エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

ゲームソフト発売予定・11月3日週/コールオブデューティ インフィニット・ウォーフェア、フィリスのアトリエほか

今週から早くも11月。これからは年末年始にかけて商戦期に入っていきます!
注目タイトルの発売も増えていきますね。


FPSのビッグタイトル、COD/コールオブデューティシリーズの最新作が今年もPS4/XboxOneマルチで登場。宇宙を巻き込んだ大規模な戦争をテーマに原点回帰したストーリーが描かれるキャンペーンモードに加え、もちろんマルチプレイモードも収録。ゾンビモードも引き続き搭載されています。

ちなみにレガシーエディションではモダン・ウォーフェアのHDリマスター版が入っているということです。公式サイトはこちら。


アトリエシリーズの最新作がPS4/PSVITAで登場します。黄昏シリーズから不思議シリーズとなって展開される二作目ということになりますね。主人公のフィリスは姉のリアーネとともに一人前の錬金術師を目指して旅をします。

超弩級調合やストーリーの分岐、広大なフィールドに旅先によって変化する衣装など様々な新要素が盛り込まれた意欲作ということになりそうですね。アトリエシリーズはエスカ&ロジーが好きでしたが、本作にもなかなか興味がわきます。公式サイトはこちら。
 

ドラゴンボールのゲーム化作品最新作として登場するのはゼノバースシリーズ二弾。PS4での発売ということになります。 ドラゴンボールならではのアクションが楽しめる本作では、新米パトラ―ラーとなってドラゴンボールの歴史を守る物語が展開されます。

新キャラの登場、カスタマイズ機能の大幅パワーアップ、六人共闘プレイ、進化したアクションなど力の入った作品となっていそうですね。公式サイトはこちら。 


ということで発売数は少ないものの、今週発売される作品はいずれも注目タイトル。商戦期に向けて好調な売り上げを記録してほしいところですね。

ニンテンドースイッチの発表会&体験会の日程が発表!内容を大胆予想!

ニンテンドースイッチの価格、仕様、ソフトラインナップなどを、
「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ) プレゼンテーション 2017」で発表することが任天堂より明らかになりました!!

任天堂による公式サイトはこちら。

東京ビッグサイトで2017年1月13日(金)にプレス・ビジネス関係者向けに実施するイベントとのことで、当日の模様はライブ中継されるとのこと。

また14日、15日には「Nintendo Switch 体験会 2017」も実施するそうで、入場料は無料だそうです。

いやあ、ついにニンテンドースイッチへのカウントダウンということになりますね。3月発売にしては発表会がギリギリのスケジュールであるような気もしますが、何か戦略があってのことなのでしょうか?
 
任天堂の君島社長は決算で、「すべての情報が明らかになれば3dsとは方針が異なるハードだとわかってもらえる」というニュアンスのコメントを出していますから、まだスイッチの隠されたギミックがあるのではないかという推測も広がっています。

そんなスイッチの現時点でのソフトやハードの予想をしていきたいと思います!

まずハードの価格。ずばり25000円と予想します!(据置機という位置づけの中で、社長の言うあまり高くないといえるラインはここかなと。)
次に発表会で紹介されそうな(または開発されていそうな)ソフトについて。

(確定)
・ゼルダの伝説ブレスオブワイルド
・信長の野望関連作品
・ドラゴンクエスト10
・ドラゴンクエスト11
・ジャストダンス2017

(ほぼ確定)
・スプラトゥーン2
・3Dマリオ新作
・マリオカート新作
・スカイリム
・NBAシリーズ

ここからは完全に予想(希望的観測を多少含む)です!外れていたらごめんなさい汗

(可能性高)
・モンハンダブルクロス
・2Dマリオ新作
・ゼルダ無双スイッチ版
・無双系タイトル新作(戦国or三国orオロチなど)
・超メガトン級ムサシ
・大乱闘スマッシュブラザーズスイッチ版
・ストリートファイター
・モノリスソフトの新作

(可能性中)
・ファイアーエムブレム関連タイトル(スマホ向け展開と合わせて)
・どうぶつの森関連タイトル(スマホ向け展開と合わせて)
・マリオスポーツオールスターズ(3ds版と合わせて)
・マリオパーティー新作
・太鼓の達人新作
・テイルズオブシリーズの移植(関連タイトル)

といったところでしょうか。

もちろん新規タイトルもいくつかは出てくるでしょうし、発売・発表の可能性があるタイトルは無数に存在します。ただハードの初期から展開されそうなソフト、ということを考慮に入れればまずは上のタイトル群が挙げられるのではないかと思います。

新ハードの立ち上げというのはいつもワクワクするものですが、スイッチでもそれは同じ。 
あとはどれだけこちらの予想をいい意味で裏切ってくれるのかというところですね。

一月の発表が今から本当に楽しみです! 

モンハンダイレクトが2016年10月27日に放送決定!(追記あり)

(追記あり・10月27日)

カプコンが展開するモンスターハンターシリーズ。
つい最近新規のRPGとして、「モンスターハンターストーリーズ」が3dsで発売されたばかりです。

そんな中、2016年10月27日の午後八時からMonster Hunter Directが放送されることが任天堂から発表されました!

 先日は任天堂の新ハード「ニンテンドースイッチ」が発表されたばかり。
スイッチに関する記事はこちらになります) 


ということでまさかニンテンドースイッチでモンハンのハンティングアクション新作が・・・!と思いきや、公式サイトを見るとニンテンドースイッチに関する新情報はないようです。(残念・・・)

ですがあくまで(任天堂からは)「ない」という意味の可能性もありますので多少期待はしておきたいと思います。

肝心の内容については27日のダイレクト終了後にこの記事に追記をする予定です。
大方の予想だと、3ds向けにモンスターハンタークロスGが登場するのでは?と言われていますね。

それが確かに可能性としては一番高い気がします。ただできればスイッチとのマルチプラットフォームだと嬉しいですね。モンハンはスイッチの仕様とかなり相性がいいような気がしますから。

(追記・10月27日8時38分)

3ds向けモンハン最新作「モンスターハンターダブルクロス(XX)」が発表されました!
内容はほぼ予想通りのモンハンクロスG(XG)という感じですが、タイトルを変えてきたのが意外です。

進化したポイントとしてはスタイルの追加(ギルド・ストライカー・エリアル・ブシドーに加えてブレイブとあともう一つ、それは後日とのこと)、メインモンスターの追加(二つ名ディアブロス・バルファルク)、フィールドの追加(遺群嶺や過去作のフィールド)、G級クエストの追加などが紹介されました。

前作クロスの内容はすべて収録され、また前作のデータはほぼすべて引き継げるとのこと。ストーリーズからはナビルー関連の特典を引き継げるそうです。

そして発売日は2017年3月18日。パッケージ版は税抜5800円
ということです。


ということで残念ながら今回はスイッチに関する情報はありませんでした。

ただ、それにしてもこの発売日ってスイッチとかぶっていますよね。

明らかにスイッチの発売に大きな影響を与えそうな設定で、3dsだけでこのタイミングにモンハン新作は考えにくいということから、これは逆にスイッチ版が同発ロンチとして登場するフラグなのではないか?と邪推しているのですが、どうなるのでしょうか。

一月のスイッチ発表会に期待です。

(追記終わり)

私が家庭用ゲーム各社に抱くイメージ<中小メーカー編・PART2>

この記事は家庭用ソフトメーカーに対する個人的なイメージを書いていく企画第三弾。
(パブリッシャーのみ。またその中でもすべてのメーカーを取り上げているわけではありません。それと辛口の部分もあります。ご了承ください。)

大手メーカー編 はこちら。

中小メーカー編PART1はこちら。

今回取り上げるのは、

D3パブリッシャー/日本一ソフトウェア/日本コロムビア/日本ファルコム/フリュー/フロムソフトウェア/マーベラス/レベルファイブ/MAGES.(5pb.)

の9社。

<D3パブリッシャー>

D3パブリッシャーといえば地球防衛軍シリーズやシンプルシリーズなどで知られる中堅ソフトメーカー。
全体的にバカげたノリ(いい意味で)を持つ作品が得意の会社というイメージがあります。

オープンワールドのギャルゲーやアリの大群を撃破するアクションなど、独自色に富んだタイトル作りで業界の中で特定のファンを得ていて、ラインナップの充実に一役買っている重要なメーカーであると認識しています。

<日本一ソフトウェア>

新規タイトルをとにかく多数展開しているソフトメーカー。
これだけ挑戦をしている中小のソフトメーカーはなかなかないのではないかと思います。

作品ごとの完成度にばらつきがあったり、全体的に展開するソフトのボリューム不足などが指摘されることも多いのですが、それは常に新規作品で勝負をしているからこそ。これからもこうした姿勢を貫いていってほしいと思っています。

<日本コロムビア>

3dsで多数の子ども向けタイトルを展開している会社。
あまりゲーム会社としては知られていないかもしれませんが、実に20作品以上の3dsソフトを発売しているのはそこらの大手を超えています。

売り上げも「こびとづかん」シリーズ、「すみっこぐらし」シリーズなどを中心に成果をあげていて、子ども市場の重要メーカーの一つとなっていて、印象はいいですね。

<日本ファルコム>

軌跡シリーズとイーズシリーズで知られる老舗RPGメーカー。
こちらは完全に固定ファンを数多く獲得しており、(私もその一人ですw)安定した業績を残し続けています。

新しい挑戦があまり見えず、従来のファンに向けたタイトル展開が目立つのはたまに瑕で(東京ザナドゥは良くも悪くも軌跡の現代版+アクションのような気がしました)、さらなる新規タイトルの登場が期待されます。そのためにも会社規模を拡大してよりスピーディーに軌跡&イース&新規作品を発売してくれたりすると嬉しいですね。

<フリュー>

ここはゲームファンの話を聞いていると評価が二分されているような気がしますが、私個人としてはかなり応援しているメーカーです。

比較的参入が最近のメーカーということで、展開タイトルはほぼすべて新規、またはメディアミックス作品のゲーム化という形となっています。

その中でも特に最近めっきりタイトル数の減ってしまっているRPGを中心に、レジェンドオブレガシー・アンチェインブレイズ・エクステトラ・カリギュラなどを発売し、積極的に家庭用ゲームに力を入れてくれていることに感謝しています。

今後もぜひ軸となるIPを発掘して頑張ってほしいです。

<フロムソフトウェア>

近年ダークソウルシリーズでその地位を不動にしている会社。
現在は角川ゲームスの傘下に入っています。

開発するタイトルが大型であることから、どうしても年に一作ほどのペースとなっていますが、コアなゲーマーからすればさらに開発規模を増強してくれるといいでしょうね。

<マーベラス>

牧場物語シリーズやルーンファクトリーシリーズ、戦乱カグラシリーズで知られる会社。

最近はシリーズ作の展開が中心で少し物足りなく感じているメーカーです。
ファンタジー調の作品が得意な会社というイメージがあるので、そこを攻めてくれるといいんですが。

剣と魔法のログレスのヒット以来、オンラインビジネスを中心に据えているように見受けられ、家庭用ゲームファンとしては不安を覚えています。

<レベルファイブ>
 
妖怪ウォッチシリーズをはじめ、数々のメディアミックスを成功させてきたレベルファイブ。
もはやゲーム業界になくてはならない存在になっています。

ただ個人的なイメージは現時点では正直微妙。(前は大好きでしたが・・・)
というのも最近はやり方が商業的すぎるように見受けられるからです。
短期での完全版投入や、人気シリーズの突然のソーシャル展開。 

このメーカーの作品ははっきり言ってあまりスマホと相性が良くないような気がするのですが、商才がありすぎるのが問題か。IPをもっと大事に、家庭用を中心にして育ててほしいと思っています。

<MAGES.(5pb.)>

科学アドベンチャーシリーズを中心に様々なADVを多数展開するのがMAGES.です。
特にシュタインズ・ゲートなどはその素晴らしいストーリーで本当に高い評価を得ています。

新作を常に出し続けてくれるという意味でとても印象のいいメーカーです。また自分自身がADV好きということもあり、かなりお世話になっていますw

これからもたくさんの名作ADVを出し続けていってほしいですね。 


さて、ということで三回にわたり個人的なゲームメーカーへのイメージを書き連ねてきました。
繰り返しになりますが、辛口で書いてしまったこともあり、異論のある方もいらっしゃるかもしれませんが、ファンだからこそ言いたいことをそのまま書いてしまったということでご理解いただければと思います。

ニンテンドースイッチも発表されましたし、これからも各メーカーがコンシューマーゲームに力を入れてくれることを願ってやみません 

 

3dsで本当に飛び出る3D映像!「EYERESH」レビュー!

<3dsの3Dは奥行きはあるけど飛び出ない。>

そんな風に感じている方は結構多いのではないでしょうか。かくいう私自身も3dsソフトを何十本とプレイしてきましたが、このソフトをプレイするまで本当の意味で「飛び出てる!!」と思えるソフトには出会っていませんでした。

でも今回ご紹介する3dsダウンロードソフト「EYERESH(アイレッシュ)眼のストレッチ&トレーニング」は本当にびっくりするくらい飛び出ます! 
1476073197352[91]

本作は3dsのニンテンドーeShopでダウンロード購入できるタイトル。発売元はリメディア。価格は1500円で題名の通り、アイケアや眼のトレーニングを目的とした作品です。

<おすすめポイント>

飛び出る立体映像が11本収録 
1477210239101[115]
3Dの凄さはこうして写真ではまったく伝わりませんが、実機で見ると鳥の羽が完全に飛び出しています。
1477210247359[116]
こちらはちょうちょと葉っぱ。自分が飛んでいるような気持ちよさが味わえます。
1477210265217[118]
海の中では魚が飛び出します。雰囲気も十分。
1477210255746[117]
個人的に一番すごい!と思ったのがこの7個の球体。ちなみに写真はブレているわけではありませんからねw

豊富なミニゲーム

本作には全部で12種類のミニゲーム(トレーニング)が収録されています。一つ一つは軽い作りではありますが、脳トレ的なものや瞬間視、動体視力などを鍛えるものなど幅広く目を鍛えられそうな内容になっています。ここでは3種類ほど例を挙げてみますね。
1477210299101[112]
1~8までの数字のある場所を順にタッチしていくトレーニング。スピードと正確さが問われます。
1477210273610[111]
一番多い色を瞬間的に判断するトレーニング。数えている時間はないので全体を把握しないといけません。
1477210307447[113]
赤い段にある箱が左右どちらの列にあるか100連続で判断するトレーニング。(箱は順に降りてくる)

こんな感じのが全部で12種類ということになります。

1477210315437[114]
↑「ツアーモード」では一日一度二つのトレーニングと一つの立体アイケア映像が自動的に組まれ、ワンセットという形になっています。

またコラムとして眼に関する豆知識情報がまとめられています。
 
<減点ポイント>

毎日能動的にプレイする必要がある 

毎日トレーニングを続けたくなる工夫に乏しいため、自分で毎日起動する意識を持たなくてはいけません。続けてプレイすることでもっと何らかのメリットがあったりするとよかったのではないかと思います。(ミニゲームや映像の解禁といったものはすぐ終わってしまいますからね。)

やや高いか? 

ダウンロードソフトとしては1500円とお高めですが、ノンゲームジャンルということもあり、一日に何時間もプレイするような作品ではありません。そのため人によっては割高に感じる方もいるでしょう。
もっとも3dsでこれだけの3Dが体験できるのはなかなか新鮮で、そのためだけに購入するのも悪くはないと思いますけどね。 


3dsを初期から遊んできた人間としては買ってよかったなと思える作品でした。プレイ時間よりも体験の濃さを重視する!という方、3D好きの方におすすめです。

 


3dsダウンロードソフトの一言レビュー集を公開しています。よろしければそちらもどうぞ。
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村