エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

エンタメ最高マンの2018年12月の購入予定&気になるソフト!

今月も私の購入予定ソフト&気になるソフトを簡単にまとめます!

購入確定タイトル



今月の注目作といえばやはりこちら、スマブラ最新作でしょう。
個人的には過去作をそこまでやりこんだことはなく、またはっきり言って超がつくヘタクソなのですが、任天堂のお祭り系ソフトですし、なんといっても”インクリング”が登場するとあっては買わないわけにはいきません(笑)
どの程度プレイするかは未知数ですが、ちょこちょこ対戦が楽しめればと思っています♪

気になるソフト



念のため最初に申し上げておきますが、私がこのソフトに興味をもっている理由は非常に純粋であって、それはすなわち「ピンボールゲームが好きだから」ということに他なりません。
ともすれば断じてやましい気持ちなど抱いておらず、数あるピンボールのうち本作が気になっている理由もあくまで「HD振動の可能性が知りたいから」ということに集約されます。



ハードボイルドな推理ADVとして人気を誇る「神宮寺三郎」シリーズのスピンオフ的なタイトル。
神宮寺三郎がまだ大学生の頃を描いた作品となっており、非常にスタイリッシュなキャラクターデザインとなっています。
賛否あるようですが、個人的にはそこに惹かれており、購入を検討しているところ。



塊を転がしてイロイロなものをくっつけ、どんどん大きくしていく人気シリーズ「塊魂」がSwitchで復活。
私好みの超がつくバカゲー、ゆるい世界観でのんびりと楽しめそうで、こちらも気になっています。



完全新規のミステリーADVとして発売され、そのキャラクター性が物議を醸した「ルートレター」の完全版が登場。
どうやら意外とカルト的な人気を誇っているらしく、売上もけっこう伸びているそう。無印版はその評価を見てスルーしてしまいましたが、今回はどうしようか悩んでいます。

GO VACATION(ゴーバケーション) -Switch
バンダイナムコエンターテインメント
2018-12-27


Wiiで発売されたリゾートツアー体験ゲーム「ゴーバケーション」のSwitch版。
50種類以上のスポーツやレジャーが最大4人で楽しめるパーティーゲームの決定版的な内容となっており、おすそわけプレイがとても盛り上がりそうなタイトルですね。年末年始に遊びたいな~と思っています。



ハック&スラッシュ要素の強い大人気アクションRPG「ディアブロ3」がSwitchで登場。
ハクスラ型のゲームは個人的に大好きなので、本作にも興味があるんですよね。時間が取れそうならぜひともプレイしたい一本です。

最後に

というわけで今月はスマブラを購入しつつ、それ以外にも気になるタイトルがたくさんある、という感じですね。

もちろんできればどれもプレイしたいですが、この年末はそんなにゲームに時間が使えなさそうなのがネックなところで、なおかつ毎度のことながら購入済みのタイトルも多数待っているというのが厳しい…(^_^;)

優先順位的には「ダイダロス」「PEACH BALL」「ディアブロ3」の3本が比較的高いかなというところですね。
ちなみにダウンロード専売タイトルのSwitch「リプキス」も衝動買いする可能性が70%くらい…?(笑)

そんなわけで、今月も素晴らしいゲームライフを!

ソフト発売予定・2018年12月6日週/大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALなど

年内最大のビッグタイトルが登場する週となっています。

パッケージタイトル



スマブラシリーズの最新作がついにSwitchで登場。
過去作に登場したすべてのキャラクターが参戦するほか、新たにしずえさんやキングクルール、リドリーにパックンフラワーなどのキャラクターたちが参戦。
WiiU/3dsで発売された前作の完全版というより、もはや完全新作といっていいくらいの作りこみになっていることがうかがえます。



カプコンの名作ベルトアクションゲームが多数収録されたコレクションタイトルのパッケージ版がSwitch/PS4で登場。



広大なオープンワールドを舞台に、混乱と破壊の英雄“リコ・ロドリゲス”の物語を描いた人気アクションアドベンチャーシリーズの最新作がPS4/XboxOneで登場。(XboxOne版はダウンロード専用)
移り変わりの激しい天候が特徴の土地に降り立った主人公は、紛争中の危険地域で武器や乗り物、グラップリングフックを駆使して冒険を進めていくことになります。



アリカによる対戦格闘ゲームのパッケージ版がPS4で登場。

シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI -Switch
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
2018-12-06


悠久の歴史を刻む理想の国家を作ることを目的としたターン制ストラテジーゲームのパッケージ版がSwitchで登場。



本物さながらに作りこまれた犬や猫と触れ合うことができるコミュニケーションゲームがSwitchで登場。ペットの育成シミュレーションを楽しめる1本となっています。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・モンスターボーイ 呪われた王国
・HOLLOW
・Super Volley Blast(スーパーバレー ブラスト)
・The Bug Butcher(ザ・バグ・ブッチャー)

<PS4>
・ラスト レムナント リマスタード
・奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ 

<XboxOne>
・Energy Cycle Edge
・奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ 

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
バトルフィールド5を初週14万本と予想していましたが、結果は11万本。過去作と比してもまずまずの初動という印象です。

さてそれでは今週の予想。
今週はスマブラSPを……いや、これ予想が難しいですね(^_^;)
正直言ってどのくらい売れるのか見当がつかないのですが、とりあえず初動90万本と予想しておきます。ちょっと控えめくらいのつもりですが、どうなるでしょうか。
 

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年11月29日週

今週は17タイトルが配信。そして来週は現時点で4タイトルが配信予定。

今週の更新内容

2018年11月29日配信開始タイトル

・マレニア国の冒険酒場(1512円)
・R-Type Dimensions EX(アールタイプ・ディメンジョンズEX)(1500円)
・スターダスト ギャラクシー ウォリアーズ:ステラー クライマックス(1000円)
・秋葉原クラッシュ(888円)
・アニマルハンター(800円)
・マドリス R(500円)
・The First Tree(ファーストツリー)(1000円)
・上海 Refresh(1998円)
・幻想郷ディフェンダーズ(2160円)
・Castle of Heart(1800円)
・ライバル・メガガン(1480円)
・ドント・ノック・トワイス(1400円)
・助けてタコさん(1620円)
・NAIRI:Tower of Shirin(1190円)
・SEGA AGES アウトラン(999円)
・アーケードアーカイブス ルート16(823円)
・アケアカNEOGEO ネオジオカップ'98~THE ROAD TO THE VICTORY~(823円)

先週の時点で未公開だったタイトルとしては、未知のウイルスに感染した動物を掃討するシューティング「アニマルハンター」や、秋葉原のメイドやコスプレイヤーが実写で登場するブロック崩し「秋葉原クラッシュ」などが配信開始。
それ以外にも注目の配信タイトルをいくつか簡単にご紹介。 

マレニア国の冒険酒場

ファンタジー世界で酒場を経営するRPG。ダンジョンを攻略して新しい食材を目指すもよし、スローライフをのんびり楽しむもよし。まったりと楽しめる1本です。

 

スターダスト ギャラクシー ウォリアーズ:ステラー クライマックス

最大4人プレイが可能な協力型のアクションシューティング。格闘ゲーム的なプレイスタイルとライトなRPG要素が取り入れられており、多彩なゲームモードも準備されているそうです。

マドリスR

間取りブロックを繋げて消していく配置式パズルゲーム。戦略的に間取りブロックを並べることでより高収入を目指すことができます。

マドリスR

Don't Knock Twice(ドント・ノック・トワイス)

心理的に迫ってくる恐怖の都市伝説を題材とした一人称ホラーゲーム。
壮大なマナーハウスの中を探索し、魑魅魍魎と戦ったり逃げたりしながら愛娘の救出を目指します。

 


2018年12月6日配信開始予定タイトル

・モンスターボーイ 呪われた王国(3980円)
・HOLLOW(2000円)
・Super Volley Blast(スーパーバレー ブラスト)(800円)
・The Bug Butcher(ザ・バグ・ブッチャー)(900円)

配信タイトルのいくつかをご紹介。

モンスターボーイ 呪われた王国

「スーパーワンダーボーイ/モンスターワールド」シリーズで知られる西澤龍一さんが手掛けるアドベンチャーRPG。
カラフルなグラフィックと多彩なアクションが魅力の作品となっています。



The Bug Butcher(ザ・バグ・ブッチャー)

頭上から降り注ぐ敵を倒しながら進む2D横スクロールのアクションゲーム。独特のデザインがクセになりそうな一本ですね。最大2人での協力プレイにも対応しています。




というわけで今週は「マレニア国の冒険酒場」が気になります。3dsで購入した前作はあまりプレイできなかったんですよね。
というわけで以上今週のeショップ更新情報でした!

Switch/PS4「戦場のヴァルキュリア4」レビュー!シリーズ最高傑作ここに誕生!?

今回の記事では「戦場のヴァルキュリア4」のレビューをしていきたいと思います。

作品概要

DpjPx0LV4AUCvlQ

戦場のヴァルキュリアシリーズは”BLiTZ”と呼ばれる特徴的な戦闘システムと、手書き感のある緻密なグラフィックで彩られる王道で濃密な戦記ストーリーが魅力の作品。

Do-5o67UYAAnsHW

コマンドモードではマップで戦況を確認。味方の配置や敵の配置を頭に入れつつ、行動させるキャラクターを選択したり、様々な効果を発揮する特殊な指令「オーダー」を発動したりすることができます。

DpjPx0WVsAEnxv3
DpjP9EEU0AA1HRd

アクションモードでは選択したキャラクターを実際に自分で操作することが可能。遮蔽物などで敵から身を隠しながら移動し、兵科ごとに違う形で攻撃することができます。

DqMEO3JVAAA9Mai
↑美しいグラフィック表現”CANVAS”もさらに進化。

そんなアクションと戦略ストラテジーが融合した”アクティブシミレーションRPG”として人気を博すシリーズの久々の復活作が「戦場のヴァルキュリア4」となります。

なおシリーズ間での直接的なつながりはありませんので、本作からプレイしてもまったく問題はありません。

評価ポイント

まず本作において特筆すべきはその”完成度”です。
シリーズ第1作目のシステムをベースとしつつ、それをさらに深化させており、それでいて快適さを失っていないバランス調整はお見事の一言。ブランクを感じさせない素晴らしい出来栄えとなっています。

特に今回はシミュレーションゲームとして行動の選択肢がかなり幅広いのが特徴で、プレイヤーごとに色々な戦術を考えられるのがとにかく楽しい!過去作と比べてもここは大きくパワーアップしているんです。

兵科ごとの使い分けはもちろん、射撃力アップや防御力アップ、HP回復に弾薬補給などができる多種多様な「オーダー」、索敵や戦車復活、艦砲射撃ができる「シップオーダー」の利用。リーダーと共に行動させる「直接指揮」。戦車の活用と装甲車を使った歩兵の輸送。

これらの仕組みを駆使して、実際に戦場の指揮官になったような緊張感が味わえるのは本作ならではだと言えるのではないでしょうか。

DpjP9EZU4AAfmzR
↑新たに追加された新兵科「擲弾兵」は遮蔽物の向こう側に攻撃できる独特な性能をもっており、これが高低差のあるマップでは非常に重宝します。それと擲弾兵を使って敵を撃破するとすごく気持ちいいんですよねw

DpjPx0YVsAU3G9s
↑今作では据え置き機向けの展開ということで、マップも広くなっていますし、地形も凝った作りとなっています。その分過去作と比べて把握しなければならないことは多く、難易度は高めに設定されている印象です。(ただし難易度は選択可能です。)
※ただ後半のステージで若干似た場面が目立ったのは惜しかったかも…?

DqMEO3uVAAEPKp-

↑戦況が行動に影響を与えることで、没入感も増しています。

ストーリー面に関して


DpjPx0bUUAUqtFB

ストーリーは過去作同様、手記を紐解く演出で進んでいきます。

DqMEO3eU0AAMof2

シナリオは比較的シンプルながらも破綻もなく綺麗にまとまっており、まさしく王道。
「戦争」というテーマをライトに扱うのではなく、きっちりとシリアスに描き切っているのは高く評価したいポイントの一つです。メインキャラクターたちも非常に個性的でお気に入りになりました。

ただその一方で気になったのは、逆にメインキャラクター以外の描写が若干弱かったかなというところ。
断章でサブキャラ隊員たちのエピソードも用意されていますが、メインのストーリーには関わって来ないことが多いので、そこについては「戦場のヴァルキュリア3」に軍配が上がるかなと思います。

DqMEO23UwAAqLKD

育成要素に関して

今作では兵装の強化や兵科のレベルアップ、戦車や巡洋艦センチュリオンの強化など、豊富な育成要素が用意されています。

DpjP9EcU0AAQT30
↑兵科のレベルアップは経験値の振り分けで行います。

DpjP9EcV4AAmAoG
↑武器は戦術に応じてどのような進化をさせるかを選択可能。

オーダーの習得や、シップオーダーの強化、各兵科・戦車・装備の性能強化などにより、部隊がどんどんパワーアップしていく感覚がとても楽しく、ますます戦術が増えていくのがいいところ。これによってミッションを飽きずに続けていくことができるんですよね♪

最後に

それでは簡単ですが、今回のレビューはこのくらいにしておこうと思います。

シミュレーションゲームとしての楽しさが際立ちますが、重厚な人間ドラマが繰り広げられるストーリー、練りこまれた世界観、成長要素とそれによるやりこみ性など、どこをとってもその完成度の高さに驚きました。

またそれでいて久しぶりの新作とは思えない大ボリューム。
クリア後の要素も含めれば十分に80時間は楽しめるでしょうし、ストーリーだけでも最低30時間はかかるでしょう。

というわけで、シリーズの文字通りの新たな船出は、”過去最高傑作”と呼ぶに相応しい内容になっていると思います。
個人的には戦場のヴァルキュリア3E2がとにかく好きでしたが、本作はそれに並ぶくらい気に入りましたし、シリーズ経験者の方にも全力でおすすめしたいですね!




ソフト発売予定・2018年11月29日週/ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス、Dead by Daylightなど

小粒な新作が続々登場する週となっています。

パッケージタイトル



ペルソナ3・ペルソナ4のキャラクターはもちろん、ペルソナ5のキャラクターも登場する世界樹の迷宮風の3DダンジョンRPG第2弾が3dsで登場。
地図を自分で書く要素や、FOEなどのシステムはもちろん健在。



殺人鬼とサバイバーの1vs4の非対称マルチプレイが楽しめる人気ホラーアクションゲームがパッケージタイトルとしてPS4で登場。



ドタバタ料理アクションのオーバークック2のパッケージ版がSwitchで登場。
わいわい盛り上がるパーティーゲームをお探しなら手放しでおすすめしたい一本。



桃太郎の電鉄のゲームを彷彿とさせるテーブルゲームがSwitchで登場。
モンスターを仲間にしながら日本一の大金持ちを目指す内容となっています。

ラピス・リ・アビス - PS4
日本一ソフトウェア
2018-11-29


ダンゴ状に積み上げられたかわいらしいキャラクターを操作してダンジョンを攻略していくアクションRPGがSwitch/PS4で登場。お手軽操作で爽快かつド派手なアクションが楽しめるそうです。

超・逃走中&超・戦闘中 ダブルパック -Switch
バンダイナムコエンターテインメント
2018-11-29


人気番組である逃走中、戦闘中を題材としたアクションゲームのSwitch版が登場。
3dsの2作品がセットとなったお得パッケージとなっています。



アーケードゲームとして生まれ、のちにセガサターンで発売された”超ハイパーおちゃらけシューティング”のPS4向け移植作の完全版が登場。アレンジBGMや英語切り替え機能などが追加されているそうです。



アーケードゲームとして人気を誇る縦スクロールシューティングのPS4版が登場。
近未来のミリタリーテイストの世界観が特徴となっています。

仮面ライダー クライマックススクランブル ジオウ -Switch
バンダイナムコエンターテインメント
2018-11-29


仮面ライダーを題材としたゲームの最新作がSwitchで登場。
最大4人で白熱のライダーバトルを楽しむこともできます。



人気シリーズであるミリオンアーサーが対戦2D格闘ゲームとしてPS4で登場。



戦闘マシン(バイク)で敵と戦う新感覚のホイールアクションゲームがPS4で登場。
1940年代のアメリカを彷彿とさせる退廃的な世界観が特徴となっています。



「紅色天井艶妖綺譚」と,そのファンディスク「紅色天井艶妖綺譚 藍丸捕物帳」を1本にまとめた女性向けADVがPSVITAで登場。

ダウンロード専売タイトル

<Switch>
・マレニア国の冒険酒場
・R-Type Dimensions EX(アールタイプ・ディメンジョンズEX)
・スターダスト ギャラクシー ウォリアーズ:ステラー クライマックス
・The First Tree(ファーストツリー)
・上海 Refresh
・幻想郷ディフェンダーズ
・Castle of Heart
・ライバル・メガガン
・ドント・ノック・トワイス
・助けてタコさん
・NAIRI:Tower of Shirin

<PS4>
・TERA
・ライバル・メガガン

<3ds>
・トコトコネコパズル シュレディンガーの箱庭

<XboxOne>
・ライバル・メガガン
・The First Tree

などが配信予定です。

今週の一言

まずは先々週の予想の答え合わせから。
ポケットモンスターピカチュウ・イーブイを初動60万本と予想しましたが、結果は66万本となかなかいい線。

完全新作ではないこと、本編としては従来とシステムが異なること、Switchの普及台数の3点を踏まえると、まずます好調な出足だと言えるのではないでしょうか。

さてそれでは今週の予想。
今週は「ペルソナQ2」を初動6万本と予想しておきます。

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村