エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

ニンテンドーダイレクト2018.1.11が本日公開!発表内容まとめ!イースにダークソウル、すばらしきこのせかいも!

ニンテンドーダイレクトミニがなんと当日公開!



今回はまさかのリアルタイムでの放送ではなく、動画をいつの間にか公開しているというフェイント!!
しかもたった12分の映像なのに、発表内容がサプライズだらけで息をするタイミングがなかったんですけど!!!

……スー……ハー……。
……ちょっと落ち着いてきたところで発表内容を簡単にまとめていきます!

すばらしきこのせかい-Final Rimix-が発表!
いきなり「すばらしきこのせかい」のスイッチ版なんて誰が予想できたでしょうか!?
スクウェア・エニックスによる名作RPGの移植(リメイク?)となっています。2018年発売予定。購入確定です!

ポッ拳DXに新ポケモン追加!
新たなポケモンが追加されるパックが2度に分けて配信。一回目はバトルポケモンにギルガルド。サポートポケモンにメガレックウザとミミッキュ。二回目はバトルポケモンにカメックス、サポートポケモンにセレビィとミュウが追加。一回目は2018年1月31日配信予定。

星のカービィ スターアライズの発売日が決定!
新コピー能力としてアーティストとスパイダーが登場するほか、仲間との組み合わせで特別な能力が発動するフレンズ能力なるシステムが登場。発売日は2018年3月16日に決定!

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズDXが発表!
3dsとWiiUで発売済みのゼルダ無双のSwitch版が発表。追加コンテンツは全収録、おすそわけプレイやブレスオブザワイルドの衣装が追加されるといった新要素も。2018年3月22日発売予定。

STARDEW VALLEYが本日配信開始!
ドットライクの世界で牧場生活が楽しめるインディーゲーム「スターデューバレー」が本日より配信!税別1370円。

マリオテニスエースが発表!
マリオテニスシリーズの最新作が発売決定!今回はストーリーモードが収録され、いろいろなシチュエーションでテニスが楽しめるとか。2018年春発売予定。これも購入確定です!

イースⅧが発表!
今日一番驚いたのがこれかもしれません…!まさかの日本ファルコム看板タイトル・イースシリーズ最新作であるイース8のSwitch版が”日本一ソフトウェアから”2018年夏に発売決定!私はこれも購入します!

スーパーマリオオデッセイが無料アップデート!
クリア後に「ルイージのバルーンファウンド」なるミニゲームが追加される無料アップデートが2018年2月に配信決定。風船かくしと風船さがしの2つが楽しめるとか。衣装などの追加も継続的に予定。

SNKヒロインズ Tag Team Frenzy
ボタン一つでド派手なアクションが繰り出せる対戦格闘ゲームがSNKから登場!SNKのヒロインたちを自分好みにカスタマイズ可能。2018年夏発売予定。

ドンキーコング トロピカルフリーズ
WiiUで発売された同名作品のスイッチ版が登場!新たにファンキーコングがプレイアブルキャラとして仲間入り。おすそわけプレイにも対応しています。2018年5月3日発売予定。

DARK SOULS REMASTERED
高難度のアクションRPGとして知られるダークソウルのリマスターがスイッチで登場!2018年5月24日発売予定。持ち運べるというのが個人的にはかなり魅力的なので、これも購入しますが、まさかフロムソフトウェアがスイッチにダークソウルを持ってくるとは…!

というわけで以上となります。
12分に詰め込んでいるのがもったいないくらいのボリューム感。なぜこのような「Nintendo Direct Mini」なる形をとったのかは不明ですが、どうやらシリーズ化してちょくちょくやっていくみたいですね。たまには大きなダイレクトやカンファレンスも見たかったりしますが、今後はどうなるのでしょうか。

なにはともあれ、2018年の前半のタイトルが一気に充実した感のある素晴らしいプレゼンだったと思います!

いや、できれば事前に告知してほしかったですぞ……心の準備が……(笑)



私が好きなゲーム音楽(サウンドトラックBGM)を大公開!vol.6

好きなゲームミュージックを一覧で挙げていく記事第6弾!
今回の記事でも私が気に入っているゲーム内BGMのうち、(どちらかというと)誰しもが知っているような曲というよりも、作品のファンの人にしか知られていないような若干マイナー気味なものを紹介していきたいと思います!

第1~5弾のリンクは以下です。合わせてご覧ください。
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.1
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.2 
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.3
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.4
私が好きなゲーム音楽を大公開!vol.5

(いわゆるサウンドトラックと言われるものに的を絞り、一部除き作品のボーカル付き主題歌のようなものは除外しています。)

また思いついたものを思いついた順に挙げているだけなので、特にランキング形式などということではありません。 

※リンク切れなどが発生していた場合はお知らせいただけると助かりますm(__)m 

斬撃のレギンレイヴ/攻勢の刻

世界観とゲーム性にぴったり合った躍動感溢れる名曲。今回は地球防衛軍の曲からも二曲選んでいるので、サンドロット特集に近くなっていますw
斬撃のレギンレイヴ自体はジョイコン操作にピッタリでSwitch向けのHDリマスターに期待したいところです。

ニューダンガンロンパV3/モノモノスロット

ダンガンロンパの最新作であるV3からこちらを選曲。モノクマ―ズの登場BGMをベースにした曲ですが、メインテーマの曲調も交えたりと遊び心が伝わってきます。

真・女神転生 ディープストレンジジャーニー/ボス戦

勢いよく始まる出だしのメロディが非常に大好きで、PVで初めて聞いた時から虜になってしまいました。リメイク版であるDSJの中で聞くのを楽しみにしています。

東京魔人學園剣風帖/風詠みて水流れし都

静かに始まる前半と、変調して迫力を感じさせる後半のつながりが面白い名曲。私は作品自体は未プレイですが、この音楽は一度聞いただけで耳に残ってしまいました。和風の感じもいいですね。

ARMS/メインテーマ

最初に聞いた時は「ボーカルがなあ…」と思っていたのですが、だんだんこの曲がないと盛り上がりきれない自分がいた。よくよく聞いていみるとARMSのキャラクターや世界観にばっちり合った曲だと感じます。

地球防衛軍5/襲来

司令官が半端じゃない空爆を指示する場面や、他の地域における戦況などが報告される場面などで流れる曲。ヒリヒリとした緊迫感と、どこか押せ押せムードの雰囲気が同時に感じられる名曲ではないかと思います。

トルネコの大冒険3/オープニング

トルネコの大冒険2の「トルネコの村」と同じメロディの曲。穏やかな日常という感じの曲調ですが、さすがはすぎやまさん。ドラクエらしい柔らかなBGMに仕上がっていると思います。

二ノ国/帝国行進曲

久石譲さんによる作曲で知られる二ノ国からこちらをチョイス。まさにファンタジー世界における「帝国」の曲という感じで、兵士が行進する姿が目に浮かびます。

ファイアーエムブレムエコーズ/王の子は煉獄に踊る

ベルクトの狂気と絶望を見事なまでに表現したこちらの曲ですが、その壮大さがまさにベルクトの心に渦巻く激情の大きさを映し出しているような気がします。曲名もかっこよすぎるでしょう!w

すれちがいMii広場/メインテーマver.1

打って変わって平和そのものといったすれちがいMii広場のメインテーマ。すれちがった回数に応じて曲もレベルアップしていきますが、個人的にはやはり素朴なオリジナルバージョンが好き。最近はすれちがいを全くしていませんので、かなり懐かしさを覚えます。

パワプロクンポケット4/春

パワポケ4は私自身は未プレイですが、曲を聞いてみたところすぐに気に入ってしまいました。春というタイトルにふさわしい、青春の新たな出会いと別れの哀愁を感じさせる曲調だと思います。

地球防衛軍5/メインメニュー

これはもう今回の一押し!28秒あたりからのメロディがまさしく「任務へ出動!」といった勇敢な雰囲気で盛り上がります。聞けば聞くほど味わいのあるスルメ曲だと思いますね。シリーズの楽曲の中でも一番気に入ったかもしれません。(個人的には襲来といい勝負。)

カルドセプトリボルト/無邪気な挑戦

刻まれる軽妙なリズム。どこか気の抜けるような、それでいて戦いの最中ということも伝わってくるメロディ。伊藤賢治さんの音楽は本当に名曲揃いですね。こちらはカルドセプトリボルトの楽曲の中でもトップクラスに好きです。

ドラゴンクエストモンスターズシリーズ/戦闘BGM

DQMシリーズの戦闘曲として一貫して使われているのがこちらの曲。もはや耳馴染みすぎてどうして好きなのかもよく分かりませんが、とにかく霜降り肉を投げたくなります(笑)

ファイナルファンタジー4/赤い翼

FF4を代表する名曲である赤い翼をピックアップ。ワクワク感を味わえるというか、非常に士気が高まるリズムとメロディだと思います。これを聞くとテンションが上がるという方も多いのでは??

というわけで今回は以上となります。
この記事シリーズもずいぶんと回数を重ねてきましたが、まだまだ好きな曲はゴロゴロしていますので、これからも継続的に公開していくつもりです。vol.7もまたぜひ見てくださいね♪


DMCコレクションやプリパラ新作が発表!など[2018年1月11日のゲーム情報+雑記]

小さめの新作情報がいろいろと発表されましたので、いつも通りまとめていきたいと思います。

1.デビルメイクライ HDコレクションがPS4/XboxOneで発売決定!
DMCHD
カプコンによる悪魔を題材としたスタイリッシュなアクションゲームシリーズであるデビルメイクライ。その初期三作品を現行据え置き機向けにまとめてHDリマスターしたコレクションとなります。

発売日は2018年3月15日で、PS4のみパッケージ版も発売。こちらは限定のPS4テーマが付属するそうです。価格は約4000円程度ということで、過去作とはいえ、いずれも未プレイならお買い得でしょう。

2.プリパラ オールアイドルパーフェクトステージがSwitchで発売決定!
puriparaSwitch
タカラトミーアーツとシンソフィアが展開するアーケードゲームと、それを原作とするTVアニメで人気を博す女児向け作品「プリパラ」。そのSwitch向け最新作が2018年3月22日に発売されることが発表。ジャンルは”おしゃれ&リズムアクション”となっています。
 
これまでは3dsで展開されていた同シリーズですが、意外なほど早くSwitchに対応することが決まった形。やはりソフトメーカー各社も3dsの実質的な後継機としてSwitchを捉えていることがうかがえます。3dsは幅広いソフトメーカー作品が発売されていましたので、今回の発表はなかなか朗報だと思いますね。

3.その他発表されたゲームソフト

サマーレッスン:ひかり・アリソン・ちさと3 in 1 基本ゲームパック PSVR
サマーレッスンの宮本ひかり、アリソン・スノウ、新城ちさとの3キャラクターの基本パックを収録したパッケージが2018年2月22日に発売決定。私はアリソン・スノウのみ購入しましたが、新城ちさとの評判がよく、購入するか悩んでいます(笑)

ナデレボ PSVITA
エンターグラムが今月も新作を発表。自宅すたじおが原作を手掛ける学園もの恋愛ADV。2018年4月26日発売予定。

World to the West Switch
フライハイワークスがローカライズを手掛けるゼルダライクの謎解きアクションADV。4人の仲間を操作して冒険を進める内容で、2018年1月18日に配信予定。価格は1500円。

ラビリビ Switch(/PS4/PSVITA)
うさぎと妖精が主人公の台湾発・高難度2D横スクロールアクションゲーム。日本での発売はまだ発表されていませんが、PS4/PSVITAではすでに配信中です。メトロイドヴァニア系で探索要素も強めとなっているそうです。

4.スクリブルノーツのシリーズ最新作がSwitch/PS4/XboxOneで登場か?
注:こちらについては確定情報ではありません。

多彩なアイテムを使って各ステージのお題をクリアしていくアクションパズルゲームシリーズである「スクリブルノーツ」シリーズ。その最新作として「Scribblenauts Showdown(スクリブルノーツ ショーダウン)」がSwitch/PS4/XboxOneで発売されるようです。

これは同タイトルが海外の大手通販サイトに登録されたことから明らかになっていますが、もし事実なら日本での展開にも期待できそうです。
(日本でもDSで「ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」「スーパースクリブルノーツ」の2作が発売済み。)

5.ジョイコンを追加で購入!
1515594138208
ニンテンドースイッチのジョイコンを1組増設しました!
というのもARMSを4人で対戦しようと思ったのですが、ハードが1つしかなかったためにジョイコンが足らなかったんですよね。2組あれば今後も何かと便利なのは目に見えているので、思い切って購入してしまいました!

(これがあればTVモードで遊ぶ時は常にいずれか1組のジョイコンを充電できるので、ジョイコンのバッテリー切れの心配がなくなったのが嬉しいです(笑))
それにしても、おすそわけプレイによるARMSの2vs2対戦。余裕で1日持つレベルで楽しいので、非常におすすめです!


ARMS - Switch
任天堂
2017-06-16


地球防衛軍5のプレイ日記/アーマーの放置稼ぎの日々

DShQQp6UMAACJOo
EDF!EDF!
と叫びながらミッションを進めているエンタメ最高マンです(笑)
(注:EDFはEarth Deffense Forceの略)

現在のプレイ時間は約40時間。そろそろミッションも折り返しを……って、まだ3分の1ちょっとしか行ってなかった!達成度に至ってはようやく5%……!?

えー、なぜこんなに時間がかかっているかというと、ヘタレゲーマーのくせに初見ハード(最初はEasy~Hardまで選択可能)でのクリアを目標に掲げているからでしょうねw

それでもミッション30くらいまではなんだかんだサクサク進められていたんですが、アーマー(体力)がレンジャーで300程度しかない状況だったこともあり、M40~M41でついに大苦戦!特にM41は10回以上Game Overになりました。基地が動き始めてからレーザーに焼き尽くされるんですよね。
(仕方なくノーマルでクリアしましたw)

そんなわけでこれはアーマー稼ぎをすべき時が来た…と思い立ち、大苦戦したM40でいわゆる”放置稼ぎ”をしはじめました。「いやいやノーマルでクリアしていく方が効率がいいだろ」というご意見はもっともですが…(笑)

放置稼ぎとは?

放置稼ぎとはプレイヤーは一切操作をせずに、アーマーポイントが増えるアイテムを大量に集める効率的な稼ぎプレイのこと。
過去作においても、敵の巣穴の座標を覚えておき、その出現場所にあらかじめ陣取った上で、真上に向けて攻撃し続ける(ゲーム機にセロテープを貼っておいたりw)ことで無限湧きする敵をその場で自動的に殲滅する方法などがありました。(私も随分お世話になりました(笑))

しかし今作ではどうしようかと思っていたところ、M40でマザーシップから投下されるアリを味方兵士に殲滅させ続ける方法が効率的だとネットで見つけ、早速実践しています。

せっかくなのでプレイ中に撮影した動画をこちらに載せておきます。最高の効率を追求したりはしていませんが、方法を知りたいという方は参考にしてください。(私は一切攻撃していません。)

基本的にはマザーシップを一機だけ残し、それ以外の敵を排除。後はグリムリーパー部隊を配下にして、無限湧きする敵を倒していただくだけの簡単なお仕事です。ヘリを用いてのアイテム自動回収や分割画面での同時プレイなど、応用の仕方はいろいろとあるようです。

そんなこんなでレンジャーのHPはだいたい800ほどになり、引き続きハードでのクリアに向けて頑張っております(笑)
DTFer_NUQAUCvJZ
円盤やクモやクロアリや赤アリやダンゴムシと戦い、
DTFetGhV4AAyADX
巨大怪獣であるエルギヌスやらアーケルスやらにケンカを売り、
DTFequXVMAIeyUC
大量のハチに追いかけ回される。
DSid2TMVoAAvq3h
そして時々、やっぱりエイリアンが空へと飛んでいく。

ここまでのレビューについては以下の記事をご覧ください。
関連記事リンクさすがの中毒性の過去最高傑作!地球防衛軍5序盤レビュー!

後はクリア後に最終的なレビューを書くつもりですが、いつになるかはお約束できません(笑)


家庭用ゲーム国内市場規模、11年ぶりにハード/ソフト共に拡大!

ファミ通が2017年の国内家庭用ゲームの市場規模データを公開!
なんと2017年は実に11年ぶりに家庭用ゲーム業界のハード・ソフト市場規模が共に拡大したことが分かりました!!

これは新ハードであるNintendo Switchの躍進はもちろんのこと、PS4や3dsの現行ハードの活躍に支えられての結果。家庭用ゲームの復権への第一歩を象徴したものではないでしょうか!

まずはデータを2017年と比較してみます。(すべてファミ通調べ)
ソース記事リンク2017年国内家庭用ゲーム市場速報を発表 市場規模は3917.5億円で、Nintendo Switchがハード市場を大きく牽引

<市場規模>
2016年:約2995億円2017年:約3918億円

ハードは2016年:1171億円から2017年:2024億円(70%以上増加)、ソフトは2016年:1824億円から2017年:1894億円(4%程度増加)、合計では30%ほどの増加となっています。

<ソフト売上10傑>
1位 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(3ds):約200万本
2位 Splatoon2(Switch):約175万本
3位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(3ds):約174万本
4位 モンスターハンターダブルクロス(3ds):約168万本
5位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4):約134万本
6位 スーパーマリオオデッセイ(Switch):約132万本
7位 マリオカート8デラックス(Switch):約110万本
8位 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(Switch):約69万本
9位 ポケットモンスター サン・ムーン(3ds):約58万本
10位 スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS(3ds):約42万本

機種別にみると以上の通り。タイトル合算ではドラクエ11が300万本を超える強さを見せたのが非常に印象的でした。それにしてもこうしてみると昨年は3dsがまだまだ存在感を残していたことが見て取れます。

<ハード売上>
Nintendo Switch:約341万台(累計341万台)
PS4:約194万台(累計586万台)
3ds:約183万台(累計2374万台)
PSVITA:約40万台(累計564万台)
XboxOne:約1.5万台(累計9万台)

Switchは1年足らずでWiiUの国内での生涯普及台数を超えました。これはさすがに任天堂も予想していなかったのではないかと思います。
一方でPS4は3ds以上の売り上げを記録。2018年はモンハンワールドもありますし、今年以上の普及となるのではないかと見ています。ちなみにPS4はいつの間にかVITAの普及台数を超えていたことにちょっと驚き。

<総括>
というわけで、ゲームファンとしては非常に明るいニュースが多かった2017年。データの上でもそれはきっちり表れています。

そこで次に重要になってくるのは2018年もこの勢いを持続させることができるか、ということ。
特にソフト面においては昨年は飛躍的に伸びたということではなく、あくまでも微増したにすぎませんから、ここは今年はもっとガツンと伸びてほしいところ。売れるタイトルと売れないタイトルの格差が広がり続けている中、中堅以下のタイトルが一定の存在感を示せるようになることこそが鍵になると考えています。

今年は間違いなくSwitchとPS4が市場を牽引することになりますが、両機種で大型タイトルのみならず、様々なジャンル・会社・規模の作品が売り上げを伸ばすことに期待します。

(※市場規模をテーマにした分析系の記事を公開しています。よろしければ合わせてご覧ください。)
関連記事リンクゲームソフトの発売本数と市場規模から家庭用ゲーム市場の今後を考察する

(上記のような市場分析・考察系の最新記事も今後公開するつもりなので、興味がある方はご期待ください。)


スポンサーリンク
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村