エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

2018年09月

「Steins;Gate ELITE」でシュタゲ熱が再燃!シュタゲゼロのアニメ版感想も!

この記事では私の「シュタインズ・ゲート」への愛を語っておりますが、未プレイで「シュタゲってどんな作品?」という方は以下の紹介記事も合わせてご覧ください。

関連記事リンク:SFものの最高峰ADV!シュタインズ・ゲートの魅力!

シュタインズ・ゲート最高!!!

シュタゲエリート

シュタインズ・ゲートの無印本編をフルアニメでリメイクしたSwitch/PS4/PSVITA「シュタインズ・ゲート エリート」。
”全編アニメーション”ということで「テンポが損なわれるのでは?」などと心配もしていましたが、まさに杞憂でした。ゲームとアニメが一体化することで没入感も味わえますし、ADVの新たな進化の可能性を見せてくれたのではないかと思っています。

ちなみに特典として付属した「ファミコレADV シュタインズ・ゲート」も少しだけプレイ。
よくこれだけファミコンソフトを再現しているなと感心してしまいましたw

DoQjKP7U4AUTz8U
DoQjKP6U0AAE4dE
DoQjKP8UYAAtBV7



それにしても久しぶりにラボメンたちと再会できたことで、私のシュタゲ熱は一気に再燃!!!
Twitterでも同じことをつぶやいたわけですが(笑)

そして”彼ら”と出会った瞬間、どうやら私の世界線が変わってしまったようで、「シュタインズ・ゲート ゼロ」のアニメも一気見してしまいました!

(……これがシュタインズ・ゲートの選択!? エル・プサイ・コングルゥ…)
(……しかもこれを見終えると本編がまたやりたくなる…。これが我々にエリートを買わせるために機関が仕組んだ作戦か。くそ、機関め、なかなかやるではないかッ!)

(※ゲーム版のシュタゲゼロも購入したのですが、オカリンの変わり果てた姿に耐え切れず断念してしまっていました。)

というわけでせっかくですし、このアニメ版「シュタインズ・ゲート ゼロ」の感想も簡単に書いていきます!重大なネタバレは避けているつもりですが、特に無印本編を未プレイの方は念のためご注意ください。



シュタインズ・ゲート ゼロのアニメ版感想(ネタバレ注意!)

シュタインズ・ゲートゼロはオカリンがβ世界線の結末を受け入れてシュタインズ・ゲート世界線への到達を断念してしまうところから、再びシュタインズ・ゲート世界線を目指すまでを描いた、いわば本編の補完的な作品となっています。

つまりは本作で描かれているのは牧瀬紅莉栖が犠牲となった世界線であり、絶望の末に厨二病を封印した変わり果てたオカリンの姿です。

ゼロシュタゲ

ゲーム版はそのあまりの痛々しさに耐えられず、私はプレイを断念。アニメ版を見ようと思いつつも、それも気が進まないような状況でした。「シュタインズ・ゲート」という作品が、そしてラボメンたちがあまりに好きだったからこそ、彼らが架空の存在だとは思えず、その苦しさはまるで自分のことのようだったんです。
(つまりはそれだけ感情移入させてもらったということ。そのことがシュタゲという作品がどれほど優れているかの証明にもなりますね。)

しかし今回、シュタインズ・ゲートエリートをプレイして熱が再燃したのをきっかけに、なんとか勇気を出して第1話から見始めてみたのですが……。

……本当に見てよかった。

最終回まで見た感想は、”感動”という言葉だけでは言い表せない素晴らしい内容でした。

ああ、β世界線のオカリンはこれだけ辛い思いと葛藤を抱えながら、地獄のような時間を必死に生き抜いてきたのかと。

仲間と共に再び立ち上がるまでの間、これだけの艱難辛苦に直面していたのかと。

それは客観時間ではほんの数分、いや数秒のことかもしれない。しかしオカリンの主観時間ではどれほどに膨大な時間だったのかと。

本作によって「シュタインズ・ゲート世界線」の持つ意味は大きく変わってくるような気がしました。本編だけでは決して理解しきれない”重み”が確かにそこにありました。

新キャラクターたちの活躍

本作で活躍する新キャラクターたちがまたいい感じなんです。
特にクリスティーナがアメリカにいた頃の先輩にあたる比屋定真帆ですよ。
(ロリッ子好きとかいうわけではないですからねw)

彼女の抱える内なる思いと、それを確かに見つめる心ある人工知能「アマデウス」。
シュタインズ・ゲート世界線に向かうために、裏で彼女たちが必要不可欠な存在であったことを、ラボメンたちはきっと頭の片隅に記憶しているのではないかと思いますね。

まゆりが感情を露わにする場面は震えた

全編通して感動しっぱなし、涙腺もゆるみっぱなしだったんですが、やっぱりまゆりがその思いを”告白”するシーンは震えました。

天然の裏に隠した彼女の素顔。本当の気持ち。
それが物語に非常に重要な影響を与えていく展開に、心を揺さぶられました。本当にこのストーリーを考えている人は神なんじゃないだろうか。

粋な演出がにくい

無印のアニメ版もそうでしたが、いいところでメインテーマや過去主題歌、ゲーム版主題歌などを織り交ぜてくるのが本当にずるい(笑)

そんなん盛り上がらないわけがないじゃん!
そしてもちろん音楽のみならず、「岡部倫太郎」が「鳳凰院凶真」を取り戻す瞬間は本当にしびれましたよ。ためてためてドカーンと、そんな感じでしたね。ああ、これこそがシュタゲだ。そう実感した瞬間でした。これが見たかったんだ!と。



最後に

そんなわけでこの「シュタインズ・ゲートゼロ」、もう本当によくできていました。
無印と比較すると複雑になりすぎて、あれここおかしくない?というようなちょっとした破綻も見受けられますが、それはオカリンとラボメンの”命を削ったタイムリープ”の前では些末なこと。

心が締め付けられるような辛いシーンもありますし、本編とは違う意味でとっつきづらい部分もありますが、本編が楽しめた方はぜひともこのゼロの物語を味わっていただきたいですね。本作を知ることで過去を変えることの重さがまた違ったものに感じられますし、ようやく手にした第三の世界線がどれほど大切なものなのか、その見え方も変わってくるんです。

…というわけで、こんなに長々と熱く語るつもりはなかったのですが、いつの間にかヒートアップしてしまいました(笑)
最後に言いたいことは一つだけ。シュタゲ、最高!!!!!



シュタインズ・ゲートをまだプレイしていない人が羨ましい…。私も記憶を消してもう一度プレイしたいくらいですよ(笑)
 

ソフト発売予定・2018年10月4日週/ロックマン11 運命の歯車!!、スーパーマリオパーティなど

今週は月初めにしては注目タイトルが多い週となっています。

パッケージタイトル



ロックマンの待望の完全新作がついにSwitch/PS4/XboxOne向けに登場。
ギミックやトラップが満載のステージが用意されており、難易度の選択も可能になっているとのこと。誰でも安心して楽しめる王道の2Dアクションとなっていそうです。



マリオパーティシリーズの最新作がSwitchに登場。
お馴染みのパーティモードやミニゲームに加え、リズムゲームや野球対決なども可能で、みんなでわいわい盛り上がることのできるタイトルになっています。
よゐこの二人が本作をプレイする動画も公開されていますので、興味がある方はぜひご覧ください。



都会にビーチ、火山に森などバラエティに富んだ20のステージを探索して迷子になった仲間を救出する3DアクションゲームがPSVRで登場。
ジャンプやホバー、フックショットに手裏剣に水鉄砲といった多彩なアクションを駆使してクリアを目指すことになります。



古代ギリシアを舞台としたアサシンクリードシリーズの最新作がPS4/XboxOneで登場。アテナイとスパルタの壮絶な戦いが描かれます。
なお本作はSwitchでもクラウドバージョンとして配信予定。



すみっこぐらしのゲーム最新作がSwitchで登場。すみっこたちにとってすみごこちのいい町を作るシミュレーションゲーム。ミニゲームももちろん複数収録されています。



フリューの手掛ける完全新規RPGがSwitchで登場。
性格最悪のオレ様王子と臆病弱虫のダメバイトの二人が繰り広げるドタバタで、しかし時にしんみりとする物語が描かれます。
一風変わったゲームシステムもなかなかに興味深く、気になっているタイトルです。

Forza Horizon 4 - XboxOne
日本マイクロソフト
2018-10-02


人気のレーシングゲームシリーズ最新作がXboxOneで登場。
本作はイギリスを舞台としており、動的な季節変化がレースに影響を与えるとのこと。



オトメイトによる「ワンド オブ フォーチュン R2 ~時空に沈む黙示録~」のファンディスクがPSVITAで登場。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・アサシンクリード オデッセイ クラウドバージョン
・FullBlast
・Battle Chasers: Nightwar(バトルチェイサーズ:ナイトウォー)
・レヴナントドグマ
・マヨナカ・ガラン
・けものフレンズ ピクロス
・うごくジグソーパズル 美しき女性

<PS4>
・マヨナカ・ガラン

<XboxOne>
・FullBlast

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
シュタインズ・ゲートエリートを初動合算で2万本と予想しましたが、結果は3万本。無印本編のリメイクであって完全新作ではないということで低めの予想でしたが、なかなか好調な数字で嬉しいです♪

機種別ではPS4版とSwitch版がほぼ互角で13000本。もともとPSハードで展開されてきた同作ですが、Switch版のファミコレ特典が魅力的だったこともあり大接戦となりました。なおPSVITA版は3000本程度となっています。

さて今週はロックマン11を合算4万本、スーパーマリオパーティは7万本と予想しておきます。

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年9月27日週

今週は16タイトルが配信。そして来週は現時点で7タイトルが配信予定。

今週の更新内容

2018年9月27日配信開始タイトル

・ARENA of Valor(アリーナオブバラー)(基本プレイ無料)
・Ultimate Chicken Horse(1480円)
・戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch(2149円)
・シークレットゲーム KILLER QUEEN for Nintendo Switch(1620円)
・リベリオンズ Secret Game 2nd Stage for Nintendo Switch(1620円)
・アルメロ(1980円)
・エレメントナイツR(2800円)
・マーセナリーズウィングス 偽りの不死鳥(1500円)
・ルームズ アンとジョージの不思議なパズル(1680円)
・Bridge Constructor Portal(1500円)
・Dokuro(ドクロ)(960円)
・ドリームアローン -Dream Alone-(1350円)
・BEAST Darling ~けもみみ男子と秘密の寮~(1980円)
・マミーピンボール(300円)
・モーアフーン ウォンテッド(900円) 
・アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ2001(823円)

先週の時点で未公開だったタイトルとしては、能力の違うドクロとイケメンを使い分けて姫を守る2Dアクション「Dokuro」のSwitch版、女性向けの学園もの恋愛ADV「BEAST Darling~けもみみ男子と秘密の寮~」などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。

ARENA of Valor

テンセントが手掛ける5vs5で楽しめるMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ゲーム。
39名以上のヒーローを率いてチームを作り上げてバトルが楽しめる、いわゆるRTS(リアルタイムストラテジー)となっています。基本プレイは無料ということで、私も触ってみる予定。

 

戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch

戦場のヴァルキュリアシリーズの原点ともいえる第一作が最新作と合わせて配信。
戦場のヴァルキュリア4を購入すると、初回特典として本作が500円で購入できるコードが付属します。
小国を舞台とした濃密な戦記ファンタジーの世界観と、アクティブシミュレーションが同時に楽しめる名作です。

 

シークレットゲーム KILLER QUEEN for Nintendo Switch / リベリオンズ Secret Game 2nd Stage for Nintendo Switch

閉鎖された空間でのデスゲームを描いたサスペンスADVが2作品同時配信。手に汗握るドキドキのサバイバルが楽しめる作品となっています。

 
(動画は2作目のPC版です)

Bridge Constructor Portal(ブリッジコンストラクターポータル)

重量や物理法則を考慮しながら、橋やスロープを完成させていく建設パズルシミュレーション。ポータルとのコラボレーションということで、ゲームの世界観はポータルに準拠しています。



 

エレメンタルナイツR

美麗なファンタジー世界で壮大な冒険をすることができるオンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)。多数の職業と育成要素で本格的にやりこみプレイも可能。多彩なクエストをクリアしてスキルを覚えたり上級職に転職したりすることができます。



2018年10月4日配信開始予定タイトル

・アサシンクリード オデッセイ クラウドバージョン(DLは無料)
・FullBlast(700円)
・Battle Chasers: Nightwar(バトルチェイサーズ:ナイトウォー)(3499円)
・レヴナントドグマ(1080円)
・マヨナカ・ガラン(1200円)
・けものフレンズ ピクロス(1080円)
・うごくジグソーパズル 美しき女性(999円)

配信タイトルのいくつかをご紹介。

アサシンクリード オデッセイ クラウドバージョン

紀元前431年のギリシアを舞台として描かれるアサシンクリードシリーズの最新作がクラウドで登場。アテナイとスパルタの壮大な戦いの中、一介の傭兵が自らの秘密を解き明かしながら偉大な英雄を目指します。



Battle Chasers: Nightwar(バトルチェイサーズ:ナイトウォー)

大人気コミックブックのオマージュとなる正統派のターン制バトルRPG。同名コミックシリーズに登場する6名のヒーローから3人を選択してパーティを組み、冒険の世界へと旅立ちます。



マヨナカ・ガラン

迫害されたキリシタンが作った村「大臼村」を舞台としたオカルトホラーノベルゲーム。
怪しげな伝承、歩く死人、陰惨な過去、度を過ぎた聖人信仰。独特な切り絵のようなグラフィックが不気味さを引き立てる、非常に興味深いタイトルとなっています。




さて今週来週は「戦場のヴァルキュリア」「シークレットゲーム」「リベリオンズ」を購入。「アリーナオブバラー」は無料配信されていますのでDLしてプレイ予定です。
また「マヨナカ・ガラン」はその世界観がかなり気になるところ。
以上今週の更新情報でした!

ゲームが好きすぎることの”デメリット”を考えてみた!

今日のコラムではゲームが好きすぎることで生まれる弊害をいくつか考えてみました!あくまでも個人的な実体験を元にしていますので、一般論として語っているわけではないことをご承知おきください。

1.ゲームに熱中しすぎて睡眠不足になる

ゲームはほかのエンターテイメントと比べても特に中毒性の高い媒体だと思います。
ついつい没入してしまう物語や果てなき育成、上達や進歩を実感できる嬉しさ、フレンドや見知らぬ誰かと共有する達成感、時には対抗心。ゲームのもっている魔力は凄まじく、一度はまると熱中しすぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人で、夢中になると際限なくプレイしてしまいます。

しかしながら人間である以上、やらなければいけないことももちろんたくさんあるわけで、ゲームをプレイするためには何か時間を削らなければいけません。
……そうなると大抵の場合、最初に削られてしまうのは睡眠時間ですよねw

睡眠不足が長く続くと日常にも支障が出かねないので自制心が必要となりますが、私ははっきり言って意志が弱いので、プレイしたくなると我慢できません(笑)
ゲームとはなんとも罪深いものです(自分を棚に上げながら)。

2.なんでもゲームに置き換えて考えてしまう

「これは経験値上がったな、レベルアップだ!」
「そこの壁、インク塗ったら上れるのでは!?」
「この雰囲気、なにか事件が起こりそう…。」
「高難度クエストを受注してしまったぜ…。」
「こういうときあのキャラクターがいてくれれば…!」

こんな風に日常の出来事を無意識の内にゲーム世界に置き換えて考えてしまうことがあります。

まあそれによってなにか問題となるようなことがあるわけではないので別に気にする必要もないのですが、我ながらゲーム脳だなぁと思います。
だって常に何かしらゲームのことを考えてしまっているんですよ(笑)
ゲームとはなんとも罪深いものです(ゲームのことを考えながら)。

3.ゲーム以外の趣味になかなか時間が使えない

私は結構多趣味な方で、ゲーム以外にも好きなことはいろいろあります。

その中でも特に時間を要するのが小説の執筆。あくまで趣味レベルとはいえ、これまでに長編ミステリーを五本くらい書いており、執筆意欲は衰えていません。

しかしながら小説の執筆はとにかく時間がかかるもの。私の場合だいたい文庫一冊分書こうとすると300時間くらいはかかります。(実際は構成やらプロットやらアイディア出しやら推敲やらで、結局1000時間近くかかることも…w)

ですが最近は自由に使える時間の大半をゲームに費やしてしまうことが多いので、なかなかこうした別の趣味に時間が割けないんですよね。書きたいネタはいろいろあるのに。
ゲームとはなんとも罪深いものです(ネタをメモ帳に書き込みながら)。

4.慢性的に運動不足になりやすい

だって休みの日は家から出ませんもん。
これはもう仕方ない。
ゲームとはなんとも罪深いものです(パワプロクンで野球しながら)。

*運動がゲームと同じくらい趣味だという方や、ストイックで鋼の意志をお持ちの方には無縁かもしれません。

5.ゲームが出来ない日はテンションが下がりがち

ゲームをしたくて仕方ないのにゲームが出来ないような日もありますよね。

そういう日は自然とテンションが下がってしまうことも。
もちろんそれを表に出しては人としていけないと思いますので、なんとか明るくやる気に満ち溢れているような演技をしますけどね(笑)
いやあ、ゲームとはなんとも罪深いものですねえええええ!!!!!(無理にテンションを上げながら)。


そんなわけで今回は以上となります。
ヘビーゲーマーの方には共感していただける部分もあるのではないかと思いますがいかがだったでしょうか。

Switchは名作揃い!おすすめタイトル総まとめ&プレイ全作品レビュー!

はじめに

(追記9/ 2018年9月22日・11タイトル追加, 記事構成をリニューアル。Ver.2.0.0)
(追記8/ 2018年4月22日・8タイトル追加。Ver.1.1.0)

ニンテンドースイッチではパッケージタイトル・ダウンロード専売タイトル問わず、多数の素晴らしいゲームが発売されています。

この記事ではそんなスイッチで私がプレイした全作品を一挙にレビュー!
人気作はもちろん、隠れた名作・傑作も含め、様々なジャンルのソフトの簡単な感想と評価をまとめていきます

また今後私が新しいソフトをプレイするたびに、この記事にそのソフトのレビューも追記していきます。

この記事についてはこれから長期的に更新し、ニンテンドースイッチのおすすめ作品一覧のような形(レビューのアーカイブ機能も兼ねて)にしていくのが目標です!
この記事が、皆様のスイッチでの魅力的なソフト探しの一助となれば幸いです。

(※一部、他ハードでプレイ済み作品のスイッチ向け移植タイトルも取り扱いますのでご了承ください。また順番は基本的には購入順です。)

スイッチ

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド



オープンワールドゲームとなったゼルダシリーズの最新作。
広大なフィールドで何をするのも自由というシリーズのお約束が大きく見直された革新的作品です。
複雑に入り組んだ大型のダンジョンは少ない分、祠の謎解きやフィールドそのものの地形を利用したギミックなどが多数用意されており、携帯機でもあるスイッチの特性に合わせ、「大作だけどサクッと遊べる」作品に仕上がっています。

各方面で絶賛を浴びる素晴らしいタイトルとなっていますので、悩んでいる方は購入して損はしないと思います。
レビュー記事リンクニンテンドースイッチ/ロンチ作品簡単レビュー<ゼルダ ブレスオブザワイルド、1-2-SWITCH>編

1-2-SWITCH

1-2-Switch
任天堂
2017-03-03


テレビ画面を見て遊ぶのではなく、他のプレイヤーと目を合わせて遊ぶ。パーティーゲームにそんな新たな一石を投じたのが本作です。

20以上の様々な対戦型のミニゲームが収録され、大勢が集まる場での破壊力はなかなかのもの。どれもルール、操作が単純な分、普段ゲームをプレイしない人とでも気兼ねなく楽しめます。HD振動やジョイコンといったハードならではの要素を加えているのも〇。ただし一人で遊ぶと悲しくなるのでご注意を。
関連記事リンクPS4の新作情報、1-2-スイッチ個人的ミニゲームランキングなどゲーム雑記

ぷよぷよテトリスS



ぷよぷよとテトリスのコラボレーションタイトルとして生まれた”ぷよテト”のニンテンドースイッチ版。
ゲームの内容自体は概ね他機種版と同じですが、テーブルモードでのおすそわけプレイがとても便利で、本体とソフトが一つずつあれば気軽に対戦プレイが可能。

二大パズルゲームがうまく合わさったルールもいくつか収録され、まさに決定版と呼ぶにふさわしい内容となっています。HD振動にも対応しています。
レビュー記事リンクニンテンドースイッチ/ロンチタイトル簡単レビュー<ぷよぷよテトリスS、スーパーボンバーマンR>編

スーパーボンバーマンR

スーパーボンバーマンR
コナミデジタルエンタテインメント
2017-03-03


旧ハドソンの人気シリーズ・ボンバーマンがスイッチで大復活を遂げたのが本作。
発売当初はラグやモードの少なさで大変に悪評が出回っていましたが、継続的なアップデートによって、現在は少しずつ評価も高まってきています。

爆弾を置いて相手を吹き飛ばすというシンプルなゲーム性で対戦プレイはやはり盛り上がりますし、ストーリーモードも面白い。対戦アクションを探している方は選択肢に入れてもいい出来になってきたと思います。
レビュー記事リンクニンテンドースイッチ/ロンチタイトル簡単レビュー<ぷよぷよテトリスS、スーパーボンバーマンR>編

VOEZ(ヴォイズ)

1489912888693

ダウンロード専売タイトルとして2500円で発売中のリズムアクションゲーム・VOEZ。(2018年1月11日にはパッケージ版も発売。)

安価な値段とは裏腹に収録曲はなんと150曲ほどという大ボリュームで、そのどれもが素晴らしい曲ばかり。いろいろなジャンルが一堂に会し、まさしくリズムゲームのおもちゃ箱とでも形容したい作品となっています。操作性も良好、とても爽快で、ゲームオーバーの概念がないためリズムゲームが苦手な方でも問題なく楽しめます。
レビュー記事リンク特大ボリュームの爽快リズムゲーム!Switch版VOEZレビュー!

ARMS

ARMS
任天堂
2017-06-16


バネのようなのびーる腕のキャラを操作して戦う格闘アクションゲーム。
任天堂の新規タイトルとして発売された本作は、格闘ゲームでありながらシューティングゲームのようでもあり、また1vs1のバトルだけでなく、協力プレイや2vs2、バレーボールにバスケットボールといった個性豊かなルールが収録。アームの種類も豊富で自分に合った構成を考える楽しさもあります。

さらに体感型ゲームとしての側面もあり、ジョイコンによるモーション操作も可能で、直感的なプレイが可能となっています。おすそわけプレイもでき、顔を突き合わせてのマルチプレイでその魅力が何倍にもなるタイトルです。
関連記事リンクARMSの真の面白さに気付いた!その他任天堂系の情報のまとめ

ドラゴンクエストヒーローズ1&2 for Nintendo Switch



ドラクエ無双ともいうべきアクションRPGである「ドラクエヒーローズ」のシリーズ2作品がセットになったパッケージ。

スイッチ版は”シドー”の追加やライアンの追加、HD振動への対応といった新要素も収録されています。
歴代ナンバリングのドラクエ作品のキャラやBGMが登場するなど、ファンとしては嬉しいクロスオーバー的な側面もあり、お馴染みのモンスターをなぎ倒していく爽快感もあります。純粋なアクションとしては珍しくタワーディフェンスの色合いがあり、また敵が固いために作業感も感じられますが、十分楽しめる作品です。

グーの惑星


 
ネバネバの生き物である「グー」を操って、さまざまなミッションに挑んでいく物理アクションパズルゲームである本作。ダウンロード専売で価格は1000円です。
バランスや効率、ステージごとのギミックの利用なども考えつつ、可愛らしいグーをゴールに導いていきます。

よく考えてプレイしないとグーが崩れてしまったり足りなくなってしまったりするので、頭を使いながらじっくりと遊ぶのに適したタイトルです。パズルアクションが好きな方はぜひ。

マリオカート8デラックス



WiiUで発売されたマリオカート8に追加要素を収録した完全版となるデラックス。
特にバトルモードがかなり充実しているのが特徴で、「パックンvsスパイ」や「ふうせんバトル」など5種類のルールを収録。

レースではアイテムを二つ持てるようになったり、3段階目のドリフトも追加。Splatoonシリーズなどからガール・ボーイといった新キャラも追加されています。
レビュー記事リンクマリオカート8デラックス レビュー!対戦が熱いレースゲーム決定版!

中毒パズル レベルスプラス

パズル中毒

その名の通り、確かに中毒性が高いRPG風のパズルゲーム。ダウンロード専売作品で700円となっています。
青いのが味方パネル、赤いのが敵パネル、黄色いのがお宝パネルで、同じ数字のパネル同士をくっつけるとレベルが一つアップ。お宝のレベルや味方のレベルを上げつつ、敵パネルをどんどん消していって高得点を目指していきます。

どの順でどのパネルを消すかによって状況が一変するのが面白く、スコアアタックに延々と挑戦してしまうような魅力があります。

Splatoon2



スプラトゥーン2はもはや説明が不要な作品かもしれません。
インクを塗り合って戦ういわゆるTPSアクションゲームですが、独自のジャイロ操作は慣れると思い通りにイカを操ることができて気持ちいい。

ナワバリバトル、ガチエリア・ガチヤグラ・ガチホコ、サーモンランなど多様なルールで対戦/協力プレイが可能で、シンプルなルールから想像が付かないほど立ち回りの奥深さが実感できる作品です。やればやるほどハマってしまう。「最初から美味しいスルメイカのような作品」と名付けておきます。
関連ページリンクSplatoon2記事カテゴリ(レビュー・攻略・プレイ日記等)

レイジングループ

1502889793592

ケムコによる人狼をテーマにしたサスペンスホラーノベルアドベンチャーゲーム。ダウンロードソフトとして3000円で配信されています。

バイク事故で偶然たどり着いた休水集落で発生した謎の怪異に巻き込まれて死んだ主人公は、自らが最初の夜に戻ったことに気が付きます。この”死に戻り”というループを繰り返し、怪異の謎・人狼の正体に迫っていく物語が展開されます。

先が読めないハラハラドキドキ・やめどきが見つからないシナリオ。魅力的で個性的なキャラクターたち。人狼ゲームの面白さを詰め込んだ裁判のような「宴」。伏線が少しずつ紐解かれていくカタルシスもお見事!大ボリュームなので完全クリアまで30時間はかかると思います。ちなみにPS4ではパッケージ版も発売中。おすすめです!
レビュー記事リンク人狼がテーマのADV・レイジングループが最強に面白い!クリアレビュー!

DE MAMBO (デマンボ)



とにかく相手を吹っ飛ばす対戦型アクションゲームであるデマンボ。ダウンロード専売で1500円で配信されていますが、私はセールで500円だったので購入。

シンプルでスピーディーなアクションなので、戦略性というよりもパーティー性に特化したタイトルであり、一人プレイのモードはあるものの、マルチプレイが前提の作りという印象を受けました。協力プレイが可能なサバイバルモードも収録されています。

全体的に説明があまり親切ではないこと、価格が1500円というのは割高に感じられてしまうことなどが欠点と言えそうで、気になる方はセールなどのタイミングで安く購入されるのをおすすめします。

メゾン・ド・魔王

mezon

様々な機種に展開されているタワーディフェンス系のシミュレーションゲーム。ダウンロード専売で864円で配信中。

本作では魔王となってアパートを経営。住民としてやってくるモンスターたちに指示を出して勇者たちを撃退していく、という内容になっています。

可愛らしいへんてこなモンスターたちの生活を眺めているだけでも楽しいですが、アパートをグレードアップして住人たちを強く育てていくのも中毒性あり。クエストで勇者の襲来やハプニングなどもあり、戦略的に進めていくSRPGっぽさもあります。

クエストオブダンジョンズ



スイッチではまだほとんど登場していないローグライク系のダンジョンRPG。本作はフライハイワークスより800円のダウンロードソフトとして配信されています。(スイッチ版はアリーナモードという新モードが搭載されています。)

ローグライクとは風来のシレンやトルネコの大冒険で知られる入るたびに地形やモンスター、アイテムが変わる自動生成のダンジョンを探索していく不思議のダンジョンスタイルのゲームのこと。
この作品はウォーリア、ウィザード、アーチャー、シャーマンという異なる特徴を持ったキャラクターを選択し、オーソドックスでシンプル、それでいて骨太なダンジョン探索が楽しめます。

翔べよ!!ドラゴン!



DSiウェアとして配信された同名タイトルのスイッチ版。価格は300円で、新たにおすそ分けプレイに対応した二人プレイモードが収録されています。
本作は3人の格闘家が修行のために延々と滝を登っていく縦スクロールのアクションゲーム。高得点を目指してどんどん上にジャンプしていくだけのシンプルなゲームですが、これがなかなかどうして地味に面白い。

エンドレスなゲームで目的こそありませんが、鳥を足場にコンボを稼いで一挙高得点!といったプレイングもできますし、ちょくちょくボスも登場したりと、スコアアタックが熱い作品。ジャンプアクションとしての手触りも良好で、この値段なら十分楽しめる内容だと思います。

ぺんぎんくんギラギラWARS

1506151136552

アーケードのアクションゲームとして生まれたペンギンくんが、スイッチで1800円のDLソフトとして大胆なアレンジと共に復活!

10個のボールを投げ合って相手のHPをゼロにした方が勝ちという「ドッジボール」と「ホッケー」を融合させたような対戦型のアクションゲームで、もちろんおすそわけプレイにも対応。各ステージに用意されたギミックや溜め攻撃のタイミング、反射する角度を計算するなど戦略性もあり、マルチプレイで盛り上がること間違いなしの作品です。

音楽やグラフィックにもセンスを感じられ、1800円という価格に十分見合った内容になっていると思います。
レビュー記事リンクSwitchでド派手に再誕!ぺんぎんくんギラギラWARSレビュー!手軽に楽しめる快作!

王だぁランド!

oudaa

自ら勇者を作り、その勇者で世界を冒険することも可能。逆に王様となってイスから動かずに好き勝手やることも可能。そんな1本で3度美味しいポイソフトの傑作が本作です。価格は888円。(3ds版もあります。)

個人的に特に推したいのが勇者の育成モード。様々なランダムイベントを通じて勇者の特定のパラメータが強化され、また数多くのスキルを選んで自分好みの勇者を作ることができます。これがパワプロくんのサクセスモードとかなり近い作りとなっていて、パワプロシリーズでオリジナル選手を作るのが好きな方にピッタリです!

また育てた勇者を使って冒険するモードではクエストや魔王討伐、アイテム収集などRPGでお馴染みの要素が楽しめます。
どのモードもボリュームたっぷりで、コストパフォーマンスもお見事。長く遊べる作品となっています。

謎解きメール

1507644532484

200問のちょっとしたクイズが収録された200円のダウンロード専用タイトル。
閃きが必要なものから発想の転換が必要なものまで、どれもそこまで練られた問題ではないとはいえ、価格の安さにしては暇つぶしになります。
大作のプレイ中の息抜きなどにも適しているのではないでしょうか。

ファイアーエムブレム無双



ファイアーエムブレムと無双のコラボレーションとして生まれたFE無双。
3すくみやキャラ選択といったFEらしい戦略性、キャラ・装備育成といったRPG的な要素に加え、無双シリーズの敵を一騎当千する爽快感が見事に融合した作品。

覚醒/イフ/紋章の謎からの参戦がほとんどであるというところは確かに残念ではありますが、それ以上にFEと無双のシステムの驚くべき親和性が生み出した完成度の高さは必見です。この手のコラボにしてはストーリーもなかなか綺麗にまとまっています。
レビュー記事リンクFE無双のクリア後レビュー!いつもの無双に戦略性が加わった傑作!

スーパーマリオ オデッセイ



久しぶりの完全新作・箱庭マリオである本作。今回はマリオとそのオトモ"キャッピー"の旅がテーマとなっており、様々な特徴を持った国がたくさん登場します。中でも都市の国・ニュードンクシティはシリーズとしても挑戦的なステージとなっており、本作の新しさを象徴しています。

また帽子を飛ばして色々な敵に乗り移る新アクション・キャプチャーによって、これまでになかった多数のギミックが生まれ、一本の中にこれでもかというほどの仕掛けが凝縮したタイトルになっています。今作のテーマ曲でもあるボーカル曲とともにシリーズの歴史を感じられる粋な演出も見物です。
レビュー記事リンクスーパーマリオオデッセイを購入!序盤をプレイした感想
関連記事リンク私がスーパーマリオオデッセイで撮ったおもしろ画像集
関連記事リンクスーパーマリオオデッセイ"Jump Up, Super Star!"歌詞を和訳してみた!

ザ・ブリッジ

1511685266354[1933]

白黒のどこか不気味な雰囲気が特徴の2Dパズルアクションゲーム。ステージを回転させることによって一見到達できなさそうなゴールを目指すシンプルな内容ですが、だまし絵のようなステージや、反重力や吸い込まれる渦など物理法則を超越したギミックが登場するステージなど、手強い謎解きを楽しめます。価格は990円とお手頃で、全24×2=48ステージが収録されています。

シノビリフレ -SENRAN KAGURA-

1511523375901

閃乱カグラシリーズのスピンオフタイトルとして発売されたDL専用ソフト。価格は1000円。
SwitchのギミックであるHD振動を生かし、飛鳥をマッサージするというネタゲームですが、凝ったシチュエーションや揺れ、仕草のリアルさなど、バカにできない内容になっています。”間違って”購入してしまう紳士が続出し、任天堂のe-shopで週間ランキング1位を獲得するほどの人気ぶりです。
現在は飛鳥のほか、追加キャラとして雪泉・紫が各1000円で配信中。
レビュー記事リンクHD振動はどんな感じ!?シノビリフレ閃乱カグラをレビュー!

ゼノブレイド2



モノリスソフトが贈る超大作のRPG。テイルズオブシリーズを彷彿とさせる今風のアニメチックなデザインですが、内容は驚くほどに硬派。複雑ではありつつも戦略性の高い疑似MMO的な戦闘システム・先が気になる大ボリュームのシナリオ・やりこみ度の高い育成要素・冒険心をこれでもかとくすぐる広大で仕掛けだらけの街とフィールド・豊富なクエスト・壮大な音楽...etcどれをとっても一線級というとんでもない作品になっています!不親切なところが散見されることさえ目を瞑れば、私は文句が何もありません!

JRPG(デザイン面・システム面・ストーリー面)が苦手、という方を除けばどなたにでもおすすめしたいです。
レビュー記事リンクゼノブレイド2のネタバレなし序盤レビュー!なんだこの面白さは!?
レビュー記事リンクこれぞJRPGの最高峰!ゼノブレイド2クリアレビュー!

ママにゲーム隠された!

1514121789829

ママに隠されたゲームを探し出す脱出系の謎解きアドベンチャーゲーム。見れば分かるように超がつくバカゲーで、あの手この手でゲーム機をゲットするハチャメチャな作品。私はこういうノリは嫌いではなく、なかなか楽しめましたが、500円という価格設定は人によって捉え方が異なるかもしれません。
レビュー記事リンクこれぞ一発ネタ!Switch版"ママにゲーム隠された"レビュー!

不思議の幻想郷 TOD リローデッド

hushigi

PS4/PSVITA版に続き、ニンテンドースイッチでも配信が開始された風来のシレン風のローグライクRPG。東方プロジェクトを題材としていますが、私のように一切知識がないプレイヤーでも楽しめるようになっています。また膨大なボリュームがありますので、はまればかなり長くプレイできると思います。ただしゲームオーバー時にアイテムがロストしないのは、不思議のダンジョンファンから賛否が分かれそうなポイントだと思います。(追記5・2018年1月5日)

Super Beat Sports(スーパービートスポーツ)

DTeAKn_UQAAAjRH

バットやラケット、ギターなどでリズムよくボールを跳ね返す、スポーツを題材としたリズムアクションゲーム。まさに任天堂のリズム天国ライクな作品で、シンプルなのに操作感が心地よく長く楽しめるという魅力もそのまま。

本作は5つのミニゲームから構成されており、そのうちの2つは4人対戦、3つは2人プレイも可能。この中でもホッケー的なルールのリズムラケットは超面白いです!価格は1600円と手に取りやすいのがいいですね。なお体験版も配信されています。(追記6・2018年1月14日)

マリオ+ラビッツ キングダムバトル



任天堂のマリオとUBIソフトのラビッツがコラボレーションしたシミュレーションゲーム。

マス目状のマップを動き回り、遠くから敵を射撃するシンプルなゲーム性に思いきや、味方と協力してジャンプすることで一気に距離を離したり、スライディングと組み合わせて効率的にダメージを与えたりと、その戦略性の高さには驚きました。

各ステージを探索してコレクションアイテムを収集する要素や、カスタマイズによって自分好みの戦い方を探す楽しみもあります。

全体的に難易度はかなり高めで、しっかり考えて動かさないとすぐにゲームオーバーになってしまうバランス。ストーリー性がないに等しいのは気になりますが、SRPG好きは購入を検討する価値アリだと思います。(追記7・2018年2月2日)

ポイソフトのズン

poisoft-ZUN

ポイソフトのトランプカードゲーム。ズンというあまり知られていないマイナーなルールが題材のため、ルールの把握と戦略の理解に少々時間がかかりますが、価格の安さ(500円)を考えれば十分遊べる内容。おすそわけによるローカル対戦を付けてほしかったというのが正直なところではあります。

あなたの四騎姫教導譚

あなたの四騎姫教導譚 - Switch
日本一ソフトウェア
2018-03-08


見下ろし視点のステージクリア型アクションゲーム。ヒロインとなる4人の姫を教導騎士として育成するゲームとしては珍しいタイプの作品です。
攻撃の方法を場面ごとに使い分ける戦略性と姫の育成システムが想像していたより複雑で、慣れるまで面白さが分かりにくいのが難点ですが、ストーリーはなかなかに先が気になる展開で、テンポの良いアクションパートと噛み合っている印象。大作の合間に気楽にプレイするくらいがいいかもしれません。

Dear My Abyss

Dear my Abyss

登場キャラはシルエット、背景は水彩画のように滲んだグラフィックという特徴的なサスペンスノベル。価格は972円ですが、パッケージクラスのボリュームがある作品です。
燃えない本を題材としたオカルティックで神話的な世界観で、全体的に不気味でサスペンスフルな物語が展開。若干の百合描写は人を選ぶように思います。

FAST RMX

FASTRMX

近未来の世界観のハイスピードレーシングアクションゲーム。任天堂のF-ZEROを彷彿とさせるような作品です。

加速がとにかく重要なシステムとなっており、ブーストのタイミングやジェットの色変えなど、テクニックが向上すると楽しくなってくるタイトル。おすそわけプレイによるマルチプレイも可能となっています。

オーバークック スペシャルエディション

オーバークック

オーダーされた料理を効率よく作っていくアクション要素ありのシミュレーションゲーム。いわゆるピクミンのように、状況やステージ・役割分担などを臨機応変に考えながら、高いスコアを目指していきます。

こちらもおすそわけプレイによる協力マルチプレイに対応しており、これがまた最高に盛り上がります。おすすめです!

ロケットリーグ

ロケットリーグ

ジャンプやロケット飛行が可能な車を操作してサッカーをするスポーツアクションゲーム。全世界で大人気となっている有名作品です。

空中のボールに車体を当てるのが難しく、私はまだ一人前のプレイができませんが、上達してくるとかなりアクロバティックに動けるようになるみたいですね。こちらもパーティーゲームとしてマルチプレイが熱い作品です。

スチームワールドディグ2

DZI-xQHVAAYa_qP

スチームロボットを操作してつるはしで地中深くを掘り進めていく探索型の2Dアクションゲーム。その操作感の気持ちよさはさることながら、練りこまれたステージの仕掛けを解きながら先を目指していくメトロイドヴァニア作品としての完成度も高い。
さらにプレイヤーを飽きさせないよう、定期的に新アクションが追加されたり、ハクスラ的に能力を強化したりして移動範囲が広がっていくゲーム性もお見事です。価格は2000円ほどと高めですが、十分その額に見合う密度の濃い作品だと言えるでしょう。

Nintendo Labo Toy-Con 01 : Variety Kit



段ボールキットでピアノや釣り竿、お家などを作って実際に触って楽しむことができる遊び心の溢れたニンテンドーラボシリーズの第一弾。
個人的にはトイピアノで実際に音が鳴った時は結構な衝撃がありました。波形やテンポの読み取り、録音や再生などもすべて段ボールで作ったボタンで行うことが可能で、笑ってしまいましたよw
プレイヤーのアイディア次第では新しい発明をすることも可能となっている自由度もすごいですね。

ワールドサッカーピンボール

soccer pinball

サッカーを題材としたピンボールゲーム。
筐体の一番奥の部分がゴールネットとなっていて、そこにシュートを決められるとなかなか気持ちがいいです。
ダウンロード専売タイトルで価格は300円とお安い設定なので、気軽に手を出せる作品だと思います。

蒼の彼方のフォーリズム



空を飛ぶことができる世界観における架空のスポーツ「フライングサーカス」を題材とした青春恋愛ADV。綿密な設定と細やかな筆致で架空の競技とは思えない熱さがある作品で、ただの恋愛ADVとは一線を画した名作。

私は普段スポーツもののノベルゲームや小説はほとんど手に取る機会がないのですが、この作品のパワーには圧倒されました。続編が楽しみで仕方ありません。(追記・続編は開発会社の解散に伴い中止されました。)

マリオテニス エース



マリオテニスシリーズの最新作。
本作は加速やねらいうち、テクニカルショットといった新アクション・新システムがかなり多く用意されており、過去作と比べてかなりゲーマー向けの内容となっています。
ただし丁寧なストーリーモードが収録されており、これをクリアしていくと自然と操作が覚えられるようになっているのは親切ですね。

アップデートでキャラクターなどが定期的に追加されており、長く楽しめるタイトルになっていると思います。

ダマスカスギヤ 東京始戦

ダマスカスギヤ

近未来SFチックな世界観をもつハクスラ系アクションゲーム。
基本的にはミッションを受けて報酬でギヤを強化してまたミッションを受けて…という繰り返しなのですが、シンプルながらもアクションとしてまずまず楽しめますし、やはりハック&スラッシュのやりこみ要素は中毒性の高さも感じさせます。

仲間がミッション途中でだいたいやられてしまって共闘感がないこと、もう少しゲーム性に変化がほしかったことなど不満がないでもありませんが、世界観やシステムに惹かれるのであれば悪くない作品だと思います。

ザ フレイムインザフラッド

DeNXmtiVMAA-bI6

サバイバル系の川下りローグライクゲーム。

……と一言で済ませると何が何やら?という感じかもしれませんが、本当にそんな感じ(笑)
主人公は一匹の犬とともに生き残りをかけて川を下るわけですが、この緊張感がすさまじいんですよ。

マップはランダム生成となっており、どんなアイテムが手に入ってどんな動物と出会うかは運次第。過酷な世界を生き延びるため、様々な素材をクラフトして戦略的に立ち回ることが求められます。
なお世界観にフィットした美しいグラフィックも個人的に評価したいポイントです。

ひぐらしのなく頃に 奉



雛見沢村の連続怪死事件を描いたサスペンスADV。
PSVITAで発売された「ひぐらしのなく頃に粋」にさらに新規のシナリオが追加されており、すべて読了しようと思ったら100時間ほどはかかりそうなほどのボリューム。

物語は平和な日常と不気味さやホラー感のコントラストがすさまじく、その世界観に引き込まれてしまうこと間違いなし。それだけに真相は若干肩透かし感があるのが惜しいところですが…。
いずれにせよ名作であることには変わりありませんので、興味をお持ちの方はぜひ手に取ってみてください。

大図書館の羊飼い



さすがオーガスト、よくある学園ものADVでこれだけ面白い作品を作るとは…。おそるべし!

本作は何でも屋のような活動をはじめた図書部のメンバーの青春を描いた恋愛ADV。設定やシナリオはそこまで凝ったものではなく、壮大な世界観や大仕掛けの謎が用意されているというわけでもないのですが、キャラクターたちの機微をひたすら丁寧に描写することで、自分が図書部の一員となったような気分で楽しむことができる素晴らしい内容となっています。

恋愛ADVなのに、青春=恋愛ではないと心から感じさせてくれ、素直にこんな学生生活をしてみたいと思える作品でした。ノベルゲーム好きにおすすめ!

オーバークック2

オーバークック2

ギミックだらけの厨房で仲間と協力しながら効率的に料理を作っていくドタバタアクションゲームの第二弾。システムは概ね前作を引き継いでいますが、新アクション「投げる」の追加で動きにさらに幅が生まれ、よりチームワーク力が求められるようになった印象です。

またオンラインプレイにも対応しましたので、いつでも気軽にフレンドと協力プレイができるようになったのが大きいですね。

関連記事リンクSwitch「オーバークック2」簡単レビュー!前作からの進化ポイントも紹介!

みんなで空気読み。

空気読み

全部で100問のちょっとした問題を解いていくことで、どの程度空気が読めているかを診断してくれるソフト。ゆるゆるの雰囲気でちょっとクスリと笑ってしまうような小ネタ感あふれる内容となっています。

2人でプレイするモードやクリア後の隠しモードなども収録されており、500円という価格分は十分に楽しめるのではないでしょうか。

モーフィーズ・ロウ

DlTO3wlVAAAcF2O

攻撃した部位の質量を相手から奪うことができ、どんどん巨大化しながら戦うはちゃめちゃなTPSゲームです。
Splatoonシリーズと同じく4vs4の対戦が楽しめ、ジャイロやジャンプなどの操作性もかなり似通っていますので、スプラ好きにはおすすめできる作品です。
ステージのギミックやルールの独自性も多く、やりこんでいけばかなり熱く盛り上がれるポテンシャルを感じます。価格が1944円とお手軽なのもいいところ。

関連記事リンクSwitch「モーフィーズ・ロウ」バカゲー感溢れる斬新TPS!簡単レビュー&ゲーム紹介!

ワールドエンド・シンドローム

ワールドエンド・シンドローム - Switch
アークシステムワークス
2018-08-30


100年に1度黄泉人がよみがえり事件が起こる。そんな伝承がささやかれる海町・魅果町を舞台としたミステリーADV。
ひと夏の学校生活でヒロインたちとの恋愛を楽しみつつ、隠された真相を明かしていくサスペンスフルな物語となっています。

任意のタイミングでセーブができなかったり、移動場所を選択できる自由度と引き換えにシステム的な煩雑さが目立ったりと気になる部分はありますが、結末はなかなかどうして想像がつかないものでした。なおジャンルはミステリーとなっていますが、どちらかというと伝奇ものとしての色合いが強いのでそこは注意が必要です。

近日当記事に追加予定のソフト(一部)

・イース8
・戦場のヴァルキュリア4
・すばらしきこのせかい Final Rimix
・シュタインズゲート エリート
・オクトパストラベラー


ソフト発売予定・2018年9月27日週/閃の軌跡4、無双OROCHI3など

月末かつ四半期末で新作多数!今週はSwitchとPS4向けに注目ソフトが目白押しとなっています。

パッケージタイトル

英雄伝説 閃の軌跡IV - PS4
日本ファルコム
2018-09-27


閃の軌跡1から続くエレボニア帝国編がついに完結する軌跡シリーズの最新作がPS4で登場。様々な伏線が回収され、一つの集大成のような形の作品になっているみたいですね。シリーズ過去作キャラが一堂に会する豪華で重厚な作品となっているようで、個人的にも楽しみすぎます!



戦国無双シリーズと三国無双シリーズが合わさった作品として人気の無双OROCHIシリーズの最新作がSwitch/PS4で登場。170人ものキャラクターが登場し、さらに爽快感に磨きがかかった内容となっているそうです。



世界中で人気のサッカーゲーム最新作が今年もSwitch/PS4/XboxOneで登場。



濃密な戦記ファンタジーと、アクションとターン制シミュレーションが融合した独特のゲームシステムが根強い支持を集めている戦場のヴァルキュリアシリーズ最新作のSwitch版。私もシリーズの大ファンとして本作を購入します。できれば最優先でプレイしたいところ。



DSで発売され知る人ぞ知る名作として人気のアクションRPGが新シナリオや新BGMなどを追加してSwitchで登場。
渋谷を舞台に7日間の生き残りをかけて戦う謎多き物語が展開されます。


人気コミック「ドラゴンボール」を題材とした2D対戦格闘アクションゲームのSwitch版。ド派手な技を繰り出す爽快感が味わえるということで好評のようです。



PS4/PSVITAで発売され、そのダークな世界観と中毒性の高い特徴的なゲームシステムで好評を博した3DダンジョンRPGがSwitchでも登場。物語とゲーム性が両立した非常におすすめの作品となっています。



うたわれるものシリーズが連撃アクションゲームとして登場。対応プラットフォームはPS4となっています。これまでのシミュレーションRPGとはまったく趣きが異なるので、どのような作品となっているか興味深いですね。

MotoGP 18 - PS4
オーイズミ・アミュージオ
2018-09-27


MotoGPの公式ゲームが今年も登場。Switch/PS4向けに発売されます。



とにかくリアリティを追及したドライブシミュレーターともいえるレーシングアクションがPS4で登場。



前作にあたるタユタマから50年後の世界を舞台とした恋愛ADVがPS4/PSVITAで登場。



親友の死をきっかけにループする3日間を描くボーイズラブミステリーADV。PSVITAで登場。



明治か大正の頃へとタイムスリップしてしまった主人公を描く女性向け恋愛ADVがSwitchで登場。



未来の東京を舞台に、並行宇宙で繰り広げられる事件を描いた女性向け恋愛ADVがPSVITA向けに登場。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・ARENA of Valor(アリーナオブバラー)
・Ultimate Chicken Horse
・戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch
・シークレットゲーム KILLER QUEEN for Nintendo Switch
・リベリオンズ Secret Game 2nd Stage for Nintendo Switch
・アルメロ
・マーセナリーズウィングス 偽りの不死鳥
・ルームズ アンとジョージの不思議なパズル
・Bridge Constructor Portal
・ドリームアローン -Dream Alone-
・マミーピンボール
・モーアフーン ウォンテッド

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
シャドウオブザトゥームレイダーは初動3.5万本と予想して結果は3.2万本とニアピン。一方で低めに見積もったNintendo Labo ドライブキットは初動2万本と予想して結果は1.2万本。この様子だとシリーズは存続できるか微妙なところですね…。

さて今週は閃の軌跡4を初動9万本、無双OROCHI3を合算で初動11万本、FIFA19を合算で初動10万本と予想します。

ちなみに個人的な購入予定はパッケージ版では「戦場のヴァルキュリア4」「閃の軌跡4」「すばらしきこのせかいFinal Rimix」の3本。ダウンロードソフトも4本ほど購入するつもりなので、時間が足りません。

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年9月20日週

今週は14タイトルが配信。そして来週は現時点で11タイトルが配信予定。

今週の更新内容

2018年9月20日配信開始タイトル

 ・最悪なる災厄人間に捧ぐ(3000円)
・THE カード ~ポーカー、テキサスホールデム、ブラックジャック、ページワン~(500円)
・ステレデン バイナリースターズ(1300円)
・ELEMENT(1500円)
・Life Gose On(1499円)
・The Gardens Between(2199円)
・巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)(1200円)
・ダーツUP(400円)
・Reigns: Kings & Queens(760円)
・SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ(999円)
・SEGA AGES サンダーフォースⅣ(999円)
・アケアカNEOGEO サイバーリップ(823円)
・カプコンベルトアクションコレクション(3300円/パッケージ版は12月に発売)
・ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online(無料/Nintendo Switch Onlineの加入者限定)

先週の時点で未公開だったタイトルとしては、美しい庭園の島が連なるノスタルジックな世界が舞台のパズルアドベンチャー「The Gardens Between」、オンラインランキングにも対応している「ダーツUP」、中世の王国の君主として王国に舞い込む事件を解決していく政治アドベンチャー「Reigns: Kings & Queens」などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。

最悪なる災厄人間に捧ぐ

透明人間を題材として、謎多きミステリアスな物語が展開されるケムコ×ウォーターフェニックスの完全新規ADV。価格に十分見合うかなりのボリュームとなっているそうです。PS4版は2018年8月にパッケージ版と合わせて発売されていますが、Switch版はDL専売となっています。

 

ステレデン バイナリースターズ

レトロなドットスタイルで表現された宇宙空間でエネミーを撃破していく、2Dスクロールシューティング。プレイするたびにステージが自動生成されるローグライク要素があるほか、最大2人での協力マルチプレイにも対応しています。

 

巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)

主人公の女子高生を操作し、大量に湧き出てくる敵をひたすら倒していく高速剣戟アクションゲーム。
群がる敵を蹴散らすスピード感や爽快感が味わえる作品となっているそうです。

 

2018年9月27日配信開始予定タイトル

・ARENA of Valor(アリーナオブバラー)(基本プレイ無料)
・Ultimate Chicken Horse(1480円)
・戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch(2149円)
・シークレットゲーム KILLER QUEEN for Nintendo Switch(1620円)
・リベリオンズ Secret Game 2nd Stage for Nintendo Switch(1620円)
・アルメロ(1980円)
・マーセナリーズウィングス 偽りの不死鳥(1500円)
・ルームズ アンとジョージの不思議なパズル(1680円)
・Bridge Constructor Portal(1500円)
・ドリームアローン -Dream Alone-(1350円)
・マミーピンボール(300円)
・モーアフーン ウォンテッド(900円)

配信タイトルのいくつかをご紹介。

ARENA of Valor

テンセントが手掛ける5vs5で楽しめるMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ゲーム。
39名以上のヒーローを率いてチームを作り上げてバトルが楽しめる、いわゆるRTS(リアルタイムストラテジー)となっています。基本プレイは無料ということで、私も触ってみる予定。



戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch

戦場のヴァルキュリアシリーズの原点ともいえる第一作が最新作と合わせて配信。
戦場のヴァルキュリア4を購入すると、初回特典として本作が500円で購入できるコードが付属します。
小国を舞台とした濃密な戦記ファンタジーの世界観と、アクティブシミュレーションが同時に楽しめる名作です。



シークレットゲーム KILLER QUEEN for Nintendo Switch / リベリオンズ Secret Game 2nd Stage for Nintendo Switch

閉鎖された空間でのデスゲームを描いたサスペンスADVが2作品同時配信。手に汗握るドキドキのサバイバルが楽しめる作品となっています。


(動画は2作目のPC版です)

Bridge Constructor Portal(ブリッジコンストラクターポータル)

重量や物理法則を考慮しながら、橋やスロープを完成させていく建設パズルシミュレーション。ポータルとのコラボレーションということで、ゲームの世界観はポータルに準拠しています。




さて今週来週で気になるのは「最悪なる災厄人間に捧ぐ」、「戦場のヴァルキュリア」、「シークレットゲーム」、「リベリオンズ」、「アルメロ」の5本。このうち前の4本は購入確定。アルメロはボードゲーム好きとしてなかなか惹かれます。個人的DLソフトラッシュがついに来てしまった!(^_^;)
以上今週のeショップ更新情報でした!

ゲーム雑記/2018年9月17日

パソコンのバッテリーを交換しなければ…!

Twitterでもつぶやいたのですが、パソコンのバッテリーが劣化してしまったようで、充電できない状態に。


一度外して付け直したところ、今は一応充電できていますが、作業中に電源が落ちると目も当てられませんw

バッテリー自体はすでに注文済みですが、届くのは数日後なので、そこまではなんとかもってほしいところ。ちなみにこの記事は節約のためスマホで打ってパソコンに転送しています。

ワールドエンドシンドローム、進んでます!

ワールドエンドシンドローム

Switch/PS4/PSVITAで発売された完全新作ミステリーADVであるワールドエンドシンドローム。
現在10時間ほどプレイして、キャラクター別のルートを概ねクリアしたところです。

まだ真相編をプレイしていないので最終的な評価はしかねますが、近いうちにクリア後のレビューなども簡単に書いていきたいと思います。

ただせっかくなので現時点でも感想をいくつか。

まず物語の根幹となる「謎」に関してですが、ストーリーが大きく動くまでに結構な時間がかかった印象。序盤はキャラクターたちのイントロダクションという側面が強く、ここのリーダビリティはそこまで高くないような気がしました。キャラクター同士の会話もちょっとテンプレート気味なんですよね。

しかしながら不気味な世界観と何かが裏で動いている不安感の描写は上手く、じっくりプレイしていくと少しずつ本作の雰囲気に引き込まれていきます。

DnSFudZV4AMr65z

ちなみに恋愛+ミステリーという題材ではありますが、恋愛要素は割合としてそこまで大きくはなく、キャラクターとの繋がりはミステリーとして人間関係を解きほぐすためのファクターと位置付けられているような気がします。

さて、続いてはシステム面。
本作は若干不親切な部分があり、任意のタイミングでセーブできないのは減点ポイントでしょうか。

また街のどこを回るかが自由に選択できるなど、ADVとしてみればゲーム性は高くなっている一方で、必然的に分岐の条件は厳しくなっており、ストーリーだけを見たいという方にとっては少々面倒なシステムとなっています。

DnSF06_VAAA1QXK

バックログジャンプ機能みたいなものがあれば、イベントを起こしたいキャラがどこにいるのか確かめやすいんですけどね……。
(一応補足ですが、イベントが起こる場所が光ったり、一度見たイベントについては対応するキャラクターが表示されたりはします。)

というわけで不親切な箇所はあるのですが、個人的にはまずまず楽しめています。結局のところ、これから謎がどのように解決されるか次第で評価は大きく変わってくると思います。それについてはもう少しお待ちを!m(_ _)m

※個人的好きなキャラクターランキング!(現時点)
1位:玲衣、2位:舞美、3位:雪乃。変動の余地あり。

ワールドエンド・シンドローム - Switch
アークシステムワークス
2018-08-30


小説を何冊か買ってきました!

書店に足を運ぶと、帰りには本がいっぱい入った紙袋を抱えているから不思議です(笑)
まだ以前買った本すら消化していないのに、また買ってしまいました。

そのうちの一冊が「超巨大密室殺人事件」。



オンラインゲームを題材としたミステリーで、たまたま見つけました。そう長い感じでもないので、移動時間にでもさくっと読んでいきたいと思います。

(それにしても最近はミステリー三昧……そろそろ逆にファンタジーに浸りたい気分?次は戦場のヴァルキュリア4をやろうかな…。いや、しかしペルソナ5がうらめしそうにこちらを見ている…!?)



ソフト発売予定・2018年9月20日週/シュタインズ・ゲート エリート、ゼノブレイド2 黄金の国イーラなど

完全新作は少なく、ソフトラッシュの谷間の週となっています。

パッケージタイトル



名作ノベルADVであるシュタインズ・ゲートの本編を、フルアニメで再構成したリメイク版がSwitch/PS4/PSVITAで登場。タイムリープを題材として、複雑に絡まりあう極上の物語が味わえる作品となっています。
なお初回特典としてSwitch版は新作のファミコレADV、PS4/PSVITA版はサイドストーリー集である「線形拘束のフェノグラム」(いずれもDLコード)が収録されています。



ゼノブレイド2の大型追加コンテンツが単体のパッケージ版としても登場。対応プラットフォームはSwitch。
時系列は本編よりもだいぶ前、シンとラウラを中心として描かれており、ボリュームは本編の約半分程度となっているそうです。(すなわち30~40程度になりそう?)
また本編の補完ではありつつも、単体として未プレイのユーザーでも楽しめるようになっています。



新・ロロナのアトリエに追加コンテンツを加えた完全版。Switch/PS4で発売。



トトリのアトリエPlusに追加コンテンツを加えた完全版。Switch/PS4で発売。



メルルのアトリエPlusに追加コンテンツを加えた完全版。Switch/PS4で登場。



F1を題材とした本格レーシングアクションがPS4で登場。
再現度の高い映像表現で臨場感に磨きがかかっているみたいですね。



音楽を題材としたルビーパーティのネオロマンスシリーズ3作目のリメイクがPSVITAで登場。



パラレルストーリー3本が収録されたパッケージ。こちらもPSVITAで登場。

大戦略パーフェクト4.0 - Switch
システムソフト・アルファー
2018-09-20


戦争を題材とした本格シミュレーションシリーズの最新作がSwitchに登場。



15年で終わらずに25年続いたという設定の大正時代を舞台とした物語が展開される女性向け恋愛ADV。対応プラットフォームはSwitch。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・カプコン ベルトアクションコレクション
・最悪なる災厄人間に捧ぐ
・THE カード ~ポーカー、テキサスホールデム、ブラックジャック、ページワン~
・ステレデン バイナリースターズ
・ELEMENT
・Life Gose On
・巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)
・SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ
・SEGA AGES サンダーフォースⅣ

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
PS4のスパイダーマンを初動9万本と予想しましたが、結果は初動12.5万本。
もともと高めに予想していたのですが、それすらも超える売上となりましたね。やはり原作ファンのみならず、ゲーマー層にも訴求できたようです。

さて今週はシュタインズ・ゲート エリートの初動を合算2万本と予想。
完全新作ではなくリメイク的な立ち位置ですので、売上がどうなるかは正直見通しづらいのですが、試み自体はとても応援したいものなので、少しでも多く売れてほしいですね。

なお機種的には特典の影響でSwitch版がもっとも多く売れるのではないかと予想しています。

[速報]ニンテンドーダイレクト2018.9.14の発表内容まとめ!

この記事では2018年9月14日朝7時より、約35分間放送された最新のニンテンドーダイレクトで発表された情報をまとめています!



ルイージマンション3 Switch

ルイージマンションシリーズの最新作がSwitchに登場。
発売日は2019年。

毛糸のカービィ プラス 3ds

Wiiで発売された毛糸のカービィに新要素を加えた完全版が3dsで登場。
発売日は2019年。

マリオ&ルイージRPG3DX 3ds

クッパジュニアを主人公としたモードを収録。
発売日は2018年12月25日。

モバイルボール 3ds

モンスターストライクで知られるミクシィによるサッカー風のバトルスポーツアクション。3vs3の対戦プレイが楽しめる。
配信日は2018年冬。

ルイージマンション 3ds

新要素として2人プレイモードを追加。ソフト1本でダウンロードプレイも可能。
発売日は2018年11月8日。

ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス 3ds

ペルソナ3、ペルソナ4、ペルソナ5のキャラクターたちが共演する3DダンジョンRPG。
発売日は2018年11月29日。



Splatoon2 Switch

Ver.4アップデートを紹介する映像が公開。
新たな武器セットである「ベッチューコレクション」が登場し、10月以降には新たなサブウェポンとスペシャルウェポンも。またフェスは新仕様でリニューアルされるとのこと。
ベッチューコレクションの第一弾は本日配信開始。



GO VACATION Switch

50以上のレジャーやスポーツを楽しめるWiiで発売されたスポーツアクションのSwitch版。おすそわけプレイやローカルプレイにも対応。
発売日は2018年12月27日。

ロックマン11 運命の歯車 Switch

ロックマンシリーズの最新作。本作仕様のamiiboも登場。
発売日は2018年10月4日発売。



マリオテニスエース Switch

新キャラとしてキャサリンやヘイホー、パタパタ、ボスパックンが追加。新モードとして協力ミッションが登場。オンラインプレイ専用で期間限定とのこと。
アップデートの配信日は2018年9月19日。



ビリオンロード Switch

50種類以上のモンスターと共に億万長者を目指すボードゲームが登場。最大4人でのおすそわけプレイにも対応。
発売日は2018年冬。

カプコンベルトアクションコレクション Switch

ゲームセンターで人気を博したカプコンのベルトスクロールアクションゲーム7タイトルを収録した作品。
2018年9月20日配信。パッケージ版は2018年12月6日発売。

NewスーパーマリオブラザーズUデラックス Switch

WiiUで発売された2DマリオがSwitchで登場。NewスーパールイージUもまるごと遊べるお得なパッケージ。おすそわけプレイにも対応し、新キャラも操作可能。
発売日は2019年1月11日。

塊魂アンコール Switch

塊魂がHDリマスターされSwitchで登場。
ジャイロ操作やHD振動、おすそわけの対戦プレイが可能。
発売日は2018年冬。

DL専売ソフト紹介

Tangledeep、Nidhogg2、Downwell、Muse Dash、イップとオップが紹介。

アサシンクリード オデッセイ CLOUD VERSION

古代ギリシアを舞台とした最新作がSwitchで登場。クラウドでのサービスとなります。
配信日は2018年10月5日。

Nintendo Switch Online

2018年9月19日サービス開始。
オンラインプレイ、ファミリーコンピュータのタイトル提供、セーブデータお預かり、スマートフォン向け専用アプリ、加入者限定特典が用意。
ファミコン風のSwitchコントローラーも発売。

ポケットモンスターLet's Go!ピカチュウ/イーブイ

特別仕様の本体がセットになった限定版も登場。
発売日は2018年11月16日。



DIABLO3 エターナルコレクション

ハック&スラッシュ型のアクションRPGであるディアブロ3のSwitch版。最大4人での協力マルチプレイが楽しめる。
発売日は今冬。

スーパーマリオパーティ

リズムモードや協力プレイモード、トイパーティモードが紹介。
発売日は2018年10月5日。



TOWN(仮)

ゲームフリークが手掛ける完全新規RPG。
配信日は2019年。

シティズスカイライン

世界中で人気の街づくりシミュレーションのSwitch版が登場。
本日より配信開始。

デモンエクスマキナ

2018年のE3で発表されたアクションゲームの新トレーラーが公開。
発売は2019年。

ヨッシー クラフトワールド

コースを裏から逆走することも可能。おすそわけプレイにも対応。
発売は2019年春。

FFシリーズが一挙に登場!

・先日のPSラインアップツアーで発表された「ファイナルファンタジークリスタルクロニクル リマスターエディション」のSwitch版が紹介。

・「ファイナルファンタジー15 ポケットエディションHD」が本日より配信開始。

・「ワールドオブファイナルファンタジー マキシマ」が2018年11月6日に発売決定。完全版にあたる作品。

・「チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!」がSwitchで今冬発売決定。最新作となる本作では、すべてのモンスターを仲間にできるほか、おすそわけでの協力プレイにも対応。ローグライクダンジョンRPG好きとしては超嬉しい!

・「ファイナルファンタジー12 THE ZODIAC AGE」がSwitchで2019年に発売決定。

・「ファイナルファンタジー7」「ファイナルファンタジー9」「ファイナルファンタジー10/10-2」のHDリマスターがいずれも2019年にSwitchで発売決定。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

どうぶつの森からしずえが参戦決定。
発売日は2018年12月13日。



どうぶつの森

ダイレクトのトリを飾ったのはどうぶつの森の最新作!
2019年に登場するとのことです。

今回のダイレクトの感想

今回は思っていたよりも盛りだくさんといった印象のダイレクトでした!
1週間延期されたことでいくつかの情報が公開されてしまっていたので、サプライズにかけるのではないかと不安視していましたが、しっかり未発表タイトルが用意されていましたね♪

個人的にはなんといっても「チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ」が嬉しい!
不思議のダンジョンシリーズが最近は影を潜めていたので、こうして久しぶりに大きな新作が出てくるのはありがたいです。この調子で風来のシレンとトルネコの大冒険もよろしくお願いしますm(__)m

それ以外にも「デモンXマキナ」、「ビリオンロード」、「塊魂アンコール」、「DIABLO3」、「シティズスカイライン」、「FF12」など気になるタイトルの情報が紹介されて楽しめました。

一方で任天堂タイトルとしては「どうぶつの森」新作や「NewスーパーマリオブラザーズUデラックス」、「ルイージマンション3」などが初公開され、隙のない布陣でしたね。
個人的には「ファイアーエムブレム風花雪月」の続報が欲しかったですが、それはまた次回に期待することにしますw

そんなわけでますますソフトが集まっているSwitch、まだまだ勢いは止まらなそうです!

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年9月13日週

今週は7タイトルが配信。そして来週は現時点で8タイトルが配信予定。

今週の更新内容

2018年9月13日配信開始タイトル

 ・レントフォーチュン(1990円)
・おしゃべり!カケジョ!奪われたドットコインを追え!(600円)
・シャドウファイト2(1500円)
・ワーウルフピンボール(300円)
・Suicide Guy(999円)
・アーケードアーカイブス アルゴスの騎士(823円)
・アケアカNEOGEO 痛快GANGAN行進曲(823円)

先週の時点で未公開だったタイトルとしては、夢の世界を舞台にした1人称アクションパズル「Suicide Guy」などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。

レントフォーチュン

最大6人で楽しめるボードゲーム。家を建てたり競売物件を買ったりして、資産を増やしていくモノポリー的なゲームになっているようです。それにしてもストアの紹介ページの日本語が怪しいのが不安なんですが……(笑)

 

おしゃべり!カケジョ!奪われたドットコインを追え!

ワンボタンでプレイできるカジュアルなジャンプアクションゲーム。プロのダーツ女子プレイヤーたちがゲームキャラクターとなって登場しており、それにちなんでダーツショットのボーナスチャレンジも用意されているとか。



2018年9月20日配信開始予定タイトル

・最悪なる災厄人間に捧ぐ(3000円)
・THE カード ~ポーカー、テキサスホールデム、ブラックジャック、ページワン~(500円)
・ステレデン バイナリースターズ(1300円)
・ELEMENT(1500円)
・Life Gose On(1499円)
・巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)(1200円)
・SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ(999円)
・SEGA AGES サンダーフォースⅣ(999円)

配信タイトルのいくつかをご紹介。

最悪なる災厄人間に捧ぐ

透明人間を題材として、謎多きミステリアスな物語が展開されるケムコ×ウォーターフェニックスの完全新規ADV。価格に十分見合うかなりのボリュームとなっているそうです。PS4版は2018年8月にパッケージ版と合わせて発売されていますが、Switch版はDL専売となっています。



ステレデン バイナリースターズ

レトロなドットスタイルで表現された宇宙空間でエネミーを撃破していく、2Dスクロールシューティング。プレイするたびにステージが自動生成されるローグライク要素があるほか、最大2人での協力マルチプレイにも対応しています。



巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)

主人公の女子高生を操作し、大量に湧き出てくる敵をひたすら倒していく高速剣戟アクションゲーム。
群がる敵を蹴散らすスピード感や爽快感が味わえる作品となっているそうです。




さて今週来週で気になるのは「レントフォーチュン」と「最悪なる災厄人間に捧ぐ」の二本。特に後者はケムコの新作ADVということで、ダウンロードしておきたいタイトルです。
というわけで以上今週のeショップ更新情報でした!

モチベーションと報酬の関係は?ゲームを題材にアンダーマイニング効果を語る![心理学/教育学]

今回のコラムはちょっと小難しいお話。
心理学で知られる「アンダーマイニング効果」と呼ばれる考え方を、ゲームを題材にして紹介してみたいと思います。
(私は心理学が専門というわけではありません。大学時代に基礎教養科目として履修した講義の内容をおぼろげに思い出しつつ、またいくつかの資料を参考にしながら書いています。専門用語の用法などに誤りがある場合もありますのでご了承ください。)

アンダーマイニング効果とは?

自発的に行っていた行為に対して、何らかの報酬を与えてしまうことにより、もともとの動機付けが減少してしまう現象のことを、アンダーマイニング効果と言います。

例えば、自分から進んで絵を描いている子どもに対して、その絵が完成した際にお菓子を与えたとします。
するとその子どもの目的の一部が「絵を描くこと」ではなく「お菓子をもらうこと」になってしまいます。
結果として絵を描くことそのものに対するモチベーションが減少してしまい、次からは”お菓子をもらえないなら絵を描く必要がない”と考えるようになってしまうケースがあるのです。

もう一つ例を挙げてみましょう。(実際に行われた実験を若干アレンジしています。)
待合室に暇つぶし用として用意した2つのパズルを置いておいたとします。そうしてそのパズルの片方をクリアした人に賞金を払いました。
そしてこう伝えます。
「もう一つのパズルには賞金が出ません。」
すると、多くの人が1つ目のパズルは暇つぶしとして自発的に取り組んでいたにも関わらず、2つ目のパズルは「どうせ賞金もらえないならやる必要はないな」と考え、被験者の大多数が見向きもしなくなってしまいます。

自発的なモチベーションを内発的動機付け、報酬などによるモチベーションを外発的動機付けと言いますが、要は内発的動機付けに下手な形で外発的動機付けを与えてしまうと、もともとの内発的動機付けが弱まってしまう可能性がある、ということですね。

私自身の経験談1~ブログ~

このアンダーマイニング効果ですが、私自身も経験があります。
一つはつい最近。それがまさしくブログだったりします。

もともとこのブログを立ち上げたのは「勢いがなくなってきていた家庭用ゲームを少しでも盛り上げたい!そのためにおすすめソフトや好きなシリーズを紹介したい!」という熱い思いからでした。

……なんと美しい内発的動機付けでしょう(照)。

しかしながら、ブログをはじめてすぐに思い知ります。
ブログの運営って超大変じゃん!?と。

そこで私はせっかく大変なブログ運営を続けるなら、少しだけマネタイズができないかな?と思うようになったんです。

そんな私がまず目を付けたのは「Amazonアソシエイト」。
導入しているブログ経由でAmazonを利用して買い物をしていただくと、ほんの少しだけお金が入るという仕組みです。(貼ってある商品でなくてもリンク経由ならなんでもOKですよ、ぐふふ)

そしてその後に手を出したのはグーグルアドセンス。
もっとも有名なアフィリエイトシステムで、マネタイズをしているブログで導入していないところはないといって過言はありません。

そんなこんなで厳しい審査の末、私もこのグーグルアドセンスを導入したわけですが、そうするとだんだんブログ運営の目的が「マネタイズ」にちょこっとずつ傾いてきてしまったんです。言い訳かもしれませんが、やっぱりこれは人情です……(笑)
これがまさに外発的動機付けというやつですね。

しかし私にとって一つ残念なことがありました。
それは以前記事にした通りです。

関連記事リンク:今後のブログに関するお知らせと今回の顛末

当時ショックで更新をやめようとしたのは、まさに今回のアンダーマイニング効果を証明しているような行動だったわけです。

※今は再び初心に帰って、ブログを読者の皆様に楽しんでいただくことを一番に考えています。嘘じゃないですよ、本当ですよ。

私自身の体験談2~試験とゲームソフト~

もう一つの体験談は私が中学生だった頃。
中学生といえば自由になるお金もそう多くはなく、当時の私にとってゲームソフトというのはまさに手が届かない高級品のような存在でした。

そんな中で親からこんな提案を受けるのです。
――「今度の中間テストで〇位以内をとれば、ゲームを一本買ってあげる」

それはつまり馬に人参をぶら下げるようなもの。当然ながらゲーマーにゲームソフトをぶら下げればこれはもう効果てきめんです。

まさしく私のテスト勉強の目的は「いい点を取る」ことではなく、「ゲームソフトを買ってもらう」ことになっていました。

……とまあそれがいいことかどうかはさておき、そうして買ってもらったソフトはどれも輝いて見えたことは事実。どれもしゃぶりつくすような勢いでやりこみましたし、その面白さはようやく買ってもらえたという達成感と相まって、格別に感じました。真夏の仕事終わりにビールを呷って「んめえ!!」となる感覚ですw(伝わりますかね?)

「テストでいい点を取りたい!」、「少しでも順位を上げたい!」というような向上心の高いお子さんがいる親御さんは、目に見える報酬を与えることでその向上心を削いでしまう可能性がありますので、そこは注意が必要です。

一方で私の場合はそうした向上心はもともとほとんどなかった?ので、むしろゲームに対するありがたみをより強く感じられたという点でこの作戦を実行してくれた親に感謝していますし、ゲームを出汁にテスト勉強を頑張ることもできたので、この辺りは人それぞれかなと思います。

内発的動機付け+外発的動機付け=”モチベーション”と考えると?

もう少し話を掘り下げてみます。(ここからは私個人の考え方で、専門用語も私の意図を分かりやすく示すためにあえてそのニュアンスを変えている部分があります。)

形のある報酬を与えることは必ずしも悪なのか?というと、私はそうは思いません。
上に挙げた私自身の2つの例にしても、外発的動機付けが加えられたことで利益を得たことこそあれ、私が何か不利益を被ったことはないからです。それを裏付ける一つの例を考えます。

例えばある人のもともとの内発的動機付けが100だったとしましょう。
そしてそこに外発的動機付けが100足されました。そこでアンダーマイニング効果が発動し、内発的動機付けが50まで減少しました。

さてここで問題。
外発的動機付けが加えられなかった場合と加えられた場合で、どちらの方がその人のモチベーションが高いでしょうか?

これは簡単な話で、前者の場合は内発的動機付け100+外発的動機付け0なので、”モチベーション”は100となります。

一方で後者の場合は内発的動機付け50+外発的動機付け100なので、”モチベーション”は150となります。

要は内発的動機付けの減少量より外発的動機付けの増加量が多いのであれば、”モチベーション”の総量は増加することになり、動機の対象である目標を達成する可能性が高くなるのではないか、といった仮説が立てられます。

もちろん結果より過程が大事!という場合もありますし、外発的動機付けは内発的動機付けと比べてその持続性や質が低い傾向にありますので一概には言えませんが、報酬=悪では必ずしもないことは強調しておきたいと思います。

ゲーマーにとっての報酬

最後にゲーマーにとって報酬は何かということを考えてみます。
ゲーマーはゲームを自発的に購入してプレイします。先の例とは異なり、ゲームをクリアしても何か形のある報酬が得られるというわけではありません。

しかしながら、ゲームをクリアしたときに得られる達成感や旅の思い出、楽しさを共有する喜びは何にも代えがたいものがありますよね。まさにこれがゲーマーの得られる報酬であり、ゲームの持つ大きな魅力なのではないかと考えています。

逆にもしゲームをクリアしたら、〇〇円の賞金、なんていう仕組みが導入されてしまったら、プレイの目的が変わってしまうような気がするんですよね。

そんなわけで、ここまで長々と語ってきたことを踏まえると、ゲームをはじめとしたエンターテインメントはプレイヤー(利用者)の内発的動機付けに支えられているからこそ、純粋な楽しさを私たちに提供してくれているのではないか、と思いますね。

関連記事リンク:ゲームに必要な動機付けについて考える

注:私はeスポーツについてはまた別の話だと考えています。というのもあちらはゲーム=仕事となるので、それに対する報酬は不可欠だと思います。念のため。







プレイステーション ラインナップツアー2018の発表内容総まとめ!

2018年9月10日に実施された、PS4の最新ソフトラインナップが紹介されるライブショーイベント「PlayStation LineUp Tour」(プレイステーションラインナップツアー)での発表内容をまとめていきます!

タイトル数があまりに多いので個々のタイトルの説明はおおむね省略させていただきます。
なお、これが昨年までTGS直前に開催されていた「PSプレスカンファレンス」の代替的な発表会になるようです。



Project Awakening

サイゲームスによるハンティングアクションとファンタジーRPGを組み合わせたようなゲームが発表。



KINGDOM HEARTS Ⅲ

キングダムハーツ3の新映像が公開。
加えて「キングダムハーツVR EXPERIENCE」や、宇多田ヒカルさんのライブステージを体験できるVRコンテンツが今年冬配信であることも発表。



タイトル未発表

テイルズオブシリーズで知られるクリエイターである馬場さんが立ち上げた新スタジオ「スタジオイストリア」による新作がPS4向けに開発されている模様。スクウェア・エニックスがパブリッシャーとなるようです。

ファイナルファンタジークリスタルクロニクルリマスター

DSで発売されたFFCCのリマスタータイトル。2019年発売予定。

MONKEY KING HERO IS BACK

トレーラーが公開。

キャラバンストーリー

トレーラーが公開。

Dogfighter

ドッグファイトを題材としたフライトシューティング。2019年春発売予定。

Days Gone

トレーラーが公開。下記リンクのものではありませんので、実際の映像はアーカイブ映像をご覧ください。



GOD EATER 3

ゴッドイーターシリーズ最新作として開発中の3の発売日が2018年12月13日に決定。



荒野行動

スマホで人気のバトルロイヤルゲーム・荒野行動がPS4に登場。

Call of Duty Black Ops Ⅲ

トレーラーが公開。

EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN

地球防衛軍シリーズのスピンオフ的タイトル。発売は2019年となるようです。

GHOST OF TSUSHIMA

トレーラーが公開。

Death Stranding

既出映像をまとめたトレーラーが公開。

バイオハザード2:RE

トレーラーが公開。

SAMURAI SPIRITS

SNKの格闘ゲームシリーズ新作が発表。2019年発売予定。



Dead or Alive 6

人気格闘ゲームシリーズの最新作が2019年2月15日発売。



JUDGE EYES~死神の遺言~

セガの完全新規タイトルが発表。お馴染みの名越稔洋さんが登場。龍が如くシリーズとはまったくテイストの違う、連続殺人の謎を追う弁護士(木村拓哉さん)を主人公としたサスペンスドラマが展開される作品となるようです。2018年12月13日発売。また本日から体験版配信開始。



隻狼

昨年発表されたフロムソフトウェアの完全新規タイトル。発売日が2019年3月22日に決定。


LEFT ALIVE

昨年のカンファレンスで発表された新規タイトル「LEFT ALIVE」の発売日が2018年2月28日に決定。



GUNGRAVE GORE

2019年冬発売予定。



Red Dead Redemption Ⅱ

トレーラーが公開。



LOVE R

角川ゲームスのレコラブの系譜の新作が発表。2019年2月14日発売。



ACE COMBAT 7

エースコンバットシリーズ最新作のVRコンテンツ紹介。2018年1月17日発売。



ASTRO BOT Rescue Mission



VR専用の探索型アクションゲーム。2018年10月4日発売。

Déraciné(デラシネ)

寄宿学校を舞台として温かくもミステリアスな物語が展開される古典的アドベンチャー。フロムソフトウェアから11月8日発売。

ライアンマークス リベンジミッション

トレーラーが公開。



DEEMO

人気のリズムアクションゲームがPSVR対応。

FINAL ASSAULT



スペースチャンネル5VR あらかたダンシングショー

なんとスペースチャンネルが復活!



みんなのゴルフVR

みんなのゴルフがVRで登場。会場でも大きな”ゴルフボール”が出現w
2019年発売。

その他

最後に連続映像として数タイトルが紹介。
初出タイトルとしては「Focus on you」などが発表されていました。
(短い映像のため、現時点で詳細は不明です。)



ソフト発売予定・2018年9月13日週/シャドウオブザトゥームレイダー、Nintendo Laboドライブキットなど

先週に続き、注目タイトルが多めの週となっています。

パッケージタイトル

下記の商品リンクはすべてAmazonです。



探検家「ロロ・クラフト」が世界中の謎を解き明かす3Dアクションアドベンチャーシリーズの最新作がPS4/XboxOneで登場。本作では古代マヤ遺跡やジャングルの探索、野生動物や敵対組織との戦闘など、多彩なアクションを楽しむことができます。
主人公がどのように最強の探検家となったのか、その起源を描く3部作の完結作となっているそうです。



Nintendo Laboシリーズの第3弾が登場。
今回のテーマはドライブとなっており、車・飛行機・潜水艦を操縦して広大なフィールドの探索をすることが可能となっています。フレンドとのマルチプレイにも対応しているほか、マリオカート8デラックスにも対応しています。



大人気インディーゲームのUndertaleがついにSwitchでも登場。PS4/PSVITA版に続き、こちらもパッケージ版が発売されます。



週刊少年ジャンプにて連載されている人気コミックがPS4でゲーム化。
4vs4でチームを組み、魔法で戦う本格バトルアクションゲームとなっているそうです。



エクスペリエンスが手掛ける完全新規のホラーアドベンチャー第2弾となる本作。対応プラットフォームはPSVITA。
1999年の東京を舞台に、危険な非日常の世界で怪異や心霊と対峙することになるという物語が展開されます。個人的には前作「死印」よりも興味を惹かれる設定ですね。

ヒットマン ディフィニティブ・エディション - PS4 【CEROレーティング「Z」】
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
2018-09-13





「ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン」に加え、配信された追加コンテンツや新作コスチュームなどが収録された完全版がワーナーより発売。

【PS4】NBA 2K19
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
2018-09-11


人気バスケットボールゲームの最新作がSwitch/PS4/XboxOneで登場。XboxOne版についてはダウンロード専売となります。



オトメイトによる女性向け恋愛ADVの人気作がSwitchで登場。本編の「Code:Realize ~創世の姫君~」とファンディスクの「Code:Realize ~祝福の未来~」がセットになったお得パッケージです。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・レントフォーチュン
・おしゃべり!カケジョ!奪われたドットコインを追え!
・シャドウファイト2
・ワーウルフピンボール

<3ds>
・イモムシウォーズ

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
ウイニングイレブン2019は初動10.5万本と予想し、結果は7.5万本。PS4のみでの発売となった(前作まではPS3とのマルチ)こともあり、単独機種としては数字を伸ばしていて、まずまずの結果だと思います。ただワールドカップの効果は意外と限定的だったようですね。

またワールドエンドシンドロームは電撃集計でPS4版が1700本、Switch版が1500本、PS4版が1300本と合算で4500本程度というやや寂しい立ち上がり。希望的観測込みの予想は1万本でしたので、残念ながらそこには届きませんでした。ミステリーADVの完全新規作品をパッケージで出してくれる会社は今のご時世、そうそうありませんので、なんとか売れてほしいんですけどね…。私もレビュー記事などで微力ながら応援していきたいところです。

さて今週はシャドウオブザトゥームレイダーを初動3.5万本、Nintendo Laboドライブキットを初動2万本と予想。後者は夏休み明けであることもあり、初動は若干苦戦するのではないかとみています。

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年9月6日週

今週は12タイトルが配信。そして来週は現時点で4タイトルが配信予定。

今週の更新内容

2018年9月6日配信開始タイトル

 ・籠庭のクックロビン(1200円)
・Hyper Light Drifter スペシャルエディション(2500円)
・めんトリパズル(1200円)
・PLANET ALPHA(プラネットアルファ)(2150円)
・スパイダーソリティアF(500円)
・アイスクリームサーファー(800円)
・見性(1999円)
・Broforce(1500円)
・Wulverblade(ウルヴァーブレイド)(1980円)
・中華大仙(1200円)
・にゃんらぶ~私の恋の見つけ方~(2980円)
・アケアカNEOGEO ニンジャコマンドー(823円)


先週の時点で未公開だったタイトルとしては、西暦120年を舞台としたアーケード形式のベルトスクロールアクション「Wulverblade」、ド派手な2Dアクション「Broforce」、餃子やシューマイなど中華なものを狙う横スクロールシューティング「中華大仙」などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。

籠庭のクックロビン

怪物の巣と噂される古城で働くことになった少女・ロビンが、そこで徘徊する異形を目撃してしまうという展開の、実に面白そうなサスペンスホラーADV。マルチエンディングシステムとなっており、選択肢によって異なる結末をたどりながら、隠された真実を暴いていくことになります。
「だれがこまどり殺したの?」



PLANET ALPHA(プラネットアルファ)

色鮮やかな植物や巨大な動物が息づく惑星に一人取り残されてしまった主人公となり、惑星の謎を解き明かしながら脱出を目指すパズルアドベンチャーゲーム。美しく描かれた世界を探索できる上、ストーリー性も高くなっているようです。



Hyper Light Drifter(ハイパーライトドリフター)

どこか退廃的な世界観を持つ広大なフィールドを探索できる、ピクセルアートが特徴の2DアクションRPGがSwitchにも登場。

 


2018年9月13日配信開始予定タイトル

・レントフォーチュン(1592円)
・おしゃべり!カケジョ!奪われたドットコインを追え!(600円)
・シャドウファイト2(1500円)
・ワーウルフピンボール(300円)

配信タイトルのいくつかをご紹介。

レントフォーチュン

最大6人で楽しめるボードゲーム。家を建てたり競売物件を買ったりして、資産を増やしていくモノポリー的なゲームになっているようです。それにしてもストアの紹介ページの日本語が怪しいのが不安なんですが……(笑)



おしゃべり!カケジョ!奪われたドットコインを追え!

ワンボタンでプレイできるカジュアルなジャンプアクションゲーム。プロのダーツ女子プレイヤーたちがゲームキャラクターとなって登場しており、それにちなんでダーツショットのボーナスチャレンジも用意されているとか。




さて今週来週で気になるのは「籠庭のクックロビン」、「プラネットアルファ」の二本。
さすがに消化できそうにないので、今回は残念ながら購入が見送るつもりですが……。
というわけで以上今週のeショップ更新情報でした!

ゲーム雑記/2018年9月4日~ワールドエンドシンドローム、空気読みなど~

今日は簡単にゲーム雑記を書いていきます。

ワールドエンドシンドロームをプレイ開始!

アークシステムワークスからSwitch/PS4/PSVITAで発売された恋愛+ミステリーが楽しめるサスペンスADVである「ワールドエンドシンドローム」をプレイ開始。
まだ序盤ではありますが、いきなり謎がうごめいている感じの不穏な空気感が漂っています。

ワールドエンドシンドローム

「現代学園もの+サスペンス的な掴み」という点でいえば、今のところペルソナ4Gの序盤を彷彿とさせる感じでしょうか。どのような形で本格ミステリーが展開されていくのか、非常に楽しみです♪

さておき、まずは攻略サイトなどは見ないでマイペースにプレイしていこうと思っています。レビュー記事を公開予定ですので、もう少しお待ちくださいね。

ワールドエンド・シンドローム - Switch
アークシステムワークス
2018-08-30


大図書館の羊飼い本編を完全クリア!

Switch/PSVITAで発売された学園もの恋愛ADV「大図書館の羊飼い」の本編全ルートを読了。
まだファンディスクにあたる「ドリーミングシープ」が残っていますが、こちらもワールドエンドシンドロームと並行してプレイしていきます。

の羊飼い大図書館

……いやあ、それにしても面白かった。
ストーリーがすごく凝っているというわけでもありませんが、キャラクターの描写力が見事で、こんな甘酸っぱい青春を味わってみたかったと思うこと間違いなし。それは恋愛ということだけでなく、魅力的な仲間と大きな目標に進んでいくという部分ですね。

いわゆる便利屋的な存在「図書部」の活動がどんどんパワーアップしていく様子を、わくわくしながら楽しませてもらいました。

ちなみに本編クリアの段階で私が一番好きなのは「鈴木佳奈」ですかね。白崎さんや小太刀さんあたりとも悩みまくりですが(笑)



フェアリーフェンサーエフ ADVENT DARK FORCEがPS4のフリープレイに!

FFFADF

コンパイルハートの手掛けるガラパゴスRPGシリーズの一本。
科学文明が崩壊してから長らく経った後の世界を舞台としており、怠惰な性格の主人公が二人のヒロインと共に、女神と邪神の封印をめぐる戦いに巻き込まれていく、という内容だそうです。

見たところ非常に王道的な作品のようで、評判も上々。個人的に以前から興味がある作品でしたが、今回PSプラスのフリープレイに来てくれるということで、早速ダウンロードしました!

先月はクロバラノワルキューレをダウンロードしましたので、PS4でプレイする予定の(積んでいる)RPGが今月末の時点で5本になりそうです……(笑)(ペルソナ5、閃の軌跡3、閃の軌跡4、FFFADF、クロバラノワルキューレの5本です)
……やべー。



「みんなで空気読み。」をプレイ

GモードからSwitch向けに500円で配信された「みんなで空気読み。」をちょこっとプレイ。
1問数秒で終わるミニゲームを100問連続でこなし、どの程度空気が読めるか診断してもらえるソフトです。

空気読み

気の抜けたようなデザインでありながら、制限時間は意外と厳しく、テンポよく空気を読んでいかなければいけないところにゲーム性が生まれているちょっと不思議なタイトル。
長く遊べるような作品ではありませんが、おすそわけプレイにより二人でプレイすることも可能なので、一発ネタとして購入するのもいいかもしれませんね。

DmO24_5U8AAosW5
DmO2-i1U8AAHxXP
DmO47oIUUAA6bQy

それではあまり長くなってもあれですし、空気を読んで今回の雑記はこんなところで!

エンタメ最高マンの2018年9月の購入予定&気になるソフト!

私の今月の購入予定ソフト&気になるソフトを簡単にまとめます!
今月はやばいです。パッケージの購入は4本ですが、DL専売タイトルも含めると、ここ数年でもっとも時間が足りないかもしれません…(笑)

購入確定タイトル



シュタインズ・ゲート本編をフルアニメでリメイクした作品。
PS4/PSVITA版の特典「線形拘束のフェノグラム」はすでにプレイ済みのため、Switch版を購入予定。ラボメンたちとのタイムリープがどのように生まれ変わっているのか楽しみです!



布教の意味もあり、いつでも持ち運べるSwitch版を購入しようと思ってPS4版をあえてスルーした戦場のヴァルキュリア最新作。
シリーズの大ファンとしては待ちに待った完全新作、個人的に9月の大本命タイトルです!



DSで発売された「すばらしきこのせかい」がリメイクされてSwitchに登場。
以前から気になっていたものの、時期を逃してプレイしてこなかったので、今回ようやくプレイできるのが嬉しいです!

英雄伝説 閃の軌跡IV - PS4
日本ファルコム
2018-09-27


軌跡シリーズ最新作にして、エレボニア帝国編の最終作にあたる本作。
前作がまだ帝国編の完結作ではないと聞いたときから、本作の発売まで閃3をプレイするのを我慢してきました。だって気になってもやもやするのは嫌じゃないですか(笑)
余談ですが、私はアニメやドラマも最終回まで撮りためて一気に見たりしますw

購入確定のDL専売タイトル

戦場HD

戦場のヴァルキュリア4の発売と同時に配信される、Switch版「戦場のヴァルキュリア」。原点である第一作目のHDリマスターですが、4を購入するとなんと500円で購入できるということで、これはお買い得すぎる!!
戦場のヴァルキュリアシリーズは派生作である「蒼の革命のヴァルキュリア」も含めて全作品プレイしていますが、やはり1と3が特に名作だと思っています。まだプレイされたことがない方はぜひ手に取ってみてほしいですね!

Dies irae

伝奇バトルファンタジーADVとして有名な「Dies irae」がSwitchで配信。
Fateを彷彿とさせるかなり本格的な作品ということで、これはもう楽しみ!VITA版を待っていたのですが、結局発売されなかったので、ようやく現行機でプレイできますね♪

シークレットゲーム

デスゲームもののサスペンスADV。こちらも気になっていたものの手を出す機会がなかったもので、今回現行機に移植されるのはありがたいです!それにしてもSwitchに続々ノベルゲームが集まってきていますね。私が以前予想した通りですよ、にやにや。

関連記事リンク:ニンテンドースイッチにADV/ビジュアルノベルゲームは集まるか

リベリオンズ

シークレットゲームの続編となるリベリオンズも同じくSwitchで配信。
もちろんこちらも購入しますよ~。

気になるソフト



UndertaleのSwitch版。超がつくレベルの名作として知られる本作、こちらもなかなかプレイする機会がないのですが、いずれかの機種でプレイするつもり。おそらく来年以降になりますが…。



シリーズ作がかなり多くなかなか手を出せない作品ですが、定期的にプレイしてみたくなる…。こちらはシミュレーションRPGではなくアクションゲームとなっているそうです。

最後に

というわけで今月は現時点でパッケージ4本、ダウンロード専売4本の合計8本が購入確定。ダウンロード専売作品はいずれもパッケージタイトルの移植作ということで、ボリューミーなものばかりなのがまた大変です(笑)
これはプレイ順序の計画をしっかり立てないといけませんね。

それでは今月も素晴らしいゲームライフを!

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村