エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

その他

ちゃんとした記事を書かねば!というプレッシャー

ブログに大きなアクシデントがあってから今日でちょうど二か月が経過。
お陰様でようやくGoogleの文字を見ても落ち込まなくなってきました(笑)

(なんのこと?という方は以下の記事をご覧ください。)

実は先日Googleに一度限りの異議申し立てを行ったのですが、結果として残念ながら却下されてしまいました。そのため私はグーグルアドセンスを半永久的に利用できないことになってしまった形です。様々なアドバイスを多くの方から頂いたのに、このような不甲斐ない結果となってしまったのは、私の力不足にほかなりません。

とはいえそれももう終わったこと。
更新頻度は落としつつ、ブログはこうして細々と続けています。

ただここのところの私の悩み。
それは更新頻度と共にブログとしてのクオリティーも落ちているということ。(ついでにアクセス数も…w)

こればかりはモチベーションの問題なので「明日から解決します!」と宣言できないのがもどかしいところなんです(^_^;)

ルーティン記事の更新と毎週日曜日のメインの更新が今の運営形式ですが、「これでいいのかな~…」とはいつも思っています。以前はほぼ毎日更新の上にもうちょい気合いが入っていた(自分比)こともありますし。
”たまにはちゃんとした記事を書かないといけない”。
そんなプレッシャーが心のどこかにあるんですよね。

とはいえ今年は例年と比べて圧倒的に忙しいこともあるので、この程度の更新内容を維持するだけでも精一杯というのが正直なところ。

……なんだか見苦しい言い訳になってきたw

というわけで無理はせずに趣味レベルで続けていきたいと思いますので、こんなブログでもいいよ!と言ってくれる方がいらっしゃるなら、これからもよろしくお願いしますm(..)m



エンタメ最高マンによるゲーム会社設立のお知らせ

重大なお知らせです!

この度エンタメ最高マンはゲーム好きが高じてゲーム開発会社を設立することになりました!
もともと小説やシナリオを執筆するのが趣味で、これを何らかの形で仕事にできればいいなあ……などと野望を抱いていたのですが、今回それが実現した格好です!!!(実は水面下でお話が進んでいたのです(^_^;))

私の担当は”シナリオライター”。
ド素人ではありますが、実は現在さっそく家庭用ゲーム機向けにオリジナルのダウンロード専売タイトルを企画しております!

せっかくなので以下内容をちょっとだけ公開いたします!

タイトル

「昏き夕陽が沈む刻」(くらきゆうひがしずむとき)(仮)

ジャンル

サスペンスアドベンチャー

対応プラットフォーム

Nintendo Switch / PS4(価格は未定。両機種版ともダウンロード専売予定です。)

あらすじ

――日暮市。
これは「南峠村(みなみとうげむら)・高台村(たかのだいむら)・西蔵町(にしくらちょう)」という3つの町村が合併して生まれるはずだった市の名称である。

近年急速に過疎化が進んだことから存続が危ぶまれていた2つの村を、西蔵町が吸収する形で合併計画が持ち上がったのである。

二つの村の長老たちによる根強い反対を押し切る形で進められたこの合併計画だったが、西蔵町の町長だった丸尾虎之助(まるおとらのすけ)らの地道な説得により、合併記念式典の日を無事に迎える……はずだった……。

式典の警備に駆り出された新米警官・榊慧太朗(さかきけいたろう)。
彼はそこで巻き起こるとある”事件”の一部始終を目撃してしまう。それが彼の運命の歯車を大きく狂わせることなど知らずに……。

会社名

設立する会社のことを書いていませんでしたが、会社名は「ツンデルゲームズ」
ツンデル?積んでる!ゲーム積んでる!が由来です(笑)

最後に

ええとそれでは最後になりますが……ここまで読んでいただいた皆さんはもうお気づきでしょうか??
今日が……!今日がエイプリルフールだということに…!

というわけで申し訳ありません、ここまでの話は全部ウソでございます!w
ゲーム会社も「昏きなんとか」も作りません!(ごめんなさい!)
「知ってた」という感想が多いかもしれませんが、どうもお騒がせいたしました!(笑)

今後のブログに関するお知らせと今回の顛末

はじめに

改めまして突然更新をしばらく停止すると発表して読者の皆様を驚かせてしまったこと、心からお詫び申し上げます。
また温かいコメントを下さった方々、わざわざ相談に乗って下さった方々をはじめ、記事を読んでくださったすべての方々に改めて御礼申し上げます。

正直なところ私としてはこのまま事情をお話しすることなく、ブログの更新を終了しようと思っていました。ブログ運営に関してちょっとショッキングなことがあったからです。

しかし頂いたコメントを読んだり、お話を聞いていただいたりするうちに、私が約1年半このブログを通して得られたことの大切さに気が付くに至りました。

ここで何もお話することがないままブログを終了し、読者の皆様とのつながりを断ってしまうのは本末転倒だと感じ、またこれまで応援して下さった方々に対して失礼であると思ったんです。

はっきり言ってこれからお話しすることはあまりきれいなことではありません。もしかすると幻滅されてしまうかもしれません。ですがあえて一から経緯を書いていきたいと思います。

顛末

先日から当ブログではグーグルアドセンスと呼ばれる広告を導入していました。
広告のクリック数や表示数に応じてアカウント所有者に広告料が支払われる仕組みで、多くのブログさんが導入されている非常に有名なブログマネタイズ手法です。
私もこのアドセンスのアカウントを取得することができ、広告を貼らせていただいていました。

しかしながら2018年2月23日、私のアドセンスアカウントは前触れもなく突如として凍結されてしまいました。理由は無効な操作があったということ。いわゆる不正クリックなど、ブログ上で何らかのポリシー違反が発生したことが原因とありました。

一般的にアドセンスはポリシー違反に対して”警告” / ”30日間のアカウント停止”といった処置がとられることが多いようなのですが、私の場合は一発停止というかなり厳しい処分。
(なお一回に限りGoogleの今回の判定を不服として異議申し立てを行うことができますが、その際には原因を突き止めた上で改善点を報告する必要があるとのこと。ちなみにこの異議申し立ては却下されることが多く、その場合アカウントの凍結が確定するそうです。)

私はもちろん自分自身でのクリック・友人や知人に依頼してのクリックなどは一切しておりませんし、いわゆる”NGワード”や”NGコンテンツ”には細心の注意を払ってきたつもりでした。そんな中での今回の事態はまさに寝耳に水といった感じでした。

とはいえ、そもそも「広告が止まったくらいで更新停止するなんて、不純な動機だったんだなあ…」と感じられる方もおられると思います。

確かに私の中でいつしかブログを通じて多少の利益を得ることができれば…という思いがあったのは事実です。「ゲームのレビューをして多少の利益を得てそれでまたゲームを買ってまたレビューをして…夢が広がりんぐ!」とか思っていたのも事実です。

でも私は家庭用ゲームが大好きで、そんな家庭用ゲームをを広めるためにブログを運営しているのは本心ですし、自分で言うのもなんですが結構頑張ってきたつもりです。(サボリ癖が強い割には)

さらに言うと実はこの3月には無料ブログからワードプレスへと移行し、さらに本格的なブログ運営をしていこうと考えていたくらいやる気に満ち溢れていました。

一方でこのワードプレスはドメイン代に加えて毎月一定のサーバー代がかかります。同時に私が安全のために契約をしたアクセス状況が分かる解析ツールも月額料金が発生することもあり、赤字にはならない程度にブログが運営できればと考えていたんですね。まさしくモチベーションの中心になっていました。そしてだからこそショックが大きかったんです。

ゲームのセーブデータが消えたような喪失感

よろしければもう少し私の長話(愚痴?)にお付き合いくださいm(__)m

そもそも「アドセンスのアカウントなんてまた取ったらいいんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にアドセンスアカウントは一度凍結されたら永久に再取得できません。(実際は”抜け道”がいくつかあるみたいですが、私はルールは守りたいと思っています。)

それに私はもし再申請ができる仕組みだったとしても、その気力がないというのが正直なところです。

というのも実は私がこのアカウントを取るまでに掛けた時間は推定で500時間以上。(スムーズにいく方は1週間/10時間程度で合格できる場合もあるみたいですが…)

はじめてこのブログのドメインで申請して不合格になって以来、なぜだかこのドメインでの再申請ができなくなってしまい、結局審査用にこことは別のブログを作ったという経緯があります。

そのブログはゲームではない別の題材で書いていましたが、それから落とされ続けること1年以上。実にのべ100記事近くを執筆し、またデザインを幾度も変更し、ネット上では審査に関する様々な情報を集め、またアカウントを取得した後もポリシーや注意事項を数多くのサイトで確認するなど、アドセンスに多くの力を注いできました。

そうしてアドセンスアカウントを取得できたのが約1か月半前。この時はとにかく嬉しくて、恥ずかしながらちょっとウルっときてしまったのを覚えています。

それからは毎日アカウントをチェックするのが一つの楽しみになり、早くもブログ運営の大きなモチベーションとなってきていたんです。

しかし前述のとおり、数日前に突然このアカウントが凍結。500時間かけたゲームのクリアデータが消えてしまったような喪失感が心に押し寄せてきました。
そのショックは思っていた以上に大きいもので、ブログ運営のモチベーションの片輪を失ってしまったような気がしました。

もっと言ってしまえば「お金が得られないことの悲しさ」というより、「これまで積み上げてきた自分のブログが無価値だと切り捨てられてしまったような悲しさ」の方が圧倒的に大きかったというのが正直なところです。時に寝る時間やゲームで遊ぶ時間を削って更新してきましたので…。

結果的には何も考えられなくなり、後先考えずいきなりの更新休止に至りました。改めてになりますが、驚かせてしまってごめんなさい。

今後のブログ運営について

しかし今回の件について、私はもうだいぶ吹っ切れています

読者の皆様から温かいコメント・メールでアドバイスや励ましの言葉を頂いたこと。お忙しい中でわざわざ相談する時間を作って頂いたこと。思っていたよりもこんなブログを応援して下さる方が多いこと。

その一つ一つが本当に心に沁みました。ああ、ブログやっていてよかったなあと。

さらに変な話ですが、私はゲームのありがたさを改めて感じました。落ち込んでいてもゲームをしている間は忘れられる。語弊を恐れずに書きますが、なんて素晴らしい”現実逃避ツール”なんでしょう!

結果として私はブログを通じてもう少しゲームを語っていきたい、と思っています。

以前ほどブログに熱意をかけることは、少なくとも現時点では難しいですが、更新をやめてブログを閉じるという選択はしないことにしました。

というわけで以下今後の運営の方針です。

今後の更新内容(予定)

※大きく変更する場合もあります。あくまで予定です。

・毎週日曜日にその1週間にプレイしたタイトルすべてについて日記を書く。(メインの更新)
・ゲーム情報まとめについては簡素化した上で継続。
・ゲーム発売予定については(場合によっては簡素化して)継続。
・ゲームに関するコラムについては気が向いた時に。月一本程度を想定。
・ゲームレビューはメインの更新に統合。特別おすすめしたいものは別個レビューする場合も?
・おすすめゲームソフトについては検討中。
・eショップの更新情報についても検討中。
・コナンの放送予定と毎週の感想は終了。メインの更新で簡単に触れるかも?

概ねのところは以上となります。
ということで更新は基本的に週2~3回+αとさせていただく予定。力を入れたメインの更新は毎週日曜日とし、ここでこれまで書いていた購入予定だったりプレイ日記、簡単なレビューなどをひとまとめとして更新したいと思っています。

パワーダウンする感じは否めないと思いますが、これが今の私にできそうな精一杯です。この範囲の中で楽しいブログにできるよう、一生懸命頑張ります
これでも読んでくださるという方、これからもどうかよろしくお願いいたしますm(__)m

[お知らせ]申し訳ありませんが、しばらく更新を停止します(追記あり・再追記あり)

(追記)
近いうち今回の顛末と今後のブログについてお話させていただこうと思います。顛末の方はちょっと公開を躊躇う部分もありますが、応援して下さる皆様には正直にお伝えするべきだと考えるに至りました。どうかもう少しだけお待ちください。
(追記終わり)

(再追記)
あと1~2日ほどで公開する予定です。
(再追記終わり)

いつも当ブログを読んで下さりありがとうございます。
この度本当に勝手ではありますが、諸事情ありましてブログの更新を一時取りやめるという決断にいたりました。

突然のことで自分でもまだ今後どうするかがまとまらない状況ですが、少なくとも今は更新のモチベーションが維持できそうにないというのが正直なところです。

こんなブログでも固定的に読んでくださる読者の方が増えてきて、私としてもその繋がりを断ってしまうことになるのは心から悲しく、だからこそ「更新終了」とまでは言わないでおきますが、これからどうするかはまだ不透明です。

「なにがあったんだ!?」と気になる方もおられるかもしれませんが、私自身や回りの人がどうこうというものではなく、見方によってはそう深刻なことではないのだと思います。ただあえて言うなら苦労して積み重ねたものが水の泡になったというか…。

というわけで本日をもってしばらくブログはお休みさせていただくことになります。

楽しみに読んでくださっていた方にはなんと言えばいいか、言葉が見つかりません。ですがいつも応援して下さってきた読者の皆様にお伝えしたいのは最大限の感謝。これまで本当にありがとうございましたm(__)m

祝・PS4が発売4周年!

国内でPS4が発売されたのは2014年の2月22日。
つまり本日で発売からちょうど4周年を迎えたことになります!!おめでとう!

というわけで5年目がスタートするPS4ですが、ここへ来てもその勢いはさらに加速しており、日本のみならず海外でもなくてはならない存在となっています。特に最近はモンスターハンターワールドの大ヒットが印象的ですよね。

なお先日まで公式でオススメPS4タイトルを募集していました。

寄せられたツイートを簡単に確認してみたところ、多く挙げられていたように感じたタイトルは、

ドラゴンクエスト11
ファイナルファンタジー15
モンスターハンターワールド
ブラッドボーン
Nier:Automata(ニーア オートマタ)
ペルソナ5
Horizon Zero Dawn(ホライズンゼロドーン)

といったあたり。
それ以外にも様々なタイトルが挙げられており、改めてPS4のラインナップの幅広さを感じさせますね♪

今後もPS4ならびにPSVRの活躍に期待したいです!私もいろいろとプレイしてレビューを公開していければと思っています^^



~最近プレイしたゲーム~[ゲーム雑記/2018.2.15]

この記事では「現在プレイ中の作品」or「つい最近クリアした作品」について雑記形式で書き連ねていきます♪

現在プレイ中の作品

~Nintendo Switch~

クリプトオブネクロダンサー

ローグライク+リズムゲームという特徴的なゲームシステムの作品。ローグライク好きとしてやる気満々で挑んだものの……こりゃ難しい!?

今の時点では操作と仕組みが頭に入っていないため苦戦していますが、時間をかけてじっくり攻略しないとダメなタイプの作品なんでしょうね(^_^;)
中毒性の高さはすでになんとなく伝わってくるので、まずはルールをしっかり覚えていかなければ!

Splatoon2

これは常に遊んでいますので、ここであえて挙げるまでもないんですが、先ほどコツコツ挙げていたガチヤグラのウデマエS+につく数字が割れ、0に戻りました\(^o^)/

怒りモノクマ

~PSVITA~

千の刃濤 桃花染の皇姫

一言だけ。クリア目前ですが、こちら本当によくできています。レビュー記事を公開するつもりですので興味ある方、ご期待ください♪

マンガ・カ・ケール


DUqYQIZUMAAua_M


「一本はちゃんとした作品を完成させる」、その気持ちに変わりはありませんが、まだしばらくかかります。というかまだ手を付けられていません。でも頑張ります。
関連記事リンク誰でも漫画家に!「マンガ・カ・ケール」レビュー!私も試しに書いてみた結果…

~3ds~

真・女神転生 DEEP STRAGE JOURNEY


1509452106175[1894]


購入してから早くも4か月。積みゲーの中でも最大規模のボリュームを誇ることもあり、長らくにらめっこを続けていましたが意を決してプレイ開始しようと思います!

最近クリアした作品

~PS4~

ローラーコースターレジェンド

クリアしたといっても10分ほどVRゴーグルを被っていただけなんですけどね!
関連記事リンクPSVR「RollerCoaster Legends」レビュー!ギリシャ神話ジェットコースターを体験せよ!

FIREWATCH(ファイアーウォッチ)


DV6g4A4VQAAxP4b

こちらはなんとなく気分で購入してみたら、なんとも素晴らしい掘り出し物を見つけたもんです。これだから当てのないゲーム探しというのは面白い。
関連記事リンクPS4「FIREWATCH」レビュー!背筋ゾクゾクの傑作ミステリー!

DV6gTWaUMAAK4zj

~PSVITA~

俺達の世界わ終っている。


oreowa

変態たちが青春をゲーム作りと事件の解決に捧げる物語。ちなみに私(変態)は青春をゲームに捧げました。悔いはない(多分)。
関連記事リンク変態で青春の科学ADV!?「俺達の世界わ終っている。」レビュー!


~恐怖の積みゲーたち~(メモ代わり)
大逆転裁判1、大逆転裁判2、ハロー・レディ!、閃の軌跡3、DLソフト多数。




エンタメ最高マンが2018年2月に購入予定のゲームソフト

私が2018年2月に購入予定の作品(+気になっている作品)をピックアップします!
(なおSwitch版のクリプトオブネクロダンサーはすでにダウンロードしました!)

購入確定の作品

まずは購入確率90~100%の作品から。

桜花裁き 斬 PSVITA



今月の私の本命はPSVITAの「桜花裁き 斬」。2018年2月22日発売予定。
こちらは江戸時代、主人公が新米の奉行として謎解きをする推理ADV。”和風の逆転裁判”といった雰囲気の作品で、ミステリーが大好きな私が見逃すはずもありませんw

本作はADVパート・調査パート・奉行パートと大きく3つのパートに分かれており、システム的にも凝った作りとなっています。
なお原作のPC版の評価は高い上、今作ではストーリーが丸々一話分追加されるほか、新要素も多数収録されています。

Song of Memories Switch

今月配信予定となっているSwitch版「Song of Memories」も間違いなく購入。
ウイルス感染や歌を題材とした特徴的なADVで、非常に評判も良いので楽しみにしています。

購入を検討中の作品(&気になっている作品)

続いては、購入するか悩んでいる,またはちょっと気になっている作品について。

ソードアート・オンラインフェイタル・バレット PS4/XboxOne



原作「ソードアートオンライン」のファンとして、私はSAOのゲームシリーズを全作品プレイしていますが、今回は購入するか悩み中。というのも原作ファンとしてはやはり主人公はキリトであってほしかった、という部分があるんですよね。

とはいいつつ”シューティングRPG”というジャンルには惹かれますし、ガンゲイルオンラインの世界観も好きなので……どうしましょう。でも買ったところで遊ぶ時間ないだろうなあ…(´・ω・`)でもSAO好きだしTPS面白そうだしなあ…(´・ω・`)でも買ったところで遊ぶ時間ないだろうなあ…(´・ω・`)(以下無限ループ)

がるメタる! Switch



DMMゲームズのSwitch参入作品となる本格リズムゲーム。
なんと脚本は今井秋芳さんが手掛けており、自由にドラムをたたいて異星人と戦うSFストーリーが展開されるとのこと。

ジョイコンを両手に持って実際に演奏している気分が味わえる作品で、HD振動のギミックにも対応しているそうです。

ベヨネッタ/ベヨネッタ2



ベヨネッタシリーズはプラチナゲームズが手掛けるアクションゲーム。
私はシリーズ未プレイながら、高い評価を耳にすることが多く気にはなっている作品です。購入するとしたら1か2のどちらか片方にする予定です。

2018年1月の月間人気記事ランキングを公開!

毎月月末公開、自己満足感満載の月間記事別PVランキング。

おかげ様で2017年11月から当ブログの月間PVは3か月連続で最高記録を更新中です!いつも読んでいただきありがとうございます。

さて、今月公開した記事数は(この記事を含めて)全43記事。思っていた以上に投稿していて自分でもびっくり(^_^;)
ちなみに先月のランキングは以下のリンクでご確認いただけます。
関連記事リンク2017年12月の月間人気記事ランキングを公開!

(※以下のランキングはその記事を公開してからの累計PV数ではなく、あくまで今月に限定したPV数です。今月以前に公開した記事についても、今月以前のPVはもちろん除外しています。)

2018年1月のランキング


第10位タイ  人狼がテーマのADV・レイジングループが最強に面白い!クリアレビュー!
人狼を題材としたレイジングループ。2018年1月25日にそのPS4向けパッケージ版が発売されたことをきっかけに、先月からアクセス数が倍増。ランキング10位に滑り込みました(笑)

第10位タイ  名探偵コナン第890話「新任教師の骸骨事件(後編)」感想
コナンの記事公開時点での最新話の感想記事が10位タイでランクイン。探偵団の通う帝丹小を舞台に、スキュタレー暗号を題材としたお話。今後の展開に関わってくるであろう新キャラが登場する重要回でもあります。

第9位 名探偵コナン第889話「新任教師の骸骨事件(前編)」感想
同じく「新任教師の骸骨事件(前編)」の感想記事もランクイン。前編の感想は後編の放送後にも改めてアクセスがあるためPVが高くなりやすい傾向にあります。

第8位 3dsの隠れた名作をご紹介!vol.4
3dsの隠れた名作を5本ピックアップ。隠れた名作紹介の記事シリーズは久し振りに公開しましたが、毎回なかなか大きなPVがあります。とはいえ隠れた名作を発掘してくるのが大変なため、連発できないのが苦しいところなんですが…w

第7位 個人的”GOTY2017”大発表!今年遊んだ全作品一覧+評価も!
先月公開から2日ほどで5位にランクインした2017年版GOTY記事が今月もランクイン!
思っていた以上に長く読んでいただくことができてとても嬉しく思っています。気が早い話ですが、2018年のGOTY記事にもご期待ください!(笑)

第6位 特大ボリュームの爽快リズムゲーム!Switch版VOEZレビュー!
Switchのリズムゲーム「VOEZ」もレイジングループ同様パッケージ版が2018年1月25日に発売。それに伴いレビュー記事であるこちらもアクセスが倍増。ちなみに今月は第10位から第6位までがなかなかの”団子状態”です。

第5位 ニンテンドーダイレクト2018.1.11が本日公開!発表内容まとめ!イースにダークソウル、すばらしきこのせかいも!
まさかの事後告知となった「ニンテンドーダイレクトミニ」の情報まとめ記事が上位に!スピード命ということで頑張って更新しました。
内容自体はサプライズも多く概ね満足でしたが、通常ダイレクトもそろそろほしいところ。至るところで噂となっている2月のダイレクト(実施されるか定かではありませんが)に期待しましょう!

第4位 Switchは名作揃い!おすすめタイトル総まとめ&プレイ全作品レビュー!
”Switchについて人気ブロガーさんとラジオで語る動画”の公開と同時に再公開したSwitchの一言レビュー集がTOP5に。今後もSwitchタイトルをプレイするたびに追記を続けていき、とりあえずは100タイトル超えを目指しますので、ぜひ定期的にチェックしてみてください!

第3位 名探偵コナン2018年2月の放送予定(追記あり)
コナンの放送予定は今月もたくさんの方にご覧いただきましたが、この記事に関しては反省点が。というのも確認不足から誤った情報を載せてしまっておりました。記事にも書いてある通り、すぐに修正しましたが、この場で改めてお詫びいたします。

第2位 3dsダウンロードソフトのおすすめタイトル総まとめ!お手軽傑作の宝庫(一言レビュー集)
3dsのダウンロードソフトのおすすめをまとめた記事が今月も2位にランクイン!
記事デザインなどをリニューアルした先月と同順位ですが、PVは約50%伸長。当ブログの人気記事の一つとなってくれました。

第1位 VITAは傑作・名作ADVの宝庫!おすすめタイトル総まとめ!
毎月変わり映えがしなくて恐縮ですが、今月も1位はこちら!先月よりさらに勢いが増し、累計で15000PVを突破しました。なお昨日新たに「俺達の世界わ終っている。」についても簡単に追記しましたのでよろしければご覧ください。


というわけで今月のランキングでした!

[お知らせ]ブログをちょこっとリニューアルしました!vol.2

ブログを再びちょこっとリニューアルしましたので、簡単にお知らせしておきたいと思います。
関連記事リンク[お知らせ]ブログをちょこっとだけリニューアルしました!

見出しを導入しました

↑まさにこれのことです!↑

これまでは見出しを使っていなかったため、文字の装飾やカッコなどの記号で記事の構成を示していましたが、やはり「より読者の方に読みやすいと思っていただくには見出しを入れねばいかん!」と思い立ち、ようやく導入しました!

これまでよりはだいぶ見やすくなったのではないかと自画自賛しているところです(笑)

カテゴリを整理しました

記事カテゴリが記事の実態と即していないケースが気になっていたため、カテゴリを整理。
具体的な変更点は以下となります。

ニンテンドースイッチカテゴリを廃止しました!

Switchの情報はもちろん今まで通り、というかむしろ今まで以上に扱っていきますが、発売からある程度の時間が経過し、”新ハード”から”現行ハード”にその立ち位置が変わってきていると思いますので、特別なカテゴリ分けを終了し、その他の現行ハードと同じく「家庭用ゲーム情報カテゴリ」に統合します。

おすすめ家庭用ゲームソフトカテゴリと家庭用ゲームレビューカテゴリを分割しました!

これまで新作のゲームレビュー記事は「おすすめ家庭用ゲームソフトカテゴリ」に分類していましたが、それを変更。単独の形となる「家庭用ゲームレビューカテゴリ」を新設しました。

今後公開される新作のレビュー記事はすべて後者に分類していきます。
一方で前者は隠れた名作をご紹介する記事や、おすすめソフトを一挙にまとめる記事など、特集系の記事の専門カテゴリさせていただきます。

Switchのニンテンドーeショップ更新情報カテゴリを新設しました!

Switchのeショップが毎週お祭りのようなことになっているのをご存知でしょうか?
ダウンロード専売タイトルが一度に10本近く配信開始となるような週もあり、まさに戦国の合戦場のような様相を呈していますw

もともと私も毎週ショップの更新を楽しみにしていますし、「これを取り上げないなんてとんでもない!」という精神で、こちらの情報まとめもルーティンにしてしまおうと考えた次第です。
毎週木曜日は「ニンテンドーeショップの更新情報カテゴリ」をご確認ください!

当ブログのおすすめ記事が常にトップページに表示されるようにしました

ブログ全体の記事が増えてきた中、目的の記事探しを少しでも便利にしたいと考えています。
今回はその改善に向けた第一歩として、”おすすめ記事”を「おすすめソフト・新作レビュー系」と「コラム系」のものに分けていくつかピックアップ。リンクで飛べるようにしました。長く読んでいただきたい記事や定期的にアップデートをしている記事などを取り上げていますので、よければ時々覗いてみてください。

当ブログのオススメ記事![おすすめソフト・ゲームレビュー関連]
当ブログのオススメ記事![ゲームコラム記事関連]

今後に向けて

今後ともブログの完成度向上のため努力していきますが、もし何かしらご意見・ご感想・ご要望等ありましたらいつでも教えてくださいね!

当ブログのオススメ記事![ゲームコラム記事関連]

当ブログの記事の中でおすすめの記事コンテンツをまとめておきたいと思います。ぜひともご活用ください!
(記事の概要を”アピールポイント”として一言ずつ付記しています。)

家庭用ゲームコラム関連

ゲームで紐解くエンタメ最高マンの自分史(ゲーム録)
アピールポイント:私のゲーム観が形成されるまでの流れを簡単に振り返ってみた記事。自分語りではありますが、ある程度は読み物となるようにしたつもりです。ゲームの趣向はきっかけがあれば変わるものだなと実感しています。

ゲームならではの名セリフを集めてみた!vol.5
アピールポイント:vol.1~vol.5までで様々なゲームで飛び出した70近くの名言を取り上げています。vol.5にはvol.1~vol.4までのリンクを付けていますので合わせてご覧ください。なおvol.6以降も順次公開予定です。

ぬわーーっっ!!ゲーマーが恐れていることをまとめてみた!
アピールポイント:ゲーマーであれば誰しもが一度は遭遇することがあるであろう、様々な想定外の事態をまとめてみた記事。

エンタメ最高マンが家庭用ゲームだけを取り上げる理由
アピールポイント:当ブログはゲームブログではありますが、基本的に家庭用ゲームのみを取り扱っています。その理由をじっくり書いたのがこちらの記事。私のゲームに対する価値観・思いを語っています。

私が家庭用ゲーム各社に抱くイメージ2017<大手メーカー編>
アピールポイント:家庭用ゲームメーカー各社の印象を語った記事の2017年版。毎年それぞれの会社の1年を振り返る意味も込めて、年末に最新版を更新していく予定です。なお記事から2016年版へのリンクもつけていますので合わせてご覧ください。

今だからこそ出してほしい!復活を望むゲーム!”特別編”vol.3
アピールポイント:復活してほしい休眠中のIPをまとめている記事シリーズ。私が選んでいる”通常版”に加え、読者の皆様のご意見を参考にして書いているのが”特別編”。どちらも今後とも継続的に更新を予定しています。なお最新記事に関連の記事全てへのリンクをつけていますので合わせてご覧ください。

私の3dsの思い出きろく帳(ゲームのプレイ履歴)を大公開します!
アピールポイント:3dsで遊んだソフトが本体に登録される思い出記録帳。長くプレイしたソフトなどをまとめてご紹介しています。

ツクールフェスでのRPG制作・完成報告!!オリジナル作品の配信を開始しました!!
アピールポイント:3dsのRPGツクールフェスで私自身が制作したRPGの紹介記事。3dsをお持ちの方であればどなたにでも無料でダウンロードしていただけますので、ぜひともプレイしてみていただければ!と思います。なお2作目のシナリオはほとんど完成しましたが、あまりにも時間がなくて制作は1ミリも進んでいませんm(__)m

独占タイトルへの考え方~時代はマルチプラットフォーム?~
アピールポイント:独占タイトルとマルチタイトルの在り方について切り込んでみた記事。なかなか難しいテーマですが、ゲーマーとしての正直な考えを書いてみました。

当ブログのオススメ記事![おすすめソフト・ゲームレビュー関連]

当ブログの記事の中でおすすめの記事コンテンツをまとめておきたいと思います。ぜひともご活用ください!
(おすすめ理由を”アピールポイント”として一言ずつ付記しています。)

おすすめゲームソフト・新作ソフトレビュー関連

Switchは名作揃い!おすすめ作品総まとめ&プレイ全作品レビュー!
アピールポイント:私がSwitchでプレイした全作品を一作ずつ簡単に紹介しています。今後も長きにわたり追記し続けていくつもりで、おすすめソフト一覧としての役割も兼ねています。とりあえずは「目指せ100タイトル!」という気持ちです。

VITAは傑作・名作ADVの宝庫!おすすめタイトル総まとめ!
アピールポイント:当ブログの人気No.1記事。自分で言うのもなんですが、VITAでテキストアドベンチャーをお探しの場合はかなりお役に立てるのではないかと思います。こちらも引き続き追記をしていくつもりで、VITAのノベルゲームの名作アーカイブ的な記事にすることを目標にしています!

実は大量!PS4で遊べるおすすめの傑作/名作ADV総まとめ!
アピールポイント:こちらではPS4のADVおすすめタイトルを紹介しています。上のVITAのADV記事の姉妹記事的なポジションです。

3dsダウンロードソフトのおすすめタイトル総まとめ!お手軽傑作の宝庫(一言レビュー集)
アピールポイント:3dsのダウンロード専売タイトルの中で私がプレイ済みのものを評価している記事。様々なジャンルの作品を取り上げていますので、あまり知られていない安価でマイナーな(隠れた)名作を発掘するのに活用いただきたいですね。

個人的”GOTY2017”大発表!今年遊んだ全作品一覧+評価も!
アピールポイント:2017年に私がプレイした作品の中からジャンル別にGame of The Yearを選出しています。毎年年末の恒例とする予定です。

3dsでも遊べる!dsの隠れた名作をご紹介!vol.6
アピールポイント:dsの隠れた名作をvol.1~vol.6までで20作近く紹介しています。vol.6にはvol.1~vol.5までのリンクも付けてありますので、ぜひ合わせてご覧になってください。なお現時点ではvol.7以降の更新の予定はありません。

3dsの隠れた名作をご紹介!vol.4
アピールポイント:3dsの隠れた名作をvol.1~vol.4までで20作以上紹介しています。vol.4にはvol.1~vol.3までのリンクも付けてありますので、ぜひ合わせてご覧になってください。なおvol.5以降も今後公開予定です。

PSVITAでも遊べる!PSPの隠れた名作をご紹介!vol.3
アピールポイント:PSPの名作をvol.1~vol.3までで6作品ご紹介しています。vol.3にはvol.1~vol.3までのリンクも付けてありますので、ぜひ合わせてご覧になってください。なおvol.4以降については現状未定です。

PSVITAの隠れた名作をご紹介!vol.3
アピールポイント:PSVITAの隠れた名作をvol.1~vol.3までで25作ほど紹介しています。vol.3にはvol.1~vol.2までのリンクも付けてありますので、ぜひ合わせてご覧になってください。なおvol.4以降も今後公開予定です。

家庭用ゲームレビューカテゴリ
アピールポイント:新作ソフトをハードやその規模の大小を問わず、積極的にレビューしていきたいと思っています。こちらは個別には紹介しきれないので、カテゴリ全体へのリンクとさせていただきました。

Switchについて他ブログ様のラジオで色々語りました!

お知らせです!

なんと私、エンタメ最高マンがM G M+etc...~ゲームレビュー by kentworld~というゲームブログ様が公開されているラジオにゲストとして初めて呼んでいただきました!

毎回ゲームに関するテーマについて、様々なゲストと共に語っていくという趣旨のラジオとなっており、今回はなんと65回目となるみたいです。そのテーマはNintendo Switch!
Switchの魅力や気に入っているタイトル、楽しみにしているタイトルなどをkentworldさんと語っております!

<ラジオはこちらから聴いていただけます!>
【ゲームブロガー対談】ニンテンドースイッチの魅力について語る!【kentworld×エンタメ最高マン】

当ブログでもたくさんのSwitch関連記事を公開していることから分かる通り、私のゲームライフにおいてSwitchはすでになくてはならない存在なので、その意味でも今回その魅力を改めてお話しできて非常に楽しかったです♪

いざ自分で聞いてみると、「か、滑舌が…」とか「こ、声が…」とか「し、しゃべりが拙い…」とか反省点は数々ありますが、温かい耳(?)で聞いていただけると嬉しいです!(笑)

それと今回のラジオの公開と合わせて、せっかくならと”Switchのおすすめタイトルをまとめた記事”を少しだけアップデートしてあります。よろしければこちらも参考にしてみてください!
関連記事リンクSwitchは名作揃い!おすすめ作品総まとめ&プレイ全作品レビュー!

※なお今回以前のラジオもkentworldさんのブログから聴くことができます。
ピコッ!ゲームだらけのM☆G☆Mラジオ 放送リスト


[お知らせ]ブログをちょこっとだけリニューアルしました!

わざわざ記事でお伝えするほど何かを変えたというわけではないのですが、ブログのデザイン(特にPC表示)などをほんの少しだけ変更しましたので、お知らせしておきたいと思います。

<具体的な変更点は以下の通りです。>

背景の色を変えました。
これまでブルーだった背景をカーキに変更しました。なんというか、いい意味で”ちょっと締まった感じ”のブログにしたいんですよね。背景だけでどうにかなる問題ではないですがw

Amazonのサーチウィジェットを変更しました。
ブログ村のランキングバナー・ブログパーツを変更しました。
AdMax広告を外しました。
これらがある意味で今回一番大きな変更点です。
というのも、これまではこれらのサイズがデザインと合っておらず、サイドバーからはみ出るような形となっていたんですよね。そのため見た目が非常によろしくなく、PCからご覧いただいている読者の皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですm(__)m

だいぶ前から把握はしていて、どうにか直そう直そうとは思っていたのですが、HTMLやデザインの知識が全くないため悪戦苦闘しておりまして、結局忙しさにかまけて放置してしまったという…w
ですので今回やっと修正できてよかったです!(……意外と簡単でした(^^;)

ブログパーツの配置を変更しました。
使いやすさを意識していくつか場所を入れ替えたりしています。間違い探しレベルの小さな変化かもしれませんが(笑)

Google Adsenseの広告を導入しました。
実に丸一年以上かかったのですが、ようやくグーグルアドセンスの審査に合格。広告を配置できるようになりました。
別にマネタイズをしたい!という気持ちはほんの少ししかなく、運営にかかる費用くらいをどうにか…という気持ちでおります。(今は無料ブログなのでドメイン代くらいなのですが、将来的にはワードプレスを使ったブログへの移行を考えていたりします。)

有用な記事をできる限りたくさん書いていきたいという気持ちに偽りはありませんし、今後も読者の皆様の使い勝手の良さをしっかり考えながら運営したいと思っていますので、なにとぞご了承いただけると幸いです。

連絡先を公開しました。
当ブログに関するご連絡等ございましたら、以下のアドレスによろしくお願いします
entertainment3150manアットマークgmail.com
(お手数ですがアットマークを半角に直してください。)

なお、ご連絡に気が付かず返信が遅れる場合があります。その際はその旨をコメント欄やTwitterなどでお知らせいただけると幸いです。

スマホ版でも相互リンクをご確認いただけるようにしました。
これまで相互リンクはPCモードでしかご覧いただけませんでしたが、今回スマホ版でもご覧いただけるようにしました。

私としては家庭用ゲームを応援されている”様々なブログ様とぜひ相互リンクをさせていただきたいと思っていますので、もし「リンクしてもいいよ!」という方がいらっしゃいましたら気軽にお声かけください。


というわけで主な変更点は以上となります。
今後読者の方から何かご要望がありましたら、私に可能な範囲で(時間と知識的な意味で)対応していければと思っています。
それではコンゴトモヨロシクお願いします♪

私が好きなゲーム音楽(サウンドトラックBGM)を大公開!vol.6

好きなゲームミュージックを一覧で挙げていく記事第6弾!
今回の記事でも私が気に入っているゲーム内BGMのうち、(どちらかというと)誰しもが知っているような曲というよりも、作品のファンの人にしか知られていないような若干マイナー気味なものを紹介していきたいと思います!

第1~5弾のリンクは以下です。合わせてご覧ください。
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.1
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.2 
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.3
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.4
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.5

(いわゆるサウンドトラックと言われるものに的を絞り、一部除き作品のボーカル付き主題歌のようなものは除外しています。)

また思いついたものを思いついた順に挙げているだけなので、特にランキング形式などということではありません。 

※リンク切れなどが発生していた場合はお知らせいただけると助かりますm(__)m 

斬撃のレギンレイヴ/攻勢の刻

世界観とゲーム性にぴったり合った躍動感溢れる名曲。今回は地球防衛軍の曲からも二曲選んでいるので、サンドロット特集に近くなっていますw
斬撃のレギンレイヴ自体はジョイコン操作にピッタリでSwitch向けのHDリマスターに期待したいところです。

ニューダンガンロンパV3/モノモノスロット

ダンガンロンパの最新作であるV3からこちらを選曲。モノクマ―ズの登場BGMをベースにした曲ですが、メインテーマの曲調も交えたりと遊び心が伝わってきます。

真・女神転生 ディープストレンジジャーニー/ボス戦

勢いよく始まる出だしのメロディが非常に大好きで、PVで初めて聞いた時から虜になってしまいました。リメイク版であるDSJの中で聞くのを楽しみにしています。

東京魔人學園剣風帖/風詠みて水流れし都

静かに始まる前半と、変調して迫力を感じさせる後半のつながりが面白い名曲。私は作品自体は未プレイですが、この音楽は一度聞いただけで耳に残ってしまいました。和風の感じもいいですね。

ARMS/メインテーマ

最初に聞いた時は「ボーカルがなあ…」と思っていたのですが、だんだんこの曲がないと盛り上がりきれない自分がいた。よくよく聞いていみるとARMSのキャラクターや世界観にばっちり合った曲だと感じます。

地球防衛軍5/襲来

司令官が半端じゃない空爆を指示する場面や、他の地域における戦況などが報告される場面などで流れる曲。ヒリヒリとした緊迫感と、どこか押せ押せムードの雰囲気が同時に感じられる名曲ではないかと思います。

トルネコの大冒険3/オープニング

トルネコの大冒険2の「トルネコの村」と同じメロディの曲。穏やかな日常という感じの曲調ですが、さすがはすぎやまさん。ドラクエらしい柔らかなBGMに仕上がっていると思います。

二ノ国/帝国行進曲

久石譲さんによる作曲で知られる二ノ国からこちらをチョイス。まさにファンタジー世界における「帝国」の曲という感じで、兵士が行進する姿が目に浮かびます。

ファイアーエムブレムエコーズ/王の子は煉獄に踊る

ベルクトの狂気と絶望を見事なまでに表現したこちらの曲ですが、その壮大さがまさにベルクトの心に渦巻く激情の大きさを映し出しているような気がします。曲名もかっこよすぎるでしょう!w

すれちがいMii広場/メインテーマver.1

打って変わって平和そのものといったすれちがいMii広場のメインテーマ。すれちがった回数に応じて曲もレベルアップしていきますが、個人的にはやはり素朴なオリジナルバージョンが好き。最近はすれちがいを全くしていませんので、かなり懐かしさを覚えます。

パワプロクンポケット4/春

パワポケ4は私自身は未プレイですが、曲を聞いてみたところすぐに気に入ってしまいました。春というタイトルにふさわしい、青春の新たな出会いと別れの哀愁を感じさせる曲調だと思います。

地球防衛軍5/メインメニュー

これはもう今回の一押し!28秒あたりからのメロディがまさしく「任務へ出動!」といった勇敢な雰囲気で盛り上がります。聞けば聞くほど味わいのあるスルメ曲だと思いますね。シリーズの楽曲の中でも一番気に入ったかもしれません。(個人的には襲来といい勝負。)

カルドセプトリボルト/無邪気な挑戦

刻まれる軽妙なリズム。どこか気の抜けるような、それでいて戦いの最中ということも伝わってくるメロディ。伊藤賢治さんの音楽は本当に名曲揃いですね。こちらはカルドセプトリボルトの楽曲の中でもトップクラスに好きです。

ドラゴンクエストモンスターズシリーズ/戦闘BGM

DQMシリーズの戦闘曲として一貫して使われているのがこちらの曲。もはや耳馴染みすぎてどうして好きなのかもよく分かりませんが、とにかく霜降り肉を投げたくなります(笑)

ファイナルファンタジー4/赤い翼

FF4を代表する名曲である赤い翼をピックアップ。ワクワク感を味わえるというか、非常に士気が高まるリズムとメロディだと思います。これを聞くとテンションが上がるという方も多いのでは??

というわけで今回は以上となります。
この記事シリーズもずいぶんと回数を重ねてきましたが、まだまだ好きな曲はゴロゴロしていますので、これからも継続的に公開していくつもりです。vol.7もまたぜひ見てくださいね♪


地球防衛軍5のプレイ日記/アーマーの放置稼ぎの日々

DShQQp6UMAACJOo
EDF!EDF!
と叫びながらミッションを進めているエンタメ最高マンです(笑)
(注:EDFはEarth Deffense Forceの略)

現在のプレイ時間は約40時間。そろそろミッションも折り返しを……って、まだ3分の1ちょっとしか行ってなかった!達成度に至ってはようやく5%……!?

えー、なぜこんなに時間がかかっているかというと、ヘタレゲーマーのくせに初見ハード(最初はEasy~Hardまで選択可能)でのクリアを目標に掲げているからでしょうねw

それでもミッション30くらいまではなんだかんだサクサク進められていたんですが、アーマー(体力)がレンジャーで300程度しかない状況だったこともあり、M40~M41でついに大苦戦!特にM41は10回以上Game Overになりました。基地が動き始めてからレーザーに焼き尽くされるんですよね。
(仕方なくノーマルでクリアしましたw)

そんなわけでこれはアーマー稼ぎをすべき時が来た…と思い立ち、大苦戦したM40でいわゆる”放置稼ぎ”をしはじめました。「いやいやノーマルでクリアしていく方が効率がいいだろ」というご意見はもっともですが…(笑)

放置稼ぎとは?

放置稼ぎとはプレイヤーは一切操作をせずに、アーマーポイントが増えるアイテムを大量に集める効率的な稼ぎプレイのこと。
過去作においても、敵の巣穴の座標を覚えておき、その出現場所にあらかじめ陣取った上で、真上に向けて攻撃し続ける(ゲーム機にセロテープを貼っておいたりw)ことで無限湧きする敵をその場で自動的に殲滅する方法などがありました。(私も随分お世話になりました(笑))

しかし今作ではどうしようかと思っていたところ、M40でマザーシップから投下されるアリを味方兵士に殲滅させ続ける方法が効率的だとネットで見つけ、早速実践しています。

せっかくなのでプレイ中に撮影した動画をこちらに載せておきます。最高の効率を追求したりはしていませんが、方法を知りたいという方は参考にしてください。(私は一切攻撃していません。)

基本的にはマザーシップを一機だけ残し、それ以外の敵を排除。後はグリムリーパー部隊を配下にして、無限湧きする敵を倒していただくだけの簡単なお仕事です。ヘリを用いてのアイテム自動回収や分割画面での同時プレイなど、応用の仕方はいろいろとあるようです。

そんなこんなでレンジャーのHPはだいたい800ほどになり、引き続きハードでのクリアに向けて頑張っております(笑)
DTFer_NUQAUCvJZ
円盤やクモやクロアリや赤アリやダンゴムシと戦い、
DTFetGhV4AAyADX
巨大怪獣であるエルギヌスやらアーケルスやらにケンカを売り、
DTFequXVMAIeyUC
大量のハチに追いかけ回される。
DSid2TMVoAAvq3h
そして時々、やっぱりエイリアンが空へと飛んでいく。

ここまでのレビューについては以下の記事をご覧ください。
関連記事リンクさすがの中毒性の過去最高傑作!地球防衛軍5序盤レビュー!

後はクリア後に最終的なレビューを書くつもりですが、いつになるかはお約束できません(笑)


エンタメ最高マンが2018年1月に購入予定のゲームソフト

この記事では2018年1月に私が購入を予定しているタイトルをまとめておきたいと思います。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル

任天堂のマリオとUBIソフトの人気キャラ・ラビッツがコラボレーションして生まれたターン制のシミュレーションバトルアドベンチャー。開発もUBIが手掛け、従来のマリオとは全く違うゲーム性となっていて、かなり興味を持っています。

探索ステージでは謎を解き、バトルステージでは戦略的に敵と戦うというシステムとなっているようで、ステージ上の仕掛けや武器選択などなかなか頭を使うゲームになっているみたいですし、SRPG好きとしては期待の一本。海外ではすでに発売済みで、かなり高評価となっている様子。

戦場のヴァルキュリア リマスター(新価格版)
戦場のヴァルキュリアの第一作目をPS4向けにHDリマスターした作品が、新価格で登場。今年は待望の最新作「戦場のヴァルキュリア4」が発売されますから、その前に復習がてらプレイしておきたいと思っています。

ハローレディ -Superior Dynamis-
昨年の11月に発売予定だったものの延期されたADVタイトル。華やかでどこかファンタジックな学園ものアドベンチャーのようで、なかなか重たいテーマの作品だとか。原作の評判も割と良さそうなので購入します。

<購入するか悩み中の作品>

モンスターハンターワールド

モンハンの完全新作ということで、興味が湧かないわけではないんですが、モンハンというシリーズそのものに若干飽きを感じている私としては購入を躊躇しています。最近あまりハンティングアクションが発売されていないので、久し振りにハンティングゲームを遊びたい思いはあるのですが…。

Undertale(パッケージ版、※DL版は発売済み)
各所で絶賛を受けるインディーRPGであるUndertale(アンダーテール)。バトルに弾幕型シューティングの要素が加わっていたり、メタ要素も多い独特な世界観・グラフィックスが特徴的だったり、まさにインディーゲームらしい唯一無二の作品という評価が続々。私も早くプレイしたいと思いつつ、なかなか時間を作れないのが現状です。ちなみにパッケージ版はFangamerJapanでのみの発売となります。


という感じです。
とりあえずは「真・女神転生DSJ」「大逆転裁判」「大逆転裁判2」「地球防衛軍5」「俺達の世界は終っている。」「レブナントサーガ」「忘失のイストリア」「千の刃濤 桃花染の皇姫」を片付けるのが先決ということで、しばらく新作購入は控えめにして粛々とプレイしていきたいところです。(早く身軽になりたいw)

といいつつDL専売作品もポチりまくってしまうのでダメですね…。例えば今月18日に配信されるSwitch「マーセナリーズサーガクロニクル」も購入する予定ですし、つものことながら、気分でいろいろ買ってしまうでしょう(笑)

2018年スタート!新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!!!

旧年中は大変お世ワンになりました!
今年は戌年ということで、これからの1年が読者の皆様にとってワンダフルなものとなりますよう、お祈り申し上げます。ゲーマーとしては心をいぬかれるような新作がたくさん出ることを楽しみにしています。

加えて「エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ」は今年も昨年を追いぬくような勢いある記事を更新していければと思っていますし、これまで以上にオンリーワンなブログを目指していきます!

それではワックワクのドッグドキな一年を!今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

2017年12月の月間人気記事ランキングを公開!

1514623633288[1962]
先月からスタートした毎月の月末公開の人気記事ランキング
今回もPV数(閲覧数)が多かった順に1位から10位までランキング付けをして、各記事について一言ずつコメントを付していきたいと思います。

と、その前に、今日は大晦日!
2017年最後の日ですから、まずは今年一年の感謝を込めて!
読者の皆様、今年も1年間、ありがとうございました!!
このようなブログに定期的に足を運んでくださるだけでもありがたいのに、熱の入ったコメントをいただいたり、Twitterで”リツイート・いいね”をしていただいたり、それらすべてが本当に更新の励みとなっています。重ねて御礼申し上げます!

おかげ様で今月も先月に続いてアクセス数は過去最高を更新し、ブログ開始当初に第一の目標としていた水準を初めて突破できました!……しかし人間欲深いもので、今では目標が全然変わっておりますが(笑)

さて、今月公開した記事数は(この記事を含めて)全37記事。先月と同数となりました。
ちなみに先月のランキングはこちら。
関連記事リンク2017年11月の月間人気記事ランキングを公開!

(※以下のランキングはその記事を公開してからの累計PV数ではなく、あくまで今月に限定したPV数です。今月以前に公開した記事についても、今月以前のPVはもちろん除外しています。)

第10位  独占タイトルへの考え方~時代はマルチプラットフォーム?~

昨今増えてきたマルチタイトルと、それに応じて必然的に減少している独占タイトル。そうした流れがいいことだと言えるのかどうかを論じた記事。小難しいテーマの記事ではありましたが、比較的興味を持ってくださった方は多かったようです。

第9位 スーパーマリオオデッセイ"Jump Up, Super Star!"歌詞を和訳してみた!

先々月に公開したマリオのボーカル曲の歌詞和訳記事が返り咲きランクイン!ランキング圏外だった先月からPVが倍増してTOP10入りを果たしました。これは検索順位が向上したことによる効果ですね。苦労した甲斐がありました。

第8位 名探偵コナン2017年12月の放送予定+2018年1月前半の放送予定

コナンの放送予定記事は10分足らずでサクッと書けてしまうのですが、アクセスはかなり見込めるというなかなか美味しいテーマだったりしますw

第7位 これぞJRPGの最高峰!ゼノブレイド2クリアレビュー!

まだ公開したばかりのゼノブレイド2のクリア後レビューが7位!こちらはかなり気合いを入れて書いたつもりなので、多くの反応をいただけたのはとても嬉しかったです。未プレイ/未クリアの方はぜひクリアされた後に読んでいただきたいと思います♪

第6位 閃の軌跡シリーズの新作が2018年に発売決定!(正式発表・追記あり)

スピーディーに情報を記事化したことが幸いして、最初に公開してから1か月ほど経ってもアクセスが続き、さらに先日正式発表を追記したことでさらにアクセスが増加。思いがけないヒット記事となりました。

第5位 個人的”GOTY2017”大発表!今年遊んだ全作品一覧+評価も!

個人的2018年ベストゲームの特集記事がTOP5にランクイン!こちらは公開して2日とちょっとしか経っていないにも関わらずこの順位。今年一番時間をかけて書いた記事なだけに、非常に喜んでおります!wまだまだ伸びていってほしいですね~♪

第4位 ゼノブレイド2のネタバレなし序盤レビュー!なんだこの面白さは!?

ゼノブレイド2はその高いストーリー性から分かるように、ネタバレ厳禁なタイトルですから、逆に「ネタバレなしレビュー」に一定の需要があったようで、長く読んでいただきました。7位にランクインしている「クリアレビュー」の方がもちろん力を入れて書いていますので、クリア済みの方はぜひとも合わせて読んでいただければ、と思います。

第3位 名探偵コナン第883話「絵本から飛び出す爆弾魔(前編)」感想

復活させたコナンのTVアニメ感想記事がTOP3にランクイン。やはりコナンは検索流入が強く、放送日に過去放送分も含めてアクセスが集まる特徴があります。とはいえ、ここはあくまでも”家庭用ゲームブログ”なので、コナンの家庭用ゲーム新作をまた発売してほしいものです。(数年前まで毎年出ていたのに…

第2位 3dsダウンロードソフトのおすすめタイトル総まとめ!お手軽傑作の宝庫(一言レビュー集)

3dsのダウンロードソフトのおすすめをまとめた記事。こちらは今月、公開してから約一年半ぶりに加筆・修正で記事をアップデートしましたが、その効果が出て2位にランクアップ。単月として見ても想定以上に読んでいただけました。「しめしめ」と思って同趣旨のSwitch記事も準備を進めています。(ただし公開はしばらく先となります。)

第1位 VITAは傑作・名作ADVの宝庫!おすすめタイトル総まとめ!

今月も一位はVITAのおすすめADVタイトルを一挙にまとめているこちらの記事。なんと先月からさらに1.5倍ほどのアクセス数となっており、右肩上がりで累計PVを伸ばしています。(今月のPV数は約2000)やはり検索結果で上位に表示される効果は大きいんですね。こういった(当ブログとしては)大ヒットといえる記事をもっと書いていきたいです!


というわけで今月のランキングでした!
それでは最後に、遅くなってしまいましたが、皆様よいお年をお迎えください。

個人的”GOTY2017”大発表!今年遊んだ全作品一覧+評価も!

1514480732412[1959]

GOTY2017~ESM編~、ついに発表です!!いやあ、この記事はとにかく時間がかかった…(笑)5日間ほどかけて少しずつ書いていましたが、もうクタクタですw

それはさておき、「なんのこっちゃ?」という方のために補足しておくと、GOTYとは”Game of The Year”の略称で、その年のゲームタイトルのうち、最も評価の高い作品が選ばれる賞のことを意味しています。
……そして~ESM~というのはエンタメ最高マンの略ですね(^^;

要は、私が今年購入した作品をダウンロード専売作品も含め、全作品一覧形式でご紹介した上で、簡単な評価とランク付けをしよう!という企画でございます!
(この記事の内容はすべて私の趣向・独断・偏見によって構成されていますので、そこはあらかじめご了承ください!)

それではまず今年プレイした全作品を一挙にご紹介!
(GOTY~ESM~では今年発売された作品に限らず、私が今年購入したものをすべて含めさせていただきます。おすすめゲーム紹介的な側面も兼ねていますので、どうかご理解ください。)

今年購入した作品は以下!

・ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(Switch/WiiU)
・1-2-Switch(Switch)
・スーパーボンバーマンR(Switch)
・ぷよぷよテトリスS(Switch)
・マリオカート8デラックス(Switch)
・ARMS(Switch)
・Splatoon2(Switch)
・ファイアーエムブレム無双(Switch/3ds)
・スーパーマリオオデッセイ(Switch)
・ゼノブレイド2(Switch)
・デッドオアアライブ エクストリーム3(PS4/PSVITA)
・閃の軌跡3(PS4)※
・地球防衛軍5(PS4)
・ニューダンガンロンパV3(PS4/PSVITA)
・かまいたちの夜 輪廻彩声(PSVITA)
・蒼き革命のヴァルキュリア(PS4/PSVITA)
・DESIRE(PSVITA)
・時計仕掛けのレイライン(PSVITA)
・イース8(PS4/PSVITA)
・end sleep(PSVITA)
・ChuSingura46+1(PSVITA)
・ロボティクスノーツ エリート(PSVITA)
・オカルティックナイン(PS4/PSVITA/XboxOne)
・俺達の世界わ終っている。(PSVITA)※
・千の刃濤 桃花染の皇姫(PSVITA)※
・不思議の幻想郷TOD RELOADAD(PS4/PSVITA/注・SwitchはDL専売)
・ナチュラルドクトリン(PS4/PSVITA)
・実況パワフルプロ野球ヒーローズ(3ds)
・ファイアーエムブレムエコーズ もうひとりの英雄王(3ds)
・ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー(3ds)
・世界樹と不思議のダンジョン2(3ds)
・真女神転生 ディープストレンジジャーニー(3ds)※
・A列車で行こう3Dネオ(3ds)※
・大逆転裁判(3ds)※
・大逆転裁判2(3ds)※
・ロデア ザスカイソルジャー(3ds)
・どうぶつの森 amiibo+(3ds)※
・VOEZ(Switch)
・グーの惑星(Switch)
・レイジングループ(Switch/PS4/PSVITA)
・デマンボ(Switch)
・謎解きメール(Switch)
・レブナントサーガ(Switch/PS4/PSVITA/PS3)※
・忘失のイストリア(Switch/PSVITA)※
・中毒パズル レベルスプラス(Switch)
・The Bridge(Switch)
・ぺんぎんくんギラギラウォーズ(Switch)
・シノビリフレ 閃乱カグラ(Switch)
・ママにゲーム隠された!(Switch/3ds)
・サマーレッスン アリソンスノウ(PSVR)
・つみきBLOQ VR(PSVR)
・Pinball FX2 VR(PSVR)
・カタルヒト ワールドエンドエコノミカ1/2/3(3ds)
・アスディバインクロス(3ds)
・スバラシティ(3ds)

以上でございます!(正確に記録しているわけではないので、いくつか抜けがある場合があります。というか来年からはしっかりメモしておこうと反省。なお無料タイトルはすべて省いています。※がついているソフトはまだあまり遊べていないタイトルです。)
合計するとパッケージが37本、ダウンロード専売が20本ということで、ひとまず合計は57本ということになりました。

今年は長く遊べる作品が多かったので、その意味では例年と比べて購入したタイトルは(多分)少なめです。ただSwitchがロンチ年だったこと、ハードをとても気に入ったこともあり、Switchタイトルはなかなかのペースで購入していますね。

というわけで、ここからTGAなどのGOTYにならって、各部門の受賞作・ノミネート作をいっちょまえに発表させていただきます!!
あくまで私が遊んだ中で選んでいますので、「おいおい、あれを選ばないとか、にわかだろ!」と思われることもあるかもですが……w

注・ノミネート作品は黒字、受賞作品は赤字としています。

<RPG部門>

ゼノブレイド2
ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー
ファイアーエムブレムエコーズ もうひとりの英雄王


RPG部門はゼノブレイド2が文句なしで個人的今年No.1!もっとも私が閃の軌跡3をプレイできていたなら、ここは激戦となっていただろうと思うのですが、閃3の前に過去作すべてを復習しようと思っているうちに年内に遊べなくなってしまったので…(^^;


評価:S+
まさにJRPGの進化の方向性を世界に見せつけてくれた、そんな作品だと思っています。インターフェース的な部分で減点すべき箇所がたくさんあるのは事実ですが、それ以上に加点したいところがたくさんある作品。結果的に私は本作に満点をつけます。詳細なレビューは以下をご覧ください。
関連記事リンクゼノブレイド2のネタバレなし序盤レビュー!なんだこの面白さは!?
関連記事リンクこれぞJRPGの最高峰!ゼノブレイド2クリアレビュー!(ネタバレあり)


評価:A+
アトラスの貴重なファンタジーRPG。本作のような”歴史を書き換える”世界観をゲームシステムに上手く落とし込んでいるのはお見事です。DS版に続きリメイク版も楽しませてもらいました。RPG好きなら絶対にプレイすべき名作だと思います。


評価:A+
個人的には近年のファイアーエムブレムで一番楽しめた作品。特にその熱いストーリー、アルムとセリカのすれちがう運命に感銘を受けました。シミュレーションパートに関しては「if」の方が一枚上手な印象ですが、街やダンジョンの探索など本作独自のシステムは新鮮味がありました。
関連記事リンクRPG色の強い異色作品!ファイアーエムブレムエコーズクリア後レビュー!

<アクション部門>

Splatoon2
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド
地球防衛軍5


アクション部門はこちらも私の中では文句なしでSplatoon2。今年一番プレイしたタイトルで、そのプレイ時間は約400時間。前作に引き続きもはや日課です(笑)


評価:S+
プレイ当初は武器やステージがかなり制限され、前作を2500時間遊んだ身としてはいろいろと物足りなさを覚えていましたが、現在は様々な要素が拡充され、それに応じて評価も向上しました。特にサーモンラン・ガチアサリといった新モード・新ルールは古参プレイヤーとしては嬉しい限り。記事もいろいろ書いていますのでSplatoon2カテゴリからご覧ください私がSplatoon2を引退するのは、おそらくSplatoon3が発売された日になるでしょう。
関連記事リンク:Splatoon2ガチマッチ完全攻略!C-からS+への道[ガチアサリ編]


評価:S
これは選ばないと怒られるでしょう…というのはさておき、その広大なフィールドで自由度の高い冒険ができるというのは従来のゼルダでは考えられなかったこと。さらに本作独自の凄みはやはり思ったことを何でも試せるというところにあるでしょう。フィールドの空気感の心地よさ、アクションの手触りも別格。
関連記事リンクニンテンドースイッチ/ロンチ作品簡単レビュー<ゼルダ ブレスオブザワイルド、1-2-SWITCH>編


評価:S
まだ購入してまもないため、やりこめていませんが、今の時点ですでに最高傑作だと確信してしまうほどの出来栄え。アクションの気持ちよさ、戦略的な攻略の楽しさはもちろん、今作はとにかく快適さが光ります!複数獲得した武器が少しずつ強化されること、使っていない兵科の武器・アーマーが得られることなど、シリーズでも不満だったところが見事に改善されて、まさに集大成といえる内容になっています。

<ADV部門>

ChuSingura46+1-V-
ニューダンガンロンパV3
レイジングループ


今回一番悩んだのがこのADV部門。最終的に選んだ忠臣蔵46+1-V-は今年発売のタイトルではないのですが、本当にのめり込んだ作品なのでお許しください。評判を聞くに、大逆転裁判1・2をプレイできていたら、ここもさらなる激戦となっていたかも。


評価:S+
パッケージを見た時にはこんなに熱く燃える作品だとは思ってもいませんでした。ただ萌える作品なのかと(失礼)。でもプレイしてみてその印象は一変。江戸元禄時代の歴史を題材に構築された、骨太でテーマ性の強いシリアスなストーリーに感動の嵐。これは高評価で溢れているのも納得です。思い出すだけで泣けてきます。というか忠臣蔵の歴史に興味がわきました。


評価:S
最後まで悩んだのがダンガンロンパの新作V3。今作も推理ADVとしての完成度は申し分なしで、相変わらずプレイヤーの度肝を抜いてくる素晴らしい物語でしたが、賛否の分かれるラストが私個人としては少し残念。シリーズとしてはやはり2が一番好きですね。本作も十分それに迫ってはいるのですが。
関連記事リンク「ニューダンガンロンパV3」クリア後レビュー(核心的ネタバレなし)


評価:S
今年のADVを語る上でやはり外せないのは本作でしょう!人狼と閉鎖村を題材としたホラーチックな物語は、先が気になりすぎて眠れませんでしたwこちらも最終盤の展開でちょっとクールダウンした印象ですが、それでもなお素晴らしい作品。PS4でのパッケージ版も決まり、ますます広がってほしい傑作。
関連記事リンク人狼がテーマのADV・レイジングループが最強に面白い!クリアレビュー!

<DL専売部門>

レイジングループ

VOEZ
Pinball FX2 VR


DL専売タイトルも規模の大きな作品が増えてきて、今年も非常に豊作でした。DL作品は来年ももっとバンバン買っていきたいと思っています。


評価:A
VOEZ(ヴォイズ)はなんと150もの曲が収録されているリズムアクションゲーム。タップ操作で気持ちよく演奏できる作品で、プレイしているうちにきっとお気に入りの曲に出会えるはず。こちらもSwitchでパッケージ版が決まり、その勢いを感じます。
関連記事リンク特大ボリュームの爽快リズムゲーム!Switch版VOEZレビュー!

pinballFX
評価:A-
VRによって自宅にピンボールがやってきたような気になれるソフト。演出も素晴らしく、オーソドックスなピンボールではありながら、その臨場感や迫力を味わえるのがいいですね。ハードの恩恵を受けているVRならではのタイトルだと思います。
関連記事リンクPSVRで迫力ピンボール!「Pinball FX2 VR」レビュー!

<来年の待望作品部門>(すべて同率ということにさせてください

戦場のヴァルキュリア4(PS4/Switch[後発])
ファイアーエムブレム完全新作(Switch)
閃の軌跡4 THE END OF SAGA(PS4)
ワールドエンドシンドローム(Switch/PS4/PSVITA)
桜花裁き 斬(PSVITA)
project オクトパストラベラー(Switch)


戦場のヴァルキュリアの待望の復活、閃シリーズの完結作、FEの久々の据え置き新作、完全新規RPGとなるオクトパストラベラー、そしてミステリーを題材としたADV2本。来年は今年以上に私の好みの作品が多そうで、かなり豊作となる予感がしています。すでに20本以上購入予定のソフトがありますので、今年と同様、遊ぶ時間の捻出に苦労しそうです(笑)

関連記事リンク:戦場のヴァルキュリア4がPS4とSwitchで大復活!!
関連記事リンク:閃の軌跡シリーズの新作が2018年に発売決定!(正式発表・追記あり)
関連記事リンク:PSVITAで逆転裁判ライクの推理ADV「桜花裁き斬」が発売決定!
関連記事リンク:project オクトパストラベラーの「DEMO Ver」レビュー!これは名作になりそう…!

<ハード部門>

Nintendo Switch
PSVR

ハードはやはりSwitchは外せません。今年は早速もっとも稼働したゲーム機となりました。
また今年はPSVRも購入。ほぼ毎日起動してちょこちょこ遊んでいます。新たなゲーム体験を色濃く感じることができ、満足しています。


そして栄えある第一回GOTY~ESM~に選ばれたのは!
……ジャン!!!


Game of The Year~ESM~2017


ゼノブレイド2

Splatoon2とゼノブレイド2で非常に悩んだ末、結局ゼノブレイド2を選択!
私は”スプラ最高マン”と改名してもいいほどのスプラトゥーン好きなので、Splatoon2にしようかとも思ったのですが、受けたインパクトの大きさではやはりゼノブレイド2に軍配。この場で選ぶにふさわしいのはゼノブレイド2だろうという結論に至りました!
不親切なところも多く、文句がないわけではないんですが、逆に賞賛したいポイントもこれほど多い作品は滅多にありません!JRPGは受け付けない、という方以外にはぜひともおすすめしたいタイトルです!

<ノミネート作以外の全タイトル評価一覧>
最後に今回惜しくもノミネートされなかったプレイ作品すべてにS,A,B,C,Dで評価を付けておきたいと思います。コスパなども踏まえた個人的な評価となります。

・1-2-Switch B
みんなで遊ぶときの盛り上がりは期待以上!一人で遊んだ時の悲しさは想像以上!

スーパーボンバーマンR B
購入当初はラグなどもあって高評価はできない出来でしたが、繰り返しのアップデートで徐々に改善。

・ぷよぷよテトリスS B
私としては初のぷよテトでしたが、これは面白い。融合させてみるもんですね。

・マリオカート8デラックス B
バトルモードが充実し、さらにパーティーゲーとしての完成度が高まった作品。
関連記事リンクマリオカート8デラックス レビュー!対戦が熱いレースゲーム決定版!

・ARMS A
伏兵現る!マルチプレイ対戦がめちゃくちゃ楽しいのでちょっと驚きました。

・ファイアーエムブレム無双 A
無双でありながらFEらしさも感じられ、個人的には満足の一品。続編もプレイしてみたい。
関連記事リンク:FE無双のクリア後レビュー!いつもの無双に戦略性が加わった傑作!

・スーパーマリオオデッセイ A
マリオ本編系統はほぼ遊んでこなかった私でもクリアまでしっかり楽しめた作品。ボーカル曲最高!
関連記事リンクスーパーマリオオデッセイ"Jump Up, Super Star!"歌詞を和訳してみた!
関連記事リンクスーパーマリオオデッセイを購入!序盤をプレイした感想
関連記事リンク私がスーパーマリオオデッセイで撮ったおもしろ画像集!

・デッドオアアライブ エクストリーム3 B
VRでプレイしてみましたが、技術の進歩すごい。

・かまいたちの夜 輪廻彩声 B
キャラクターデザインに賛否はありましたが、過去の名作を今風にリブートする心意気を買いたい。
関連記事リンク現代のミステリーADVとして再登場!「かまいたちの夜 輪廻彩声」感想!

・蒼き革命のヴァルキュリア B
来年「戦場」の最新作がついに出ますので、意識はすでにそちらに向かっています(笑)

・DESIRE B
いろいろと気になるところは多いながらも、こんな世界観をよく作り上げたな!?という驚きに満ちていました。

・時計仕掛けのレイライン S
ファンタジーと学園ものと推理ものの要素をうまく取り入れた名作でした。大ボリュームでおすすめ。

・イース8 S
ファルコムのゲームに外れなし。アクションRPGとして決して見逃せない一本です。君はアドル=クリスティンを知っているか?!

・end sleep B
封鎖された洋館でのミステリー。いろいろと先が読めてしまうのが惜しかったです。

・ロボティクスノーツ エリート B
楽しんでプレイできましたが、回収されない伏線が多いのがやや不満。続編に期待というところでしょうか。

・オカルティックナイン B
分岐までが面倒であったり、こちらも未回収の伏線が多かったり。とりあえずアニメの方を見ることにします。

・不思議の幻想郷TOD RELOADAD A
シレンやトルネコの新作が出ない中、大型のローグライクDRPGは貴重な存在。PSVITA版をプレイしました。

・実況パワフルプロ野球ヒーローズ B
タイトルが”プロ野球”なのにプロの選手が一人も出ないってつまり……どういうことだってばよ!?

・世界樹と不思議のダンジョン2 A
世界樹の迷宮の育成の楽しさとローグライクの楽しさが融合。DOEのシステムは若干面倒に感じることも。

・グーの惑星 B
グーの挙動が可愛らしい物理パズル。なかなか中毒性が高い良作。

・デマンボ C
いろいろと説明不足な作品。値段設定もちょっと高すぎる印象があります。

・謎解きメール C
IQサプリのようなちょっとしたクイズを解いていく内容。200円という値段相応の内容。

・中毒パズル レベルスプラス B
シンプルながらRPGっぽさのある、スコアアタック系パズルゲーム。タイトルに偽りなしの中毒性。

・The Bridge B
こちらも意外と楽しめた物理パズルゲーム。だまし絵のようなステージを攻略していくのが楽しく、かなり頭を使います。

・ぺんぎんくんギラギラウォーズ B
ホッケーとドッジボールを掛け合わせたような内容。一台のスイッチで楽しめるので対戦ツールとしてもおすすめ。
関連記事リンクSwitchでド派手に再誕!ぺんぎんくんギラギラWARSレビュー!手軽に楽しめる快作!

・シノビリフレ 閃乱カグラ B
HD振動もこんな使われ方をするとは…(しみじみ)……私は好きですよ。
関連記事リンクHD振動はどんな感じ!?シノビリフレ閃乱カグラをレビュー!

・ママにゲーム隠された! B
500円でママにゲームを隠してもらおうではないか!
関連記事リンク:これぞ一発ネタ!Switch版"ママにゲーム隠された"レビュー!

・サマーレッスン アリソンスノウ B
まさにそこにいる感覚。それは手を伸ばしたら触れることができそうなレベル。技術の進歩すごい!(2回目)

・つみきBLOQ VR B
つみきを積むだけのゲームではなく、ステージごとにいろいろなルールが用意されているのは評価ポイント。
関連記事リンクPSVRを体験するのに最適!つみきBLOQ VRレビュー!非常にコスパよし!

・カタルヒト ワールドエンドエコノミカ1/2/3 B
株や経済を題材としたADVは珍しく、非常に楽しめました。世界観もいい感じ。

・アスディバインクロス B
ケムコの相変わらずの大安定RPG。細部にいたるまでオーソドックスで丁寧なつくり。

・スバラシティ A
中毒性が高い都市づくりパズルゲーム。ちまちまといつまでも遊んでしまう良作。

というわけで以上となります。
なかなかすごいボリュームの記事になってしまいましたが、最後までご覧いただきましてありがとうございました!

私が好きなゲーム音楽(サウンドトラックBGM)を大公開!vol.5

好きなゲームミュージックを一覧で挙げていく記事第5弾!
今回の記事でも私が気に入っているゲーム内BGMのうち、(どちらかというと)誰しもが知っているような曲というよりも、作品のファンの人にしか知られていないような若干マイナー気味(?)なものを紹介していきたいと思います!

第1~4弾のリンクは以下です。合わせてご覧ください。
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.1
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.2 
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.3
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.4

(いわゆるサウンドトラックと言われるものに的を絞り、一部除き作品のボーカル付き主題歌のようなものは除外しています。)

また思いついたものを思いついた順に挙げているだけなので、特にランキング形式などということではありません。 今回は若干ゼノブレイド2特集感もありますが、どうかご容赦を(笑)

※リンク切れなどが発生していた場合はお知らせいただけると助かりますm(__)m 

ゼノブレイド2/通常戦闘曲

ダブルスピンエーーッジ!!ヒーリングハイロー!!ぐんぐん~ドリルッ!!
この曲を聞いているとそんなキャラ達の掛け声が脳内で自動再生されます(笑)非常に耳に残りやすいリズミカルで盛り上がる曲だと思います♪

ゼノブレイド2/スペルビア帝国~赤土を駆け抜けて~

私はもしかするとゼノブレイド2でこの曲が一番好きかもしれない。特に57秒辺りからのメロディが本当に気に入っています。壮大さと軽快さを同時に兼ね備えているのがお見事だと思います。しばらくヘビロテしますw

ゼノブレイド2/トリゴの街(昼)

のどかで活気ある雰囲気が伝わってくるトリゴの街のテーマ曲。私はゼノブレイド2の中だとトリゴの街とイヤサキ村の空気感が特に好きなんですよね。一般的にどこのロケーションが人気なのか気になります。

ゼノブレイド2/アヴァリティア商会(昼)

商人が行き交う交易所というのが曲の雰囲気から感じ取れるのが不思議な曲。慌ただしさというか商人たちが駆け回る様子が目に浮かびます。テンポの良さがやみつきになりますね~♪

ゼノブレイド2/アクション起動

ごめんなさい、やっぱり一番好きな曲はこっちかもしれない。だって熱く盛り上がる最高のシーンで必ず流れるんですもん。ちょっと卑怯な気がします。思い出がいろいろ蘇る名曲。55秒からの盛り上がりが熱い!

ドラゴンクエスト7/血路を開け

ドラクエ4、5の戦闘曲に次いで私がシリーズで好きな戦闘曲。リメイク版の方も好きですが、オリジナル版もBGMも好き。勢いよく始まる出だしが特に気に入っています。

ワイルドアームズ/荒野の果てに

荒野が自然と浮かんでくるどこかセンチメンタルな曲調がまた泣けてくる素晴らしい曲。本作が発売された当時はこういったゲーム音楽は珍しかったのではないでしょうか。

もぎたてチンクルのバラ色ルッピーランド/チンクルの家

チンクルシリーズは延々と遊んでいただけあって、いまだに口ずさんでしまう曲もいくつか。その中でもマイベストはダントツでこの曲!チンクルと言えばこれ!と勝手に思っています(笑)

閃の軌跡2/通常戦闘曲

いつも言っていますがこれが通常戦闘曲とは思えない…。普通にラスボス戦で流れてもビックリしませんよw本当にファルコムは音楽のレベルが高いですね~。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド/3rdトレイラー曲

どうやらゲーム内では使われていない曲のようですが、初めてこのPVを見た時から印象に残っている曲。世界観にピッタリの曲ですし、本編で使ってほしかったなあと思う今日この頃。

テイルズオブベルセリア/ベルベットのテーマ

悲しき熱情とでも言うべきか、そんな哀愁と決意が同時に感じられる曲。テーマ性を大いに孕んだ楽曲だと言えるのではないでしょうか。

スプラトゥーン2/不意打ちのセオリー

アップデートで追加された5曲の中で私が一番好きなのがこちら。なんというかSplatoon1の曲とはまた違った感じのオシャレな曲、という印象です。それでいてバトルが盛り上がるリズムなのも〇。

かまいたちの夜/疑心暗鬼

あれ、メインテーマではないの?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、私としてはこちらの曲こそが恐怖を与えてくる印象です。どこか不協和音のような、何かぴりぴりした空気感を演出する名BGMですね。

カルドセプトリボルト/命運を賭けた戦い(序盤)

伊藤賢治さんの曲はシンプルなのにどこか豪華さを感じます。パズドラの大ヒットは(ゲーム性はもちろんですが)伊藤さんのBGMの効果も多分にあったのではないか、とひそかに思っています。この曲は45秒辺りからのメロディが特に好き。

グラビティデイズ/プレジューヌ

歓楽街であるプレジューヌのテーマ。歓楽街の雰囲気の曲は以前も零の軌跡の「アルカンシェル」で取り上げていますが、私はこの手の曲調に弱いようです(笑)

大神/太陽は昇る

日本の和や伝統を感じさせる色褪せない名曲。作品の価値を音楽がさらに押し上げている好例だといえるのではないでしょうか。


というわけで今回は以上16曲でした。最初に書いた通り、ゼノブレイド2から5曲を選曲してしまう優遇ぶりでしたが、現在進行形でプレイしているので熱量が高く絞り切れなかったのです…(^^;
vol.6も更新予定です。

大神 絶景版
カプコン
2017-12-21


記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村