

暫定的なまとめ

熱いバトルが楽しみたい!
→フェイトシリーズ、クロガネ回姫譚、アリアズカーニバルサクラメント、ブレイブルーシリーズ、ギルティギアシリーズ、忠臣蔵46+1-V- など

頭を使って推理を楽しみたい!
→ルートダブル、ダンガンロンパシリーズ、ひぐらしのなく頃に 粋、かまいたちの夜 輪廻彩声、時計仕掛けのレイライン、レイジングループ(DL専売)、end sleep、id(イド) など

タイムトラベルやSFが好き!
→シュタインズ・ゲートシリーズ、タイムトラベラーズ、解放少女SIN、デザイア、ロボティクスノーツエリート、俺達の世界わ終っている。 など

ほんわかのんびりプレイしたい!
→百花繚乱エリクシル、キスベル、”&”空の向こうで咲きますように、ハーヴェストオーバーレイ など

スポ根と恋愛要素の融合!
→蒼の彼方のフォーリズム、リトルバスターズ など

シリアスなダークファンタジー!
→穢翼のユースティア など

恋愛だけど重たいのがいい!
→グリザイアの果実シリーズ、ホワイトアルバムシリーズ、車輪の国 向日葵の少女(PSP) など

オカルトのような不気味な世界がいい!
→ 特殊報道部、真流行り神2、カオスヘッド、カオスチャイルド、オカルティックナイン など

(2016年10/5追記1 )
(2016年10/28追記2) 
(2017年6/11追記6)
(2018年1/15デザイン変更・紹介文を修正)

スナック・ピカチュウ・アサクリの新作が発表!など[2018年1月14日のゲーム情報]

ここ数日ゲーム情報が非常に盛りだくさんで、まとめて公開するだけで手一杯な今日この頃。ゲーマーとしては嬉しいことですね。(ブロガーとしては忙しいけどw)

1.名探偵ピカチュウがパワーアップして3dsで再登場!


ティムとピカチュウが失踪した父親を探すために訪れたライムシティで事件に巻き込まれていくという展開の”シネマティックアドベンチャー。
以前3dsのダウンロードソフトとして配信された「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」の内容にシナリオが大幅に追加した、待望の”続編”となっています。

対応ハードは今作も3dsですが、今回はパッケージタイトルとして登場。発売日は2018年3月23日となっています。同日には名探偵ピカチュウのamiiboも登場予定です。



2.アサシン クリード ローグ リマスターが発売決定!

2014年12月にPS3で発売されたアサシンクリードローグがPS4/XboxOneでリマスターされて登場!
アサシン教団を裏切りアサシンからアサシンハンターへと変貌した主人公・フェイの戦いを描いた物語が展開される本作は、オリジナル版も高い評価を得ています。

発売日は2018年3月22日。PS4版のみパッケージ版が発売されます。毎年のことではありますが、いつの間にか3月のラインナップが注目作だらけになってきていますねw

3.ダークソウル リマスターはSwitchに加えてPS4/XboxOneでも発売!
DARKSOULS
先日ニンテンドーダイレクトで電撃的にSwitch版が発表された「DARK SOULS REMASTERED」ですが、本作はPS4/XboxOneでも発売!3機種マルチ展開であることが判明しました。フォロワータイトルをたくさん生み出すほどの影響力を誇るシリーズの第一作目、私もプレイするのが楽しみです!
(高難度ということでちゃんとクリアできるんだろうか…(^^;)

なおPS4版のみ、トリロジーボックスも発売!シリーズ全作と様々なコレクターアイテムが収録されています。価格は約50000円とお高めですが、すでに売り切れが続出する人気ぶり。

4.その他発表されたゲームソフト

スナックワールド トレジャラーズ Switch
3dsで発売済みのスナックワールドのニンテンドースイッチ版が発売決定。

ブレイブルー クロスタッグバトル Switch/PS4
ブレイブルー、アンダーナイトインヴァース、ペルソナ4U、RWBYのコラボレーションとなる2D対戦格闘ゲーム。その発売日が2018年5月31日に決定!

まいてつ -pure station- PS4
発売日が2018年7月26日に発売決定。ヒロインであるハチロクと会えるVRビューワーも搭載とのこと。

ボーダーブレイク PS4
セガがアーケードで展開するサードパーソンシューティング(TPS)が基本無料形式で配信決定。本格ロボットアクションが楽しめるということで、なかなか注目ですね。

The Flame in the Flood Switch
非常に評判のいい海外発インディーゲーム。サバイバルアドベンチャーで、老犬と共に生き残りをかけて孤島を探索したり川下りをしたり。私も購入予定です。

4.Splatoon2に新ステージ&新武器が追加!バランス調整も!


新ステージ「デボン海洋博物館」と新武器「スパッタリー・ヒュー」が追加。

さらに細かなバランス調整も。ダイナモローラーやソイチューバーなどいくつかの武器が強化されたほか、スプラッシュボム・キューバンボム・カーリングボムの3種が弱体化されています。
具体的な内容はTwitter内のリンクをご確認ください。




ニンテンドーダイレクト2018.1.11が本日公開!発表内容まとめ!イースにダークソウル、すばらしきこのせかいも!

ニンテンドーダイレクトミニがなんと当日公開!



今回はまさかのリアルタイムでの放送ではなく、動画をいつの間にか公開しているというフェイント!!
しかもたった12分の映像なのに、発表内容がサプライズだらけで息をするタイミングがなかったんですけど!!!

……スー……ハー……。
……ちょっと落ち着いてきたところで発表内容を簡単にまとめていきます!

すばらしきこのせかい-Final Rimix-が発表!
いきなり「すばらしきこのせかい」のスイッチ版なんて誰が予想できたでしょうか!?
スクウェア・エニックスによる名作RPGの移植(リメイク?)となっています。2018年発売予定。購入確定です!

ポッ拳DXに新ポケモン追加!
新たなポケモンが追加されるパックが2度に分けて配信。一回目はバトルポケモンにギルガルド。サポートポケモンにメガレックウザとミミッキュ。二回目はバトルポケモンにカメックス、サポートポケモンにセレビィとミュウが追加。一回目は2018年1月31日配信予定。

星のカービィ スターアライズの発売日が決定!
新コピー能力としてアーティストとスパイダーが登場するほか、仲間との組み合わせで特別な能力が発動するフレンズ能力なるシステムが登場。発売日は2018年3月16日に決定!

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズDXが発表!
3dsとWiiUで発売済みのゼルダ無双のSwitch版が発表。追加コンテンツは全収録、おすそわけプレイやブレスオブザワイルドの衣装が追加されるといった新要素も。2018年3月22日発売予定。

STARDEW VALLEYが本日配信開始!
ドットライクの世界で牧場生活が楽しめるインディーゲーム「スターデューバレー」が本日より配信!税別1370円。

マリオテニスエースが発表!
マリオテニスシリーズの最新作が発売決定!今回はストーリーモードが収録され、いろいろなシチュエーションでテニスが楽しめるとか。2018年春発売予定。これも購入確定です!

イースⅧが発表!
今日一番驚いたのがこれかもしれません…!まさかの日本ファルコム看板タイトル・イースシリーズ最新作であるイース8のSwitch版が”日本一ソフトウェアから”2018年夏に発売決定!私はこれも購入します!

スーパーマリオオデッセイが無料アップデート!
クリア後に「ルイージのバルーンファウンド」なるミニゲームが追加される無料アップデートが2018年2月に配信決定。風船かくしと風船さがしの2つが楽しめるとか。衣装などの追加も継続的に予定。

SNKヒロインズ Tag Team Frenzy
ボタン一つでド派手なアクションが繰り出せる対戦格闘ゲームがSNKから登場!SNKのヒロインたちを自分好みにカスタマイズ可能。2018年夏発売予定。

ドンキーコング トロピカルフリーズ
WiiUで発売された同名作品のスイッチ版が登場!新たにファンキーコングがプレイアブルキャラとして仲間入り。おすそわけプレイにも対応しています。2018年5月3日発売予定。

DARK SOULS REMASTERED
高難度のアクションRPGとして知られるダークソウルのリマスターがスイッチで登場!2018年5月24日発売予定。持ち運べるというのが個人的にはかなり魅力的なので、これも購入しますが、まさかフロムソフトウェアがスイッチにダークソウルを持ってくるとは…!

というわけで以上となります。
12分に詰め込んでいるのがもったいないくらいのボリューム感。なぜこのような「Nintendo Direct Mini」なる形をとったのかは不明ですが、どうやらシリーズ化してちょくちょくやっていくみたいですね。たまには大きなダイレクトやカンファレンスも見たかったりしますが、今後はどうなるのでしょうか。

なにはともあれ、2018年の前半のタイトルが一気に充実した感のある素晴らしいプレゼンだったと思います!

いや、できれば事前に告知してほしかったですぞ……心の準備が……(笑)



DMCコレクションやプリパラ新作が発表!など[2018年1月11日のゲーム情報+雑記]

小さめの新作情報がいろいろと発表されましたので、いつも通りまとめていきたいと思います。

1.デビルメイクライ HDコレクションがPS4/XboxOneで発売決定!
DMCHD
カプコンによる悪魔を題材としたスタイリッシュなアクションゲームシリーズであるデビルメイクライ。その初期三作品を現行据え置き機向けにまとめてHDリマスターしたコレクションとなります。

発売日は2018年3月15日で、PS4のみパッケージ版も発売。こちらは限定のPS4テーマが付属するそうです。価格は約4000円程度ということで、過去作とはいえ、いずれも未プレイならお買い得でしょう。

2.プリパラ オールアイドルパーフェクトステージがSwitchで発売決定!
puriparaSwitch
タカラトミーアーツとシンソフィアが展開するアーケードゲームと、それを原作とするTVアニメで人気を博す女児向け作品「プリパラ」。そのSwitch向け最新作が2018年3月22日に発売されることが発表。ジャンルは”おしゃれ&リズムアクション”となっています。
 
これまでは3dsで展開されていた同シリーズですが、意外なほど早くSwitchに対応することが決まった形。やはりソフトメーカー各社も3dsの実質的な後継機としてSwitchを捉えていることがうかがえます。3dsは幅広いソフトメーカー作品が発売されていましたので、今回の発表はなかなか朗報だと思いますね。

3.その他発表されたゲームソフト

サマーレッスン:ひかり・アリソン・ちさと3 in 1 基本ゲームパック PSVR
サマーレッスンの宮本ひかり、アリソン・スノウ、新城ちさとの3キャラクターの基本パックを収録したパッケージが2018年2月22日に発売決定。私はアリソン・スノウのみ購入しましたが、新城ちさとの評判がよく、購入するか悩んでいます(笑)

ナデレボ PSVITA
エンターグラムが今月も新作を発表。自宅すたじおが原作を手掛ける学園もの恋愛ADV。2018年4月26日発売予定。

World to the West Switch
フライハイワークスがローカライズを手掛けるゼルダライクの謎解きアクションADV。4人の仲間を操作して冒険を進める内容で、2018年1月18日に配信予定。価格は1500円。

ラビリビ Switch(/PS4/PSVITA)
うさぎと妖精が主人公の台湾発・高難度2D横スクロールアクションゲーム。日本での発売はまだ発表されていませんが、PS4/PSVITAではすでに配信中です。メトロイドヴァニア系で探索要素も強めとなっているそうです。

4.スクリブルノーツのシリーズ最新作がSwitch/PS4/XboxOneで登場か?
注:こちらについては確定情報ではありません。

多彩なアイテムを使って各ステージのお題をクリアしていくアクションパズルゲームシリーズである「スクリブルノーツ」シリーズ。その最新作として「Scribblenauts Showdown(スクリブルノーツ ショーダウン)」がSwitch/PS4/XboxOneで発売されるようです。

これは同タイトルが海外の大手通販サイトに登録されたことから明らかになっていますが、もし事実なら日本での展開にも期待できそうです。
(日本でもDSで「ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」「スーパースクリブルノーツ」の2作が発売済み。)

5.ジョイコンを追加で購入!
1515594138208
ニンテンドースイッチのジョイコンを1組増設しました!
というのもARMSを4人で対戦しようと思ったのですが、ハードが1つしかなかったためにジョイコンが足らなかったんですよね。2組あれば今後も何かと便利なのは目に見えているので、思い切って購入してしまいました!

(これがあればTVモードで遊ぶ時は常にいずれか1組のジョイコンを充電できるので、ジョイコンのバッテリー切れの心配がなくなったのが嬉しいです(笑))
それにしても、おすそわけプレイによるARMSの2vs2対戦。余裕で1日持つレベルで楽しいので、非常におすすめです!


ARMS - Switch
任天堂
2017-06-16


家庭用ゲーム国内市場規模、11年ぶりにハード/ソフト共に拡大!

ファミ通が2017年の国内家庭用ゲームの市場規模データを公開!
なんと2017年は実に11年ぶりに家庭用ゲーム業界のハード・ソフト市場規模が共に拡大したことが分かりました!!

これは新ハードであるNintendo Switchの躍進はもちろんのこと、PS4や3dsの現行ハードの活躍に支えられての結果。家庭用ゲームの復権への第一歩を象徴したものではないでしょうか!

まずはデータを2017年と比較してみます。(すべてファミ通調べ)
ソース記事リンク2017年国内家庭用ゲーム市場速報を発表 市場規模は3917.5億円で、Nintendo Switchがハード市場を大きく牽引

<市場規模>
2016年:約2995億円2017年:約3918億円

ハードは2016年:1171億円から2017年:2024億円(70%以上増加)、ソフトは2016年:1824億円から2017年:1894億円(4%程度増加)、合計では30%ほどの増加となっています。

<ソフト売上10傑>
1位 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(3ds):約200万本
2位 Splatoon2(Switch):約175万本
3位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(3ds):約174万本
4位 モンスターハンターダブルクロス(3ds):約168万本
5位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4):約134万本
6位 スーパーマリオオデッセイ(Switch):約132万本
7位 マリオカート8デラックス(Switch):約110万本
8位 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(Switch):約69万本
9位 ポケットモンスター サン・ムーン(3ds):約58万本
10位 スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS(3ds):約42万本

機種別にみると以上の通り。タイトル合算ではドラクエ11が300万本を超える強さを見せたのが非常に印象的でした。それにしてもこうしてみると昨年は3dsがまだまだ存在感を残していたことが見て取れます。

<ハード売上>
Nintendo Switch:約341万台(累計341万台)
PS4:約194万台(累計586万台)
3ds:約183万台(累計2374万台)
PSVITA:約40万台(累計564万台)
XboxOne:約1.5万台(累計9万台)

Switchは1年足らずでWiiUの国内での生涯普及台数を超えました。これはさすがに任天堂も予想していなかったのではないかと思います。
一方でPS4は3ds以上の売り上げを記録。2018年はモンハンワールドもありますし、今年以上の普及となるのではないかと見ています。ちなみにPS4はいつの間にかVITAの普及台数を超えていたことにちょっと驚き。

<総括>
というわけで、ゲームファンとしては非常に明るいニュースが多かった2017年。データの上でもそれはきっちり表れています。

そこで次に重要になってくるのは2018年もこの勢いを持続させることができるか、ということ。
特にソフト面においては昨年は飛躍的に伸びたということではなく、あくまでも微増したにすぎませんから、ここは今年はもっとガツンと伸びてほしいところ。売れるタイトルと売れないタイトルの格差が広がり続けている中、中堅以下のタイトルが一定の存在感を示せるようになることこそが鍵になると考えています。

今年は間違いなくSwitchとPS4が市場を牽引することになりますが、両機種で大型タイトルのみならず、様々なジャンル・会社・規模の作品が売り上げを伸ばすことに期待します。

(※市場規模をテーマにした分析系の記事を公開しています。よろしければ合わせてご覧ください。)
関連記事リンクゲームソフトの発売本数と市場規模から家庭用ゲーム市場の今後を考察する

(上記のような市場分析・考察系の最新記事も今後公開するつもりなので、興味がある方はご期待ください。)


角川ゲームス3タイトル情報、2018年はVRソフト130本⁉など[2018年1月7日のゲーム情報+雑記]

この時期はなかなか新作情報は出てこないのでコンパクトな記事になってしまいますが、いくつか気になったものをまとめておきたいと思います。

1.Birthdays the Beginning(バースデイズ ザ ビギニング)のSwitch版が登場!

ハコニワ世界で様々な生物を育てて自分だけの”箱庭”を作る、クリエイト系シミュレーションゲーム。
そのニンテンドースイッチ版が2018年3月29日に発売決定!

発売中のPS4版のシステムやゲームテンポなどが改善され、新イキモノも登場するということで、タイトルも「Happy Birthdays」に変更。スイッチのハードと相性が良さそうなタイトルが出てきましたね。
(上のPVはPS4版のものです。)

2.バーンアウトパラダイス HDリマスターがPS4で発売決定!

PS3/Xbox360で発売された箱庭系のレースアクションゲーム・バーンアウトパラダイスのHDリマスターが2018年3月16日にPS4で発売決定!オリジナル版は非常に評判がよかったですが、現行世代ではどの程度受け入れられるのかが気になります。
(上のPVはオリジナル版のものです。)

3.ゴッドウォーズとルートレターに動きが!星娘も家庭用に!

角川ゲームスの安田社長のTwitterで3つの興味深い発表がされていましたのでお伝えします。

まずは「ゴッドウォーズ」。日本神話を題材にしたシミュレーションRPGとして、予想以上の高評価となっているタイトルですが、大型のアップデートはもちろん、完全版の発売も予定されているみたいですね。

続いてはルートレター。”角川ゲームミステリー”と銘打って始まった作品ですが、予定通り続編の展開(シリーズ化)が行われるようです。こちらはなかなか厳しい評判ではありましたが、主にキャラクター面での問題だったこともあり、新作には期待しています。

最後に「星娘(スターリーガールズ)」プロジェクトについてですが、こちらは家庭用ゲームの開発が進んでいるようです。宇宙を舞台としたSFチックな世界観での育成シミュレーションゲームとなっているスマホアプリですが、家庭用ではどのような作品となるのか注目です。

4.その他発表されたゲームソフト

実況パワフルプロ野球2018 PS4/PSVR
以前の記事で取り上げたパワプロの最新作の発売日が2018年4月26日に決定。

5.PSVR、今年一年で対応・専用タイトルが130本展開!?
ソース記事リンク:SIE、「プレステVR」のソフト280本超に(日本経済新聞)

SIEがPSVRに対応するソフトを2018年末までに280本に増やすとの記事がリンク先に掲載されています。
現在までにダウンロード専売のVR対応・専用タイトルが合わせて約150本発売されているとのことなので、この記事の内容が正しいなら、今後1年間で約130本もの新作VRタイトルが供給されることになります。

VRは私も昨年購入してその体験に感動しましたが、現状ではソフトが大充実といった感じではないので、今年一年間に期待したいところ。そういった意味でこうしたニュースは朗報だと思います。

6.「俺達の世界わ終っている」をプレイ開始!
俺達の世界わ終っている。 - PSVita
レッド・エンタテインメント
2017-11-09

PS4の地球防衛軍5と並行して、PSVITAのアドベンチャー「俺達の世界わ終っている」をプレイ中。
まだ序盤で、大きな事件が起きるようなところまでは行っていませんが、これが思っていた以上に面白く、キャラクターたちの軽妙な掛け合いに笑わせてもらっていますw
舞台・キャラ配置・設定など、「シュタインズ・ゲート」を参考にしているのでは?という部分も多く、科学アドベンチャーっぽさが強いのも特徴です。40時間ほどかかるみたいなので、のんびりとプレイしていくつもりです。


フェイト新作正式発表!ニンテンドーダイレクト次回はいつ?など[2018年1月1日のゲーム情報+雑記]

新年の一日目ですが、取り扱っていないゲーム情報がいくつかあったので、まとめておきます。ついでに今年の抱負も簡単に書いておきますw

1.Fate/EXTELLA LINK (フェイト/エクステラ リンク)が正式発表!
fateextellalink
ハイスピードサーヴァントアクションと銘打つ、いわゆる”Fate無双”的なアクションゲームの新作の詳細情報が明らかに。明かされていなかった対応プラットフォームはPS4/PSVITAとなり、発売日は2018年6月7日と発表されています!

本作は完全新作ではなく、あくまでも前作の完全版という位置づけですが、本作より新たなに登場するサーヴァント(クラスはセイバー)であるシャルルマーニュの新規シナリオが展開。またドレイク、アストルフォ、スカサハの3騎のサーヴァントも新たに追加されているそうです。
また詳細は不明ですが、アクションやグラフィックも生まれ変わっているということで、前作からいろいろと手が加えられているようです。

なおFate/EXTELLAはニンテンドースイッチ版も発売されましたが、残念ながら今作LINKは現時点で発売の予定はないようです。

2.その他発表されたゲームソフト

マーセナリーズサーガ クロニクルズ Switch
ライドオンジャパンが手掛けるタクティカルシミュレーションRPGであるマーセシリーズ。そのシリーズ過去三作品をすべてセットにしたのが本作。ファイアーエムブレムライクの”戦記+SRPG”という内容で、2と3は3dsでも配信中。なかなかどうして丁寧に作られた作品で価格以上に楽しめる作品だと思います。シリーズ作セットで移植というのは嬉しいですね。2018年配信予定。

まいてつPURE STATION PS4
鉄道を擬人化した特徴的なADVがPS4で正式発表。今年の冬発売予定ということですが、今月末から予約が開始されるとの情報があり、発売日はそう遠くなさそうです。

3.Splatoon2に新武器登場!

2017年12月30日より、シェルター系の新武器「スパイガジェット」が追加されています。パージが使えない分、閉じたまま攻撃できるという特殊な武器で、従来のシェルターよりも使いやすそう?

さらに2018年1月2日より「ホクサイ・ヒュー」も追加。ビーコンとマルチミサイルという構成となっています。

4.米アマゾンに謎のSwitchソフトが大量登録!近日発表会開催か!?
ソース記事リンク米Amazon.comで多数のNintendo Switch向け謎タイトルが登場!(Nintendo Switch ブログ様)

アメリカのAmazonで、ニンテンドースイッチの謎タイトルが20本近く登録されたとのこと。(現在はリンク先は削除されたようで確認できません。)

そのページでは「Just Announced at the Nintendo Switch Event Box art coming soon.」と表記されていたらしく、こちらは和訳すると「ニンテンドースイッチのイベントで発表されたもの。パッケージ画像の公開もまもなく」という感じ。

これはあくまでも私の予想ですが、ニンテンドースイッチに関する何かしらの発表機会(おそらくニンテンドーダイレクト、もしかするとプレゼンテーション発表会?)が迫っていて、こちらはそのイベント後に公開するものを誤ってフライングしてしまったのではないか、と思っています。

もともとニンテンドーダイレクトは公式サイトのリンク集にできた”空白”、そして周期的な意味で、1月中の開催が濃厚だとみられていますので、可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。
(ただしあくまでも噂程度に考えてください。特にそうした発表がないとすれば、お騒がさせして申し訳ありません。)

5.2018年の抱負など

今年も「おすすめゲームソフト紹介&ゲームレビュー」「ゲームソフト発売予定」「ゲーム新作・業界情報」「ゲーム関連コラム」をテーマとして、基本は1日1回更新するのが目標です。
(さらに「名探偵コナンのTVアニメ感想」と「名探偵コナン放送予定」はそれらの基本更新とは別枠で公開するつもりです。)

新作情報はスピーディーに、レビューは楽しさが伝わるように、発売予定は丁寧に、ゲームコラムはユニークに、そしておすすめソフトは全力で!
こんな感じの適当な抱負ではありますが、どの程度達成できるか、温かい目で見ていただければ幸いです。



ゲームメーカー年賀状2018新情報簡単まとめなど[2017年12月30日のゲーム情報+雑記]

週刊ファミ通で恒例となっている”ゲームメーカー年賀状2018”が公開されていましたので、そちらを取り上げるほか、いくつか新作情報もまとめておきたいと思います。

1.ゲームメーカー年賀状2018
1514619905698[1960]
量が多いので、既出情報のみのメーカーは省略して、未発表の新作の存在をほのめかしているメーカーのみを簡単にピックアップさせていただきます。ここに載っていない中で「このメーカーはどんな感じ?」というのがありましたら、コメント欄などで聞いていただければ返信いたしますので遠慮なくどうぞ。

アイディアファクトリー&コンパイルハート
コンパイルハートでは「驚きのコラボと万全の布陣で臨む完全新規タイトル」や「突き抜けた意外性を持つ『ネプチューヌ』シリーズ最新作」などの発表に向けて準備。

角川ゲームス
2018年は「メタルマックスゼノ」を始め、10周年記念プロジェクトを多数進行中。

コーエーテクモゲームス
2017年に立ち上げた新ブランド”midas”をはじめ、各ブランドも新作の準備を進めている。

日本一ソフトウェア
複数のプロジェクトを準備中で、中には「あっ!」と驚くものも。

フリュー
「ドラえもん」最新作と「バディファイト」の新作も春に発売。未発表のオリジナル作品も鋭意準備中。

MAGES./5pb.
既報タイトル、今後発表となる新作ゲームを通じて、非日常のドキドキをたくさん。

レベルファイブ
20周年新企画も。

2.新たに発表されたゲーム情報

マインクラフト ストーリーモード シーズン2 PS4
パッケージ版が2018年3月8日に発売決定。シーズン1との関連性はなく、本作から楽しめる。

OPUS 魂の架け橋 Switch
先日スイッチで配信されたOPUSの続編もニンテンドースイッチで発売決定。儚い世界観は共通。

ナツイロココロログ PSVITA
現実世界と電脳世界の2つを舞台とした恋愛ADV。2018年春発売予定。

Ninja Smasher! アルケミックダンジョンズ Switch
3dsでも発売されたニンジャスマッシャーの移植作品。追加要素を用意しているとのこと。

お絵かきパズル Pic-a-Pix Deluxe Switch
こちらも3dsで発売された作品の移植。2018年1月11日配信予定。価格は800円。

3.メタルマックスXeno(ゼノ)の発売日が2018年4月19日に決定!

かなり今風でスタイリッシュなデザインにしてきた印象のメタルマックスシリーズ最新作、その発売日は2018年4月19日に決定!思っていたより早い発売ですね♪
対応プラットフォームはPS4/PSVITA。私もスケジュールにもよりますが、購入したいと思っています。

4.地球防衛軍5が面白い!

この数日はEDFっ!EDFっ!と叫びながら地球を守る日々。いろいろと痒いところに手が届く仕様で、シリーズを2・3と遊んできた私からすれば(4は未プレイです。)、びっくりの大進化!まずは全ミッションをハードでクリアすることを目標に進めていますが、なかなかの歯ごたえ。でも今回は途中でやられてもアーマーや武器の一部が回収できるので、ちょっと気楽に楽しめます。

本作は控えめに言っても面白すぎるため、地球を守ると同時に、そびえたつ積みゲーの山も防衛されてしまうのが痛いところ。そろそろ「メガテンDSJ」と「俺達の世界わ終っている。」を遊びたいのに!

ちなみに本作は売上25万本を突破するなど非常に好調な様子で、シリーズファンとしてはとても嬉しいですね♪


キューブクリエイターXが発売決定などNintendo Switchニュース!

ニンテンドースイッチ関連のちょっとマニアックな情報をお届けするNintendo Switchニュースの第三回!今日も新作情報はじめ、いくつか気になるものをピックアップしていきます!

1.キューブクリエイターXが発売決定!
kyu-bu
Big John Gamesが手掛けるマインクラフトライクのサンドボックス型ゲームシリーズ・キューブクリエイターがSwitchにも登場!
そのタイトルは「キューブクリエイターX」でパッケージタイトルとして2018年4月26日発売予定となっています。パブリッシャーは引き続きアークシステムワークスが担当。RPG要素が加えられているそうです。

これまでには3dsで「キューブクリエイター3D」や「キューブクリエイターDX」が発売され、当時マインクラフトの3ds版がなかったこともあって、いずれも大ヒットを記録しました。今回のスイッチ版はマインクラフト発売後ですから、どの程度の売り上げとなるか注目されます。

2.D3パブリッシャーがダウンロード専売作品を続々予定!

シンプルシリーズを3dsで30本以上配信するなど、ダウンロード専売タイトルを多数リリースしてきたD3パブリッシャーですが、Switchではいまだソフト展開がなし。当然裏で開発はいろいろとしているのではないかと思っていましたが、先日紹介した乙女ゲーム2作に加えて脱出ゲームなどを新たに発表!

(・逆転吉原扇屋編 今冬)
(・逆転吉原菊屋編 今冬)
密室からの脱出 今冬
テニス 1月下旬
ビリヤード 2月下旬

ここからは定期的にいろいろな配信ソフトが出るようになるといいですね♪

3.アーケードアーカイブスの新年1月中旬までの配信スケジュールが発表!

2017年12月28日
・アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイター'96
・アーケードアーカイブス ダブルドラゴン

2018年1月4日
・アケアカNEOGEO キング・オブ・ザ・モンスターズ

2018年1月11日
・アーケードアーカイブス クレイジークライマー
・アケアカNEOGEO 龍虎の拳2

2018年1月18日
アケアカNEOGEO パワースパイクス

4.シノビリフレ-閃乱カグラ-の販売本数が明らかに!
1511523375901
先月のDLタイトルの売上が発表され、シノビリフレを間違って購入した方は全国で3万人ほどいたことが判明しました(笑)
DL専売タイトルであること、まだ発売から間もないことを考えてもこの数字はなかなかインパクトがあります。これは「Peach Ball 閃乱カグラ」の売り上げも期待できそうですねw

関連記事リンク:HD振動はどんな感じ!?シノビリフレ閃乱カグラをレビュー!

5.よゐこのマイクラでサバイバル生活・シーズン2、最終回の放送日程が発表!

よゐこの二人によるマインクラフトの実況プレイ動画シリーズ、よゐこのマイクラでサバイバル生活。
そのシーズン2最終回が2018年12月28日から放送されます!ラスボスであるエンダードラゴンとの戦いをしている以上、さすがにシーズン3はなさそうですし、これが見納めとなってしまうかもしれません。寂しい…。

できればマインクラフトではなくても、別のタイトルで2人の協力プレイの動画シリーズがまた始まってほしいものです。

関連記事リンク:よゐこのマイクラでサバイバル生活シーズン2が相変わらず面白い!(追記あり)

6.Splatoon2新武器が追加!
ちょっと取り上げるのが遅くなってしまいましたが…

連打することでジェットスイーパーに近いほどの射程を誇り、長押しの場合はわかばシューターに近い性能となる特殊な武器が登場。
ジャンプしながら連打しつつエイムを合わせるということができれば、理論的には最強ともいえる性能のシューターですが、使いこなすのはかなり難しそう。スプラッシュシールドの使い方も鍵となりそうです。

Splatoon2については、現在ガチアサリの攻略記事を執筆中。間もなく公開しますので、もうちょっとだけお待ちください。

7.クリスマスはニンテンドースイッチが爆売れ!?

今週はニンテンドースイッチが各所で大量入荷されたとの報告が続々と上がっています。あくまで予想ですが、おそらく今週は発売週以上の勢いがあったのではないでしょうか。品薄で購入できなかった方の中にもようやく手に入れられた、という声が。


記事公開時点でもAmazonでは上記のセットが定価で販売されています。

ニンテンドースイッチのソフトをお探しの方は以下の記事もぜひ参考にしてみてください!
関連記事リンク:名作揃い!Switchのプレイ全作品レビュー&おすすめ作品総まとめ!


閃の軌跡シリーズの新作が2018年に発売決定!(正式発表・追記あり)

(ラストに追記あり)

今年の9月に新作・閃の軌跡3が発売された軌跡シリーズ。
早くもその続編に関する情報が日本ファルコムの決算から出てきました!
2018年9月期の計画として、シリーズの最新作を引き続きPS4で発売予定とのこと。これは当然「閃の軌跡4」ということになるでしょう。
http://www.falcom.com/kaisya/ir/library_pdf/setumei1709.pdf(リンクはファルコム決算補足資料のPDFファイルです。)

閃の軌跡2から閃の軌跡3までは3年間というインターバルがありましたが、今回は1年というハイスピードで新作が登場するということで、おそらく3と4は同時進行で開発していたのだと思われます。

ちなみに私は閃3をまだプレイしていません。プレイしよう!と思ってディスクを入れたところで、まだ帝国編が完結していないことを知り、これは完結編(になるであろう)閃4まで待とう、と決めたんです。

私は軌跡シリーズが本当に好きなので、細かい伏線やキャライベントなどが完璧に頭に入った状態で遊びたいんですが、あまり間が空いてしまうとどうしても少しずつ忘れてしまう。そんなわけで、閃4が早くに出てくれるのは私にとっては朗報です!これでそうしたことを気にせずに、心置きなく始められる!
(でもやっぱり閃3を遊ぶ前に、空FCから全作品のEvolution版を復習プレイしようと思っていますので、もうちょっとおあずけです(笑))

ちなみに上に載せた資料ではPS4版「閃の軌跡」「閃の軌跡2」も来期に発売されることが判明しています。これによって閃シリーズ(帝国編)はすべてPS4でプレイすることが可能になります。

それにしても改めて息が長いこのシリーズ。
当然「カルバード共和国編」「アルテリア法国編」はあるでしょうし(いずれも2~3部作以上?)、もしかすると「レミフェリア公国編」「レマン自治州編」「ノーザンブリア自治州編」もあるかもしれませんし、まだまだ終わりは見えないですね。私は何作出されても付いていく自信があるので、一向に構いませんが(笑)、新規ファンの獲得も難しくなってきそうなので、そのあたりはちょっと心配。
というわけでこのブログでは今後もしつこく軌跡シリーズをプッシュしていきたいと思います!!

(追記)
hirameki4
本日2017年12月20日に軌跡シリーズ最新作「英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-」が正式に発表されました!
対応プラットフォームはPS4、発売日は2018年秋予定となっています!(まあ秋と言っても、ファルコムのことですから、まず間違いなく2018年9月27日であると考えていいでしょう(笑))

今回はシリーズで初めて副題がついていますが、これが正真正銘、閃シリーズの完結作となるようです。(注:あくまでも閃シリーズの完結作であって軌跡シリーズの完結作ではありません。)

ちなみにシリーズ1作目と2作目のPS4版にあたる「閃の軌跡1改」は2018年3月8日、「閃の軌跡2改」は2018年4月26日に発売予定となっています。2018年はまさに閃シリーズのフィナーレを飾るにふさわしい年となりそうです!

関連記事リンク:日本ファルコム・軌跡シリーズ!順番と評価
関連記事リンク:軌跡シリーズの個人的”作品&キャラクター”ランキング!
関連記事リンク:英雄伝説 軌跡シリーズの個人的名曲集!音楽から軌跡デビューもアリ!

英雄伝説 閃の軌跡III
日本ファルコム
2017-09-28


キャサリンのリメイク&6本の新作情報など[2017年12月20日のゲーム情報]

今週は小粒な作品の情報が多めですが、逃さずピックアップしておこう…としたら記事が小粒になってしまった感が(笑)

1.キャサリンのリメイクが発表!
キャサリン(特典なし) - PS3


噂にはなっていた「キャサリン」のリメイクが正式に発表!そのタイトルは「キャサリン・フルボディ」。対応プラットフォームはPS4/PSVITAで発売日は現状未定となっています。
ちなみに本作はアトラス内に新設された橋野桂さん率いる部署「スタジオ・ゼロ」の第一作目ということになるようです。

「キャサリン」はPS3/Xbox360で発売されたパズルアクションアドベンチャーで、悪夢と現実を行き来しながらストーリーを進めていく、ホラーチックな大人向けジュブナイル作品です。

今回のリメイクに際し、”3人目のキャサリン”としてリンというキャラが追加。物語はただエンディングが追加されるわけではないということなので、新キャラを巻き込んだ新たな展開などが用意されているみたいですね。

またオリジナル版はその難易度の高さから挫折する人も多かったようですが、今作では物語を最後まで楽しめるように幅広い難易度を用意しているということです。私も「キャサリン・フルボディ」購入したいと思っています♪

2.その他発表されたゲームソフト

Monster Energy AMA Supercross(モンスターエナジー AMA スーパークロス) Switch/PS4
インターグロー改め、オーイズミ・アミュージオのモトクロスレーシングゲームが登場。両機種ともパッケージ版も。2018年3月22日発売予定。

FLOWERS -Le volume sur hiver-(冬編) PSVITA
連作の百合系ミステリーADVの4作目が登場。2018年3月16日発売予定。

カノジョステップ PSVITA
学園もの恋愛ADV。選択肢を選んで好感度を上げていく。2018年3月21日発売予定。

パックマン チャンピオンシップ エディション2 Switch
名作アクション・パックマンのリブート作品。PS4/XboxOne版に加えてSwitch版も決定。国内での配信は現時点で未定のようですが、おそらく配信されると思われます。

ワールドネバーランド エルネア王国の日々 Switch
リバーヒルソフトが生み出した、ファンタジー要素のある世界での生活シミュレーションゲームシリーズが登場。2018年春配信予定です。

ナナミと一緒に学ぼ! TOEIC LISTENINGAND READING TEST 完全マスター Switch
メディアファイブによるTOEICを題材とした英語学習ソフト。アニメチックなヒロインが登場することで有名なシリーズ。今冬配信予定。


Switch版ドラクエビルダーズ発売日決定、レジスタ新作発表など[2017年12月17日のゲーム情報+日記]

今日はブログ更新の時間がほとんど取れなかったのですが、DLソフト関連の情報はいろいろとあったので、それらを取り急ぎまとめておきたいと思います。

1.レジスタのSwitch参入第一弾タイトルが発表!
Dear my Abyss
ルートダブルで知られるADVメーカー・レジスタは以前Switchに参入を発表していましたが、第一弾タイトルの配信が決定!
タイトルは「Dear My Abyss(ディアマイアビス)」。ダウンロード専売のアドベンチャーゲームとして、2018年初頭に配信予定だそうです。

本作は謎の本「破滅の書」を手にした少女たちの身の回りで様々な不可解な出来事が巻き起こるという、サスペンスストーリーが展開されるようで、シナリオボリュームは25時間。イベント画像も1000枚以上使われているということで、なかなか力が入っていそうです。私は興味はもちろんありますし、レジスタへの応援も兼ねて購入。SwitchでノベルADV市場が十分に形成されることに期待します。

関連記事リンク:ルートダブルで有名な有限会社レジスタがSwitchに参入を発表!

2.「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」のSwitch版は2018年3月1日発売!
DQB
ドラクエにサンドボックス型の要素を加えることで生まれたドラクエビルダーズシリーズの1作目のである本作。そのニンテンドースイッチ版の発売日が2018年3月1日に決定しました。
価格は4800円(税抜)とお安めで、スイッチのユーザー層的にも非常に重要なタイトルとなりそうです。

ちなみに2018年の2月には体験版が配信予定とのこと。また本作のセーブデータについて、Switch版「ドラクエビルダーズ2」への引き継ぎ要素もあるそうです。(もちろんPS4版も同様に引き継ぎ要素が用意されています。)



3.その他発表されたゲームソフト

サリーの法則 Switch
2Dのアクションパズルゲーム。2018年冬配信予定。

魔神少女 エピソード3 勇者と愚者 3ds
魔神少女シリーズ最新作が2017年12月27日に配信決定。

コンバット! サーチ&レスキュー PS4/Switch
バトルヘリ・アクションゲーム。PS4版は2017年12月21日、Switch版は2018年1月に配信予定。

万物乙女☆ダンジョンズ PS4/PSVITA
基本プレイ無料のローグライク。2017年12月21日配信予定。

4.テヨンジャパンがSwitchに2本新作発表?

12月21日はSwitchのダウンロードソフト情報が半端じゃないボリュームになりそうです(笑)

5.PSVR「Pinball FX2 VR」を購入しました!
pinball
ピンボールではお馴染みのZen Studiosが先日リリースした「ピンボールFX2 VR」をプレイしてみました。「SecretsoftheDeep」「Mars」「EpicQuest」の3つのステージが収録されていて、それぞれテーマに合ったVR演出がなされています。

まだ数回プレイしたくらいなので細かいことはまた後日記事にしようと思っていますが、手堅くピンボールとして楽しめるのはもちろん、サメ?や炎、剣士など、筐体の周辺にいろいろと動きがあるのはなかなか新鮮。価格は1500円程度ですので、ピンボールが好きな方は検討されてはいかがでしょうか。


レイジングループチーム新作情報!Switch累計1000万台突破!ガチアサリ感想も!など[2017年12月13日のゲーム情報+日記]

今週は新作情報は少なめですが、取り上げるトピックは非常に多くなっています!

1.スーパーロボット大戦シリーズの最新作がPS4/PSVITAで発売決定!

様々なアニメに登場したロボットたちが一堂に会するシミュレーションRPGシリーズ・スパロボシリーズの最新作がPS4/PSVITAで発売決定!発売日は2018年3月29日ということで、年度末のタイトルラッシュがさらにすごいことに!(笑)

今作で初参戦となる作品は「ガンダム Gのレコンギスタ」「魔神英雄伝ワタル」「バディ・コンプレックス」「バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-」「ふしぎの海のナディア」となっているようです。

シリーズ初プレイの方でも楽しめるよう、本作だけでシナリオが完結しているほか、従来のシステム・グラフィックがさらにブラッシュアップされているとのことで、もちろんシリーズファンにとっても待望の一本となっていそうですね♪




2.閃の軌跡2改の発売日は2018年4月26日に!

軌跡シリーズの帝国編・2作目にあたる閃の軌跡2。そのPS4版である「閃の軌跡2改」は2018年4月26日に発売決定

同じく閃の軌跡1改(PS4)は2018年3月8日発売予定、閃の軌跡3はPS4で発売済み、また2018年には軌跡シリーズ最新作(おそらく「閃の軌跡4」)が発売予定ということで、これで閃シリーズ全作品がPS4で遊べるようになるということですね!



3.ストリートファイターの30周年記念作品が発表!

シリーズの30周年を記念した「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」がSwitch/PS4/XboxOneで2018年春に発売決定

過去作12タイトルを収録したパッケージとなっており、うち4作品(「ストリートファイターIIターボ」
「スーパーストリートファイターIIターボ」「ストリートファイターALPHA3」「ストリートファイターIIIサードストライク」)はネットワーク対戦にも対応するということで、30周年にふさわしい豪華な内容となっています。

(収録される12作品は「ストリートファイター」「ストリートファイターII」「ストリートファイターII’」 「ストリートファイターII’ハイパーファイティング」「スーパーストリートファイターII」「スーパーストリートファイターIIターボ」「ストリートファイター ALPHA」「ストリートファイター ALPHA2」「ストリートファイター ALPHA3」「ストリートファイターIII」「ストリートファイターIII セカンドインパクト」「ストリートファイターIII サードストライク」とのこと。)

4.その他発表されたゲームソフト

セクシーブルーテイル Switch
日本一ソフトウェアのインディープロジェクト。ループする仮面舞踏会を舞台とした3Dパズル要素のあるミステリーADVですでにPS4でも配信中。価格は税込2160円、配信日は2017年12月21日。

Dance with Devils My Carol(ダンスウィズデビルス マイキャロル) PSVITA
同名アニメのゲームファンディスク。女性向け恋愛ADV。2018年3月22日発売予定。

5.ニンテンドースイッチの全世界売上台数が累計1000万台突破!

これはおめでたいニュースが飛び込んできました!!
WiiUは5年間の累計が1300万台程度でしたから、それを考えても素晴らしいペースでの普及です!

ちなみにスピード的には同時期の3dsと近いデータのようですが、3dsは1万円値下げがあったことも踏まえると、予想以上の好調ぶりであることが改めて分かります。この調子でどんどん普及していってほしい!

6.カプコンとスクエニがインタビューでSwitch向け展開について語る

まずはカプコンの辻本春弘社長が日本経済新聞のインタビューの中でSwitchに言及。

テレビに接続する据え置き型でありながら、持ち出して遊べるゲーム機の特性をうまく捉えられた。外で複数人で遊びやすい格闘ゲーム『ストリートファイター』などは予想以上に好調だ』として、
任天堂の過去のゲーム機向けに展開できていないソフトを移植することも考えている』とのこと。

続いてスクウェア・エニックスの松田洋祐社長はイギリス雑誌MCVのインタビューの中でSwitchに言及。(リンクは翻訳しているIGNJサイトです。)

過去の名作をSwitchなどに移植することはとても重要なことだと思います。しかし、弊社の過去のラインナップの魅力に気づいてもらうためには単なる移植では不十分です。今のゲーマーでも魅力的に思えるようにアップデートしていく必要があると思います

また松田さんはさらに、「いけにえと雪のセツナ」「LOST SPHEAR」のSwitch版はなんとダウンロード版の売り上げ本数がパッケージ版を上回っているということを明らかに。
Switchのe-shopの動作がサクサクであることや、自動的に届くゲームニュースの機能が優れていることなども影響してか、任天堂ハードでもデジタルシフトが進んでいるようです。

両メーカーとも変わらずSwitchに好意的という印象で、今後の展開がますます楽しみになりますね♪
明るいニュースだと思いましたのでこの記事でシェアさせていただきました。

7.レイジングループ開発チームの最新作は2018年夏頃に登場?
1502889793592reijing
ケムコの人狼を題材としたADVであるレイジングループ。このブログでも再三おすすめしている通り、これがもう本当に極上のホラーサスペンス・ハラハラドキドキの推理を楽しめる素晴らしい作品なのですが、そのレイジングループ開発チームが手掛ける新作が2018年の夏~秋頃に発売予定だとか!

機種・内容などは明らかにされていませんが、今度もパッケージ版も考えているそうで、かなり気合いが入っているみたいです!

レイジングループのシナリオを手掛けられた野吹さんが監修するタイトルでテイストは近いものになるとのことで、レイジングループの直接の続編というわけではなさそうですが、土着信仰を題材とした不気味なミステリー作品はもうぜひとも遊びたい!民俗学という響き、好きなんですw

現在までに家庭用機版(Switch/PS4/PSVITA版)にスマホ版の売り上げを合わせて3万本を販売したということですが、これはもっと売れていいタイトルだと思いますし、まだまだプッシュしていきます!


まずは来年1月に発売されるPS4向けパッケージ版を応援

関連記事リンク
人狼がテーマのADV・レイジングループが最強に面白い!クリアレビュー!
(記事の前半部分は公式サイトで分かること以上のネタバレはなしで書いていますので、未プレイの方も興味があればぜひご覧ください。)

ちなみにケムコはSwitch/PS4/PSVITA/3dsでダウンロード専売のRPGタイトルも多数リリースしていますが、これらをひとまとめにしたパッケージ版なども計画しているそうです。
ADVとRPGで今再び攻勢を仕掛けるケムコから目が離せません!!

8.ガチアサリをちょっと遊んでみた感想!

本日より追加されたSplatoon2の新ルール・ガチアサリを15試合ほどプレイ!

ステージに散らばる小さなアサリを10個集めるとガチアサリに変化。これを敵陣のバスケットに放り込むとバリアが破壊され、その間は小さなアサリやガチアサリを入れることでカウントを進めることができる、というルール。

第一印象は「かなり難しいルール」だと感じました。
いつ攻め込むか、もしくは守りに徹するかといった立ち回りについては、ガチルールの中でももっとも戦略的な動きが要求されるのではないでしょうか。

またガチアサリを運ぶためには敵陣ぎりぎりまで行かなくてはいけませんので、タイミングが非常に重要。常に戦況にアンテナを張っていなければいけないルールですね。

詳しくはウデマエがS+に到達次第、従来の3ルールと同様の形で攻略記事(と、できたら正式なプレイレビュー)を公開しますので、そちらもぜひご覧いただければ、と思います。ゼノブレイド2なども絶賛プレイ中(現在第6話に突入)なので、てんやわんやですが(笑)





新作情報も!The Game Awards 2017発表内容まとめ&感想

全世界が選ぶ”ゲームアワード”である”The Game Awards”。
今年も2017年12月8日に開催され、各部門の受賞作・ノミネート作が発表されました。またそれだけではなく、世界初公開となる新作情報なども複数登場!この記事では発表内容を改めて簡単にまとめておきたいと思います。

<Game of The Year>
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

ゲームファンはよく”GOTY”と略している今年の”Game of The Year”を獲得したのは日本のタイトル!Switch/WiiUの「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」でした!

これは予想通り、納得の受賞という感じだったと思います。初めてオープンワールドを採用した今回のゼルダ最新作は、まさに任天堂渾身の一本という出来栄え。次回作がどうなるのか心配に思うといった声もあるようですが、受賞に際したスピーチで開発者の青沼さんは「これからも驚きに満ちた新しいゼルダを作っていく」とコメントされていました。

また会場ではエキスパンション・パス「英傑たちの詩」がその日から配信されることが発表され、受賞に花を添えるサプライズとなりました。

※その他のノミネート作品
・スーパーマリオオデッセイ
・ペルソナ5
・PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)
・Horizon Zero Dawn(ホライズンゼロドーン)

Best Game Direction
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

<Best Narrative>
フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと

<Best Art Direction>
Cuphead(カップヘッド)

<Best Score/Music>
NieR: Automata(ニーアオートマタ)

<Best Audio Design>
Hellblade: Senua's Sacrifice

<Games for Impact>
Hellblade: Senua's Sacrifice

<Best Ongoing Game>
Overwatch

<Best Handheld Game>
メトロイド サムスリターンズ

<Best VR/AR Game>
バイオハザード7 レジデント イービル

<Best Action Game>
Wolfenstein II(ウルフェンシュタイン2)

<Best Action/Adventure Game>
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

<Best Role Playing Game>
ペルソナ5

<Best Fighting Game>
Injustice 2(インジャスティス2)

<Best Family Game>
スーパーマリオ オデッセイ

<Best Strategy Game>
マリオ+ラビッツ キングダムバトル

<Best Sports/Racing Game>
Forza Motorsport 7

<Best Multiplayer>
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンド)

<Most Anticipated Game>
The Last of Us Part II(ザ ラストオブアス2)

主な受賞部門については以上となります。
今年はなんといっても和製ゲームタイトルの受賞が目立ったのは、日本人・そして和ゲー好きとして、とても嬉しい!特にペルソナ5のようにJRPGがこれだけ広く受け入れられ、高く評価される時代が再びやってきたということに感慨を覚えています。これからさらにこの流れが強くなって、日本の中小規模の作品が海外でもどんどん広がっていくことに期待します!

ちなみにこのブログでは「GOTY2017 ~ESM編~」なる記事を公開する予定です!(ESMはエンタメ最高マンの略です(^^; 黙れとか言わないでくださいね(笑))
こちらは私が今年購入・プレイした作品をすべて一覧形式で公開、お気に入りの作品をまとめるという内容になりますw(公開は今月末を予定。)

<さて、それはさておき、ここからは新発表された新作情報のまとめです!>

Vacation Simulator PSVR
新作VRシムゲーム。2018年発売予定。

World War Z PS4/XboxOne
私も映画を見た(ゾンビものと知らず見させられてしまった)WWWのゲーム化。

フロムソフトウェア新作
”Shadows die Twice"という謎のメッセージと共に公開されたティザー。ゲーム内容やハードなどは未定ですが、ファン待望ですね!


ソウルキャリバーVI PS4/XboxOne
人気の格闘ゲーム最新作が発売決定!かなり久し振りの復活となります。


ベヨネッタ/ベヨネッタ2 Switch
ベヨネッタ過去二作品がそれぞれSwitchに登場。2018年2月17日発売予定。同日にはセットパッケージである「ノンストップクライマックス エディション」も発売。


ベヨネッタ3 Switch
なんと最新作もSwitchで発売決定!


FADE to SILLENCE
Witchfire

などが発表されました!
まとめは以上です。個人的にはベヨネッタとフロムソフトウェアの新作に注目ですね♪


ペルソナ5 - PS4
アトラス
2016-09-15







パワプロ2018など新作情報がズラリ![2017年12月7日のゲーム情報]

今週は発売日決定のニュースをはじめとして、ゲーム情報が豊富でした。この記事ではそれらを一挙にまとめておきたいと思います。

1.パワプロ2018が発売決定!
パワプロ
コナミの野球ゲームシリーズ「パワプロ」の最新作、「実況パワフルプロ野球2018」がPS4/PSVITAで発売決定!昨年は”2017”が発売されなかったので、長らく待っていたという方も多いでしょう。

発売時期は2018年の春予定ということで、いつもと同じなら3月末~4月頃に発売ということになりそうです。

今回のパワプロに収録されるパワフェスモードはなんと海上が舞台。”船の上に球場”というとんでもないことになっていますw

また今回はなんとPSVRに対応!詳細はまだ明らかになっていませんが、主観視点でバッティングができるのかな?そうだとしたらそれはぜひとも体験してみたい!コナミも最近は少しづつ家庭用回帰の兆し?が見えてきたような気がしなくもありません。

2.その他発表された新作ソフト

ブラッククローバー プロジェクトナイツ PS4
週刊少年ジャンプで連載中の人気作品・ブラッククローバーがPS4でゲーム化決定。


ウイニングポスト8 2018 Switch/PS4/PSVITA
人気の競馬シミュレーションゲーム最新作がマルチで登場。2018年3月15日発売予定。

ワンピース:ワールドシーカー PS4
ワンピースのゲーム最新作がPS4で登場。フィールドを自在に走り回ることができるドラマチックなアクションゲームになるのだとか。オープンワールドになるのではという噂も。

舞華蒼魔鏡 PS4
東方プロジェクトの対戦型弾幕シューティング。2018年1月25日配信予定。

不思議の幻想郷TOD -RELOADED- Switch
東方プロジェクトのローグライク形式のDRPGがSwitchにも登場。2018年12月21日配信予定。私はPSVITA版をプレイ済みですが、トルネコ・シレン好きとして十分楽しめるローグライクになっていました。未プレイの方はぜひ。



3.新作ソフトの発売日も続々決定!

The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム) Switch
2018年2月1日発売予定。

DOOM Switch
2018年3月1日発売予定。

レイマンレジェンド Switch
2018年2月22日発売予定。

がるメタる! Switch
DMM GAMESのスイッチ参入作品。2018年2月8日発売予定。

メモリーズオフ イノサンフィーユ PS4/PSVITA
最後のメモリーズオフと銘打たれるシリーズ最新作。2018年3月29日発売予定。
ニューダンガンロンパV3 廉価版 PS4/PSVITA
2018年1月11日発売予定。新価格は3218円となるようです。
関連記事リンク:「ニューダンガンロンパV3」クリア後レビュー(核心的ネタバレなし)

ドラゴンファングZ Switch
基本プレイ無料ソフトとして3dsで配信されていたローグライクが、2400円の買い切り作品(DL専売)として2017年12月14日に登場。今回はしっかりやりこめる本格作品として力が入っているようです。私は3ds版を少しだけ遊んだことがありますが、オーソドックスなシレンライク作品で、買い切りであるならオススメ。なおPS4版とXboxOne版も後日発売予定とされています。


以上となります。
2018年も1~3月はPS4を中心に新作ソフトの大混戦となりそう。Switchもマルチタイトルが増えてきて、粒ぞろいなラインナップになってきました。

Doom(R)
任天堂
2018-03-01






コーエーテクモゲームス
2018-03-15

スポンサーリンク
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村