エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

名探偵コナン2016年11月の放送予定

名探偵コナンの11月の放送予定が明らかになりましたので、以下にまとめておきます。

11/5  ふんわり気球で怪事件 アニメオリジナル(第838話)

11/12 天狗の声が聞こえる アニメオリジナル(第839話)

11/19 最後の贈り物 アニメオリジナル(第840話)

11/26 雨の交差点 アニメオリジナル(第841話)


ということで11月はアニオリ月間ということになるようです。

(追記・2016年11月20日)

11月26日の雨の交差点はタイトルが雨のバス停(バスストップ)に変更されました。

(追記終わり)

それにしても「ふんわり気球で怪事件」ってなかなかすごいタイトルですねw
ふんわり気球っていったい・・・w? 


ちなみに現時点でストックとしてたまっている原作話をついでにまとめておくと (タイトルは適当です)、

・デパート証言食い違い事件
・UFOと宇宙人事件
・由美の婚姻届暗号事件
・黒の組織とハサミ事件
・霊魂探偵事件 
・ライブホール首吊り事件
・鵺伝説連続殺人事件
・蘭GIRL・新一BOY出会いの事件

というところでしょうか。 

意外とストックはあるように思いますが、なぜかアニオリ率が高いですね。

それにしても四話別々のアニオリよりも「前後編のアニオリ二本」とか「三話完結のアニオリと一話完結一本」とかの方がうれしかったりするんですが・・・その方が複雑なストーリーが作れるでしょうしね。

・・・などと文句を言いながらも四話それぞれどんな物語になるか楽しみにしています(笑) 

名探偵コナン第837話「仲の悪いガールズバンド(後編)」感想

鳥取で大きな地震があったということで、皆さん大丈夫だったでしょうか。
被災された方に心よりお見舞い申し上げます。 

1471089233763 [40934]

さて、今週のコナンは青山先生原作の後編。以下ネタバレしていますので、ご注意ください。

前回のあらすじ~OP 
OP~ 

スタジオをいくら探しても見つからない凶器。
他のバンドメンバーたちが犯人なのではないかという容疑者たち。

まあミステリー的にはあり得ない線ですね(笑)

それから演奏の動画を見てにやりと笑うコナン。
と世良。
と安室。 

毎度のことですがコナンの世界の切れ者たちはみんな同時にひらめきますねw
たまには誰かが抜け駆けしたっておかしくないのにw

そして推理を始めるコナンたち。
高木「疑っているのは我々警察ではなく捜査協力してもらっている彼らが・・・」

その中に小学生がいることに誰か突っ込んで!!w
そもそも高木のこの発言自体結構おかしいような気もしますけどね(笑)

凶器は警察によって持ち出されたと安室。
それは被害者が身に着けていたニット帽。

あらかじめ犯人はその帽子と同じ毛糸を用意しておき、それで萩江さんを殺害。
それをドラムスティックで帽子に編み込んだと。

毛糸で絞殺ができるのか!(驚)
ドラムスティックで編み物ができるのか!(驚)

この辺はまったく知識がないのでわかりません・・・が実際のとこはどうなんでしょうね?
ちなみにニット帽が事件のテーマになっているのは、赤井のことを連想させる遊び心からでしょうね。赤井さんは基本常にニット帽を付けていますし。

さて犯人は監視カメラの位置を誘導できる上、そのカメラに後ろ姿でしか映っていなかった留海さん。 
動機は悲しい勘違い・・・。ボーカルの女性は自殺ではなく交通事故だった。でも留海さんだけその事実を知らなかったなんてことはあり得るのかな?ショックで寝込んでしまっていたからだとは説明されていますけど。

それにしても予想外に重い雰囲気になりましたね。JKバンド~!とか園子が言っていた始まりとは打って変わり。というか後編は蘭と園子まったく出てこないw追い出されてしまったんでしょうか。

ラストのコナン「殺人者の声が枯れるまで・・・」
くう、かっこいい。ほんとにかっこいい声ですね!

事件後。世良の長兄が赤井であること。前編で登場したスコッチという人物が安室と同じ公安の潜入捜査官であったことがさらっと明かされます。
そして安室の意味深な一言。スコッチは赤井に殺された、と。

これが劇場版の純黒の悪夢(ナイトメア)で赤井と安室が対立していた原因ということになるわけですね。その辺の真相はすでに原作では語られているそうですが。

ということで日常回と見せかけて意外な重要回だった今回。今後の二人がどうなっていくのか、楽しみですね

来週は三つ子別荘殺人事件のデジタルリマスター再放送。名作ですがけっこう怖いお話だった記憶があります。

個人的評価 : 7 (満点 10)


ゲームソフト発売予定・10月27日週/ワールドオブファイナルファンタジー、ソードアートオンラインホロウリアリゼーションなど

今週は発売されるソフトの数が多め。注目はタイトルの二作ということになりそうです。


PS4/PSVITA向けにファイナルファンタジーのスピンオフ作品となるRPGが登場。デフォルメされたチビキャラの造形が可愛らしい作品です。本作はスピンオフとはいえかなりのボリュームだそうで、モンスターに乗ったり列車や飛空艇で世界中を旅したりできる本格的な作りとなっています。公式サイトはこちら。 


ソードアートオンラインのゲーム化第四弾となる本作はPS4/PSVITAで登場。前作ロストソングの路線ではなく、二作目のホロウフラグメントのRPG路線の新作ということになります。

ホロウフラグメントのアクション性をさらに高めた「擬似MMOアクションRPG」と銘打たれた今作では、オリジナルキャラクター・プレミアを軸とした物語が展開されるそうです。それと四人パーティーでダンジョン探索ができるようになっているとか。公式サイトはこちら。


ベルセルクをテーマにしたコラボ無双の新作がPS4/PSVITA/PS3で登場。黄金時代編から千年帝国の鷹編までを追体験できるストーリーや、劇場版アニメ120分ぶんが収録されているそうです。

原作の凄惨な戦いを無双に融合させたとのことですが、その割にCEROがDであるということでファンの方はそこを不安要素として挙げられているみたいですが、どうなるでしょうか。公式サイトはこちら。


1968年のニューオリンズをモチーフにした街・ニューボルドーを舞台にしたオープンワールド形式のクライムアクションゲームが本作。PS4/XboxOneでの発売ということになります。主人公がマフィアに復讐をするという物語が描かれるのだとか。公式サイトはこちら。


クローズをテーマにした不良による喧嘩アクション。もともとはPSVITAでも発売予定でしたが、急遽PS4のみでの発売ということになりました。

メインストーリーモードやアナザーストーリーモード、チャレンジモードなどが収録されているそうです。またファッションなども切り替えられるそう。公式サイトはこちら。


大幅に延期されてきたソニックトゥーンがついに3dsで登場。従来の「ハイスピードアクション」に加え、アクションギミックによる「探索」や「謎とき」も楽しめる「ハイスピードアクションアドベンチャーゲーム」とのことです。火の力と氷の力を切り替えながら進めていくということで、ギミックアクション的な側面を持った作品になりそうですね。ちなみに対戦プレイができるミニゲームも収録されています。公式サイトはこちら。


ファミコンソフトとして発売されたダウンタウン熱血物語のリニューアル版が3dsで登場。新アクション、充実のストーリー、ステージの変更など、細部にも手が加えられているそうです。くにおくんシリーズは今でも熱いファンがいるのがすごいですね。公式サイトはこちら。


プログラム化されたモンスターが云々というなかなかデジモンに設定が近い気がするカミワザワンダ。そのゲーム化タイトルが本作です。フリューから3ds向けに展開。

本作はバグミンを見つけ、育てたプロミンで戦わせるアクションアドベンチャーとのことで、アニメのファンがどれほど興味を示すのかということが注目ですね。公式サイトはこちら。


「やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている」のゲーム化続編タイトルが5pb.からPSVITAで発売されます。TVアニメ二期のキャラクターも登場し、前作のその後の物語が描かれるそうです。オーソドックスな恋愛ADVだそうですが、一部のシーンではLive 2Dが採用されているとか。公式サイトはこちら。


PSVITA向けの新世界発見シミュレーションゲームが本作。プレイヤーは貿易商になり、探検から帰還した提督たちの様々な報告を信じるか否かによって人それぞれ全く異なる地図が完成していきます。PSVITAに最適化したインターフェイスで快適に楽しめるようですね。

また世界の謎に迫るクエストなどが多数収録されているほか、貿易のシステムなどかなり凝った作りとなっているのが特徴の作品となっています。私も購入予定。公式サイトはこちら。


いわゆる学園ものの恋愛アドベンチャーが本作。エンターグラムからPSVITA向けに発売されます。主人公はクラス委員長で、目安箱に入れられていた一つの願いから退屈の生活が変化していくという物語だそうです。公式サイトはこちら。


ということで今週はなかなか注目作が多くなっています。個人的にはソードアートオンライン・ホロウリアリゼーションやネオアトラスを購入したいと思っています。
売り上げ的にはWOFFとソードアートオンラインの一騎打ちということになりそうですね。

それでは

ニンテンドーNXがついにお披露目!情報解禁!!(追記あり)

(発表内容を追記しています)

ガタっ!!!

つ、ついに来ました!ニンテンドーNX!
 
本日、2016年10月20日23時よりニンテンドーNXの初となる映像が任天堂公式サイトで公開されるそうです!

ただし映像は三分ほどの短いものだということで、おそらくソフトラインナップの紹介というよりは、ハードの外観がどのようになるのかを伝える映像ということになりそうです。

とはいえこれまで全くと言っていいほど公式からの情報が新ハードNX。
携帯機なのか据置機なのかということすら明かされていません。
その辺の大まかな概要は今回の発表でわかるということになりますね 

ニンテンドーNXに関して現在の時点でわかっていることを以前簡単にまとめた記事はこちらになります。

 ↑今回の発表のツイッターでの告知です。

ということでどの程度情報が明かされるかはわかりませんが、今日の夜を楽しみに待ちたいと思います。
映像が公開され次第、こちらのページに概要を追記したいと思います。

(追記・10月20日23時15分)

新ハードの名称はニンテンドースウィッチ(スイッチ)(Nintendo Switch)に決定!

大方の予想通り、携帯機と据置機のハイブリッドであることが分かりました!
着脱可能なコントローラが左右に付属し、携帯版ではそれを付けることで持ち運びができるみたいですね。
もちろん据置版は大画面のTVでプレイすることができます。

また携帯版については、画面だけを固定してコントローラーを外してプレイすることもできるようで、より通信プレイがしやすいシステムになっていそうです!

ソフトは具体的には明かされていませんが映像内では、

・ゼルダの伝説ブレスオブワイルド
・マリオカートの新作らしきゲーム
・3Dマリオの新作らしき?ゲーム
・リアル調のバスケットボールゲーム
スプラトゥーンの新作らしきゲーム!?

が映っていました。(もし違う点がありましたらすみません)

発売日は2017年3月から変更なし!

パートナー企業としてバンナム・スクエニ・カプコンといった大手六社はもちろん、アトラスやスパイクチュンソフト、ガンホー、日本一ソフトウェア、アークシステムワークス、東京RPGファクトリー、レベルファイブ、マーベラスなども明記されていますね。

海外企業はアクティビジョンやUBI、エレクトロニックアーツなども名前が並んでいます。


短い映像でしたが、こうして実物の映像を見るとかなり興奮しますね!
携帯・据置の統一ハードというのは、ありそうでなかなかなかったことですから、どのような形で実現されているのか楽しみです!続報(特にソフト面)に期待大!!!

(追記終わり)

 

私が家庭用ゲーム会社に抱くイメージ<中小メーカ―編・PART1>

以前の記事で大手メーカーに私がどんなイメージを抱いているかを書いてみました。
その記事はこちら。

今回はその第二弾として、中小ゲームソフトメーカー編も公開します!(PART1)

(パブリッシャーのみ。またその中でもすべてのメーカーを取り上げているわけではありません。それと辛口の部分もあります。ご了承ください。)

今回取り上げるのは、

アークシステムワークス/アイディアファクトリー/アクアプラス/アクワイア/アトラス/エクスペリエンス/エンターグラム/角川ゲームス/ガンホーオンラインエンタテインメント/コンパイルハート/スパイクチュンソフト/ソニックパワード

の12社。

あまりにも数が膨大になってしまうので、PART1とPART2に分けて公開することにしました。
(PART2は数日以内に公開予定です。)


<アークシステムワークス>

アークシステムワークスは格闘ゲームの老舗として知られる中規模のソフトメーカー。
また近年はダウンロードタイトルにもかなり積極的な印象で、3dsダウンロードソフトは数十本以上展開しています。

新規タイトルに力を入れているようで、定期的にオリジナルの作品をパッケージなどで展開しているということで、とても応援している会社です。今でも家庭用中心の希有なメーカーですね。

<アイディアファクトリー>

女性向けADVといえばここ!というくらいの勢いでいわゆる乙女ゲーを展開している会社。
特にオトメイトブランドの作品は、毎週発売タイトルをまとめていると見ない週の方が珍しいくらいで驚きます。

それだけタイトルを供給してくれているということで、印象は悪くありませんが、少し別のジャンルにもソフトを開発してみてもいいのでは?と思ったりもしますね。RPGとかも受けそうなんですが。

<アクアプラス>

うたわれるもの、ダンジョントラベラーズシリーズで知られるアクアプラス。
高品質な作品作りで定評がありますが、いかんせん規模が小さい会社のため、展開タイトル数が少ないのが玉に瑕といったところでしょうか。

致し方ないことなのは承知の上ですが、もう少しこの会社のタイトルをたくさん見てみたい気もするのは事実です。

<アクワイア>

ととものシリーズやアキバズトリップシリーズで知られるアクワイア。
家庭用向けに時々新規作なども展開していますが、はっきり言って全体的に滑っている印象。

最近だとアキバズビートをPS4などで発表しましたが、トリップシリーズの方を待っていたという声も大きかったりします。
一方でスマホ向けもあまりぱっとしないイメージですが大丈夫でしょうか。少し不安です。

<アトラス>

固定ファンにとにかく強いアトラス。
かくいう私もアトラスの大ファンで、発売されているうちの半分以上は買っているんじゃないかと思います(笑)

とにかく家庭用専門でやっていることが好印象。今ではそうした会社は少なくなってしまいましたし、これからもその姿勢は変えないでほしいですね。
さらなる規模の拡大に期待です。

<エクスペリエンス>

割と最近一気に知名度を上げたように思うエクスペリエンス。
ダンジョンRPGを中心に展開し、特にデモンゲイズは角川ゲームスとのコラボでスマッシュヒットを記録しました。

なかなか特殊なハード選定をする会社というイメージですが、今後はより幅広く様々なジャンルの作品を展開してほしいですね。期待のもてる会社だと思います。

<エンターグラム>

恋愛ADV、いわゆるギャルゲー移植を手掛ける会社。もともとはTGLという社名でしたが、最近エンターグラムと改称しましたね。

やはりこういう会社があることでゲームに多様性が生まれますし、これからも頑張ってほしい会社です。ただ多少ニッチなジャンルなので(私は好きですがw)、幅広く売るための工夫が課題かもしれませんね。

<角川ゲームス>

様々な新規タイトルを続々と展開している角川ゲームス。
前述のデモンゲイズや艦これ改などヒット作も生まれていますが、ルートレターやナチュラルドクトリンなど評判が悪く、売り上げ的に失敗しているタイトルも目立ちます。

個人的にはシミュレーションゲームやRPGは大好きなので、今後もこの路線で頑張ってほしいと思います。好きな会社なので売れないと結構不安になります(笑)

<ガンホ―オンラインエンターテインメント>

パズドラのあまりのヒットのために、もはやパズドラ株式会社状態のガンホー。
それ自体は悪いことではありませんが、パッケージタイトルの開発にもう少し力を入れてもいいのではないかと思います。

パズドラ以外にも新規家庭用タイトルなどが登場すればとても興味深いんですが・・・。ぜひ家庭用でも一本当ててほしいですね。

<コンパイルハート>

お色気要素を多数含めたゲームを展開するソフトメーカー。
ネプチューヌシリーズなどの人気シリーズや、フェアリーフェンサーシリーズなどの新規シリーズなどをバランスよくリリースしています。

ただ宣伝の仕方や作品内の設定などにおいて、他社やファンを煽る表現を使っていることなども目立ち、個人的にはあまり印象がよくありません。ファンの方、すみません。

<スパイク・チュンソフト>

ダンガンロンパシリーズで知られるスパイクと、不思議のダンジョンシリーズで知られるチュンソフトが合併してできた会社。

オリジナルタイトルなどの展開やローカライズなど、手広く家庭用ゲームを発売しているため好きな会社の一つなのですが、チュンソフト側があまり目立たないのが気になります。水面下でいろいろ進んでいるとよいのですが。

<ソニックパワード> 

ぼくは航空管制官シリーズ、 鉄道にっぽん!路線たびシリーズなどを継続的に3dsで展開している会社。
正直売れているのかわかりませんが、続いているということは利益は出ているのでしょう。

パッケージタイトルはやはりたくさんあればあるほど賑やかですし、こうした会社も大切だと思います。


ここまで12社をピックアップしました。
PART2では日本ファルコムや日本一ソフトウェア、マーベラスなどを取り上げていきます!
それでは 
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村