エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

3dsの個人的おすすめタイトルを総まとめ!<RPG編>

3dsも発売から5年以上が経過し、様々なタイトルがリリースされてきました。今回の記事ではそんな3dsタイトルの中から私の個人的なおすすめタイトルをピックアップしてご紹介していきます。
今日は<RPG編>
(別のジャンルのタイトルも今後続々とまとめていく予定です)

1.ファイアーエムブレム覚醒 

任天堂によるシミュレーションRPGシリーズ、ファイアーエムブレムシリーズ。本作は覚醒というタイトルの通り、従来作から大きく方向転換をした作品です。キャラクタゲームとしての魅力と戦略に富んだバトルの両方を楽しめるコア向けタイトルです。現在はハッピープライスセレクションでかなりお安く購入できるのでおすすめです。

2.ファイアーエムブレムif


同じくファイアーエムブレムシリーズのif。本作は白夜王国編、暗夜王国編、インビジブルキングダム編に分かれており、どの勢力に味方するかによってまったくストーリーが異なります。いずれかのパッケージを購入すれば残りのシナリオは追加コンテンツとして購入できますので、気分で選んでも大丈夫でしょう。シミュレーション好きはぜひ。

3.ブレイブリーデフォルトフォアザシークエル

「古き良き」、「昔ながらの」という形容がぴったりとくるスクウェアエニックスの新規RPGシリーズ。戦闘はコマンドタイプですが、結構新鮮味の感じられる作り。ボリュームもかなりのもので、オーソドックスな骨太なRPGを腰を据えてやりたいという方にはおすすめです。

4.ステラグロウ 
STELLA GLOW
セガゲームス
2015-06-04

イメージエポックの遺作として知られる本作は歌の力をテーマにしたシミュレーションRPG。新規タイトルとして展開されたため、知名度は高くない隠れた名作。 ストーリー良し、キャラ良し、音楽良し。戦闘も面白いのですが、ちょっとテンポが悪いのがたまに瑕だと言えそうです。とはいえ今風のRPGが好きな方にはかなりおすすめできるタイトルですよ!

5.ルーンファクトリー4 
ルーンファクトリー4
マーベラスAQL
2012-07-19

ルーンファクトリーシリーズは牧場物語シリーズのRPG要素を大幅に強めた作品。本作4は歴代最高傑作と断言できる出来になっています。農作業やアクションバトル、アイテムの作成、恋愛。いろいろな要素を一本に詰め込んだ濃密なRPGです。ラストは感動してちょっと泣いてしまいましたwおすすめです。(ルーンファクトリー5、熱望。)

6.ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3

ドラゴンクエストモンスターズシリーズといえば育成RPGシリーズとしてポケモンシリーズや妖怪ウォッチシリーズに次ぐ人気を誇っています。本作ではモンスターに乗ることができるようになったほか、育成の自由度が増し、パーティー構成を考える楽しみが強化されました。モンスターの総数が少ないのがネックですが、このシリーズ未経験という方にはぜひ触ってみていただきたいですね。

7.アンチェインブレイズエクシブ

フリューによるダンジョンRPGシリーズの二作目にあたるのが本作。前作レクスは荒削りなところが目立っていたのですが二作目で概ね解消され、快適で完成度の高いダンジョンRPGになりました。ストーリーやキャラクターにも力が入っていて、私は3dsのDRPGでは本作が一番好きです。難点は難易度の高さと育成の面倒さ。ハクスラ型のゲームが苦手という方には厳しいかもしれません。ちなみに本作はPSVITA版もあります。

8.ゼノブレイド

ゼノブレイドはもともとWiiで展開されかなりの高評価を得た任天堂(モノリスソフト)によるRPGです。その移植作品ということになりますが本作はNew3ds専用なのでご注意ください。(※普通の3dsでは遊べない)
本作の魅力は何といっても壮大な世界観と、作りこまれたフィールドの探索要素、そして膨大なやりこみ要素にあります。100時間は軽く遊べる超大作RPGだといえるでしょう。

9.デビルサバイバーオーバークロック

アトラスによるシミュレーションRPGシリーズの第一作目をリメイクして物語を追加したのが本作。山手線の内側に閉じ込められた主人公たちが悪魔や人間、天使との抗争に巻き込まれていく姿を描いたSRPG。3dsタイトル全体でも五本の指に入るくらいの名作だと思います。こちらと次に紹介する二作目については詳しいレビューを別記事に書いていますのでぜひどうぞ。

10.デビルサバイバー2ブレイクレコード

こちらも全力でおすすめ、デビルサバイバーシリーズの二作目です。オーバークロックが楽しいと思った方はプレイして絶対に損はしません。しかも本作のボリュームは普通のRPG二本分!はまればやめ時が見つからないこと間違いなしですよ。

11.テイルズオブジアビス
テイルズ オブ ジ アビス
バンダイナムコゲームス
2011-06-30

テイルズオブシリーズで私が一番好きなのが本作。徹底的に作りこまれた世界観で繰り広げられる壮大な戦記ストーリーは最高の盛り上がりを見せます。ネタバレになるので言いませんが序盤の評価は分かれるかもしれません。しかしそれこそが後半の謎の伏線になっているのです。戦闘もアクション性の高い爽快なシステムになっています。今後単独のレビュー記事も書く予定です。

12.真女神転生4Final 

アトラスの看板シリーズの一つ、メガテンシリーズの最新作が本作。本作については別記事で詳しいレビューを書いていますのでぜひそちらもご覧ください。一つだけ。4の直接の続編ではありますが、本作単体で十二分に遊べるようになっています。私自身も4未プレイですが、最高に楽しめました。おすすめです。

13.世界樹と不思議のダンジョン 

世界樹の迷宮シリーズと不思議のダンジョンシリーズがまさかのコラボレーションをしたということで話題になったのが本作です。世界樹シリーズのスキルの育成要素に、それを駆使して戦う戦略性。不思議のダンジョンシリーズのアイテムの重要性にランダム性。そうした各シリーズの良さを凝縮して融合した傑作です。どちらかのシリーズが好きな方にもおすすめできますよ。


ということでここまでまとめてきましたがいかがだったでしょうか。
3dsにはこれ以外にも多数のRPGが展開されています。ちょっと挙げてみれば、

ドラクエ7、ドラクエ8、DQMテリーのワンダーランド3d、コードオブプリンセス、ブレイブリーセカンド、ゼルダの伝説時のオカリナ3d(アクション編で紹介する予定です)、雷子、メダロットシリーズ、ガールズRPGシンデレライフ、牧場物語シリーズ・・・

またダウンロード専売タイトルも含めれば、
ナゾのミニゲーム、アルファディア、無限のデュミナス、クロノスアーク、巡界のクレイシアなどもありますね。


個人的な趣向がだいぶ色濃く反映されたラインアップになっていますが、興味を持っていただけたタイトルが一つでもあればうれしく思います。それでは

ゲームソフト発売予定・9月22日週/うたわれるもの二人の白皇、ONE PIECE大海賊闘技場など

今週もいくつか注目タイトルが発売予定となっています。


アクアプラスによるシミュレーションRPGシリーズの最新作がPS4/PS3/PSVITAのマルチプラットフォームで登場。前作である「うたわれるもの 偽りの仮面」からの直接の続編ということで、発売を心待ちにされている方も多いのではないでしょうか。本作は前作同様、濃密なストーリーを楽しめるADVモードと、戦略的なシミュレーションバトルが楽しめるRPGモードを交互に進めていくというシステムになっています。主人公の声優を務めている藤原啓二さんが病気療養で声優の休業を発表されましたが、本作はなんとか間に合ったようですね。公式サイトはこちら。


ワンピースを題材にしたバンダイナムコの新作が3dsに登場。本作は対戦格闘型のアクションタイトルになっているようです。ちなみに本作ではひとつ画期的な仕組みが導入されています。それは同じ3dsで発売された、ドラゴンボールZ超究極武闘伝という別タイトルとの通信対戦が実装されるというもの。オンラインにも対応するということで、これはなかなか注目ですね。両作品のファンの方は特に見逃せません。公式サイトはこちら。


ドラマチッククリエイトからはPSVITA向けに名作ADVが登場。本作は雪が積もらなかったり、突然竜巻が起こったりという異常気象が発生する町で、主人公がヒロインたちの護衛をするという設定の物語になっています。公式サイトはこちら。


DestinyのPS4版に、拡張コンテンツI『地下の暗黒』、拡張コンテンツII『ハウス・オブ・ウルブズ』、「降り立ちし邪神」、そして最新の「鉄の章」をセットで収録したお徳用パッケージが本作です。かなりのボリュームで興味はあったけど期を逃した!という方にはもってこいですね。紹介サイトはこちら。


MotoGPを題材にしたレーシングアクションタイトルの新作がインタグローより発売されます。プラットフォームはPS4。ダートトラックやミサノサーキットでのドリフトやYamaha R1Mレース、モンツァラリーなどのモードを追加しているとのこと。公式サイトはこちら


うたのプリンスさまっ!で有名なブロッコリーによる女性向け恋愛ADVの新作がPSVITAに登場。芸術が魔法になるという世界を舞台にした学園もののストーリーになるようです。公式サイトはこちら。 


ということで今週はうたわれるもの二人の白皇やワンピース大海賊コロシアムが注目タイトルだと言えそうです。私は今月末まで忙しすぎてあまりゲームができないのですが・・・泣

名探偵コナン第832話「ゾンビが囲む別荘(後編)」感想

1472823969017[121165]

ゾンビが囲む別荘(後編)の感想です。ネタバレしていますのでご注意下さい。


前回のおさらい~OP
OP後

ゾンビたちに囲まれて目がぐるぐる回っている蘭w
こんな蘭はなかなかレアですね。心配する和葉もかわいい。

やってきたのは山村警部。群馬県といえばもう間違いなくこの人。これでも警部ですから、殺人のような重要事件に駆り出されるのは当たり前なんですかね?笑
そもそも山村警部の登場はかなり久しぶりのような気がします。いつ以来でしたっけ?平次たちと同じく鎌鼬以来でしょうか。

しかし入ってきた瞬間にゾンビを見て悲鳴(笑)
やけにゾンビの絵がリアルでしたね。入っていきなりあんなのがいたら心臓が止まりそうですw

そして山村警部に事件の概要を説明する二人。
ちなみにここで流れていたBGMは暗殺者のテーマ・忍び寄る魔手Verでした。これを聞くたびにまた瞳の中の暗殺者が見たくなります。

原脇さんの自殺の映像や、原脇さんが恭子さんを噛み殺すように見える映像は八年前にとった映画のワンシーンかもしれないと考えるコナンたち。しかし映像を見たことのあるものはいない。部長が最後にまとめて見せるといっていたと。

しかし八年前に撮った写真は残っていた。
また和葉はトイレからトイレットペーパーの予備が一度消えてまた元に戻っていたことを証言。
地味にホラーですねw消えただけでなく復活するところがw

そしてその意味が分かると平次&コナン。なんでわかるのか私にはわからないよ、二人とも(笑)
たまにはわからないことだってあってもいいのよ?w

そして山村さん、何かの拍子に数珠を切ってしまう。その数珠が転がる様子を見てコナンと平次が真相に気が付いたようです。警部、お手柄。

コナン「灯台下暗しとはまさにこのことだな」
小五郎の事務所に新一が住んでいるとは、まさに灯台下暗しですよ、蘭ちゃんw

そして謎解きタイム。
やはり映像は八年前に撮ったもの。八年経ってもみんなあんまり変わってないというのはすごいですね。
それとひとつ気になったのは、タブレットの映像をスマホで撮ったのだとすると、かなり画質が悪くなりそうですよね。その辺で怪しまれてしまいかねないような気はしました。

トイレットペーパーは封筒の中を透かして見るために使った。
これ本当なんでしょうか?便利すぎるというか、悪用されたらやばそうですよね。ちょっと今度試してみようと思います。(すでに試された方もいるのでしょうか?)

そして原脇さんの遺体の在り処。
それは洋服ダンスの中。いやあ、これは大胆なトリック。大の大人があんなところに入れるのかな?と思いましたけど、引き出しを覗き込んで見たりしない限りは奥のほうは見えませんからね。そういう意味では納得しました。

そしてこんなトリックを使って連続殺人を起こした犯人は女優の理亜さん。理亜さんは部長がタンスの中に隠れていたことを知っていた。そして原脇さんに殺人だと脅されていた。恭子さんを殺したのはトリックがばれそうになったから。

うーん。なぜ理亜さんは八年前、飲みに行く前に部長のことをネタバラシしなかったんでしょうね。放置して帰ることはなかったのに。自分から抜け出せるはずの仕掛けなのでまさか閉じ込められているとは思わなかったんでしょうけど。でも部長の恨みの言葉はわからないでもないですね・・・まさかあんなところで餓死するなんて・・・。


ということでいくつか腑に落ちないところがないわけでもないですが、事件は無事解決。
そして相変わらず平次が出てくると、ラストは和葉との夫婦漫才(笑)この調子だと来年の映画はどんな感じになるんでしょうw

そして!

諏訪Pがつぶやいていた通り、二時間スペシャルの特報が流れましたね!
「青山剛昌完全監修」!
そう聞くだけでなんかテンションが上がります!
第一話を含めてどんな風に始まりの物語がよみがえるのか。本当に楽しみです。二時間スペシャルについては別記事で簡単にまとめていますのでよければどうぞ。


個人的な評価:9 (満点:10)

名探偵コナン二時間スペシャルが2016年冬に放送決定!

名探偵コナンのアニメ放送・映画の20周年のラストを飾るにふさわしい、超ビッグなニュースが週刊少年サンデー(9月14日発売号)から飛び込んできました!

上に載せた表紙にも小さく書かれていますが、この冬に名探偵コナンの二時間スペシャルが放送されるそうです

題して・・・

「名探偵コナンエピソード”ONE”小さくなった名探偵」!

新一が小さくなってしまった日の出来事を掘り下げたエピソードだそうです。
オールスター総出演での、真の第一話と宣伝されています。
工藤新一水族館事件の回想のシーンから始まり、トロピカルランドでの新一と蘭のデートに繋がっていくようですね。

サンデーに掲載されている絵では、薬を持った灰原や不吉に笑うジンの姿が描かれています。おそらく原作第一話であるジェットコースター殺人事件のパートもまるまるリメイクされるのではないかと思います。

当時とは違って、当然ジンたちはかなり怖いキャラとして描写されるでしょうw
ウォッカとジンが同じジェットコースターに乗るところがどうなるかも注目ですね(笑)

二時間スペシャルということですので、どのようにエピソードが肉付けされるのか全く想像がつきませんが、逆に本当に楽しみです。かなりキャラを色濃く書いたお話になるでしょうから。

続報は今後また明かされるということで、期待大ですね♪

(追記)

脚本は劇場版第10作・探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)やコナンと海老蔵歌舞伎18番ミステリー(一時間スペシャル×2)の脚本を手掛けた柏原寛司さん、そして7作目から14作目までで監督を務められていて現在もアニメの監督をしている山本泰一郎さんが二人で担当されるそうです。

山本さんが脚本というのはまたすごいですね!
コナンのエキスパートといえる存在ですから、安心です。

(追記終わり) 

2016年”プレイステーションプレスカンファレンス”発表内容総まとめ!

SIEJA(ソニーインタラクティブエンターテインメントジャパンアジア)による、日本国内に向けたプレイステーションプラットフォームのソフト発表会・プレイステーションカンファレンスが9月13日(火)の16時から開催されました。

この記事ではその模様を簡単にまとめてお届けします! 
(新情報に絞ってまとめていきます)

1.本日実施のPS4のシステムアップデートですべてのPS4がHDRに対応。

2.PS4スリムについて、FF15とのコラボレーションモデルの発売が決定。キングスグレイブファイナルファンタジーも視聴ができるとか。税抜39980円。

3.PSVITAのサガ スカーレットグレイスが12月15日に発売。年内になんとか間に合わせてきましたね。 

4.PS4のFor Honorの発売日が2月16日に決定。 

5.PS4のHorizon Zero Dawnの発売日が3月2日に決定。 

6.ガンダムバーサス新作のPS4版が登場。これは確か以前にもう出ていましたかね。

7.PS4のキングダムハーツHD2.8ファイナルチャプタープロローグの発売日が1月12日に決定

8.PS4のNieR:Automata(ニーアオートマタ)の発売日が2月23日発売。

9.PS4/PSVITAのNew ダンガンロンパV3の発売時期が2017年一月に決定。年内発売というのはずれ込む形です

10.PS4のNew みんなのゴルフの発売時期が2017年夏予定に。

11.すでにリークが流れていましたが、地球防衛軍5がPS4向けに登場。2017年発売予定。

12.ドラクエ、FFのキャラが登場するボードゲーム、いただきストリートシリーズの最新作、「いただきストリート 20th Anniversary」がPS4/PSVITA向けに登場。2017年発売予定。

13.コーエーテクモゲームスの仁王が2017年2月9日発売決定。

14.ニンジャガイデンや討鬼伝、ソフィーのアトリエなども登場、「無双スターズ」が発表。

15.ゆうしゃのくせになまいきだのVR対応、VゆうしゃのくせになまいきだRが登場。

16.PSVRの次回予約は9月24日スタート。発売日受付分はこれが最後とのこと。

17.キャラクタータイトルの育成を目指す「キッズの星プロジェクト」を開始。子供向けタイトルの開発を予告。

18.サイゲームスからすでに発表されていた「グランブルーファンタジーRe:Link」は2018年発売。PSVRにも対応。 

19.PS祭なるイベントの実施を告知。


ということでいくつかの注目タイトルの発売時期が決まったほか、いただきストリートの最新作やVR対応のゆうしゃのくせになまいきだが発表されるなど、大小さまざまなタイトルが揃っていることが伝わってくるカンファレンスでした。
ただ若干サプライズが少なかったですかね?
大きな隠し玉がもういくつかあるとよかったのではないかと感じました。
いただきストリート、楽しみですね

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村