エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

ハンティングアクションの新たな進化!討鬼伝極・討鬼伝2

(2の感想を中心に多少追記しています。)

この記事では討鬼伝シリーズを取り上げます。2のプラットフォームはPS4/PSVITA。

討鬼伝(第一作)
討鬼伝極(第一作のリメイク+大幅なボリュームアップ版。これをやれば無印版をやる必要はありません)

討鬼伝2(第二作)

1471140141711 [45390]

コーエーテクモゲームスが贈るハンティングアクションゲームである本シリーズ。ハンティングアクションと言えばモンハンがその先駆け的な存在ですが、そのゲーム性は勿論大きく異なります。

まずは討鬼伝シリーズがどんな作品なのかということから。
  
<その1 とにかく鬼を狩る!>
1471140165775 [45392]
↑依頼を受けてその依頼の鬼を狩るという流れですね。ただし2ではストーリーに合わせた目的地に行くとストーリー上の鬼が出現するという形に変更されています。

1471140198323 [45393]



モンハンがモンスターを狩るのと同じで、討鬼伝ではその名前の通り鬼を狩ることになります。鬼は初作はその種類が少なかったのですが、極では倍ほどに。そして2では極と同じくらい新規鬼はいますが、リストラされた鬼もいます。世界観は純和風です。

<その2 ストーリーがある!>
 
1471140293248 [45394]
 
鬼に襲われる里を舞台に、魅力的なキャラクターたちの紡ぐ物語が展開。キャラクターも魅力的です。

<その3 戦い方のカスタマイズ>

これもモンハンと同じで豊富な武器種(双剣や鎖鎌、弓や銃など。2では鞭や盾剣が追加されています)から好きなものを選びます。
ですが討鬼伝とモンハンの違いはここから。討鬼伝ではミタマという歴史上の人物の魂も装備します。
ミタマにも種類があり、回復特化のミタマや罠を仕掛けられるミタマなど、ミタマによってさらに戦闘のスタイルが変わるということになります。
さらにミタマは同じスタイルでもそれぞれ持っているスキルが異なります。ですから自分の戦い方にあったミタマをゲットして育てていく、いわばハクスラのような楽しみ方ができるんです!



単純なモンハンクローンとは一線を画したこのシリーズ。2ではマップがオープンワールドとなり、さらに進化を遂げています(ただこれについては面倒な要素が増えたと感じる方も多いようで賛否あります)

ここでは討鬼伝極をベースにしたレビューをしたいと思います

<レビュー>

おすすめポイント

スピーディーなアクション
いちいちモンハンと比べてしまい恐縮ですが、討鬼伝はどちらかというとシンプルな操作で豪快にプレイすることが可能です。ミタマの選択によってアクションの感覚も大きく変わるのもとても良いですね。またミタマで回復をするので、回復アイテムなどは一切不要です。つまり出発前の準備はほとんどありません。

部位破壊の気持ちよさ
必殺で必ず部位を壊せるなど、本シリーズはとにかく部位破壊をしまくります。部位破壊したときのSEやグラフィックも作り込まれていてとても爽快です。

ハンティングアクションなのに物語が重視されている
アクションメインとなるとストーリーはおろそかになりがちですが、討鬼伝ではストーリーも作り込まれています。仲間の過去や戦いで得た絆。鬼の行動の理由や里の存亡など考えさせられるストーリーになっています。

仲間が強い
モンハンのオトモのアイルーと違い、このシリーズでは一人プレイでもキャラクターがついてきます。そしてこれがまた強い。放っておいても倒してくれるんじゃないかと思うほどですねwアクションが苦手でこういうのは・・・という方でも全く問題なくプレイできます(一人でやらなくてはいけないものもいくつかはありますが)

通信プレイが楽しい
通信協力がハンティングアクションの醍醐味。本作でもそれは健在です。
このシリーズは力尽きても仲間が時間以内に助けてくれれば復活できますので、モンハンより気楽です。その分助けた時、助けてもらった時に協力していることを実感できます。

和風の世界観・美しいグラフィック
平安時代風のマップや戦国時代風のマップなど日本の歴史を感じさせる素晴らしい作り込み。景色を眺めているだけでも楽しいくらいです。
またキャラデザも素晴らしく、愛着がわくこと間違いありません。個人的には無印・極では桜花が、2では椿がお気に入りです。

(追記・2に関して)

鬼の手が非常に爽快!
タイミングよく鬼をつかんで転ばせたり、鬼に飛び掛かって空中での攻撃を決めたり。立体機動のようなアクションが楽しめるようになりましたし、さらに爽快なアクションが可能となりました。

また部位の完全破壊ができるようになり、完全破壊をするとその部位が再生しなくなりました。これにより特定の部位を破壊するごとに鬼の行動が大きく変わるという仕組みが導入されています。これはなかなか新鮮で、非常にいいシステムだと思います。一つ気になったことは破壊後の行動の方が手強い鬼が多かったことでしょうかね(汗)。

相変わらず魅力的な物語
鬼内とサムライによる二つの勢力間での争いを軸に展開されるストーリーはかなり引き込まれました。鬼と戦うことだけを描くのではなく、人々の感情や歴史を生かして物語が語られています。個人的に大好きな九葉が活躍するのもうれしかったですねw


減点ポイント

・鬼の種類が少ない(1無印と極)
ここはやはりモンハンには敵いませんね。増えたとはいえ、あと五匹くらいはほしかったです。ただし2ではあまりそれは感じませんでした。新規の鬼が多かったからだと思います。(極からリストラされた鬼も案外目立ちますが)

・鬼が固い(1無印と極)
鬼はある程度攻撃しないとダメージが通るようにならないという仕様もあり、けっこうな硬さです。一戦一戦が長くなりがちなので好みが分かれる可能性があります。(これは2ではあまり感じませんでした。表層体力が大幅に減らされているからかと思います。)

(追記・2に関して)

オープンワールドのマップだが密度は低め
どうしても広いマップにするために従来のマップを薄めた感じが目立つ部分がありました。また瘴気の出ているところでは行動限界にならないよう、浄化ポイントに直行せざるを得ないため、探索の自由度や楽しさを損なっているような気もしましたね。
奥地で珍しい鬼と出会ったりする楽しさはありましたので、次回作でぜひさらなる進化を遂げてほしいです。


ということでこのシリーズ。ハンティングアクションというジャンルに新たな風を吹き込んでいることは間違いありません。
まだプレイされたことがない方はぜひ、まず極をプレイしてみてくださいね。

討鬼伝2
コーエーテクモゲームス
2016-07-28






二つの視点で物語が180度反転!ルートダブルは驚異的な完成度のサスペンスADV!

1479644950907[505]
この記事ではROOT DOUBLE Before Crime After Days Xtend Edition(ルートダブル ビフォークライムアフターデイズ エクステンドエディション、タイトルが長いですねw)をご紹介していきます!
公式サイトはこちら。

本作はイエティよりXbox360向けに発売されたSFサスペンスADVを、PS3向けにリメイクしたタイトルで、同様の内容のPSVITA版もダウンロード専売ではありますが発売されています。

シナリオを手掛けるのは傑作として名高いEVER17などで知られる中澤工さん。

原子力生物学研究機構第6研究所(通称ラボ)で起きた原因不明の爆発事故に巻き込まれた救助隊や高校生の脱出劇と、その裏で起こる数々の不可解な事件の真相に迫っていくサスペンスノベルゲームとなっています。

この作品の特徴として挙げられるのは大きく分けて二つ。

一つ目は本作は選択肢によってストーリーが分岐する典型的なテキストADVではなく、かなり特殊なシステムが導入されていること。

二つ目はタイトルにある通り二つのルート、二人の主人公によって別の目線でストーリーが語られ、どちらを先にプレイするかによって物語やキャラクターへの印象が180度変化すること。 (個人的にはA→Bの順を断固としておすすめします!)

以下これらの特徴を踏まえて詳しくレビューをしていきたいと思います。ネタバレにならないように配慮して書いているつもりですが、未プレイの方は念のためお気を付けくださいね。

<おすすめポイント>

先が読めずハラハラが続くA(アフター)ルート

アフタールートの主人公は笠鷺渡瀬。ラボで起きた爆発事故を受けて出動した特別高度救助隊・SIRIUS(シリウス)の隊長です。
1479644959368[506]
救助活動の最中にラボに閉じ込められてしまった彼らレスキュー隊は、要救助者を探しながら、放射線や火災などといった死の危機が迫るラボからの脱出を図ります。
1479644977941[508]
↑ラボ内のマップ。この構造を見るだけでわくわくしてしまうのは私だけでしょうかw

このルートの肝となるのは笠鷺の記憶が喪失していること。これが物語にどのように関わってくるのか、推理しながら楽しめるのが素晴らしい。決死のサスペンス劇が全編通して繰り広げられるルートです。

キャラ同士の掛け合いで作品の世界観が語られるB(ビフォー)ルート

ビフォールートでの主人公は天川夏彦。こちらはラボでの爆発事故以前の時間軸の物語が展開されます。
1479644967896[507]
事故前ということに加え、主人公が高校生ということもあり、こちらのルートは打って変わって学園もの風のADVとなっています。もっともただ単純に学生生活を描くのではなく、後の事故につながっていく「自動車事故」、「能力者・コミュニケーター」、「謎の転入生の登場」など、様々な伏線を張るルートということになります。

一介の高校生たちが(異能を持ってはいますが)どのような経緯で事故に巻き込まれたのかが丁寧に描かれたルートで、キャラたちの日常を楽しみながら世界観を理解することができます。

視点が変わると物語の意味が変わる! 

それぞれの視点を見ると、キャラ一人一人がどのような信念をもとに行動を起こしていたのかが明らかになっていきます。それまでとイメージがまるで変化するキャラも。そしてそれが物語の全貌を解き明かすカギとなっていく。このカタルシスはどこでも味わえるものではありません。本作を強くお勧めしたい理由の一つとなっています。

圧倒的な伏線回収と、キャラの背景の作りこみ

これはネタバレになるのであまり細かいことは言えません。しかしラボ内で起こる不審な事件の数々、爆発事故の真相、ラボ自体に隠された秘密、各キャラの不可解な行動・言動など、のめりこんで結末を知りたくなってしまうような魅力的な謎が作品全体に散りばめられています。そしてそれがラストにかけて鮮やかに回収される。 まさに期待通りの盛り上がりとなること間違いなし!信じられないような真実も!

またキャラ全員の掘り下げがすごく、これだけの密度をよく一本のストーリーにしたなと感心してしまいます。無駄のない設定が非常に心地よかったですね。

分岐を決定するセンシズ・シンパシィ・システム 

上述した通り、本作は選択肢がありません。物語の分岐は場面に応じてどの登場人物に共感するか、それを数値として入力することで決まります。
1479644987092[509]
どちらの人物を信用するか、どちらの人物の意見を採用するかなど、まるで自分が本当に選択を下しているような臨場感でストーリーを楽しむことができます。
またクリア後はアンサーモードで答えを自動的に入力してくれる機能が解禁されますので、未読パートの回収はそれほど大変ではありません。 
1479645006058[510]
間違えた選択をすればバッドエンドへ。かなりの種類のバッドエンドが用意されています。

<減点ポイント>

・システムが面倒に感じることも

上記の分岐システムはどのような数値にするのが正解なのか手探りで試してみなければならないため、ストーリーが気になる!先を読みたい!という時には面倒に感じることもありました。私自身攻略サイトを見ながらプレイするということも何度か。 先が気になる展開だけに、システムの煩雑さを感じてしまうのかもしれません。


というわけで、ここまで絶賛してきたルートダブル。ボリュームも30時間以上の大ボリュームです。
アドベンチャーゲームが好きな方、サスペンスフルで謎多きストーリーが好きな方には全力でおすすめしたいですね!
またテキストノベルはあまり・・・という方もその世界観に惹かれるなら購入して損はしないと思いますよ! 

 

名探偵コナン第840話「最後の贈り物」感想

1471089233763 [40934]
今週のコナンもアニメオリジナル。しばらくアニオリが続いていますね。
脚本は扇澤延男さん。最近は消えたフィアンセ、二度死んだ男(前後編)などを担当。かなり扇澤さんの頻度が高くなっていてうれしいですw
以下ネタバレしていますのでご注意ください。

~OP

頓比町(とんころちょう)での殺人のニュース。米花町に杯戸町に頓比町。町の名前の癖がすごいw

小五郎がTVに映った美人の被疑者に反応しています。てっきりきれいな人だからかと思ってしまいましたwさすがに小五郎さんもそこまで見た目だけで判断しませんよね(汗)

OP~

関係ないですが今回のOPは引っ張りますね。年内はもう変更せずにB'zのまま行くんでしょうか。

警察にやってきた小五郎。
TVに映っていた広瀬さんを犯行時刻の八時に米花町で目撃していたのだと。

アクロバティックな回転で転んでいましたね、小五郎。足つまずいただけなのに腰から落ちるのはすごすぎるw

広瀬さんはアリバイ証人として現れた小五郎に対して「驚いて戸惑って悩んで喜んだ」。
喜怒哀楽見せすぎです、広瀬さん(笑)ポーカーフェイスを身に着けてくださいねw

ということでアリバイが証明され釈放された広瀬さん。
一方でコナンは納得がいかない様子。
蘭は何をしに広瀬さんは米花町に来たのかを調べるように頼まれる。いったいどうやって調べるんでしょうね??

被害者の腕時計が工作ではないかと疑うコナン。
でもそれなら犯行を認めるのはおかしいと小五郎。

二人でなんだかんだ仲良く捜査していますねw高木も二人を当たり前のように現場に迎えていますしw
ふつうに考えてコナンが入るのはおかしいでしょうにw

そんな中別のアリバイ証人の存在を発見してきた蘭。なかなかの捜査力。おっちゃんより優秀なんではないでしょうか?()

そして蘭が珍しく自分の推理を披露!これはレアシーンですね。女心からの、女性ならではの目線の推理でした。もっとも結果的には外れでしたが・・・。
蘭ももっとこんな感じで推理を話すシーンがあってもいいと思います。

その後真相に気が付いたコナンは証拠探しでゴミ箱に顔を突っ込んでます。かわいいけどさすがに汚いw
事件解決のためならどんなことでもするコナンw

証拠を見つけたコナンはまたいつもの通り小五郎を眠らせて推理ショー。
犯人は広瀬さんで、自分は殺人の罪をかぶるつもりだった。アリバイを作ったのは自らの犯行から逃れるためではなく、唯一のアリバイ証人になるはずだった元カレの松林さんに負い目を与えるため。

また回りくどい復讐ですねえ。蘭の考えたような温かい結末とは程遠く。
もっともその狙いは小五郎の登場で崩れたわけですが、殺人の犯人になることから逃れられるから話に乗ったということでした。

証拠は分かりやすく、また明らかに犯行の証明となるたばこの吸い殻。これはなかなかよく考えられているように思います。


ということで一筋縄ではいかないお話でした。偶然の小五郎の介入からここまでお話が矛盾せずに広がっているのは素直にすごいと思います。30分の中でトリックというより人間関係を見せることを意識した内容だった気がしますね。

(ただタイトルのつけ方はもう少しあったような気がしますw比喩的な表現過ぎてちょっと話と合っていないような(笑))

次回は雨のバス停(バスストップ)。以前の記事では雨の交差点と紹介しましたがタイトルが変更になったようです。脚本は能塚裕喜さん。コナンでは採録を担当していた方で、初脚本ということみたいですね。

個人的評価 : 8 (満点 10)


ゲームソフト発売予定・11月24日週/SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス、戦国無双 真田丸など

今週は大量の新作が登場する激戦区。年末商戦の本格スタートを感じさせてくれる、まさに粒ぞろいという感じで、様々なジャンルのタイトルが発売されます 


歴代のガンダムシリーズのモビルスーツ、キャラでオリジナルの部隊を編成して戦うシミュレーションRPGシリーズ・ジージェネシリーズの最新作がPS4/PSVITA向けに登場。本作では機動戦士ガンダムの他に16作品のシナリオが収録されているそうです。

容量的な問題でVITA版のみカード二枚組ということで、VITAソフトは容量不足が深刻になってきていますね。ただしゲーム中に入れ替える必要はないそうです。公式サイトはこちら。 


真田丸をテーマにした戦国無双の新作がコーエーより発売。プラットフォームはPS4/PSVITA/PS3となっています。父親である真田昌幸の時代から壮大なスケールでストーリーを描くということで、物語に力を入れているようですね。

カプコンも真田丸をテーマにした戦国バサラを出していましたがセールスは振るわず。本作がどうなるのか注目されます。公式サイトはこちら。


プログラミングなど、専門的な知識がなくてもRPGを手軽に作れるRPGツクールシリーズの家庭用向け新作が久しぶりに登場。3dsでの展開ということになっています。

今回はdsでの前作で苦しまされた容量問題は概ね解消しているようで、あとはバグが少ないことを祈るのみ。また他のプレイヤーがつくったオリジナルRPGを遊び放題のRPGツクールフェスプレイヤーがすでに配信済みで、現在はサンプルゲームなどがいくつか配信されています。

繰り返しになりますが、私も制作の準備中。大したものは作れないかもですが、出来上がり次第このブログで公開しますので、少しでも多くの方に遊んでいただければ泣いて喜びます!(笑)
公式サイトはこちら。

LEGO (R) ニンジャゴー ニンドロイド - 3DS
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
2016-11-22

LEGO(レゴ)ニンジャゴーシリーズの新作として登場する本作は、PSVITA/3dsのマルチプラットフォームで発売されます。

本作は前作に当たる「ローニンの影」より前の話が展開されるということで、シリーズ未経験の方の入門としても適しているそうです。レゴの世界観でのアクションや謎解きに興味がある方は注目ですね。
公式サイトはこちら。


とびだせどうぶつの森の完全版的なポジションとして3dsで発売されるのが本作。アミーボに対応するほか、無人島脱出ゲームやパネポンなどのミニゲームが遊べるようになる家具が追加されたり、細かなシステムの改良がなされているようです。

すでに「とびだせ~」をお持ちの方は無料で本作にアップデートできるということで、新要素のために購入する必要はなく、新規プレイヤー向けのパッケージということになります。公式サイトはこちら。


アイカツシリーズの最新作が3dsで登場。無料版もすでに配信されていますが、本作はフルプライスのパッケージ版として発売されます。

無料版ではできなかったマイキャラの作成ができたり、アイテムやドレス、リズムゲームの曲数が大幅に増加。また50話以上のストーリーモードも収録されています。公式サイトはこちら。

プリンセスは金の亡者 - PS Vita
日本一ソフトウェア
2016-11-24

金の力で解決するということをテーマにした完全新規のアクションRPGが本作。日本一ソフトウェアよりPSVITA向けに発売されます。

親の借金ですべてを失った亡国のプリンセスが主人公で、電卓アクションで敵を買収するなどしてステージを攻略するという型破りな作品です。
お金を全面に押し出したタイトルというと、もぎたてチンクルを思い出しますが、それと通ずるところのあるバカゲーということになりそうです。

非常に興味をそそられますが、ソフトの発売ラッシュのため私は見送ることに。いつかはプレイしたい作品ですね。公式サイトはこちら。


無人島というクローズドサークルで起こる連続殺人を描いたミステリ―ADVがおなじみ・エンターグラムから発売されます。対応プラットフォームはPSVITA。原作から新規ヒロイン、新規シナリオ、新規CGなどが追加されているそうです。公式サイトはこちら。

これら以外にも以下のタイトルが発売されます。

11/22
モンスターハンターフロンティアGビギナーズパッケージ(PS4)
Starry☆Sky ~Spring Stories~(PSVITA)

11/23
百ますドラ算 のび太のタイムバトル(3ds)

11/24
Xbox One S 1TB(Halo Collection同梱)

鳥籠のマリアージュ~初恋の翼~(PSVITA)
コード:リアライズ~祝福の未来~(PSVITA)
乙女理論とその周辺-Bon Voyage-(PSVITA)
トラベリングスターズ(PSVITA)
鉄道にっぽん!路線たび 会津鉄道編(3ds)

ということでかなりの新作ラッシュとなる今週。
市場が盛り上がることを期待したいですね。



 



 

RPGツクールフェスプレイヤー、クエストオブダンジョンズ配信!かまいたちの夜リメイクも発表!

今日の記事は脈略なく雑記のような内容になってしまいますが、本日ニンテンドーeショップで配信された2タイトルの情報と、昨日飛び込んできたかまいたちの夜のリメイクタイトルに関する情報をまとめたいと思います。

RPGツクールフェスプレイヤー
1479281123895[380]
RPGツクールフェスが来週発売されるのに先立ち、フェスで作られたゲームを無料で遊び放題のプレイヤーが配信されました。現在は角川ゲームスによるサンプルゲームやタレントなどが作った作品が先行公開されています。

<配信中の作品(一部)>

・アリシア戦記
サンプルゲーム。ファンタジー作品とのこと。

・GGクエスト
鈴木咲さんによる作品。老人と新米の二人の冒険を描いた物語だとか。

・なんちゃってアクション
サンプルゲーム。横スクロールのアクションで改変も可能ということで、いろいろ応用ができるかもしれません。

・脱出ゲーム
サンプルゲーム。謎解き型脱出ADV。こういう作品は来週以降多く公開されそうですね。

・グラドルクエスト
倉持由香さんによる作品。伝説のグラドルを目指すのだとかw

・リトルヒーローズ
Plain softさんによるおばあちゃんの腰痛を治すというテーマのコミカルRPG。

・観光大使クエスト
岐阜県の観光大使になった流れ星が都道府県魅力度ランキングで一位を目指すゲーム。

・神経衰弱
サンプルゲーム。タイトルの通りミニゲームということです。

このほかにも数タイトルが配信されています。私は無難にアリシア戦記をプレイしてみようと思います。それ以外も手を出してみたいのですが、自分の作品の準備をしなければならないので(笑)、とりあえず一本だけ。

クエストオブダンジョンズ
1479281134893[381]
こちらはフライハイワークスから発売された500円のローグライク。
不思議のダンジョン形式の作品ということで購入しました。

バイラルランドという魔王が降臨した世界を舞台に、四人のエイユウが冒険をするという設定。エイユウはそれぞれウォーリア、アーチャー、ウィザード、シャーマン。

安価なのでどれくらいボリュームがあるかはわかりませんが、のんびり進めていきたいと思います。

かまいたちの夜 輪廻彩声 
こちらは5pb.から発売が発表された、かまいたちの夜のリメイク作品。PSVITA向けに2017年2月16日に発売予定。(価格は6800円。)
ファミ通による紹介サイト

かまいたちの夜シリーズはチュンソフト(当時)による名作サウンドノベルとして知られる作品です。キャラクターが影で表現され、想像力を掻き立てるような文章が特徴で、サスペンスミステリーADVの代表格の一つです。

しかしそんなかまいたちの夜がアニメ絵、ボイス、追加シナリオを引っ提げて生まれ変わります!
キャラデザインは車輪の国 向日葵の少女の有葉さん、追加シナリオはひぐらしのなく頃にで知られる竜騎士07さんが担当されるそうです。

このリメイク自体はかなり賛否あるでしょう。特に原作が好きな方はなおさら。かまいたち=影というところはありますからね。

ですが私は歓迎したいと思います。ミステリーを扱うADVは近年めっきり減っていますし、これを機にミステリーADVファンの裾野を広げてもらえたらと。キャラデザはいい感じですし、私自身も購入する予定ですよ

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村