今週も新作は少なめ。
引き続き静かな動きとなりそうな週になっています。


 旧チュンソフトによる名作サウンドノベルアドベンチャーとして知られる、かまいたちの夜を大幅にリメイクした作品である本作。5pb.からPSVITA向けに発売されます。

影のようなシルエットでキャラクターが表示される原作に対し、本作では「車輪の国 向日葵の少女」や「G戦場の魔王」といった人気ADVでキャラデザインを務めている有葉さんがキャラ絵を担当。ボイスも実装され、今風の作品へと生まれ変わっています。

隔絶された雪山のペンションで起こる連続殺人もので、いわゆるクローズドサークルミステリー。私の飛びつくジャンルとなっていますw追加シナリオとして、「ひぐらしのなく頃に」で知られる竜騎士07さんによる新規のエピソードも準備されているなど、ボリューム感たっぷりとなっているようです。

もともとの想像を掻き立てるような作風とは大きく転換したリメイクということで、賛否が分かれているところはありますが、原作未プレイの私としては大歓迎。キャラクターデザインも非常に好みです。また5pb.ということで、シュタインズ・ゲートの原作者・志倉千代丸さんの楽曲も楽しみですね。もちろん購入してレビューする予定です!
公式サイトはこちら。


ユービーアイソフトによる新作アクションゲームがPS4/XboxOneで発売されます。
本作では3つの勢力・12人のヒーローから好きなキャラクターを選んでプレイすることになりますが、注目すべきはその勢力に侍が含まれていること。

ナイト、ヴァイキング、そして侍の3つの兵種が用意され、激しい剣戟アクションが繰り広げられるという、銃によるシューティングが目立つ海外作品の中でも異色な内容となっているようです。

キャンペーンモードに加えて収録されるマルチプレイモードでは、ドミニオン・ブロウル・デュエル・スカーミッシュ・エリミネーションという5つのルールが存在し、それぞれでまた違った戦略が求められることになりそうですね。
公式サイトはこちら。


三国志13がシリーズ最高のパワーアップを遂げると銘打たれている本作。
イベントの大幅拡充、新シナリオの追加、英傑伝ステージの追加、史実武将や勢力の編集機能に加え、イベントの編集機能なども追加されているそうです。

対応プラットフォームはPS4/XboxOne/PS3となっていますが、2017年3月30日にはニンテンドースイッチ版も発売される予定です。
公式サイトはこちら。


第二次世界大戦で活躍した兵器が”可愛い乙女”の形で登場する、いわゆる擬人化された兵器の少女をテーマにした物語が展開されるシミュレーションアドベンチャーゲームの第三弾となる本作。

対応プラットフォームはPS4/PSVITAで、収録されているルートは3つ。日本ルート、ドイツルート、連合ルートで、それぞれまったく異なるストーリーとなっているそうです。またシミュレーションパートはフル3Dとなっています。
公式サイトはこちら。


2016年にPSVITAで発売された「デジモンワールド-next 0rder-」。そのPS4向け移植タイトルが本作です。

画面解像度がフルHD化され、フィールドグラフィックも改修。また育成可能なデジモンの数・イベントが追加(イベント追加は30以上だとか)されるほか、ゲームバランスも一部調整されています。

異世界の様々なフィールドを探索しつつ、230種類を超えるデジモンたちを育成していくRPGで、据え置き機で文字通り腰を据えて遊ぶのに適したタイトルと言えるかもしれません。
公式サイトはこちら。


オトメイトブランドの女性向けADV。ヴァンパイアが殺される謎の事件が起こるというファンタジー世界が舞台となっています。
公式サイトはこちら。

<これ以外に発売されるタイトル>

・ヘイローウォーズ2 アルティメットエディション XboxOne

(ダウンロード専売)
・スバラシティ 3ds
・ドラゴンシンカー 3ds
・ヨイヤミドリーマー PS4
・アーケードアーカイブス ミュータントナイト PS4

などが発売されます。

スポンサードリンク