先週に引き続き、アニメオリジナル後編の感想となります。
以下ネタバレを含みますのでご注意ください。

まずOP映像は特に変更ありませんでしたね。
まあ、予想通りですが、少し残念。

それはさておき、中身の感想です。
まず前編で断崖から転落したコナンと狙われる男。
先週予想した通り、ボール射出ベルトで助かった、というオチでした。
うーん、なんとも普通(笑)もう少し凝った展開を期待していたんですけど・・・。
というか、コナンはいつでもあれを身に着けているんですかねw(まあ必ず何かしら遭遇するのだから必需品か・・・)

感情を一番表に出して心配していたのは蘭と歩美、そして小五郎。
小五郎はこういう本音を出すときがいいんですよね。捜索は明日の朝からと言っていた警部に今から!!と懇願するシーンはよかった。
(でも目暮警部はちょっと冷たいのでは・・・?(^^; 原作だったらもっと焦っていると思うんです。)

一方灰原はクールで、あまり気にしないように見せかけながら、「見つかっていないのだからまだ!」と自分を鼓舞して、一人でコナンの捜索に向かっています。
こういう姿を見るとやっぱり、「あー、灰原っていい子だなあ」って思うんですよね。そしてやっぱりコナンのことが好きなんだと。

さてコナンたちが助かってからは急展開。
ゾロが次に狙う場所が判明し、コナンたちが先回り。
あんな危ない現場で小学生と、命を狙われた重要な人物を真っ先に矢面に出す警察に笑ってしまいましたよw

話としてはゾロたちがあっさりとお縄になっておしまいと思いきや、もう一幕。
なんとコナンが助けた男、実はゾロ達の金を奪うために、家族の写真をでっち上げていたんですね。
コナンが命がけで助けてあげたというのに、何の反省もしていないとは、これはもう救いようがありません。

そんなわけで内容自体は非常にシンプルかつ、特に推理要素もなし。
コナンのピンチと、周りのキャラの反応を楽しむ回だったということでしょう。
エンディング後の追いかけまわされるコナンは気の毒ですが、心配させられた方はたまったもんじゃないでしょうからね。全員に高級うな重をおごったれ(笑)

さて次回はデジタルリマスター再放送。
初期に放送された「資産家令嬢殺人事件」が前後編の形で二週にわたりプレイバックされます。次回予告の神谷明の小五郎に「やっぱりいいなあ」としみじみ。
小山さんが悪いわけではないんですけど、個人的には小五郎としてはちょっと二枚目ボイス過ぎる気がしてならないのです。

ともかくストーリー自体も名作ですから、次回も楽しみにしたいと思います。

スポンサードリンク