エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

2018年12月

個人的”GOTY2018”大発表!今年遊んだ全作品一覧+評価も!

GOTY2018~ESM編~、今年も発表です!!
「なんのこっちゃ?」という方のために補足。GOTYとは”Game of The Year”の略称で、その年のゲームタイトルのうち、最も評価の高い作品が選ばれる賞のことを意味しています。
……そして~ESM~というのは”エンタメ最高マン”の略ですね(^^;

要は、私が今年購入した作品をダウンロード専売作品も含め、全作品一覧形式でご紹介した上で、簡単な評価とランク付けをしよう!という一大企画です!
(この記事の内容はすべて私の趣向・独断・偏見によって構成されていますので、そこはあらかじめご了承ください。)

それではまず今年プレイした全作品を一挙にご紹介!
(GOTY~ESM~では今年発売された作品に限らず、私が今年購入したものをすべて含めさせていただきます。おすすめゲーム紹介的な側面も兼ねていますのでご理解ください。)

関連記事リンク:個人的”GOTY2017”大発表!今年遊んだ全作品一覧+評価も!

2018年に購入(プレイ)したタイトル一覧

・マリオ+ラビッツ キングダムバトル(Switch)
・千の刃濤 桃花染の皇姫(PSVITA)
・Starblood Arena(PSVR)
・マンガ・カ・ケール(PS4/PSVITA)
・ザ フレイムインザフラッド(Switch)
・ポイソフトのズン(Switch)
・あなたの四騎姫教導譚(Switch/PS4/PSVITA)
・蒼の彼方のフォーリズム for Nintendo Switch(Switch/PS4/PSVITA)
・Firewatch(Switch/PS4)
・クリプトオブネクロダンサー(Switch/PS4/PSVITA)
・スーパービートスポーツ(Switch)
・桜花裁き 斬(PSVITA)
・ハローレディ! Superior Dynamis(PSVITA)
・Bloodborne(PS4)※
・ダマスカスギヤ 東京始戦(Switch/PS4)
・Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit(Switch)
・FAST RMX(Switch)
・スチームワールドディグ2(Switch)
・ロケットリーグ(Switch/PS4/XboxOne)
・BLAZBLUE CENTRALFICTION(Switch/PS4)
・ペルソナ5(PS4)※
・マリオテニスエース(Switch)
・大逆転裁判(3ds)
・大逆転裁判2(3ds)
・イースVIII -Lacrimosa of DANA-(Switch/PS4/PSVITA)
・OCTOPATH TRAVELER(Switch)
・大図書館の羊飼い -Library Party-(Switch/PS4/PSVITA)
・クロバラノワルキューレ Black Rose Valkyrie(PS4)※
・オーバークック2(Switch/PS4)
・Morphies Law(Switch)
・ワールドエンドシンドローム(Switch/PS4/PSVITA)
・フェアリーフェンサー エフ ADVENT DARK FORCE(PS4)※
・STEINS;GATE ELITE(Switch/PS4/PSVITA)
・閃の軌跡3(PS4)
・閃の軌跡4(PS4)※
・すばらしきこのせかい -Final Remix-(Switch)
・World Soccer pinball(Switch)
・戦場のヴァルキュリア HDリマスター(Switch/PS4)
・戦場のヴァルキュリア4(Switch/PS4)
・双子座のパラドクス(PSVITA)
・ガンズゴア&カノーリ2(Switch/PS4)
・Dear My Abyss(Switch)
・みんなで空気読み。(Switch)
・Thumper リズム・バイオレンスゲーム(Switch/PS4/PSVR)
・ノーヒーローズヒア(Switch/PS4)
・RPGツクールMV Trinity(Switch/PS4/XboxOne)
・リベリオンズ Secret Game 2nd stage(Switch)
・Dies irae -Amantes amentes-(Switch)
・大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Switch)
・シンフォニック=レイン(Switch)※
・デイグラシアの羅針盤(Switch)
・Downwell(PS4/PSVITA)
・GO VACATION(Switch)


以上となります!(正確に記録しているわけではないので、いくつか抜けがある場合があります。なお無料タイトルは省いています。※がついているソフトはまだあまり遊べていないタイトルです。)
合計するとパッケージが30本、ダウンロード専売が23本ということで、ひとまず合計は53本ということになりました。

昨年は全部で58本でしたので、購入数は微減。昨年自体も例年よりは少ないくらいでしたから、そう考えるともっとたくさん購入したかったですね。ただゲーム熱が衰えているというわけでは全くありません!単純に時間が足りず、積みゲーだらけになってしまったゆえに、多くのタイトルの購入をなくなく見送った結果です…(^_^;)

とまあそれはさておき、ここからTGAなどのGOTYにならって、各部門の受賞作・ノミネート作をいっちょまえに発表させていただきます!!
あくまで私が遊んだ中で選んでいますので、「おいおい、あれを選ばないとか、にわかだろ!」と思われることもあるかもですが……w

注・ノミネート作品は黒字、受賞作品は赤字としています。評価はSSS,SS,S,A,B,C,D,Eの8段階でつけています。

RPG部門

戦場のヴァルキュリア4(Switch/PS4)
OCTOPATH TRAVELER(Switch)
閃の軌跡3(PS4)

RPG部門は戦場のヴァルキュリア最新作をチョイス!3作品とも期待していた通りの素晴らしい出来でとても嬉しかったですね。


評価:SSS

シリーズ久々の新作とは思えない見事な完成度で度肝を抜かれました!
磨き上げられたゲームシステムによって、戦略性がさらに高まり、爽快感と緊張感がバランスよく両立していました。ストレスのないインターフェースも含め、まさしく正当に進化した内容になっていると思います。
戦記ものとしてのストーリーも王道を攻めており、シンプルながらも先が気になる展開となっていました。

関連記事リンク:Switch/PS4「戦場のヴァルキュリア4」レビュー!シリーズ最高傑作ここに誕生!?

オクトパストラベラー - Switch
スクウェア・エニックス
2018-07-13

評価:SS

完全新規RPGとして高い注目を浴びた本作ですが、その前評判に違わぬ丁寧な作りに感銘を受けました。近年では珍しいほどにオーソドックスなRPGでありつつも、ただ懐かしいだけの作品ではなく、挑戦的な仕組みを多数取り入れていたのが印象的でした。
本作で私が気に入ったのはやはりその戦闘システム。仲間が増え行動の選択肢が増えてくると、一気に楽しくなりますね。


評価:SS

軌跡シリーズ・エレボニア帝国編の第3作目。今年は閃の軌跡4が発売され、ついに帝国編が完結をみたということで、先日からプレイを開始したところ。
士官学校の教員となったリィンを主人公に、これまでの入り組んだ伏線がどうなっていくのか、わくわくしながらプレイしております♪
まだクリアまで相当に時間がかかりそうなので、軌跡信者としてとりあえずはノミネートだけしておきますw

関連記事リンク:英雄伝説 軌跡シリーズの個人的名曲集!音楽から軌跡デビューもアリ!

アクション部門

オーバークック2(Switch)
マリオテニスエース(Switch/PS4)
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(Switch)


アクション部門はマルチプレイ可能なタイトルが上位を独占。いずれもオフ会やオンラインなどで対戦・協力を楽しむことができました!


評価:SS

ドタバタ料理アクションとして大好評だったオーバークックの最新作。
ギミックやアクション、新レシピの追加などにより、前作をプレイしていても新鮮に楽しめる内容となっていますし、相変わらずマルチプレイが楽しい!
刻一刻と変化する緊張感の中、ハプニングの連続でとにかく笑いが絶えない素晴らしい作品。文句なしの名作だと思います!

関連記事リンク:Switch「オーバークック2」簡単レビュー!前作からの進化ポイントも紹介!


マリオテニスの最新作とした登場した本作。
ねらいうちや加速、テクニカルショットなどの新システムが多数盛り込まれて戦略性が高まっていることに加え、それらをじっくり習得できるストーリーモードも収録されている親切な作り。
従来のシンプルなルールで楽しむこともでき、幅広いプレイヤーが楽しめる内容となっていたのではないでしょうか。


やはり今年はこの作品は外せませんよね(笑)
スマブラの最新作、今回も大充実の内容となっており、本格的な対戦アクションでありつつ、パーティーゲームとしても楽しめる傑作となっています。
オフ会やオンラインでのマルチで何度か楽しんでいますが、今後も定期的にプレイする機会が作れればと思っています。

アドベンチャー部門

大図書館の羊飼い -Library Party-(Switch/PS4/PSVITA)
大逆転裁判1/大逆転裁判2(3ds)
桜花裁き 斬(PSVITA)


ADV部門は悩みに悩みました。というのも、大図書館と大逆転裁判のどちらを今年のNo.1にするか決めかねたからですw


評価:SSS

一見ありふれた学園もののように見える本作。確かに大きな事件が起こるわけでも、どんでん返しが用意されているわけでもありませんが、ひたむきに青春と向き合う等身大のキャラクターの人間模様に引き込まれました。どのキャラクターも、ある意味ではちっぽけとも言える悩みを抱えていたりしますが、そうした細かい部分を丁寧に描写しているからこそ、ストーリーに厚みを感じられるのだろうと思います。


評価:SSS

いろいろな方がおすすめされているのを見て購入に踏み切った本作ですが、よくここまで大掛かりな謎を作り上げたなと感心してしまう名作でした!
伏線に次ぐ伏線に、「本当にこれ回収できるの?」と思っていましたが、終盤になって怒涛のように話が繋がってくる。これぞミステリーの醍醐味だといえるでしょう。推理ADVの面白さを存分に取り入れた作品でした。

関連記事リンク:3ds「大逆転裁判1」レビュー!光るセンスと読ませるシナリオの妙!
関連記事リンク:3ds「大逆転裁判2」レビュー!各事件の感想とひとつ気になること


評価:SS

こちらも推理ADVですが、町奉行が主人公の時代ものとなっています。
特徴的な世界観で様々な事件が巻き起こることになりますが、驚いたのはそれらがしっかりと一本の線として繋がっていたこと。予想外の展開が連続する中盤以降は一気に面白くなる印象。人間関係が複雑なので、時間を置かずにプレイすることをおすすめします。

ダウンロード専売タイトル部門

FIREWATCH(Switch/PS4)
スーパービートスポーツ(Switch)
スチームワールドディグ2(Switch)


DL専売タイトルも規模の大きな作品が増えてきて、今年も非常に豊作でした。DL作品は来年ももっとバンバン買っていきたいと思っています。

DV6g4A4VQAAxP4b
評価:SSS

山火事監視員である主人公が、次々に不審な出来事に遭遇していくサスペンス系のミステリーアドベンチャー。
実際に美しい山を探索できるインタラクティブ性の高さと、無線での会話だけでストーリーが語られる特徴的なシステムが魅力の作品で、その不思議な世界観の完成度には目を見張るものがあります。

関連記事リンク:PS4「FIREWATCH」レビュー!背筋ゾクゾクの傑作ミステリー!

DTeAKn_UQAAAjRH
評価:S

スポーツを題材とした5つのリズムアクションが収録された作品。
それぞれ最大2~4人で楽しむことができ、シンプル操作ながらも爽快感や緊張感を味わうことができる内容となっています。
手触り感はリズム天国シリーズを彷彿とさせるものがあり、Switchのダウンロード作品の中でもお気に入りです。

関連記事リンク
Switchのおすすめダウンロードソフトをご紹介!vol.1

DZI-xQHVAAYa_qP
評価:S

地面を掘って奥へ奥へ。迷路のように入り組んだ広大な地底を探索するメトロイドヴァニア系の2Dアクションゲーム。
絶妙なタイミングで新アクションが解禁され行動範囲が広がっていくゲームバランスはお見事。こちらも手触り感が素晴らしく、高い中毒性がある作品です。

来年の期待作品部門

ファイアーエムブレム 風花雪月(Switch)
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(Switch)
イース9 -Monstrum NOX-(PS4)
ロボティクス・ノーツ DaSH(Switch/PS4/PSVITA)
シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~(PS4)
Summer Pockets (サマーポケッツ)(Switch)
EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN (アース ディフェンス フォース アイアン レイン)(PS4)
チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!(Switch/PS4)


現時点で購入確定タイトルは20本程度。来年は今年より時間が取れそうなので、1本でも多くプレイしていければと思っています。

第2回GOTY~ESM~に選ばれたのは!?


Game of The Year~ESM~2018


戦場のヴァルキュリア4

今年はいろいろな意味で悩んだのですが、戦場のヴァルキュリアのシリーズ復活作を選ぶことに決めました!

長いブランクを経た久しぶりの新作とは思えない高い完成度と抜群の安定感に驚かされましたし、シリーズファンとして再びの船出を心から嬉しく思います。そういったところもちょっと加点して、今回はこちらを”GOTY2018”とさせていただきます!

ノミネート作以外の全タイトル評価一覧

最後に今回惜しくもノミネートされなかったプレイ作品すべてにSSS,SS,S,A,B,C.D,Eで評価を付けておきたいと思います。コスパなども踏まえた個人的な評価となります。

・マリオ+ラビッツ キングダムバトル(Switch) A
シミュレーションRPGとして手ごたえのある作品でしたが、個人的にはあまりハマれなかったのが残念。

・千の刃濤 桃花染の皇姫(PSVITA) SS
丁寧に構築された世界観が魅力の和風ファンタジーADV。演出に力が入っていたのも〇。

・Starblood Arena(PSVR) B
シューティング系タイトルはVRでの臨場感がすごい!

・マンガ・カ・ケール(PS4/PSVITA) A
絵が描けなくてもマンガを作ることができるツール系タイトル。マンガ的な演出の大変さを実感した1本。

・ザ フレイムインザフラッド(Switch) A
川下りアクションとサバイバルとローグライクの要素がひとつになった独特の作品。

・ポイソフトのズン(Switch) D
ズンというルールのトランプゲーム。マルチプレイに対応してほしかったというのが正直なところ。

・あなたの四騎姫教導譚(Switch/PS4/PSVITA) C
世界観やストーリーはなかなか楽しめましたが、意外とシステムが難解でハードルの高さを感じました。

・蒼の彼方のフォーリズム for Nintendo Switch(Switch/PS4/PSVITA) SSS
PSVITA版をクリア済みですが、大好きな作品なのでSwitch版も購入してしまいましたw

・クリプトオブネクロダンサー(Switch/PS4/PSVITA) A
リズムゲームとローグライクの融合した斬新さが見事な1本。

・ハローレディ! Superior Dynamis(PSVITA) A
学園ものADVでありながら復讐を題材としたダークさがアクセントに。

・ダマスカスギヤ 東京始戦(Switch/PS4) B
ハック&スラッシュの楽しさが魅力ですが、単調さが若干もったいない気も。

・Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit(Switch) S
ゲームと段ボールを融合させた画期的すぎる作品。トイピアノは特にお気に入り。

・FAST RMX(Switch) A
ハイスピードのレーシングアクション。グラフィックもいい感じでした。

・ロケットリーグ(Switch/PS4/XboxOne) A
車を使ったサッカーという発想がまず面白い。いまだになかなかうまく操作できないんですけどねw

・BLAZBLUE CENTRALFICTION(Switch/PS4) SS
ブレイブルーシリーズの最新作。格闘ゲームでありながら相変わらずの高いストーリー性が魅力。

・Morphies Law(Switch) S
攻撃するとその部位が大きくなるという特徴的なシステムのTPS。Splatoonと非常によく似た操作体系のため手に馴染みやすいですし、対戦ルールも面白い。なかなかおすすめです。

・ノーヒーローズヒア S
オーバークックを彷彿とさせる段取りアクション。本作は城を守るために敵を効率よく撃退していくタワーディフェンスとなっています。

・ワールドエンドシンドローム(Switch/PS4/PSVITA) S 
田舎の海町を舞台としたミステリーADV。伝承を題材にしているだけあって不気味さやホラー感があるのがいいですね。ただシステム面に少々難があったのがもったいなかったかも。

・STEINS;GATE ELITE(Switch/PS4/PSVITA) SSS
シュタインズ・ゲートをフルアニメーションで再構成した1本。ADVの新しい進化を垣間見ることができた気がします。

・すばらしきこのせかい -Final Remix-(Switch) S
渋谷を舞台にしたアクションRPG。独特の戦闘システムとスタイリッシュなBGMにハマってしまいました。

・World Soccer pinball(Switch) C
非常に安価なピンボールゲーム。値段相応に楽しめる内容です。

・戦場のヴァルキュリア HDリマスター(Switch/PS4) S
初代・戦場のヴァルキュリアのHDリマスター。1作目から完成されたシステムなのがすごいですね。

・双子座のパラドクス(PSVITA) A
双子が異世界と現実世界に分かたれてしまうところから始まるSF系ADV。謎多き物語は意外な展開に。

・ガンズゴア&カノーリ2(Switch/PS4) B
ギャングとなってゾンビと戦う2Dアクション。かなり難易度が高いのですが、協力マルチプレイに対応しているのがいいところ。

・Dear My Abyss(Switch) A
クトゥルフ神話を題材にしたホラーサスペンスADV。かまいたちの夜のようなシルエットキャラクターが特徴。

・みんなで空気読み。(Switch) B
100問のクイズを通してどれくらい空気が読めるか診断するソフト。笑えるネタ系タイトルとして楽しめます。

・Thumper リズム・バイオレンスゲーム(Switch/PS4/PSVR) A
迫力のあるハイスピードのリズムゲーム。私はVRでプレイしたので余計に臨場感がすごかったですね。

・RPGツクールMV Trinity(Switch/PS4/XboxOne) B
オリジナルRPGを作るぞ!と意気込んでいたのですが、なかなか難しい。そしてロード時間がちょっときつかったり。

・リベリオンズ Secret Game 2nd stage(Switch) SS
デスゲームもののサスペンスADV。絶望的な状況下で生まれるドラマチックな展開が見もの。個人的にはやはりルートAが本当に面白かったです。

・Dies irae -Amantes amentes-(Switch) S
厨二感満載のバトルファンタジーADV。ここまで振り切ってしまうと逆に清々しくかっこよくも感じますが、シリアス展開がほとんどで疲れます(笑)

・デイグラシアの羅針盤(Switch) SS
まだプレイ開始したばかりなのですが、序盤から謎だらけで掴みはばっちり。評価は暫定です。

・Downwell(PS4/PSVITA) A
セールで75円だったので購入。深い井戸をどんどん下っていくだけですが、井戸は毎回地形が変化したりコンボがあったりと、長くプレイする工夫が感じられます。

・GO VACATION(Switch) S
50種類以上のレジャーやミニゲームが楽しめる作品。一つ一つ意外なほど丁寧に作られていますし、島を探索する楽しさもあります。


というわけで以上となります。
なかなかのボリュームの記事になってしまいましたが、最後までご覧いただきましてありがとうございました!

キングダム ハーツIII - PS4
スクウェア・エニックス
2019-01-25


ソフト発売予定・2019年1月3日週/発売タイトルなし

年始につき、パッケージ・ダウンロードいずれも発売タイトルの予定はありません。
というわけでこの記事はお休みしてもよかったんですが、売上予想の答え合わせだけしておこうと思います。

今週の一言

先々週はドラゴンクエストビルダーズ2の初動をPS4版15万本 / Switch版10万本と予想しましたが、結果はそれぞれ11万本と9.8万本という結果。思った以上に拮抗する売上となっています。

前作比でみると37万本→21万本となかなかに減少してしまっていますが、これは1作目のインパクトに勝てなかった形か。年末年始で少しでも前作に近付いてくれるといいですね。

さて、そんなわけで非常に短くて恐縮ですがこの辺で。
新年は1月10日週からタイトルの発売が予定されていますので、来週からは通常通りの更新となります。


 

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年12月27日週

今週は15タイトルが配信。来週は年始につき配信タイトルの予定はありません。

今週の更新内容

2018年12月27日配信開始タイトル

・デイグラシアの羅針盤(972円)
・2064:Read Only Memories INTEGRAL(リードオンリーメモリーズインテグラル)(2064円)
・ピクセルアクションヒーローズ(500円)
・BQM ブロッククエストメーカー(1480円)
・Voxel Sword(ボクセルソード)(800円)
・いけいけヴァルハラ(1296円)
・Super Treasure Arena(980円)
・ギアナシスターズ:ツイストドリーム オウルティメット エディション(2980円)
・あつまれ!ボウリング(1500円)
・ダッジハード(2000円)
・Aaero(エアロ)Complete Edition(1700円)
・アガルタ エス(990円)
・ソリティア クロンダイク BLACK(500円)
・SEGA AGES ゲイングランド(999円)
・アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ2002(823円)


先週の時点で未公開だったタイトルとしては、20人の仲間が共に戦うタクティカルアクションシューティング「SEGA AGES ゲイングランド」、ドット絵チックの弾幕シューティング「ダッジハード」などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。
 

デイグラシアの羅針盤

海底奥深くの潜水艦を舞台としたサスペンスADV。EVER17のオマージュ作品と位置付けられており、ルートダブルでお馴染みのレジスタから配信されます。

 

2064:Read Only Memories INTEGRAL(リードオンリーメモリーズインテグラル)

2064年のネオサンフランシスコを舞台とした本格SFアドベンチャー。主人公が自立思考型のAIと共に、すすんだテクノロジーの裏に隠された秘密を解き明かしていく作品となっているそうです。

 

ピクセルアクションヒーローズ

最大6人のオンラインマルチプレイにも対応しているキューブの世界のFPSゲーム。4つのゲームモードが収録されているそうです。

 

ギアナシスターズ:ツイストドリーム オウルティメット エディション

雰囲気や仕掛けの異なる2つの世界を舞台にした王道ファンタジーの横スクロールアクションゲーム。
2つのスタイルを使いこなしながら冒険を進めていくとのこと。

 

BQM ブロッククエストメーカー

豊富なギミックを使ってダンジョンRPGを作ることができるクリエイトゲームが登場。ストーリーを付けることもできるそうで、これは気になりますね。



2018年1月3日配信開始予定タイトル

現時点で配信タイトルの発表はありません。


というわけで今週は「デイグラシアの羅針盤」を購入済み。あとはやはり「BQM ブロッククエストメーカー」が気になりますねw
以上今週のeショップ更新情報でした!

2018年のブログ記事を振り返る~今年はこんな記事を書きました~

早いもので2018年も残すところ数日になりました。
今回の記事では私の2018年のブログの記録として、いくつか特徴的な記事をピックアップしていこうと思います。こんな記事書いてたんだ…!と自分でも忘れているものがちらほら(笑)

2018年1月更新

2018年スタート!新年あけましておめでとうございます!

年始のご挨拶記事。
我ながら意外とお気に入りだったりしますw

Switchについて他ブログ様のラジオで色々語りました!

仲良くしていただいている人気ブロガーさんとのラジオ対談!
非常に貴重な経験をさせていただきました!


私のゲーマーとしての自分史を書いた記事。
思っていた以上の反響をいただきまして、とてもありがたいなと思った記憶があります。

2018年2月更新

Nintendo Switchが大ヒットした5つの理由!鍵はその名前にあり!?

Switch大ヒットの理由を考察した記事。
ハードの勢いはさらに加速しており、この流れはまだしばらく続きそうですね♪

PS4「FIREWATCH」レビュー!背筋ゾクゾクの傑作ミステリー!

思いのほかアクセスをいただいているのがこちら。
これまで累計で6000PVを超えており、当ブログとしては大ヒット記事に♪
ちなみに最初の1か月は200PVくらいだったんですが、当時は本作のレビューがあまり出回っていなかったのが大きかったみたいで、アクセスがどんどん増えていったんですよね。

[お知らせ]申し訳ありませんが、しばらく更新を停止します(追記あり・再追記あり)

今後のブログに関するお知らせと今回の顛末

あああああ思い出したくないいいいい!
……というのは冗談で、なんだかもう遠い昔のことに感じていましたが、まだ今年のことだったんですね。当時は読者の方々から温かい言葉をいただいて救われました。改めてありがとうございました。

2018年4月更新

エンタメ最高マンによるゲーム会社設立のお知らせ

この企画、本当にやってみたいなあ。

エンタメ最高マンによるオリジナルゲーマー名言(迷言)集!

ネタが尽きてだんだんパワーダウンしていった残念な企画(笑)
ただTwitterの積極活用のきっかけとなった記事で、やってよかったとは思っています。

2018年6月更新

9名のゲーマーが集うオフ会に参加!感想とレポート!

今年の6月に参加したオフ会のレポート記事。

2018年7月更新


Switch/PS4のマルチタイトルが増えてきたことから執筆した売上考察記事。
こちらも意外と大きな反響をいただきました。

[Splatoon2]ガチマッチ徹底攻略!全ルール・ウデマエ”X”への道!

Splatoon2のガチマッチ徹底攻略記事。
実はこれは第一弾で、第二弾も執筆予定なんですが、だいぶ遅くなってしまいました。近日第二弾も書きます(多分)。

2018年9月更新


当ブログとしては珍しく、ちょっと堅めの記事。
何事もモチベーションは大事ですが、報酬を意識しすぎると逆効果なこともあるというお話ですね。

ゲームが好きすぎることの”デメリット”を考えてみた!

ゲームが好きすぎるゆえに生じるデメリットをまとめた記事。
共感していただけた方も多いようで、ゲーマー”あるある”のような感じにw

2018年10月更新

東京で開催されたオフ会”MGMゲームルーム”に参加![詳細レポート]

今年の10月に参加したオフ会のレポート記事。

「STEINS;GATE」後日談的創作大公開!(前編) [エンタメ最高マンオリジナル二次創作]

「STEINS;GATE」後日談的創作大公開!(後編) [エンタメ最高マンオリジナル二次創作]

シュタインズ・ゲート熱の再燃に伴い、二次創作を書いてしまった記事。
全体で約10000字程度、1週間ほどで書いた簡単な短編ではありますが、楽しんで執筆できました♪

2018年11月更新

[あなたはどっち?]”一本のゲームをじっくりやりこむ”派と”沢山のゲームを軽く楽しむ派”

ゲームのプレイスタイルについて語った記事。
この記事の中で割愛したコラムは、(忘れていなければ)年始に公開予定です。

私が家庭用ゲームメーカーに抱くイメージ2018<大手メーカー編>

毎年恒例の企画。中小メーカー編はまだ公開できていませんが、どうしましょう。うーん、考えます(笑)

2018年12月更新

<近日”GOTY”記事を公開します!>

おまけ/2018年の人気記事ランキング(アクセス数)

第1位 VITAは傑作・名作ADVの宝庫!おすすめタイトル総まとめ!

第2位 3dsダウンロードソフトのおすすめタイトル総まとめ!お手軽傑作の宝庫(一言レビュー集)

第3位 PS4「FIREWATCH」レビュー!背筋ゾクゾクの傑作ミステリー!

第4位 Switchは名作揃い!おすすめタイトル総まとめ&プレイ全作品レビュー!

第5位 人狼がテーマのADV・レイジングループが最強に面白い!クリアレビュー!

あまり変わり映えしませんねえ…(笑)
ちなみに1位と4位の記事については近日大幅な追記をする予定です♪





ソフト発売予定・2018年12月27日週/GO VACATION、マリオ&ルイージRPG3 DXなど

2018年最終週。意外と粒ぞろいな週となっています。

パッケージタイトル

GO VACATION(ゴーバケーション) -Switch
バンダイナムコエンターテインメント
2018-12-27


3Dフィールドで構成された島を舞台に、50種類以上のレジャーやスポーツゲームが楽しめるWiiで好評を博したパーティーゲームがSwitchで登場。おすそわけプレイにも対応しているので、気軽にマルチプレイが楽しめそうなのがいいですね。



DSで発売されたマリオ&ルイージRPGシリーズの3作目が3ds向けにリメイク。
クッパの身体の中を大冒険できるほか、クッパジュニアにスポットを当てたモードも収録されています。



本格ハック&スラッシュが楽しめる名作アクションRPGとして知られるディアブロ3がSwitch向けに登場。ハクスラ好きとして、個人的にもかなり気になっている1本です。

真・三國無双7 with 猛将伝 DX - Switch
コーエーテクモゲームス
2018-12-27


真・三國無双7と真・三國無双7猛将伝がひとつになってSwitch向けに登場。他機種版のDLCも収録されており、お買い得なパッケージとなっているそうです。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・デイグラシアの羅針盤
・2064:Read Only Memories INTEGRAL(リードオンリーメモリーズインテグラル)
・ピクセルアクションヒーローズ
・Voxel Sword(ボクセルソード)
・いけいけヴァルハラ
・ギアナシスターズ:ツイストドリーム オウルティメット エディション
・あつまれ!ボウリング
・Aaero(エアロ)Complete Edition
・アガルタ エス

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
ゴッドイーター3を初動16万本、JUDGE EYESを14万本と予想していましたが、結果はそれぞれ15万本と14.8万本となり、いずれもニアピン!
前者はシリーズ初の据え置き専用、後者は新規タイトルということを踏まえると、どちらも期待通りの売れ行きといえるのではないでしょうか。

さてそれでは今週の予想。
今週はマリオ&ルイージRPG3DXを初動6万本、GO VACATIONを初動4万本と予想しておきます。

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年12月20日週

今週も先週と同じく22タイトルが配信!そして来週は現時点で9タイトルが配信予定。

今週の更新内容

2018年12月20日配信開始タイトル

・ニッポンマラソン(1500円)
・Firewatch(1980円)
・ふたりで!にゃんこ大戦争(999円)
・ドーナツカウンティ(Donut County)(1500円)
・デーモンクリスタル(972円)
・リプキス(4980円)
・バトルプリンセス マデリーン(2376円)
・スパイカメレオン(800円)
・鳥魂~みんなでチキン度診断(500円)
・WWA Collection(1500円)
・財閥タウンズV(1200円)
・リバーティア(648円)
・PHRASEFIGHT(1000円)
・クロノスアーク(1296円)
・ブロブ カラフルなきぼう(de Blob)(2200円)
・うごくジグソーパズル 野生動物(999円)
・Sundered:エルドリッチエディション(2050円)
・シベリア 日本語版(1499円)
・シベリア 日本語版 2(1499円)
・アケアカNEOGEO パズルボブル(823円)
・ネットキャッチャー ネッチ(DL無料)
・ゲットアンプドモバイル(DL無料)

先週の時点で未公開だったタイトルとしては、床の色に同化できるカメレオンを操作する見下ろし型アクション「スパイカメレオン」、リバーシ風の2Dパズルアクション「リバーティア」、世界中のプレイヤーとハチャメチャ3D対戦アクションが楽しめる基本無料ソフト「ゲットアンプドモバイル」などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。 

ニッポンマラソン

海外の人から見たヘンテコ日本を舞台としたシュールなレースアクションゲーム。最大8人でのマルチプレイに対応しており、笑えるパーティーゲームとして楽しめそうですね。

 

Firewatch

山火事監視員となった主人公が、次々に巻き起こる不可解な出来事の謎を追うサスペンスアドベンチャー。実際に美しい山を探索することができ、インタラクティブ性の高い内容となっています。また本作の面白いところは、ストーリーがすべて無線を介して描かれること。これが不安感や不気味さを引き立てるんです。

 

関連記事リンク:PS4「FIREWATCH」レビュー!背筋ゾクゾクの傑作ミステリー!

ふたりで!にゃんこ大戦争

大人気タイトル「にゃんこ大戦争」がSwitchで登場。本作はテーブルモードによる協力プレイにも対応しています。

 

デーモンクリスタル

伝説のアクションロールプレイングゲームが30年越しに復活。オリジナル製作者によってパワーアップリメイクされているそうです。

 

PHRASEFIGHT

音ゲーと格ゲーが奇跡の合体を果たしたアクションゲーム。
HD振動に対応しているほか、おすそわけマルチプレイにも対応しています。

 

シベリア日本語版 / シベリア日本語版2

ニューヨークの弁護士ケイト・ウォーカーを主人公としたアドベンチャー2作品が同時に登場。
魅力あふれる登場人物との出会いや、幻想的な土地の冒険を楽しめる作品となっているそうです。



2018年12月27日配信開始予定タイトル

配信タイトルのいくつかをご紹介。

・デイグラシアの羅針盤(972円)
・2064:Read Only Memories INTEGRAL(リードオンリーメモリーズインテグラル)(2064円)
・ピクセルアクションヒーローズ(500円)
・Voxel Sword(ボクセルソード)(800円)
・いけいけヴァルハラ(1296円)
・ギアナシスターズ:ツイストドリーム オウルティメット エディション(2980円)
・あつまれ!ボウリング(1500円)
・Aaero(エアロ)Complete Edition(1700円)
・アガルタ エス(990円)

デイグラシアの羅針盤

海底奥深くの潜水艦を舞台としたサスペンスADV。EVER17のオマージュ作品と位置付けられており、ルートダブルでお馴染みのレジスタから配信されます。



2064:Read Only Memories INTEGRAL(リードオンリーメモリーズインテグラル)

2064年のネオサンフランシスコを舞台とした本格SFアドベンチャー。主人公が自立思考型のAIと共に、すすんだテクノロジーの裏に隠された秘密を解き明かしていく作品となっているそうです。



ピクセルアクションヒーローズ

最大6人のオンラインマルチプレイにも対応しているキューブの世界のFPSゲーム。4つのゲームモードが収録されているそうです。



ギアナシスターズ:ツイストドリーム オウルティメット エディション

雰囲気や仕掛けの異なる2つの世界を舞台にした王道ファンタジーの横スクロールアクションゲーム。
2つのスタイルを使いこなしながら冒険を進めていくとのこと。




というわけで今週来週は「デイグラシアの羅針盤」「ニッポンマラソン」「リプキス」が気になっています。ちなみに「デイグラシアの羅針盤」についてはすでにあらかじめDL済みです(笑)
以上今週のeショップ更新情報でした!

ゲーム雑記/2018年12月19日~今年の年末は大忙し~

ブログの更新ペースが落ちまくっていて申し訳ありません。
この年末はあれやこれやととても忙しく、なかなかまとまった時間が取れないんですよね(^_^;)

その割にはゲームはしているんですが、大作系は後回し、気軽にできるノベル系のゲームを優先して消化しています。

年末の恒例記事も準備していかなければいけないので、年内はあまり更新できないと思いますが、その分GOTY記事はがんばります。

スマブラSP、のんびりとキャラ出し中

「まだ出し終わってないのかよ!?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんw
ただ私の場合はヘタクソすぎて挑戦者に結構負けてしまうこともありましたし、効率的なキャラ集めを始めたのも最近のことでして…。

そんなわけで現在のキャラ解禁状態はこんな感じ。(あと20人くらいですかね?)
sumabura

個人的にはメタナイトやクッパジュニア、Wii Fitトレーナー、が使ってみて特に楽しく感じたので、この辺りのキャラを練習していきたいと思っています。

ちなみに勝ち上がり乱闘も初めてやってみました♪

リベリオンズ ~Secret Game 2nd Stage~が面白い!!

前回の雑記記事でも触れた、デスゲームもののサスペンスADVである本作。
思わずTwitterでもテンション高くつぶやいてしまうほどハマっています!

なんというか、デスゲームものって”閉じられた狭い場所で繰り広げられる”という印象があったんですが、本作はその点非常にスケールが大きいんですよね。それも相まって、見ごたえのあるドラマが生まれているような気がします。

1500円という破格の価格で購入できますので、興味ある方はぜひともプレイしてみてほしいですね!

Switchで「デイグラシアの羅針盤」と「シンフォニック=レイン」をあらかじめダウンロード!


前者は「Ever17」のオマージュ作品として好評のサスペンスADV。海底の潜水艦を舞台に、謎多き物語が展開されるそう。

一方で後者はPC向けソフトとして絶賛を浴びた名作ADV。音楽学院を舞台に、切なく重厚な人間模様が描かれる作品となっているそうです。

いずれもプレイするのが楽しみ!



↑それはそうと、こちらもかなり評判がいいようで、気になっています。

2018年12月20日週/ドラゴンクエストビルダーズ2、塊魂アンコールなど

年末らしく注目作が多い週となっています。

パッケージタイトル



ドラクエのサンドボックスRPGシリーズに第2弾がSwitch/PS4で登場。
前作で指摘の多かった高さ制限の緩和や共闘感の向上など、様々な点が進化しているそう。
評判のよかった作品であり、またクリスマス前の発売ということで、売上を伸ばしてきそうです。



とにかく転がして塊を大きくしていくシュールなアクションゲームがSwitchに登場。初代「塊魂」のリメイクタイトルですが、家庭用では久々の復活ということで注目を集めそうです。

鬼武者 - PS4
カプコン
2018-12-20


PS2で発売され、爽快な剣戟アクションと「幻魔」との戦いを描いたストーリーが好評を博した「鬼武者」がSwitch/PS4向けにリマスタータイトルとして登場。声優やBGMなどは一新されているそうです。



島根県を舞台に、主人公が15年前の文通相手を探す青春サスペンスADVの完全版がSwitch/PS4/PSVITAで登場。
実写で描かれるドラマモードや後日談となる解明編シナリオなどが収録されています。



シリーズタイトル11本に海外タイトルも含め18タイトルが収録されているコレクションパッケージがSwitch/PS4で登場。



ジョイコンによる体感操作が楽しめるボクシングゲームがSwitchで登場。楽しくエクササイズができる作品になっているそうです。



2Dのドット絵で表現されたレトロスタイルのアクションアドベンチャー。
インディーゲームではありますが、パッケージ版も登場するということで力が入っていますね。



横スクロールのダンジョン探索型アクションが楽しめる本作。シリーズで初めて、カナダで開発されているそうで、対応プラットフォームはPS4となっています。

Rainbow Skies - PS4
日本一ソフトウェア
2018-12-20


日本一ソフトウェアがローカライズを手掛けるターン制のシミュレーションRPGがPS4/PSVITAで登場。ただしPSVITA版はDL専売となっています。



将棋界の重鎮である加藤一二三九段が監修する将棋の学習ソフトがSwitchで登場。



おさわり探偵シリーズから生まれたなめこのパズルアクションゲームがSwitchで登場。

ウォーハンマー 40,000:Inquisitor - Martyr - PS4
オーイズミ・アミュージオ
2018-12-20


オンライン専用のアクションRPGである「ウォーハンマー」がPS4で登場。



戦国時代を舞台に、一部史実も取り入れた女性向け恋愛ADVがSwitchで登場。



豪華絢爛な町の裏側、欲望が渦巻く新吉原遊郭を舞台とした女性向け恋愛ADVがSwitchで登場。



名作のアクションRPG「イース8」のクリスマス限定パッケージがPS4で登場。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・ニッポンマラソン
・Firewatch
・ふたりで!にゃんこ大戦争
・ドーナツカウンティ(Donut County)
・デーモンクリスタル
・リプキス
・鳥魂~みんなでチキン度診断
・WWA Collection
・財閥タウンズV
・PHRASEFIGHT
・クロノスアーク
・ブロブ カラフルなきぼう(de Blob)
・うごくジグソーパズル 野生動物
・Sundered:エルドリッチエディション

<PS4>
・ニッポンマラソン
・ドーナツカウンティ(Donut County)
・クロノスアーク

<XboxOne>
・アスディバインハーツ2

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の答え合わせから。
スマブラSPを初動90万本と予想しましたが、結果は122万本。
なんと3ds版とWiiU版の初動の合計を超える規模となりました。ダウンロード版もかなり売れていると思われますので、絶好調といっていいスタートになっています。

さて、今週はドラクエビルダーズ2の初動を合算25万本と予想。
PS4版が15万本、Switch版が10万本程度ではないかとみていますが、どうなるでしょうか。

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年12月13日週

今週はなんと22タイトルが配信!そして来週は現時点で16タイトルが配信予定。

今週の更新内容

2018年12月13日配信開始タイトル

・シンフォニック=レイン(4800円)
・Transistor(2050円)
・トライビット ロジック(800円)
・Everspace Stellar Edition(4500円)
・Kingdom: Two Crowns(2050円)
・Ms. Splosion Man(ミズ・スプロージョンマン)(1480円)
・雪ん娘大旋風 さゆきとこゆきのひえひえ大騒動(1500円)
・Fight of Gods(ファイトオブゴッズ)(1500円)
・Blue Rider(ブルー・ライダー)(980円)
・ニーズヘッグ2(1620円)
・Desert Child~砂漠の子~(1280円)
・キル・ザ・バッドガイ(980円)
・ムラカ(Mulaka)(2050円)
・Sine Mora EX(1980円)
・ネコネイビー デイドリーム・エディション(1280円)
・Runbow(ランボー)(1500円)
・SQUIDS ひっぱりイカの大冒険(1200円)
・Bring Them Home ブリング・ゼム・ホーム(1900円)
・GRIS(1780円)
・ナンプレ10000(700円)
・アーケードアーカイブス アテナ(823円)
・アケアカNEOGEO メタルスラッグ5(823円)


先週の時点で未公開だったタイトルとしては、美しい未来都市を舞台としたSFアクションRPG「Transistor」、オンラインにも対応した爆裂なアクション「ミズ・スプロージョンマン」、神々が闘う古典的な2D対戦格闘「ファイトオブゴッズ」、空飛ぶネコを操作して大暴れの爽快横スクロールシューティング「ネコネイビー デイドリームエディション」、背景色によって足場が変わる最大8人マルチプレイ可能なアクション「Runbow」などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。 

シンフォニック=レイン

雨が止むことのない街を舞台に、音楽学院に通う主人公を取り巻く人間模様を重厚に描いたADV。
ノベルゲームではありつつ、楽器の演奏パートが存在するのも特徴で、その魅力的な音楽と物語によって、PC版が名作として知られる作品となっています。



トライビット ロジック

コンピュータのプログラミングで使う論理演算を楽しく覚えられるパズルゲーム。パズルを解いてバグを倒すのが目的となっています。

雪ん娘大旋風 さゆきとこゆきのひえひえ大騒動

Wiiで発売された全方向スクロールのアクションゲーム。バラエティに富んだモンスターたちを雪女である主人公が次々と凍らせていきます。

 

ニーズヘッグ2

簡単操作で爽快アクションが楽しめる対戦ゲーム。
一撃勝負でありながら、何度でもリスポーンできることで、目まぐるしく攻防が入れ替わるのが特徴となっています。

 

ムラカ(Mulaka)

メキシコの伝統を守ってきた”タラフマラ族”の土着文化を土台に作られた3Dのアクションアドベンチャー。モンスターとの戦いは神話を元に構成されているそうです。



GRIS

色鮮やかなアートが特徴のアクションアドベンチャー。主人公の少女が辛い経験から逃れるために迷い込んでしまった自分自身の世界を探検する作品となっています。



2018年12月20日配信開始予定タイトル

・ニッポンマラソン(1500円)
・Firewatch(1980円)
・ふたりで!にゃんこ大戦争(999円)
・ドーナツカウンティ(Donut County)(1500円)
・デーモンクリスタル(972円)
・リプキス(4980円)
・バトルプリンセス マデリーン(2376円)
・鳥魂~みんなでチキン度診断(500円)
・WWA Collection(1500円)
・THE なめこのパズル~なめこ大繁殖~(2000円)
・財閥タウンズV(1200円)
・PHRASEFIGHT(1000円)
・クロノスアーク(1296円)
・ブロブ カラフルなきぼう(de Blob)(2200円)
・うごくジグソーパズル 野生動物(999円)
・Sundered:エルドリッチエディション(2050円)

配信タイトルのいくつかをご紹介。

ニッポンマラソン

海外の人から見たヘンテコ日本を舞台としたシュールなレースアクションゲーム。最大8人でのマルチプレイに対応しており、笑えるパーティーゲームとして楽しめそうですね。



Firewatch

山火事監視員となった主人公が、次々に巻き起こる不可解な出来事の謎を追うサスペンスアドベンチャー。実際に美しい山を探索することができ、インタラクティブ性の高い内容となっています。また本作の面白いところは、ストーリーがすべて無線を介して描かれること。これが不安感や不気味さを引き立てるんです。



関連記事リンク:PS4「FIREWATCH」レビュー!背筋ゾクゾクの傑作ミステリー!

ふたりで!にゃんこ大戦争

大人気タイトル「にゃんこ大戦争」がSwitchで登場。本作はテーブルモードによる協力プレイにも対応しています。



デーモンクリスタル

伝説のアクションロールプレイングゲームが30年越しに復活。オリジナル製作者によってパワーアップリメイクされているそうです。



PHRASEFIGHT

音ゲーと格ゲーが奇跡の合体を果たしたアクションゲーム。
HD振動に対応しているほか、おすそわけマルチプレイにも対応しています。




というわけで今週来週は「シンフォニック=レイン」と「ニッポンマラソン」と「リプキス」の3本が気になっています。それ以外にも興味がある作品はありますが、これだけ数があるととても拾いきれません…(笑)まとめるだけでも疲れました…(^_^;)
以上今週のeショップ更新情報でした!

ゲーム雑記/2018年12月11日~スマブラSPプレイ中!など~

大忙しです。いろんな意味で…。

Switch「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」をプレイ中!

スマブラSP

ついに発売されたスマブラの最新作!
私はまだ初期の8人を除くとキャラクターを30人ほどしか出せていませんが、発売日に開催されたオフ会に参加したり、フレンドのブロガーさんの主催するオンライン大会に参加したりと、ちょこちょこ楽しんでおります♪


”ボコボコ”ばっかり言ってる…w

私は3ds版でスマブラにほぼ初参戦、そのときはあまりプレイする機会がなかったこともあり、超がつく初心者なんですよね。
というわけでまずは操作の基本を習得しつつ、キャラクターの特徴やシステム、ルール、アイテムなどの理解を少しずつ深めていければと思います♪あと早くクッパジュニアを出したい!(笑)



Switch「Dies irae 〜Amantes amentes〜」をクリア!

Dies irae

伝奇風のバトルファンタジーADVである「Dies irae」をクリア!
厨二病フルスロットルな文章・演出・キャラ・世界観も、ここまで極めればカッコいい!!

絶望的なバトルの連続に、とにかく手に汗握りますし、その緊張感とカタルシスはかなりのものがありました。

……ただ正直プレイしているとすごく疲れます……(笑)


それと特筆したいのが音楽の素晴らしさ!
戦闘シーンのBGMはもちろんのこと、どの曲も雰囲気に合っていて気に入ってしまいました!


↑特に耳に残ったのはこちらですかね~。

ちなみに個人的に好きなキャラクターは……本城恵梨依さんですw
攻略対象のキャラでいえば櫻井螢さんですかね~。まあ氷室玲愛さんやマリィも好きですが……。うーん、難しい。

Switch「リベリオンズ ~Secret Game 2nd Stage~」をプレイ開始!

本作はSwitchで配信されているデスゲームもののサスペンスADV。

リベリオンズ

私は1作目の「シークレットゲーム」を未プレイですが、個々に完結していると聞いたので2作目の方に手を出してみました。

まだ序盤ですのでなんとも言えませんが、スリリングな空気感と頭脳戦の香りはとても好みの感じ。
またクリアしましたら記事で感想を書いていきたいと思います♪

よゐこの「〇〇で〇〇生活」の新シリーズが発表!スマブラの次はマリオ!

現在「よゐこのスマブラで大乱闘生活」が公開(記事公開時点では1話のみ)されていますが、早くも次のシリーズが発表!

2人が次に挑戦するソフトは2018年1月11日に発売予定の「New スーパーマリオブラザーズU デラックス」となるそうです♪


どんな内容になるか、楽しみです♪



ソフト発売予定・2018年12月13日週/ゴッドイーター3、JUDGE EYES 死神の遺言など

今週はPS4向けの大型作品が続々と登場する週となっています。

パッケージタイトル



ドラマティックなストーリーが展開される爽快ハンティングアクションシリーズの最新作がPS4専用タイトルとして登場。
さらにハイスピードに進化したバトルシステム、新たなアラガミや神機の登場など、ファン待望のナンバリング作品となっているようです。



龍が如くスタジオが手掛ける新規タイトルがPS4で登場。
木村拓哉さんが主人公を演じる本格リーガルサスペンスアクションゲームとなっており、壮絶な人生を送る元弁護士の主人公が猟奇的な連続殺人事件を追う物語が展開されます。



閃乱カグラシリーズのスピンオフ的な新作がSwitchで登場。
本作はピンボールゲームとなっており、HD振動にも対応。シノビリフレに続きいろいろな意味で注目を集めそうな一本となっています。



神宮寺三郎シリーズの新機軸となる最新作がSwitch/PS4で登場。
本作は神宮寺三郎の若かりし頃を描いた作品となっており、ハードボイルド系ではなくスタイリッシュな今風のデザインが特徴となっています。

フォートナイト ディープフリーズバンドル - Switch
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-12-13


言わずと知れた大人気バトルロイヤルゲームのパッケージ版がSwitch/PS4で登場。
スキンやゲーム内通貨がダウンロードコードと共に封入されているそうです。(ゲームカードは入っていないので注意が必要です。)



リアルレースゲームとして好評を博した「ギアクラブアンリミテッド」の新作がSwitchで登場。
クラブを作ることができるようになっているほか、カスタマイズやマルチプレイも含め、様々な要素がパワーアップしているそうです。



本編にシーズンパスのプロダクトコードが付属したお得パッケージがPS4で登場。

遊んで囲碁が強くなる!銀星囲碁DX - PS4
シルバースタージャパン
2018-12-13


知らない人でも楽しく学べるという囲碁ソフトがSwitch/PS4で登場。



異世界の王子の妻になる呪いをかけられてしまった主人公を描く女性向けの学園もの恋愛ADVがPSVITAで登場。



内容は2016年に発売された同名作と同じとのことです。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・シノビリフレ -SENRAN KAGURA- キャラクターフルセット
・トライビット ロジック
・Everspace Stellar Edition
・雪ん娘大旋風 さゆきとこゆきのひえひえ大騒動
・Fight of Gods(ファイトオブゴッズ)
・Blue Rider(ブルー・ライダー)
・ニーズヘッグ2
・Sine Mora EX
・Runbow(ランボー)
・SQUIDS ひっぱりイカの大冒険
・Bring Them Home ブリング・ゼム・ホーム
・GRIS

<PS4>
・アケアカNEOGEO ティンクルスタースプライツ 
・ボーダーランド2 VR

<XboxOne>
・Kingdom Two Crowns
・Desert Child 

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
ペルソナQ2を初動6万本と予想していましたが、結果は7.9万本。

3dsの退潮とシリーズ2作目ということで低めの予想としましたが、固定客の強いタイトルだけに意外と粘った印象です。累計で前作の初動(18万本ほど)まで伸びてほしいですね。

さてそれでは今週の予想。
今週はゴッドイーター3を初動16万本、JUDGE EYES 死神の遺言を初動14万本と予想しておきます。

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年12月6日週

今週は7タイトルが配信。そして来週は現時点で11タイトルが配信予定。

今週の更新内容

2018年12月6日配信開始タイトル

・モンスターボーイ 呪われた王国(3980円)
・HOLLOW(2000円)
・アニマス(960円)
・Super Volley Blast(スーパーバレー ブラスト)(800円)
・The Bug Butcher(ザ・バグ・ブッチャー)(900円)
・アーケードアーカイブス ダブルドラゴン2 ザ・リベンジ(823円)
・アケアカNEOGEO ティンクルスタースプライツ(823円)

先週の時点で未公開だったタイトルとしては、アケアカシリーズ2作品などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。 

モンスターボーイ 呪われた王国

「スーパーワンダーボーイ/モンスターワールド」シリーズで知られる西澤龍一さんが手掛けるアドベンチャーRPG。
カラフルなグラフィックと多彩なアクションが魅力の作品となっています。

 

アニマス

ダークファンタジックなハードコアアクションRPG。
ダークソウルなどの高難度アクションを彷彿とさせるように感じますが、どんな内容になっているのでしょうか。



The Bug Butcher(ザ・バグ・ブッチャー)

頭上から降り注ぐ敵を倒しながら進む2D横スクロールのアクションゲーム。独特のデザインがクセになりそうな一本ですね。最大2人での協力プレイにも対応しています。

 

2018年12月13日配信開始予定タイトル

・トライビット ロジック(800円)
・Everspace Stellar Edition(4500円)
・雪ん娘大旋風 さゆきとこゆきのひえひえ大騒動(1500円)
・Fight of Gods(ファイトオブゴッズ)(1500円)
・Blue Rider(ブルー・ライダー)(980円)
・ニーズヘッグ2(1620円)
・Sine Mora EX(1980円)
・Runbow(ランボー)(1500円)
・SQUIDS ひっぱりイカの大冒険(1200円)
・Bring Them Home ブリング・ゼム・ホーム(1900円)
・GRIS(1780円)

配信タイトルのいくつかをご紹介。

トライビット ロジック

コンピュータのプログラミングで使う論理演算を楽しく覚えられるパズルゲーム。パズルを解いてバグを倒すのが目的となっています。

雪ん娘大旋風 さゆきとこゆきのひえひえ大騒動

Wiiで発売された全方向スクロールのアクションゲーム。バラエティに富んだモンスターたちを雪女である主人公が次々と凍らせていきます。



ニーズヘッグ2

簡単操作で爽快アクションが楽しめる対戦ゲーム。
一撃勝負でありながら、何度でもリスポーンできることで、目まぐるしく攻防が入れ替わるのが特徴となっています。




というわけで今週来週は特に購入予定なし。スマブラもありますし、ある意味助かりましたw
以上今週のeショップ更新情報でした!

劇場版名探偵コナン第23弾「紺青の拳(こんじょうのフィスト)」発表!

今回の記事はゲームとまったく関係なくてすみませんw

来年のコナン劇場版最新作のタイトルがついに発表されました!
第23弾は「紺青の拳(こんじょうのフィスト)」。

公開日は2019年4月12日(金)で、監督は永岡智佳さん。今作がコナン初監督作品となります。
また脚本を手掛けるのは「福家警部補シリーズ」で知られる推理小説家の大倉崇裕さん。コナンの劇場版は前々作「から紅の恋歌」の脚本を担当された方となります。

コナン23

あらすじ

今回の舞台はシンガポール。
劇場版シリーズで初となる海外が舞台となっています。

またメインキャラクターは怪盗キッド、そしてこちらも劇場版初登場となる京極真の2人。
ブルーサファイア”紺青の拳”を巡ってコナンを含めた三つ巴のバトルが繰り広げられるとのことです。

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズにて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦するため、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は……。そして、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

(上記はhttps://www.cinematoday.jp/news/N0105361より引用/シネマトゥデイのページ)

なんか……面白そう!

いやあ、来年の劇場版はゴージャスな内容になっていそうで、期待感がかなり増してきました!
ティザーポスターやあらすじの中にも出てくる「ホテル マリーナベイ・サンズ」をはじめ、シンガポールの景色がどれくらい再現されているか楽しみですね~。(行ったことありませんが…w)

個人的にコナン劇場版には推理要素が不可欠だと考えていますが、その観点でいうとホテルで起こる殺人事件、そしてそれとブルーサファイアとの繋がりなんかが気になります。

加えて、美しい夜景がロマンチックな場所というイメージも強いシンガポール、今作はコナンでは恒例のラブコメ要素も強めという情報がありますので、そのあたりにも注目していきたいと思います♪

公開が待ち遠しい!!!

(※というか「マリーナベイ・サンズ」という名前をそのまま使ってくるとは思いませんでした(笑))



エンタメ最高マンの2018年12月の購入予定&気になるソフト!

今月も私の購入予定ソフト&気になるソフトを簡単にまとめます!

購入確定タイトル



今月の注目作といえばやはりこちら、スマブラ最新作でしょう。
個人的には過去作をそこまでやりこんだことはなく、またはっきり言って超がつくヘタクソなのですが、任天堂のお祭り系ソフトですし、なんといっても”インクリング”が登場するとあっては買わないわけにはいきません(笑)
どの程度プレイするかは未知数ですが、ちょこちょこ対戦が楽しめればと思っています♪

気になるソフト



念のため最初に申し上げておきますが、私がこのソフトに興味をもっている理由は非常に純粋であって、それはすなわち「ピンボールゲームが好きだから」ということに他なりません。
ともすれば断じてやましい気持ちなど抱いておらず、数あるピンボールのうち本作が気になっている理由もあくまで「HD振動の可能性が知りたいから」ということに集約されます。



ハードボイルドな推理ADVとして人気を誇る「神宮寺三郎」シリーズのスピンオフ的なタイトル。
神宮寺三郎がまだ大学生の頃を描いた作品となっており、非常にスタイリッシュなキャラクターデザインとなっています。
賛否あるようですが、個人的にはそこに惹かれており、購入を検討しているところ。



塊を転がしてイロイロなものをくっつけ、どんどん大きくしていく人気シリーズ「塊魂」がSwitchで復活。
私好みの超がつくバカゲー、ゆるい世界観でのんびりと楽しめそうで、こちらも気になっています。



完全新規のミステリーADVとして発売され、そのキャラクター性が物議を醸した「ルートレター」の完全版が登場。
どうやら意外とカルト的な人気を誇っているらしく、売上もけっこう伸びているそう。無印版はその評価を見てスルーしてしまいましたが、今回はどうしようか悩んでいます。

GO VACATION(ゴーバケーション) -Switch
バンダイナムコエンターテインメント
2018-12-27


Wiiで発売されたリゾートツアー体験ゲーム「ゴーバケーション」のSwitch版。
50種類以上のスポーツやレジャーが最大4人で楽しめるパーティーゲームの決定版的な内容となっており、おすそわけプレイがとても盛り上がりそうなタイトルですね。年末年始に遊びたいな~と思っています。



ハック&スラッシュ要素の強い大人気アクションRPG「ディアブロ3」がSwitchで登場。
ハクスラ型のゲームは個人的に大好きなので、本作にも興味があるんですよね。時間が取れそうならぜひともプレイしたい一本です。

最後に

というわけで今月はスマブラを購入しつつ、それ以外にも気になるタイトルがたくさんある、という感じですね。

もちろんできればどれもプレイしたいですが、この年末はそんなにゲームに時間が使えなさそうなのがネックなところで、なおかつ毎度のことながら購入済みのタイトルも多数待っているというのが厳しい…(^_^;)

優先順位的には「ダイダロス」「PEACH BALL」「ディアブロ3」の3本が比較的高いかなというところですね。
ちなみにダウンロード専売タイトルのSwitch「リプキス」も衝動買いする可能性が70%くらい…?(笑)

そんなわけで、今月も素晴らしいゲームライフを!

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村