1.アークシステムワークスがワークジャム関連の事業をエクスプライズから譲受

ワークジャム関連のタイトル事業がアークシステムワークスに譲受されることが判明しました。
具体的な対象タイトルは、「探偵 神宮寺三郎」シリーズ、「テレジア」シリーズ、「謎の事件簿」シリーズ、「こねこのいえ」シリーズなどだそうです。

各シリーズがどんな作品か簡単にまとめると、

「探偵 神宮寺三郎」・・・ハードボイルドなサスペンスADV。ゲーム機向けソフトやアプリなどで多数展開されている人気シリーズ。

「theresia-テレジア-」・・・サバイバルホラー要素のある脱出ADV。閉ざされた施設の中、トラップをかいくぐり、アイテムを用いて脱出を目指す。猟奇的なトラップやシナリオも魅力。

「謎の事件簿」・・・探偵 神宮寺三郎シリーズから派生。独立したシリーズとなる。

「こねこのいえ」・・・三匹の子猫を操り、お世話になる桐島一家の様々なトラブルを解決していく謎解きADV。ほのぼのとした世界観が特徴。

私は神宮寺三郎シリーズはdsで何作品かプレイしましたが、いくつか種類があったのと、プレイしたのがだいぶ昔なので中身はほぼ覚えていません・・・(笑)
ただハードボイルドな空気感で、シナリオも面白かったということだけは覚えています(^^;)

そんな神宮寺三郎シリーズの最新作が3dsで発売されることが決定しました。
探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK」です。
30周年の記念ソフトということで、同じく3dsの前作「復讐のロンド」から実に5年ぶりの新作ということになります。

また同時にスマホ向けに過去作のリメイクを随時展開することも発表。
ワークジャムからアークシステムワークスが権利を引き継ぐということで、これまで以上に活発なシリーズ展開が期待できることになります。テレジアシリーズなども復活する期待が高まりますね。

2.蒼の革命のヴァルキュリアを簡単レビュー!
1486471394586[1022]
まだクリアしたわけではない(というかまだ半分にも到達していません(^^;))のですが、ここまでの感想をいくつか箇条書きで書いていきたいと思います。(公式サイトに書いてある以上のネタバレはしていないつもりですが、念のためご注意ください。)

シナリオ・世界観

小国であるユトランドが、ルーシ帝国を中心とした列強の経済封鎖に対抗すべく起こした、戦争がテーマのファンタジー世界は非常に魅力的です。(というか個人的な趣味どストライク。)まさに戦場のヴァルキュリア1,3のガリア公国と帝国の戦いを彷彿とさせます。

一方でそんな王道な印象の中、”主人公たちが大罪人となる結末”があらかじめ歴史として残っているという設定は非常に特殊。救いのある展開になることを期待しつつ、先が気になるストーリーとなっています。

戦闘システム

バトルシステムはアクションとコマンドを混ぜ合わせたような内容で、戦場シリーズの”ブリッツ”システムとは良くも悪くも大きく異なります。

戦場シリーズはどちらかというとアクションにシミュレーション要素を色濃く混ぜたようなシステムでしたが、本作はシミュレーション要素はだいぶ弱くなりました。その理由は操作キャラの行動限界がないことによります。

一方本作では攻撃の手段を咒術(いわゆる魔法のようなスキル)、通常攻撃、銃撃などから選択して戦う、コマンドRPGライクなシステムなんですね。これはこれで楽しいと思いますが、戦場シリーズのような戦闘を期待されている方は注意が必要です。

インターフェース、キャラクターなどそのほかの要素

キャラクター、音楽、背景グラフィックスなどはいずれもいい感じだと思います。ただ登場キャラや固有名詞が幾分多いので、覚えるまで混乱してしまうことはあるかもしれません。
インターフェース面で一つ注文をつけるなら、メニュー画面はいつでも開けるようにしてほしかった、というところでしょうか。

総評

まだクリアしたわけではないので何とも言えませんが、感触はけっこういいですね。
全体的に低評価が目立っているのは、タイトルに”ヴァルキュリア”を冠したことで、戦場のヴァルキュリアの続編としての期待が大きかったからということが挙げられるでしょう。

また本作は基本、「イベントを見る→出撃→イベントを見る→イベントを見る→出撃→・・・」という形で、イベントを見ている時間の比率が大きいことが特徴です。

そのため自由に操作ができる時間が短めですので、ゲーム性が思ったより低いことに対する不満の声が出るのも理解できます。

ただ私個人としては、その分かなり濃密に物語を描いてくれているのが分かるので、むしろこの仕様を好意的に捉えています。(というか戦場シリーズはもともとこのスタイルでしたしね。)

ここからどのような結末になるか次第で評価もがらりと変わりそうな作品ではありますが、少なくとも今の時点で私は蒼き革命のヴァルキュリア2が出ればまた買いたいと思えるくらいに楽しめています。(戦場のヴァルキュリア4もお願いします。)

3.個人的近況報告など

ここ一週間ほど多忙でして、ブログの更新もサボり気味?(いつもと変わらない?)だった気がするような、しないような感じでしたが、ようやく一段落したところです。

ということでファイアーエムブレムヒーローズをいざダウンロードしようと思ってアプリストアを見てみたら・・・

私の端末はサポート対象外\(^o^)/

古いスマホをいつまでも使っているツケですね・・・。残念ながら今の時点では機種変更の予定はないので、当分プレイできなさそうです。
ちょっと悲しいですが、4月20日に発売されるファイアーエムブレムエコーズの方を楽しみに待つことにしますw


スポンサードリンク