エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

ソフト発売予定・2018年8月16日週/パッケージタイトル発売なし

今週はお盆のためパッケージタイトルの発売はなし。
それならこの記事の更新の必要はないのですが、まあ予想の答え合わせでもしておきましょう(笑)

パッケージタイトル

発売予定なし

ダウンロード専売タイトル

・オブザーバー PS4
(オーイズミ・アミュージオがローカライズを手掛ける、サイバーパンクホラーADVとのこと。)

今週の一言

それではまず先々週の予想の答え合わせから。
世界樹の迷宮Xは初動8万本と予想して、結果は7.2万本。なかなかいい線行きましたね。さすが固定ファンの多いシリーズ、3dsの勢いが弱まった現在でもしっかり結果を残しています。

一方で3dsの退潮に引っ張られてしまったか、メイドインワリオは大きく予想を外してしまいました。というのも予想6万本に対して結果は3万本。Switchで発売されていたら結果は大きく変わっていたかもしれませんね。

そしてファミスタエボリューションは4万本と予想して結果は4.3万本とニアピン。こちらは好調な出足となりました。

サガ緋色は予想でPS4版1.2万本、Switch版1万本としていましたが、結果はPS4版が1.5万本、Switch版は1万本とこちらもまずまず的中。
PSVITA版がある分、PS4版はそこまで伸びないかなと思っていましたが、予想より健闘した印象です。

さて来週は発売タイトルがないので予想することもなし。
……なんか書くことなかったかな……。

あ、そうだ、Twitterでもつぶやきましたが、大逆転裁判2をようやくクリアしました!
1のレビューは先日公開しましたので、1と2の全部の事件について一つ一つ評価をつけるような記事を検討しております。いつになるかは例のごとく、聞かないでください(笑)



Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年8月9日週

今週はなんと16本もの新作が配信。一方で来週はお盆休みのため、新作の配信予定はなさそうです。

今週の更新内容

2018年8月2日配信開始タイトル

・オーバークック2(2018年8月7日配信)(2750円)
・Dead Cells(2018年8月7日配信)(2480円)
・フラッシュバック(2052円)
・チョークダッシュカーニバル(800円)
・Subara City(スバラシティ)(500円)
・ひっくりガエル(800円)
・テト字ス(500円)
・かいぞくポップ(500円)
・Minit(1000円)
・The Escapists2(エスケーピスト2)(2150円)
・世界の覇者X(1000円)
・Draw a Stickman: EPIC2(795円)
・新選組アメイジング~火照る躰と恋炎~(1280円)
・EXTREME POKER(555円)
・アーケードアーカイブス キッドのホレホレ大作戦(823円)
・アケアカNEOGEO メタルスラッグ4(823円)

以下いくつかのタイトルをピックアップしてご紹介。

チョークダッシュカーニバル

チョークで描かれた世界を棒人間が探索する横スクロール形式の2Dアクションゲーム。最大4人での対戦プレイが可能なほか、タッチ操作にも対応しているそうです。



オーバークック2

ドタバタ料理アクションのオーバークック第二弾。
みんなで分担して効率よく料理を提供するのが目的のゲームで、プレイ中は様々なハプニングが起きて笑いが絶えません(笑)
今回はオンラインプレイに対応しているのも素晴らしいですね!早速簡単なレビューも書いたので、よろしかったらご覧くださいね。

 

スバラシティ

ビルを合体させて街を作っていく、シンプルながらも中毒性抜群のパズルアクションゲーム。
私は3ds版を購入済みですが、改めてSwitchでも欲しくなってしまいます。悩ましい…。

 

ひっくりガエル

私も二回ほど行ったことがある、高田馬場にあるボードゲームカフェが考案したというボードゲームがゲーム化。
4×4のマスの陣取りゲームとなっていて、カードをひっくり返し、またひっくり返されながら、自分のシンボルをより多く獲得する内容。神経衰弱的な要素もありますが、シンプルな内容なため、気軽に楽しめる一本です。

The Escapists2(エスケーピスト2)

オーバークックのTeam17から新作がもう一本登場。
本作は模範囚のふりをして刑務所から脱獄を目指すアクションシミュレーションゲーム。
建物の構造に応じた脱獄計画を練っていくことが重要となるそうで、最大4人での協力マルチプレイや、脱獄の早さを競う対戦モードも収録されているとのことです。



2018年8月16日配信開始予定タイトル

現時点で予定はありません。


さて今週は気になるタイトル多し!
オーバークック2はすでにプレイ中。しかしそれ以外にも、ガンズゴア&カノーリ2、チョークダッシュカーニバル、スバラシティ、ひっくりガエル、テト字ス、そしてThe Escapists2。どれも興味を惹かれます!
というわけで、以上今週のeショップ更新情報でした!

Switch「オーバークック2」簡単レビュー!前作からの進化ポイントも紹介!

Switchで2018年8月7日より2750円で配信されている「オーバークック2」。私も早速ダウンロードしてプレイしてみました!
今回の記事では前作と何が違うか、どんな点が進化しているかを紹介していきます!

オーバークック2

オーバークックとは?

オーバークックはTeam17が手掛ける”ドタバタ料理アクションゲーム”。
本作「オーバークック2」はそのシリーズ2作目となります。

DZr_1KJVMAIG9zB

基本的にはマルチプレイが前提のゲーム設計となっており(一人プレイができないわけではありませんが、マルチプレイの方が圧倒的に楽しい)、2人から4人まで協力・対戦が可能です。

ゲームの目的は「様々なギミックが仕掛けられたステージ(厨房)で、指定された料理をとにかく効率よく作っていく」というもの。
制限時間内により多くの注文をこなし、高得点を目指していくことになります。

つまるところ”作業効率をどれだけ上げられるか”がポイントとなってくるため、それぞれが役割分担をしながら臨機応変に対応しなければなりません。
いわゆるシミュレーションゲームのような頭脳プレイが要求され、「ピクミン」を彷彿とさせるようなシステムとなっています。

プレイ中は「パスタ茹でてください!」「小麦投げてください!」「火事だ!消火器どこだ!?」「玉ねぎください!あ、床に転がってた!」「皿がない、皿は?あ、皿、洗ってない!!」というような感じで、ボイスチャットだけ聞いていると何をやっているのか分からない会話が繰り広げられますw

DkEL8mLUcAEB26S

今作の進化ポイント

さて、それでは本題。
フレンド3人とオンライン協力マルチプレイをして感じた本作の前作と違うところを箇条書きで挙げていきます。
(現在ワールド2まではいずれのステージも星3つでクリアしたところです。)

関連記事リンク:【ゲーム雑記】サマーポケッツの卓球ゲームが超熱い!スマブラ熱も再燃!他
(ゲームブログ「M☆G☆M+etc…」へのリンクとなります。)

オンラインプレイに対応!

やはりなんといっても一番大きな進化ポイントはここでしょう!
前作では実際に集まってのローカルマルチプレイしかできませんでしたが、今作では離れていてもわいわい盛り上がれます!マルチプレイのハードルが大きく下がったことで、プレイする機会も格段に増えそうです♪

増えたレシピと工程!

DkELwmkUYAATtAn

前作には登場しなかった様々なレシピが登場!
ここまでの時点ですでに「かっぱ巻き」や「トルティーヤ」など、非常に手強いレシピが満載。もちろん前作で登場した「ピザ」や「ハンバーガー」もあり、相変わらず厨房はてんやわんやの大騒ぎです(笑)

焼く、茹でる、炊く、蒸す。なんでもござれの万能料理店です。

新アクション「投げる」

なんとオーバークック2では「生の食材を投げる」ことができます!
食べ物を投げるだなんてどういうこっちゃ!とお叱りを受けてしまうかもしれませんが、まあそこはゲームということで…w

DkEL3tCVAAAhINh

さておき、この「投げる」アクションによって役割分担の重要性がさらに増しています。
というのも、自分しか届かない場所にある食材を、他のコックにパスしなければならない場面が出てくるからです。

ちなみに上手く投げれば他のコックが直接キャッチすることもできます!
というか直接キャッチしなければ基本的には食材が床にコロコロ……こんな飲食店で絶対に食事したくない!(笑)

増えたギミック!

前作の時点から「なぜか地割れが起きる厨房」や「つるつる滑る氷の上」や「移動式トラックの上」など、どこで料理してるんだというツッコミどころ満載のステージばかりでしたが、もちろん今回もそれは同じ。

「気球の上」や「高床式謎キッチン」など、安定のヘンテコステージの数々に笑ってしまいますw

そのうえ、食材の入った箱をレバーで動かすギミックや、気球が落下して厨房の形がまるごと変わってしまったりする演出も。

DkEOtASUUAEwKTF

もはや厨房が回転したり、ネズミに食材を持っていかれるくらいでは驚きませんよ。
ちなみにワールドマップにもほんのちょっとしたギミックが追加されています。

DkEOyLaU8AA1xY9

最後に

というわけで、まだワールド2までしか進めていないのに、すでに前作から大きなパワーアップをしているのが分かります。

高い中毒性とパーティー性はそのままに、よりゲームとして洗練された内容となっているのではないでしょうか。

一方でシステムと工程が複雑になった分、難易度は高くなっており、星3つでのクリアのためには何度も挑戦してコツを掴んでいく必要があります。

そのため、前作と比べるとやや人を選ぶ側面が出てくるかもしれませんが、徐々にチームワークが磨かれて動きに無駄が無くなってくると一挙に高得点が取れるようになる辺り、ゲームバランスの調整が上手いなあと感じますし、得られる達成感は前作以上だと思います。

相変わらずまな板の上に消火器を乗せてしまったり、出来上がった料理を持ったまま転落してしまったりして、笑いが絶えないステキな一本。協力マルチプレイが好きな方にぜひともオススメしたい、”星3つ”の作品となっていますよ♪



ソフト発売予定・2018年8月9日週/FIRE PRO WRESTLING WORLD、バレットガールズファンタジアなど

今週は夏商戦ということで、通常の月初めよりは発売タイトルが多くなっています。
更新が一日遅れてしまい、ごめんなさい。

パッケージタイトル



人気のプロレスゲームシリーズである、ファイプロシリーズ最新作がPS4で登場。
なんと約12年ぶりとなる新作展開ということで、ファンの方は本当に楽しみにされているのではないでしょうか。
新アクションなども搭載されているほか、団体運営モードなども収録。ボリューミーな内容になっていそうです。



レイトンの娘を主人公とするスピンオフ的なタイトルとして3dsで展開された本作がSwitchでも登場。
大きな事件というよりも、小さな事件を複数追いかけるようなオムニバス的なエピソード形式となっています。



襲い掛かる大小さまざまな敵を、銃火器や剣、魔法で次々と撃破していくアクションゲームがPS4/PSVITAで登場。従来のシリーズとは一線を画した、爽快感溢れる内容となっているそうです。



神宮寺三郎シリーズの最新作がSwitch/PS4で登場。
3人を主人公とした3つの物語に加え、リメイクした10本の名作も収録。一定のボリュームが用意されているようです。
なお続編として「ダイダロス」の展開も決まっており、その特別体験版も収録されているそう。



各機種で発売され絶賛を集める和風アクションアドベンチャーのSwitch版。
デザイン、音楽、システム、ストーリー。そのすべてが高く評価されている名作です。



ヒーローたちのストレスを管理しながら進めていく、ゴシックスタイルのターン制ローグライクRPGがSwitch/PS4で登場。一度延期していますので、ようやくの発売となります。



任侠を題材とする大人気IP、龍が如くシリーズの3作目がPS4向けに登場。



10人の仲間のうちの一人が裏切り者……そんな人狼のような疑心暗鬼の世界観を持つ、サスペンスフルな女性向け恋愛ADVがPSVITAで登場。

ダウンロードソフト

<Switch>
・オーバークック2
・Dead Cells
・フラッシュバック
・チョークダッシュカーニバル
・Subara City(スバラシティ)
・ひっくりガエル
・テト字ス
・かいぞくポップ
・世界の覇者X
・Draw a Stickman: EPIC2
・新選組アメイジング~火照る躰と恋炎~

<PS4>
ガンズゴア&カノーリ2

<3ds>
・ピクロスe9
・スクエアピクト Block-a-Pix 

などが配信予定です。

今週の一言

先々週は予想をしていませんでしたので、今週は答え合わせはなし。
加えて、ちょっと今日は時間がないので、予想も割愛します。申し訳ありません。

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年8月2日週

今週は10本の新作が配信。そして来週は現在の時点で11本の新作が配信予定。

今週の更新内容

2018年8月2日配信開始タイトル

・ガンズゴア&カノーリ2(1280円)
・ソルト アンド サンクチュアリ(1780円)
・あつまれ!金魚すくい(800円)
・Flat Heroes(1200円)
・図書館SW 名作100選+α(800円)
・Iconoclasts(2160円)
・ピクロスS2(900円)
・Battle Supremacy(1100円)
・アイリス魔法学園~Vinculum Hearts~(2980円)
・アケアカNEOGEO プレヒストリックアイル2 原始島(823円)

先週の時点で未公開だったタイトルとしては、名作100本が読める小説ソフト「図書館SW」やデジマースによる女性向け恋愛ADV「アイリス魔法学園」などが登場。
以下いくつかのタイトルをピックアップしてご紹介。

ガンズゴア&カノーリ2

ハードボイルドな世界観の2Dガンシューティングアクションゲーム「ガンズゴア&カノーリ」。その続編が早くも登場。
最大4人で楽しめるマルチプレイはオンラインにも対応し、様々な要素がパワーアップしているようです。

 

Iconoclasts(アイコノクラスツ)

一人のインディー開発者が7年もの歳月をかけて完成させた2DプラットフォームアクションのSwitch版。
日本でも他機種版がかなり高い評価を集めている名作です。



ソルトアンドサンクチュアリ

難破した船で行き着いた不吉で謎多き島を探索する、ダークファンタジー色の強い2DアクションRPG。
ダークソウルなどで知られる高難度アクションRPGに影響を受けて制作されたインディーゲームで、他ハードではすでに配信済み。高い評価を得ています。



2018年8月9日配信開始予定タイトル

・オーバークック2(2018年8月7日配信)(2750円)
・Dead Cells(2018年8月7日配信)(2480円)
・フラッシュバック(2052円)
・チョークダッシュカーニバル(800円)
・Subara City(スバラシティ)(500円)
・ひっくりガエル(800円)
・テト字ス(500円)
・かいぞくポップ(500円)
・世界の覇者X(1000円)
・Draw a Stickman: EPIC2(795円)
・新選組アメイジング~火照る躰と恋炎~(1280円)

オーバークック2

ドタバタ料理アクションのオーバークック最新作。
みんなで分担して効率よく料理を提供するのが目的のこのゲーム、プレイ中は様々なハプニングが起きて笑いが絶えません(笑)
今回はオンラインプレイに対応しているのも素晴らしいですね!



チョークダッシュカーニバル

チョークで描かれた世界を棒人間が探索する、横スクロールの2Dアクションゲーム。最大4人での対戦プレイも可能なほか、タッチ操作にも対応しているそうです。



スバラシティ

ビルを合体させて街を作っていく、シンプルながらも中毒性抜群のパズルアクションゲーム。
私は3ds版を購入済みですが、改めてSwitchでも欲しくなってしまいます。



ひっくりガエル

私も行ったことがある、高田馬場にあるボードゲームカフェが考案したボードゲーム。
4×4のマスの陣取りゲームとなっていて、カードをひっくり返しひっくり返されながら、自分のシンボルをより多く獲得する内容。神経衰弱的な要素もあり、気軽に楽しめる一本です。

ひっくりガエル

今週来週は気になるタイトル多し!
オーバークック2はもちろんとして、ガンズゴア&カノーリ2、チョークダッシュカーニバル、スバラシティ、ひっくりガエル、テト字ス。どれも興味を惹かれます!と、とりあえずお気に入りリストに……(^_^;)
というわけで、以上今週のeショップ更新情報でした!
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村