エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

2016年11月

ゲームソフト発売予定・11月10日週/PS4Pro本体、Fate EXTELLA(フェイトエクステラ)など

今週はついにPS4Proが発売。また年末商戦らしく、子供向けの3dsタイトルが目立つ週となっています。売上的にはFateを除いて小粒になりそうです。


FateシリーズのスピンオフとなるアクションゲームがPS4/PSVITAで登場。シリーズの垣根を越えて、16体のサーヴァントがハイスピードなアクションを繰り広げるのだとか。Fate Extraの世界観を引き継ぎ、聖杯戦争のその後を描いた物語になっているそうです。

私はフェイトシリーズはフェイトステイナイト、フェイトホロウアタラクシアをプレイしていて、世界観や雰囲気は大好きなので本作にも興味を持っています。濃いファンタジーが好きな人にはたまらないシリーズですね(笑) 公式サイトはこちら。

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス
2016-11-10





PS3で人気を博したオープンワールド形式のRPG・スカイリムがPS4/XboxOne向けに登場。リマスター作品となる今作はPS4Proにも対応し、4K画質で美しい世界を冒険できるとのこと。またダウンロードコンテンツも収録されているなど追加要素もあるそうです。

本作は強大なドラゴンと、それに立ち向かう戦士・ドラゴンボーンにまつわる物語が展開され、クエスト形式でストーリーを進めていくタイプの作品となっています。公式サイトはこちら。


ジャンプの人気ギャグコミックが3dsでゲーム化。本作は超能力をテーマにしたサイキックアクションということで、暗殺教室の3ds版のヒットに続けるかが注目されそうです。公式サイトはこちら。

これ以外に3dsでは、

・プリパラ めざめよ!女神のドレスデザイン
・ベイブレードバースト
・リルリルフェアリル キラキラ☆はじめてのフェアリルマジック♪
・ピカピカナース物語 小児科はいつも大騒ぎ

といった低年齢向けゲームが続々登場します。

またこれ以外にPSVRでは注目作・イーグルフライト(ダウンロード専売)初音ミクVRフューチャーライブ2nd Stage、PS4/XboxOneではメタルギアVグラウンドゼロズ+ファントムペインのセットパッケージ、ボコスカウォーズ(ダウンロード専売)が発売されます。

来週はついにポケモンサンムーンが発売。ポケモンGOの効果を受けてどこまで売り上げを伸ばすのかに期待がかかりますね。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-10

Miitopia(ミートピア)ダイレクトが11月5日に放送決定!予告編体験版配信中!

1478104229380[128]
ミートピアは任天堂が贈る完全新規タイトル。これまではその作品名と、発売が年内であること以外は不明。まさに謎に包まれていましたが、ついにその片鱗が公開!

まず本作の発売日は12月8日。税抜4700円とのこと。 

そしてなんと神木隆之介さんが出演するミートピアダイレクトが2016年11月8日(土)20時から放送されることが発表されました。
新規タイトルにしてはかなりの力の入れようで、今年の年末商戦の目玉として考えているようです。

そんなミートピアですが、3dsで予告編なる簡易の体験版「好きなMiiで見るMiitopia」が配信されています。予告編とある通り、プレイヤーは操作ができず映像を見られるだけなのですが、その映像は自分の選んだMiiが演じる形となっています。
(Miiとはいわゆるアバターのようなもので、3dsの内蔵ソフトで作ることができるキャラクターのこと) 
1478104219756[127]
 それを見ると、本作の雰囲気は大体つかめるかと思います。
1478104244607[129]
1478104253507[126]1478104330979[135]
魔王の顔が気持ち悪い(?)のは、私が30秒くらいで作った適当なMiiを配役してしまったからですw
1478104308451[133]
1478104319836[134]
他にはコナンネタで阿笠博士と毛利小五郎をそれぞれネコ / まほうつかいで配役。特に深い意味はありませんwそれにしても阿笠博士のこの「フィットしていない感」がすごい(笑)
1478104263817[130]
Mii同士の関係によって行動が変わるようなことが予想されます。実際友情編では「好き行動」として”てだすけ”や”かたきうち”、「ムカムカ行動」として”大ゲンカ”などが登場しています。
1478104298519[132]
呆気にとられるMiiたち。やっぱり博士がシュールすぎるw
Miiってなんだかんだ表情豊かです。
1478104287593[131]
雰囲気としてはMii同士がコミュニケーションをとって寸劇を繰り広げ、そこでの関係をもとにバトルでのスキル(?)を得る。それを用いて冒険をするといった感じのゲームになっていそうです。
あくまで個人的な印象ですが、すれちがいMii広場+ともだちコレクションという感じですかね。

もちろん製品版では操作ができ、RPGのような作品として楽しめるみたいですね。(もしかしたらアクション?)
その辺の詳しい情報はダイレクトを楽しみにしたいと思います。

ちなみに予告編ですが、今後アップデートによってマスコットキャラクターである「ネコ」が活躍する映像も配信されるそうです。ネコはかわいらしいMiiを設定することをおすすめしますw
またMiiをインターネットで共有する機能も追加されるのだとか。


ということでなかなか変なソフトをまた出してきますねwある意味では任天堂らしいタイトルともいえそうですがw興味のある方は予告編で自分の選んだMiiが繰り広げる、謎の予告編を見てみてくださいね。


ニンテンドースイッチ版スプラトゥーンに期待すること

先日から何度か書いている通り、ニンテンドースイッチにスプラトゥーンの新作(もしくはアップデートバージョン?)が登場するのはほぼ間違いありません。
(スイッチについて詳しくは別記事にて、またスプラトゥーンのS+攻略記事はこちら

ここでは仮にスプラトゥーン2と呼びますが、二作目が出る際、個人的に期待する要素をまとめてみました。上から順番にハードルを上げています(笑)

新ステージの追加 
これはあって当然という感じですが、最低でも5種類。完全新作の続編なら10ステージ+αは欲しいですね。 やはりスプラトゥーンはステージによって全く立ち回りが変わってきますから。

新武器種の追加
シューター、チャージャー、ローラー、ブラスター、スピナー、 スロッシャーの六種類の武器種が登場していましたが、ここに二種類くらい追加してほしいですね。既存の種類についても、武器自体のラインナップも増やしてもらえると嬉しいところです。(スペシャルウェポン・サブウェポンの種類を含む)

ストーリーモードの拡充
一作目ではストーリーモードのボリュームは多いとは言えませんでした。もっともその分濃密な仕上がりにはなっていましたが、もう少し長くてもいいかなと思います。具体的には一作目の二倍くらいは欲しいところでしょうか。

新ルールの追加
一作目ではガチエリア、ガチヤグラ、ガチホコの3つのルールがガチマッチで楽しめました。新作ではここに最低でも2つくらい新ルールを追加してほしいと期待しています。

<私が勝手に考えた妄想ルール>

ガチハイド

一人リーダーがあらかじめ自動的に決まり、そのリーダーを倒したら勝ち。いわゆるかくれんぼ的なルールです。リーダーは物陰などに隠れ、ほかの味方がリーダーを守りつつ相手のリーダーの撃破に向かう。ガチホコではカウントリードしている際に、敵から隠れて味方が守るというような構図になることがありますが、それを一つのルールにしてみても面白いんじゃないかと。

ガチシュート

ボールのようなものを相手陣地のゴールにシュートできたら勝ちというルール。「運ぶ」という要素はヤグラやホコとも似ていますが、このルールではボールを味方にパスできるというのが特徴。いわゆるバスケットボールの要領で、お互いボールを奪い合うというのも楽しそうだと思います。

上の二つの妄想ルールは実装するのにいくつか難点もありますが、いかがでしょう?私の浅知恵よりもっと素晴らしいルールが出てくれば、それはもちろんその方がうれしいですけどねw
ただ新ルールなしは寂しいので、何かしら追加してほしいところですね。

キャラの追加
前作から言われていることですが、ぜひプレイアブルキャラを増やしてほしいですね。ボーイ、ガール以外にタコゾネスや作品内の各店主なんかも使えたら面白いw

新モードor新システムの追加

ガチ、ナワバリ以外の何らかの新モードが追加されたらうれしいですね。または新システム。例えばインクレールをオンラインバトル中に使えるとか、相手を攻撃するオブジェを仲間にできるとか。この辺はあまりやりすぎると、既に完成されているといっても過言ではないスプラトゥーンのゲームバランスを壊しかねないので、慎重さは必要だとは思いますけどね。


ということで結構わがままな期待をたくさん書きましたw
ユーザー側は気楽に意見を言うだけなので、開発する人たちの苦労を知らずにハードルの高いことを言っているかもしれませんが、それだけ期待が大きいということでもあるので。
予想を超えるものが出てくると最高ですね。

とにかく正式発表が待ちきれません。楽しみです!
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村