1471089184517 [40931]


小説のおすすめ第一弾としてご紹介するのは「体育館の殺人」(青崎有吾・2015年・東京創元社)です!
タイトルから分かる通り、推理もの。体育館で起きた密室での殺人事件を解き明かしていくお話です。推理ものは頭を使いそうで面倒・・・という方もぜひ下を読んでみてください。

<レビュー>

おすすめポイント

・キャラクターが濃い!
主人公はかっこよくて爽やかで・・・普通の推理小説に出てくる探偵ってすごく美化されているものなんですが。
この作品の主人公・裏染天馬はとにかく違う
主人公はアニオタでやる気が皆無のダメ人間。(ここまではまるで私のよう・・・)
もちろん探偵役なので頭脳明晰なのですが(うらやましい)、高校生にしてとにかく態度が悪いんです。警部をぎゃふんと言わせたり、警部をぎゃふんと言わせたり、友人をぎゃふんと言わせたり。
ですがそんな主人公が憎めない。不思議ですがとてもすっきりするんですね。台詞回しが上手なのだと思います。
また主人公以外のキャラクターもすごく立っていて、ミステリーでありがちな”キャラを覚えるのが面倒”ということがあまりありません。

・緻密で巧妙な論理展開
ネタバレを避けるため細かくは言えませんがとにかくすごい!の一言です。
現場から見つかった一本の傘。そこからこれでもかというくらいに犯人が絞り込まれ、犯行の流れが明らかになっていく。正直言ってページをめくる手が止まらなくなること間違いなしです
 
・シリーズ化されている
裏染天馬を主人公にした作品は本作以外にも「水族館の殺人」「図書館の殺人」(こちらはまだ文庫化されてはいませんが)があります。
事件そのものだけではなく、キャラクター小説としてシリーズを追いかける楽しみがあると言えますね。


ミステリー・謎解きが好きな方はぜひ手に取ってみてください。とても分かりやすい文体で丁寧に書かれた作品なので推理もの初心者の方の入門作品としてもおすすめですよ! 

体育館の殺人 (創元推理文庫)

スポンサードリンク

 コメント一覧 (4)

    • 1. たけのこちん
    • 2018年02月07日 16:15
    • ほとんど毎記事読ませて頂いていますが、コメントではお久しぶりです。
      ミステリーものが好きなので、ここの紹介がきっかけで「体育館の殺人」読みました。
      問題編だけ2回繰り返し読んで、2回目は状況をメモしながら読んでいったのですが、犯人は見事はずしました(^^;;
      密室トリックは、冗談半分で思いついたのが、まさかの正解でした‥。
      初めに犯人扱いされていた生徒の容疑を晴らすときや、犯人を特定するときの怒とうの論理展開がすごかったですね。
      探偵役のキャラクターが濃いので、ドラマとの相性も良さそうに感じました。

      人狼ゲームのドラマをいま毎週みているので、次は「殺戮ゲームの館」が気になっております^ ^
      またおすすめの小説があれば、紹介してもらえると嬉しいです☆
    • 2. エンタメ最高マン
    • 2018年02月07日 20:10
    • >>たけのこちんさん
      お久しぶりのコメント、ありがとうございます!たくさんの記事を読んでくださっているようで感謝ですm(__)m

      「体育館の殺人」、楽しんでいただけたようでよかったです!問題編を二回読んで推理に挑戦されるとは、たけのこちんさんはかなりのミステリー愛好家!?しかも密室トリックを見破るとはすごいですね~!ある意味犯人を当てる以上に難易度が高いような気がしますw

      おっしゃる通り論理の構築が本当に上手い作家さんですよね♪
      大きな密室という場面設定や残された1本の傘から、あれだけ緻密な推理が次々繰り出されるところに感銘を受け、おすすめとして紹介させていただいた次第です。シリーズは3冊ほど出ているので、連続ドラマ化なんてのも面白いかもしれません^^

      殺戮ゲームの館はまたガラリと方向性が違いますが、人狼のようなデスゲームものにご興味があればかなり楽しめるかと!

      さておき記事が少しでもお役に立てたようで嬉しいです♪おすすめ小説記事はしばらく更新できていませんが、いくつかご紹介したい作品もありますので、機を見て執筆したいと思います!
    • 3. たけのこちん
    • 2018年02月07日 21:32
    • 基本的に犯人当ての要素のある推理小説は、問題編を2.3回読んでから解答編を読むんですよね。1回だけでは気づけないことが多くて(^^;;

      ミステリー好きになったきっかけは、20数年前に「金田一少年の事件簿」に出会ったことでした。「金田一」はTVドラマ・マンガ・小説と全て楽しんでおりました。
      エンタメ最高マンさんはコナン好きのようですが、金田一はいかがですか!?
      自分はコナンも毎週アニメを見ていて、両作品とも楽しんでいます。
      金田一は最近「金田一37歳の事件簿」の連載が始まったので、昔大好きだった堂本剛さん(38)のドラマ金田一が復活しないかなぁと期待しております^ ^

      ちなみに僕のおすすめの小説は、推理ものでは、倉知 淳さんの「星降り山荘の殺人」や金田一の小説「電脳山荘殺人事件」ですね。電脳山荘は、作者が「金田一の名前で売らなくても勝負できる」と言っていたほどの完成度です。
      あと、ゲームでは「かまいたちの夜」ですかね。かまいたちは、「1」「2」「×3」「真かまいたち」とプレイしましたが、やっぱり「1」が一番面白かったです。
      こうしてみると、星降り山荘・電脳山荘・かまいたち1と全て雪山のコテージ・ロッジを舞台にした作品だ(^^;
      雪山の舞台に閉じ込められるって、ミステリーの古典ですよね。
      まさに今の時期にぴったり 笑
      またエンタメさんの小説紹介も楽しみにしています!

      長文失礼しましたm(._.)m
    • 4. エンタメ最高マン
    • 2018年02月07日 22:43
    • >>たけのこちんさん
      なるほど、そうなんですね。私はあまり深く考えずに解答編を読んでしまうことも多いので、見習わなくてはいけませんw

      たけのこちんさんがミステリーがお好きになったきっかけは金田一少年だったんですか!私の場合はコナンを見ているうちにいつの間にか推理ものにハマっていましたw

      私は金田一少年はあまり詳しくありませんが、コナンとセットで放送されていた時代は合わせて見ていました。独特の雰囲気と凝ったトリックで非常に完成度の高いシリーズという印象を持っています♪またコンビで放送されるといいのですが…。
      新しい連載始まっているんですか!それはまたメディアミックスも期待できそうですね^^

      おすすめ教えていただきありがとうございます!どちらも面白そう…!機会を見つけてぜひ読んでみたいです♪
      かまいたちの1作目の怖さはすごかったですね…。でもたまにああいう作品がプレイしたくなったりw

      雪山は定番中の定番ですねw私もいわゆるクローズドサークルものが大好きなので、その意味でも好みはかなり近そうな印象があります♪趣味で書いている小説も館ものだったりするくらいで(笑)
      雪山は足跡や氷などトリックがいろいろと考えやすいのも、舞台としてミステリー向きな理由だと感じますね。

      …そんなことを言っているうちにまたミステリーが読みたくなってきましたwおすすめ記事を定期的に書けるように名作と多く出会いたいものです♪

コメントする

名前
 
  絵文字