年末にしては若干ソフトが少なめの週となっています。

パッケージタイトル

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4
エレクトロニック・アーツ
2018-11-20


大人気FPSシリーズの最新作がPS4/XboxOneで登場。
本作では10年ぶりに舞台を第二次世界大戦としており、原点回帰が意識されているようです。
防衛手段や破壊手段はさらに多彩となり、新たに追加されたゲームモードも合わせ、充実した内容となっているそうです。



災害をテーマとしたサバイバルアドベンチャーシリーズの最新作が度重なる延期の末、ようやく発売となります。対応プラットフォームはPS4で、PSVRにも対応したタイトルとなります。

崩壊した大都市を舞台に、何が起こるか分からない非日常が味わえる大作シミュレーターということで、リアリティのある世界観とドラマ性が気になるところですね。個人的にも興味がある1本です。



3Dで忠実に再現されたノスタルジックな横須賀を舞台とするアクションアドベンチャーの現行機版がPS4で登場。
ドリームキャストで発売された当時、その自由度の高さからオープンワールドゲームの先駆け的な存在として注目を集めました。
ドラマチックで壮大なストーリーも魅力となっています。





バンダイナムコの贈るキッズ向け新シリーズが始動。
人気作品「プリキュア」「ウルトラマン」「戦隊特撮」を題材とした3タイトルがいずれもSwitchで同時発売となります。



幽霊部員が集う謎の部活を舞台とした学園もの恋愛ADVがPSVITAに続いてPS4でも登場。くだらなくもかけがえのない青春が味わえるとのこと。



淫乱の魔法が発現してしまった少年を主人公とする学園もの恋愛ADV。対応プラットフォームはPS4/PSVITA。



三国志を題材とした女性向け恋愛ADVのSwitch版。


3ds版のみ延期されていたネコとのコミュニケーションソフトが登場。年末商戦でどんな売れ行きとなるか注目です。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・Warframe
・Hand of Fate2
・I Am The Hero
・Hyper Sentinel
・バートラム・フィドルの冒険 エピソード2 惨々たる誤算
 
などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
先々週は3ds「ルイージマンション」を初動4万本と予想していましたが、結果は2.7万本と下振れ。さすがに3dsの勢いがだいぶ失われてきており、以前と比べて大きな数字を出すのは難しくなっているのかもしれません。

さてそれでは今週の予想。
今週は「バトルフィールド5」を初動14万本と予想します。本作も最近の洋ゲーの好調な流れに乗っていけるか、注目されます。

スポンサードリンク