エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

「ニューダンガンロンパV3」クリア後レビュー(核心的ネタバレなし)

1484487968162[995]
大ボリュームだったダンガンロンパ最新作、「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」。
ついさきほどようやくクリアしましたので、レビューを公開したいと思います。

※以前公開したダンガンロンパ関連の記事のリンクを合わせて貼っておきます。

最恐のミステリー?ダンガンロンパシリーズ!

ダンガンロンパシリーズ二作品の事件を一つずつ振り返る

ニューダンガンロンパV3を買ってきました!一章までプレイした感想!(ネタバレなし)
核心的なネタバレには配慮しているつもりですが、未クリアの方はお気を付けくださいませ。(ダンガンロンパ風)

<総括>
はじめに総括から書くというのもおかしな話ですが、本作のレビューは普通には書けないということで、全体的な感想から。

まず本作は1章と6章がすごいことになっています。
そしてこの二つの章はとにかく賛否が分かれるのが明らかだと思います。

私自身がこの二つの章についてどう思ったか、単刀直入に書くならば・・・

1章・・・いい意味で驚き。ゲームでこういうことをやる挑戦心に感心しました。
1484487980795[996]
「嘘」をテーマにしたのはこういう意味があったのか、と納得。裁判での「偽証」演出のためだけに「嘘」を活用したわけではないところはさすがだなと思いましたね。

そして、6章。
ここは正直に書きます。あくまでも私個人の意見なので、不愉快に思われる方がいたらごめんなさい。

6章・・・「やってしまった」というのが第一印象。メタにメタを重ねるような超展開。シリーズファンの一部は冷めてしまうのではないかと感じました。一線を越えてしまった気がしましたね。

ただし一つフォローをさせてください。
この超展開こそがダンガンロンパの真髄だとも思いますし、決してこの作品自体が残念なものだということではありません。

私は本シリーズを今では貴重になってしまった純粋なミステリーADVとして追いかけていたため、「奇をてらったことをするのではなく、堅実にシリーズを続けて欲しい」と考えていたんですね。

しかしプレイされた方は分かると思いますが、「続編が作れるような終わり方ではありません」
もちろん何事もなかったかのように”V4”が出てくる可能性はゼロではありませんが、多少テンションが下がってしまうのは避けられないと思います。

こうなったら「小高さんの次回作としては、まったく生まれ変わった新しいものが見たい」という気持ちも。
ミステリ―好き・推理好きとしては、それが再びミステリーであることを祈るのみです。

<各事件について>
1484487999341[998]
気を取り直してそれぞれの事件についても書いていきます。
とはいえネタバレはできないので、それぞれ一言ずつ簡単に触れるだけにしておきます。(過去二作の事件同様、各10点満点で点数も書いておきます。)

第一の事件・・・トリックはかなり強引な気がしました。しかしこの強引さが無駄ではないのがやはり上手い。5点。(6章後では8点。)

第二の事件・・・この事件はかなり気に入りました。無理のある部分がないわけではありませんが、奇想天外な発想と、裁判の面白さを買いたいです。9点。

第三の事件・・・不気味な事件。こういう雰囲気にワクワクする変人なので、あの怖さがよかった。ただトリックが微妙な気はしましたね。6点。

第四の事件・・・事件自体は非常に面白いと思います。仮想世界だからこそできる謎解き。ただ裁判の序盤でネタが読めてしまうほどに、トリックが簡単なのが難点。8点。

第五の事件・・・二転三転の展開。前作の第五の事件を彷彿とさせる内容でした。真相が予想できた人はほとんどいなかったのではないでしょうか。いくつか消化不良な点こそありますが、十分な出来だと思います。9点。

私としては事件5つに限ってみれば、前作2の方が完成度が高いような気がしました。とはいえ、ミステリーものというのはシリーズを重ねれば重ねるだけ難しくなるものですし、シリーズのハードルが高くなりすぎている中、これだけのボリュームで、これだけ楽しめる謎をたくさん作ってくれた小高さんに頭が下がる思いです。

<システム面>

第一章までの感想記事でも書いた通り、裁判での新しい様々なシステムはどれもいいアクセントになっていましたが、複雑になりすぎている感もありました。
しかしアドベンチャーゲームとしてここまでシステムの凝ったゲームはありませんし、制作陣に拍手を送りたいですね。

<キャラクター面>

新キャラであるモノクマーズのくすりとしてしまう掛け合いは本当に小気味いいものでした。あのわらわら感がないと物足りない身体になってしまいましたね(笑)

16人のメインキャラは今回もみんな個性が際立っていました。特にハルマキ。(春川魔姫さんですw)
徐々に主人公たちに心を開いていく姿はとてもよかったですね。

<まとめ>

最初は少し辛辣に書きましたが、推理ADVとしてみれば今作も素晴らしい完成度の作品だと思います。
また本筋の展開も、ラストこそ私は「・・・」でしたが、そこに至るまでの過程は先が気になってのめり込んで楽しめるものでした。

次回作はあるかもしれませんし、ないかもしれませんが、もし続編が出るなら迷うことなく購入しますし、全く新しい新作が出るなら、それはそれで応援したいと思っています。

前作のように誰にでもおすすめできる作品とは言えなくなってしまいましたが、相変わらずの高品質なアドベンチャーゲームです。おまけモードもおまけとは言えないボリュームですし、本編含めて50時間は軽く遊べる作品となっています。シリーズのファンの方、ミステリー好きの方、二転三転し先の見えない展開が好きな方におすすめしたい作品ですね。
 
 

名探偵コナン2017年2月の放送予定

コナンの二月の放送予定が分かりましたので、以下に載せておきますね。

(1/28 千葉のUFO難事件(前編) 原作(第847話))

2/4   千葉のUFO難事件(後編) 原作(第848話) 

2/11 婚姻届けのパスワード(前編) 原作(第849話)

2/18 婚姻届けのパスワード(後編) 原作(第850話)

2/25 天下一夜祭殺人事件 デジタルリマスター再放送/原作(第9話)


千葉刑事がメインとなるUFO&宇宙人の事件の前後編放送後は、羽田秀吉と宮本由美の二人が登場するラブコメ回である原作前後編が放送されるようです。
スタッフもバレンタインデーに合わせてこのお話を選んだんでしょうね。 

また二月最終週はデジタルリマスター「天下一夜祭殺人事件」を放送。
先日放送された美術館オーナー殺人事件の次のお話となっていますが、こちらはなぜ選ばれたのか謎ですねw

今月はアニメオリジナルの放送がなしということで、これはかなり久しぶりな気がします。

ちなみに三月以降についてですが、

・ミステリーツアー解答編
・新一と蘭の出会い編
・映画公開に合わせて平次&和葉が登場する話の再放送
・映画の前日談

などが3~4月に放送されると予想されます。
特に今年はミステリーツアーの期間が延長され、まだ解答編が放送されていませんので、原作ストックはだいぶたまってきていますね。

平次と和葉が出てくる原作「鵺伝説」の事件は映画と同時期に放送するのではないか?とも言われていますが、どうなるでしょうか。

 

[デジタルリマスター]名探偵コナン第8話「美術館オーナー殺人事件」感想

1483539797961[833]
今週のコナンはデジタルリマスター再放送。初期の名作として知られる美術館オーナー殺人事件です。
私はストーリーをだいぶ忘れてしまっていたので、新鮮な気持ちで見ることができました。以下ネタバレしていますのでご注意ください。

~OP

「見立て殺人」について解説するコナン。見立てってミステリーでは定番ですよね。コナンでも「秘湯雪闇振袖事件」や「風林火山 迷宮の鎧武者」など見立てをテーマにしたお話がありますし、コナン以外でいえば有名どころで例えば「犬神家の一族」などは見立て殺人を描いています。

今年のコナンの映画は見た感じ百人一首に見立てた本格ミステリーになりそうなので、かなり期待しています。ミステリー重視だと青山先生もおっしゃっていたそうですし。

OP~

夜の美術館。
歩く甲冑を見て悲鳴をあげる警備員たち。
こんなのが突然歩いてきたら心臓止まりそうですねw

その噂は早速町に広がって蘭の耳にも。面白そうだから行ってみようと蘭がコナンや小五郎のことを誘っています。
蘭って幽霊とかの類をすごく怖がる設定なんですが、初期のお話ということもあり興味津々。今だったらむしろ誘われても断るでしょうねw

そしてコナンに「子供騙し」とまで言われて小五郎のデスクを破壊。強制的に三人で出かけることに。
この辺りの演出も今ではあり得ないことですねw昨年の12月に放送されたエピソードワンは原作第一話のリメイクだったので電柱壊していましたが・・・。

大地の間、天空の間、海原の間と美術館をまわる三人。
コナンと小五郎は疲れて椅子に座りこんでいます。
美術館って好きな人は何時間でもいられるみたいですが、あまり興味ない人には辛いですよね。私は入ると数分で外に出たくなります(笑)

そんな中最後に地獄の間に立ち寄ったコナン達。
地獄の間は他のエリアと雰囲気が違いすぎる・・・まさに殺人のために作られたような空間ですね。

「天罰」というタイトルの絵の前で立ち止まる蘭。
甲冑の騎士が悪魔の喉元を剣で磔にしている作品。そしてその後ろの壁に、その絵の通り殺されている美術館のオーナーの姿が・・・。

今と違い血が普通に赤で表現され(今は黒)、また遺体の目が見開いていて(今は必ず目を閉じている)、なおかつ壁に磔にされているという恐ろしい構図。
これは子どものときに見ていたらトラウマになりそうです・・・図書館殺人事件とは別のベクトルですが、同じくらい怖く感じましたw

そして目暮警部が登場。
監視カメラをチェックする。そこには犯行の一部始終が。

こんな映像を現実で見せられたら脳裏に焼き付いてしまいそうです。蘭とかも見ていますが大丈夫なんでしょうかね?

ダイイングメッセージには「クボタ」の文字。
その文字を書いたと思われるボールペンをコナンが発見。

目暮「おー、でかしたな、坊主」

警部の口調が今と違いすぎるw
今だったら「おー、本当かね、コナン君」という感じでしょう。

ボールペンの剣先が引っ込んでいたこと、ダイイングメッセージの字の上にある紙を抉ったような跡などから真相にたどり着いたコナン。
犯人は館長。あらかじめクボタの名前を紙に書いておき、インクの出ないペンを被害者の近くに置いておいた。

被害者の行動を防犯カメラで映していることこそがトリックだったというわけですね。単純ながらも盲点を突いた現実的なトリックな気がします。

館長は美術館をホテルに変えられ、美術品を失うのを許せずオーナーを殺したと。
オーナーは確かに悪どい人だったんでしょうけど、さすがにあんな形で惨殺されるのはかわいそうだったように思います。

最後にコナンに自分の犯行を見破られたことを笑う館長。なんというか音楽や演出と相まって粋な絵になっていました。

一話完結でしたが、原作だと三話分のお話ということで非常に密度の濃い内容でした。
本格ミステリという感じで面白い話だったと思います。

(美術館が続くことになったと言っていましたが、さすがにあんな事件があったら客が来ないような気がします・・・(^^;))

次回は「千葉のUFO難事件(前編)」。
アニオリっぽい事件ですが、原作のお話です。

個人的評価 : 9 (満点 10)
 
 

ニンテンドースイッチを予約!、バンナムが3ds向け新作を二本発表などゲーム雑記

本日は日本でニンテンドースイッチの予約開始日!今回の雑記記事も、情報と個人的な日記がごちゃ混ぜとなっています、すみませんw

1.ニンテンドースイッチを予約してきました!
1484981742112[999]
ビックカメラにてニンテンドースイッチの予約完了!

自宅でも外出先でも遊べる任天堂の最新ゲーム機・ニンテンドースイッチの予約を承ります!」的な放送(正確な文言ではありませんw)がゲームコーナーだけでなくお店全体で流れていました。

午後すぎに行ったのですが、ゲームコーナーのレジはいつもより長い列ができていて、見たところスイッチの予約をしている方もチラホラいたみたいです。

ちなみに本日中なら新宿ヨドバシカメラ、アキバヨドバシカメラなどは全員予約ができるようなので、ネットショップでの予約が難しそうであれば、そういった実店舗を探してみるとよいと思います。今回は台数的にはかなりの数が用意されていそうな感じなので、これからでも予約ができるお店はあるのではないでしょうか。

(追記・裏は取っていませんが、ヨドバシカメラは実店舗・comのネットショップいずれでも本日中は予約が無制限に可能との情報もあります。)

2.バンダイナムコエンターテインメントが3ds向け新作を二作発表!

一本目はファミスタシリーズの最新作で、30周年記念作品となる「プロ野球 ファミスタ クライマックス」です。
2017年度の最新プロ野球選手が登場するとのこと。2017年4月20日発売。公式サイトはこちらです。http://2017.famista.jp/
 
コナミも3dsでパワプロヒーローズを発売しましたが、プロ野球選手が出ていないこともあり、このファミスタ新作は3dsでのプロ野球ゲーム需要の大きな受け皿となりそうです。バンナムは相変わらず商売が上手いですねw

二本目はドラゴンボールヒーローズシリーズの三作目となる、「ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX」です。
トレーディングカードゲーム形式のアーケードゲームの3ds向け移植タイトルとしてリリースされた過去二作。いずれも予想以上のヒットとなり、本格的にシリーズ化をするようです。

こちらは2017年4月27日発売。最近は4月20日にFEエコーズが発売されることも決まりましたし、ニンテンドースイッチが出た後も、まだ3ds向けのタイトルがファースト・サード問わずある程度展開されるのかもしれません。

(実際米国任天堂のレジ―社長は3ds向けの未発表作品をE3などで今後も発表していくと発言されたそうです。)

3.「ニューダンガンロンパV3」 5章をプレイ中!
1484487968162[995]
ここまで来ると物語も終盤なのかなあ、とちょっとクリアするのが勿体なく感じ始めている今日この頃。
とはいえ先が気になるのでプレイを中断するわけにはいきませんが、早くも次回作が出るのかどうか心配し始めていますw

そんな中、蒼の革命のヴァルキュリアもアマゾンから到着。こちらも早くプレイしたいところですが、ダンガンロンパはクリア後のおまけモードがかなり遊べるようなので、もうしばらくダンガンロンパに浸っていることになると思います
 
 

ゲームソフト発売予定・1月26日週/バイオハザード7 レジデント イービルなど

今週は待望のバイオハザード最新作が登場。
それ以外にも多数のタイトルが発売となりますが、どれも比較的小粒な作品になっています。


サバイバルホラーゲームシリーズとして世界中で人気を誇るバイオハザード。そのシリーズ最新作はPS4/XboxOneで発売されます。

本作はCERO D(17歳以上対象)の通常Verに加え、暴力表現がより激しいバージョンである、グロテスクVerも同時に発売されます。こちらのVerはCERO Z(18歳以上のみ対象)となっています。ちなみに上のAmazonリンクはグロテスクVerとなっていますのでご注意ください。

本作はPSVRにも対応しており、PSVRのキラーコンテンツとしても非常に注目を集めそうです。PSVRはこのバイオハザードに合わせて入荷&販売が再開されるそうなので、再び争奪戦になるでしょうね。
またXbox One S 500GB(マインクラフト同梱)も本作と同日に発売されます。

公式サイトはこちら。
 

ゲーム会社を舞台にした5pb.による新作ADVである本作。PS4/PSVITAのマルチプラットフォームで登場します。
新人社員として働く主人公が、その会社が開発中の大作RPGの追加ストーリーのDLCのアートディレクターを任されて・・・というストーリー。

ゲーム会社を舞台にしたゲームというのはなかなか見ないレアな作品なので、購入するか悩み中。現在プレイ中のゲームの進捗次第で考えたいと思います。
公式サイトはこちら。


青春スポ根&恋愛もののADV、「あおかな」という略称でも知られる人気作品がPS4に登場。すでにPSVITA版も発売されており、私はそちらをプレイ済みです。

本作は空を飛ぶことができるようになった世界が舞台。主人公(コーチ)とヒロインたち(選手)がフライングサーカスと呼ばれる競技を通じて関係を深めていく、燃えて萌える物語が楽しめる作品です。

美しい背景に加え、各章ごとに予告映像が流れるなど、アニメを見ているかのような感覚でのめり込んで楽しめる快作。爽やかなスポーツものとしての魅力と、少し甘酸っぱい恋愛ものとしの魅力が合わさった内容で、誰にでもおすすめできる出来となっています。

PS4版ではフルHDに対応し、より美麗になったグラフィックスが堪能できるほか、ミニゲームが新たに収録されているそうです。公式サイトはこちら。


ジャンプスクエアで連載中でアニメ化もされた人気作品・双星の陰陽師のゲーム化タイトルがPSVITAで発売。
本作は突如として禍野の浸食の広がる鳴神町を舞台に、主人公である焔魔堂ろくろたちが怪異と戦う10日間を描いたオリジナルストーリーが展開されるそうです。

マップで行き先を指定し、メインストーリー、サブストーリー、バトルをプレイするアドベンチャー形式でゲームは進行。バトルはコマンドタイプの戦闘となっているようです。またキャラクターとのスキンシップを楽しめるタッチイベントなど原作ファンへのサービス要素もあるみたいですね。
公式サイトはこちら。


ブロッコリーからは人気の女性向けADVがPSVITAで登場。本作は「うたの☆プリンスさまっ♪Repeat」のパワーアップ移植版で、新規シナリオやイラストなどをはじめとして、様々な追加要素が収録されているそうです。

本作ではアイドルや音楽家を夢見る生徒が集う、早乙女学園を舞台にした学園ものの物語が展開。選んだ男性キャラをパートナーに、卒業までの一年間の追体験することができます。

またシナリオの途中では定期試験という名のミニゲームパートも挿入され、リズムゲームなどが楽しめます。
公式サイトはこちら。 

新星抜擢 ドライブガールズ - PS Vita
バーグサラ・ライトウェイト
2017-01-26

美少女たちがファイティングフォームと呼ばれる人型状態と、ドライビングフォームと呼ばれる車型状態を使い分けながら戦う、オリジナルの3Dアクションゲームが新鋭のゲーム会社・バーグサラ・ライトウェイトから登場します。対応プラットフォームはPSVITA。

最大四人での協力マルチプレイモードもあるとのことで、完全新規作として力が入っているように見えますね。公式サイトはこちら。


ファンタジーの世界観の女性向け恋愛ADV。対応プラットフォームはPSVITA。主人公は騎士団団長の屋敷のメイドという設定だそうです。公式サイトはこちら。


こちらはオトメイトブランドの新作女性向けADV。人と獣が共存する世界。そんな平和な世界に疫病が蔓延。狼の呪いだと噂されるようになり、狼種が根絶やしにされ・・・というストーリー。公式サイトはこちら。
 
<それ以外に発売されるダウンロード専売タイトル>

・マーセナリーキングス(PS4)
・パワーディスクスラム(3ds)
・仮面ライダーあつめ(3ds)
・Teslapunk(WiiU)
 
などが発売予定です。 
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村