エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

ニンテンドースイッチ版ドラゴンクエスト11が任天堂から正式発表!などゲーム雑記

今日も3つのトピックを雑記形式で簡単にまとめていきますね。

1.ニンテンドースイッチにドラクエ11正式発表!

記事タイトルの通り、任天堂が2017年の三月に発売予定の新ハード「ニンテンドースイッチ」でも、ドラクエ11が発売されることが任天堂から発表されました。
(ソースはこちら・任天堂公式サイトhttps://topics.nintendo.co.jp/c/article/839af1b5-c284-11e6-9aaf-063b7ac45a6d.htmlです。)

ドラクエ11はもともと初めて発表された際に、 3ds/PS4に加え、当時の呼称であるニンテンドーNXにも開発が行なわれていることがスクウェア・エニックスから明言されていました。

しかしその後スイッチ版(NX版)の関連情報は一切なく、またつい先日のジャンプフェスタでもスイッチ版には全く触れられることがなかったため、本当に発売されるのか疑問の声も上がっていました。

そんな中で今回は沈黙を続けるスクエニに対し、任天堂の方が直々に改めてスイッチ版を正式発表したという形になっています。

このことから推測されるのは、おそらくスクエニとしては任天堂がニンテンドースイッチの詳細発表を来年に控える中、あえてスイッチ版には触れなかったということ。
そしてそれが正しければ、おそらく2017年の一月に開催されるスイッチの発表会でドラクエ11の情報が公開されるのではないかということです。 

ともあれ、内容次第では私はスイッチ版を購入したいと考えているので、できれば三機種同時発売という形をとってほしいのですがどうなるのでしょうか。スクエニからの発表を待ちたいと思います。 

2.購入した3dsのソフト二本が到着!
1482159555303[827]
アマゾンで購入した3dsソフト。
「A列車で行こう3D NEO」
「実況パワフルプロ野球ヒーローズ」

が届きました!

・・・届いたのはいいんですが、現在は同時に三本のソフトを進めている他、三本のソフトを積んでいて、さらに明日はダンガンロンパの体験版、その次に蒼の革命のヴァルキュリアの体験版、そして明後日には「不思議の幻想郷TOD~RELOADED」が発売されるので、いつ遊べるか分かったものではありません(^^;)

これぞ嬉しい悲鳴ということなんですが、いかんせん私はハードごとに一つクリアしないと次のゲームに行けないタチなので、この年末年始はいつも通りゲーム漬けとなりそうです(笑)

3.英雄伝説 暁の軌跡のPSVITAでのサービス開始が決定!

日本ファルコムの軌跡シリーズを題材にしたオンラインストーリーRPG、英雄伝説 暁の軌跡のPSVITAでのサービスが開始されるそうです!(開始日は現時点では未定)

オンラインゲームということでPCで展開されていた本作ですが、PSVITA版もUSERJOYが運営を担当するそう。

暁の軌跡は本編シリーズ同様で、ゼムリア大陸を舞台にした物語が展開されています。オリジナルキャラクターである準遊撃士ナハトとクロエが主人公で、クロスベル自治州にリベール王国、レミフェリア公国で起こる事件を解決していくという内容になっています。

現在は事前登録が始まっており、登録した全員に零・碧の軌跡に登場するノエル・シーカーがもらえるとのこと。

私は軌跡シリーズの熱狂的なファン、もとい信者なので、このVITA版でのサービス開始を機にもちろん本作をプレイする予定ですが、やはりオンラインRPG(ブラウザゲーム)であるというのはネックで、できればオフラインの形で新しく構成し直したマザーシップの一つとして、パッケージタイトルの形でリリースしてほしいなと思ったり。
さすがに日本ファルコムが自社で進めるプロジェクトではなさそうなので厳しいかもしれませんけどね。

 

RPGツクールフェスによる、RPG制作日記vol.3

3ds用ソフト、RPGツクールフェスを使って現在制作中のRPG。
大体六割程度開発が進み、ストーリー自体については八割ほど完了しました!

ここからやらなければならないことはまず終盤のイベントを制作、戦闘データやアイテム・大量のモブキャラクターの作成。
さらにはバランス調整とバグ調査。修正箇所の改善・・・などなど。

挙げてみるとまだ結構ありますね・・・w
まだすぐに完成とはいかなさそうです<m(__)m>
とはいえ今月中というのを目標にしていますので、そこはなんとか間に合わせたいと思います。寝る間も惜しんで頑張ります(笑)

ちなみにすでにかなりたくさんの作品がフェスプレイヤーにて配信されているようですね。
そういうのを聞くとすごく焦ったりするんですが、慌てて適当になってしまうのも勿体ないと思うので、ペースは崩さずに作っていきます。

それでは今回もいくつか報告をしていきたいと思います。

(私がどんなRPGを作っているのか、RPGツクールフェスの手触りの感想などを書いたvol.1、vol.2もよろしければぜひ合わせてご覧くださいね。)
制作日記vol.1のリンク

制作日記vol.2のリンク

まず現在の制作時間は、
1482070178339[824]

だいたい54時間。今回はシナリオをあらかじめ大まかに組んでから作っているので、比較的スムーズに進んでいます。もちろん制作の都合で途中で変更しているところもいくつかありますけどね。

予想では100時間にはいかないくらいの段階で完成しそうです。ボリュームは前回もお伝えした通り三時間ほどを想定していますが、もう少し前後する可能性があります。(まだ通しでプレイしていないので確認はできていません。)

それから今回の一大ニュース!タイトルが決定しました!
1482070189493[825]
ジャーン(笑)
題して「救国の英雄戦記~鳴動する世界~」です!
自分の中では意外といいのではないかと自己満足していますが、どうでしょうか?w
 
そして最後に紹介するのは特技。 
技の名前はそれとなく効果がつかめるものにしようと思っていますが、なんだかんだで語呂や「っぽさ」を優先してしまっています。
1482070202492[826]
ここに挙がっているのは割と普通に感じられるかと思います。ですが作中では若干ネタ感のある特技も登場しますよ!

さて、そんなわけでここまで三回にわたりお届けしてきた簡易的な制作日記。
ネタバレがないように、、と注意しながら書いているため、当たり障りのないことしか載せていませんが(というか単に進捗状況をお伝えしているだけな気もしていますが(^^;))、方向性というか、頑張って作っていることは伝わったと信じていますw

そしてこの制作日記は今回で終了し、次回は「完成報告」をしたい!と思っています。
初めにも書いた通り年内の完成を目途に進めていきますので、ちょっとでも期待してくださる方はもう少しだけお待ちくださいね!

 

名探偵コナン第843話「探偵団はヤブの中(前編)」感想

1472823969017[121165]
年内のコナンの放送も残すところ今日を含めて二回。
久しぶりの青山先生原作回である今回は、デパート。探偵団。食い違う証言・・・。

以下ネタバレしていますのでご注意ください。 

~OP

相変わらず福引を当て続ける男・阿笠。
今回はお食事券と商品券が当たっています。神の手ですねw
大喜びの探偵団。(灰原はあくびw)

その横で赤井と世良、領域外の妹のことを考えているコナン。
唐突に思えるかもしれないですが、原作ではガールズバンドの次の事件なんですよね。アニオリが入りすぎたため世良さんの存在が薄れていますが・・・w

(関係ありませんが世良さんとかなぜアニオリに出さないんですかね?一キャラとして当たり障りのない形なら問題はないと思うんですが・・・。)

そのコナンに話しかける灰原。
ゴキブリと朝の四時まで格闘していたのだと。

何というか、灰原さんは改めて丸くなりましたよね。この前の二時間SPで描かれていた組織時代の灰原(宮野志保)とは全く印象が違います。
純黒の悪夢のキュラソーと同じで、探偵団やコナンと交流したことで地の自分が出てきたということなのかもしれません。

OP~ 

ジングルベル♪が鳴り響くデパート。
風船に興味を示す光彦&元太に対し、化粧(マスカラ)に興味を示す歩美&灰原。
やっぱり小1くらいだと男の子の方が幼いんでしょうね。

「お前らにはまだ早い」
マスカラを見ていた灰原たちにそう言ったコナン。 
灰原がブチ切れて、店員に迫っていますw

灰原としては自分は18歳なのに、コナンが自分の化粧姿に興味を持ってくれないということに不満なんでしょうね。 でも残念ながらコナンには蘭しか見えていないんでしょうね・・・。

そしてランチを済ませたコナン達。
博士が一万円でクリスマスプレゼントを買ってあげると言った瞬間いなくなる子供たち。
早速自分の欲しいものを話し合っていますw

光彦「望遠鏡」
元太「野球のグローブとバット」
歩美「大きなぬいぐるみ」
ついでに灰原「フサエブランドのバッグ」

良心的なのは歩美くらいw(と思いましたが映像ではぬいぐるみ半端じゃない大きさですねw)
灰原はさておき、光彦と元太も遠慮がない(笑)
二人とも一人で優に一万円を超える買い物のような・・・w 

一方コナンの方は料理長たちの話すクレーマーの話に耳を傾けています。プレゼントより事件の匂いの方が気になるんですね。まあ当たり前か、推理オタクですからw

自分の欲しいものを写メってきた四人。それを見ながら歩いていると悲鳴が。
料理長が階段のところで刺されていた。

こんな人が大勢いるところでよく犯行に及びましたね、今回の犯人。
そして階段を息を切らして逃げている犯人を見に行くように指示を出すコナン。 

「階段に近づくな」じゃなくて「階段を見に行け」なんですね(^^;)
犯人を捕まえるためには仕方ないんでしょうけどwまあ探偵団のことをそれだけ信用しているということかもしれません。 

そして毎度のことながら集められる三人の容疑者。
相変わらずその全員に被害者と関係がある奇跡(笑)まさに天文学的な確率ですw 

そんな中犯人を見た元太、光彦、歩美の証言が食い違う。

元太「小柄で服に2の番号をつけた、グレーの服」
光彦「大柄で男性っぽい走り方で 濃いグレーの服」
歩美「背はふつう、明るいグレーの服を着た女の人」

歩美に至っては女の人だと思った理由がなんとなく。もはやこれじゃ証言の意味がありませんね、もしコナンがいなかったら。 (コナンがいれば問題はないはずw)

というわけで、今回のお話はこの証言の食い違いの謎を明かすのが目的ということですね。
ネクストコナンズヒントはマネキンでしたけど私にはさっぱり見当もつきません(笑)
来週の後編を楽しみに待ちたいと思います。

ED~

今回から倉木麻衣さんの新ED「YESTERDAY LOVE」でした。
蘭と新一の切なさを意識した大人っぽい映像で、SAWAGE☆LIFEとは180度方向性が違いますw
曲もけっこういい感じでした。できればOPとして聞きたかったな、という気がしましたけどね。 

個人的評価 : 7 (満点 10)

 

名探偵コナン2017年1月の放送予定

コナンの年明けの放送予定が分かりましたので、まとめていきます。

1/7   絶体絶命暗闇のコナン(前編) アニメオリジナル(第845話) 新OPスタート

1/14 絶体絶命暗闇のコナン(後編) アニメオリジナル(第846話)

1/21 美術館オーナー殺人事件 デジタルリマスター再放送(第8話)

1/28 千葉のUFO難事件(前編) 原作(第847話)

2/4   千葉のUFO難事件(後編) 原作(第848話)


新年第一回目からは前後編のアニメオリジナル!
なかなか面白そうなタイトルですが、どんなお話になるんでしょうか。
ちなみにこの放送回からOPがBREAKERZの「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」に変更されます。

三週目は初期のお話の再放送。
最近のデジタルリマスターは三つ子別荘に新幹線大爆破と、かなり古いお話を持ってきていますね。何か狙いがあるんでしょうかね?

そして四週目から二月の一週目にかけては久しぶりに原作。
UFOを題材にしたお話で、エピソードワンで初登場した蘭の空手のライバル・和田陽菜も登場します。

ということで新年からまた楽しみです。

 

ゲームソフト発売予定・12月22日週/桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!、不思議の幻想郷TOD-RELOADED-など

今週は2016年最後のゲームソフト発売日。
クリスマス直前ということもあり、ゲーム店が一年で一番盛り上がる時期ですね。売り上げを見るのも非常に楽しみです。


ハドソンがコナミに買収されて以来、コナミと開発者・さくまあきらさんとの軋轢などが公表されるなど、シリーズの終了が危ぶまれていた桃鉄。
しかし本作が任天堂からの発売となって久々の復活を遂げました。 (コナミはライセンスアウトをしている)

対応ハードは3ds。ボンビーなどのキャラデザインが一新されているのは賛否あるようですが、従来のボードゲームとしての楽しさはもちろん変わっていないようです。 オンラインプレイに対応していないのは残念ですが、ローカルプレイ(基本的には人数分の3dsと対戦用の無料ソフトが必要)は搭載しています。公式サイトはこちら。


広大なアルプスの雪山を舞台に、4つのエクストリームスポーツを体験できる、オープンワールドアクションゲームだという本作。PS4/XboxOneで発売されます。

収録されているのはスキー・パラグライダー・ウイングスーツ・スノーボード。巨大な世界を自由に探索しながらスポーツが楽しめるというのはなかなか魅力的ですね。私も非常に興味を持っているタイトルです。
オンラインプレイにも対応しているということで、他のプレイヤーとレースをしたり一緒に冒険したりというのも楽しそうです。公式サイトはこちら。






不思議のダンジョンスタイルのローグライク・ダンジョンRPG。東方プロジェクトを題材にしたファンゲームという立ち位置ですが、パッケージタイトルとして発売され、PS4/PSVITAで遊ぶことができます。

前作に当たるTODのストーリーを完全収録しているほか、DLCとして配信されたアナザーエピソードや今作からの新ストーリーなども追加。キャラクターやシステムも追加され、完全版という形になっています。
前作の時点でもかなりのボリュームだったそうなので、今作は相当長く遊べる作品になっていそうです。

シレンやトルネコなど、ローグライクRPGが大好きな私はもちろん購入。いつプレイできるか分からないほど積みゲーが大変なことになっていますが、レビュー記事も掲載予定です。公式サイトはこちら。

おそ松さん 松まつり! - 3DS
バンダイナムコエンターテインメント
2016-12-22

最近ブームとなったおそ松さんのゲーム化タイトルとなる本作は3dsで発売されます。 
今作は選んだ推し松でミニゲームを遊び、コレクションを集めたり、シーンを開放してアニメカットとボイスを楽しんだりということができるようです。

ミニゲームはアクションである雪合戦に無重力スパイラルや、パズルゲームのハイブリッドおでん、 テーブルゲームのドンジャラなど多種多様な内容を収録。またすれちがい通信にも対応しています。公式サイトはこちら。


セガの3D復刻プロジェクトの第三弾となる本作。前二作同様3dsでの発売となります。
今作に収録されているのは、ターボアウトラン、サンダーフォース3、エイリアンシンドローム、コラムス、アフターバーナー2、 スーパーハングオン、ソニック・ザ・ヘッジホッグ2、ベアナックル2死闘への鎮魂歌、ガンスターヒーローズの9本。

また同日にはこれまでの三作品すべてをセットにしたお得なトリプルパックも発売されるとのことです。 公式サイトはこちら。







ベイカー街やホワイトチャペル地区を探索し、手がかりを探して事件を解明していくアドベンチャーゲームである本作。対応プラットフォームはPS4。
本作ではただ推理をするだけでなく、アクションも鍵になるということで、この手のタイトルの中では凝った作りとなっているようです。公式サイトはこちら。


名作として名高いグリザイアシリーズのスタッフが集結して作られたという、異世界ファンタジーのビジュアルノベルADVがPSVITAで登場します。

太平洋戦争時にパイロットをしていた主人公が、敵艦に特攻した際に異世界に迷い込んでしまうところからストーリーが始まり、異世界における新人種と亜人種の戦争に巻き込まれていくといった展開となるようです。
物語的には非常に興味があるのですが、個人的に主人公のキャラデザが・・・。主人公のキャラデザをとにかく重視してしまうのが私の困ったところですw
公式サイトはこちら。


日本とアメリカを中心とした連合国が戦いを繰り広げた「太平洋戦争」をモチーフに、当時の戦況を複数のシナリオで再現した戦略ウォーシミュレーションゲームであるという本作。
日本陣営かアメリカ陣営か、どちらかの視点を選んで遊べるそうです。また隊編成システムは戦略性を高めているのだとか。公式サイトはこちら。


コーエーテクモのルビーパーティーブランドから展開される女性向けADV。PSVITAでの発売となります。
本作は前作の大団円エンディングのその後を描いた物語が展開されるということで、ファンの方は見逃せない作品となっていそうです。それにしても近年は異世界ものが多いですね。公式サイトはこちら。

それ以外に発売されるのは以下の3作品。


女性向け恋愛ADV。ツインパックも発売されるとか。公式サイトはこちら。
 

女性向け恋愛ADV。公式サイトはこちら。


女性向け恋愛ADV。公式サイトはこちら。


ということで、今週は桃鉄、不思議の幻想郷~、STEEPに大注目です!私もどの順でプレイするか考えなければ・・・w
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村