エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

PSVITAでも遊べる!PSPの隠れた名作をご紹介!vol.1

PSPはPSVITAの前世代機のハードです。
国内では2千万台ほどの普及を記録し、任天堂の牙城であった携帯機市場の中でかなり善戦しました。

その結果としてかなりのタイトルが発売され、人知れず眠っているタイトルも多いと思います。
この記事企画では何回かにわたり、PSPの隠れた名作を取り上げていきたいと思います!

(記事タイトルの”PSVITAでも遊べる! ”はPSストアでのダウンロードによります。PSPのゲームソフトはVITAでは使えませんのでご注意ください。)

ちなみにdsの隠れた名作を紹介する記事も現在3本公開中です。合わせてご覧くださいね。

3dsでも遊べる!dsの隠れた名作をご紹介!vol.1 
3dsでも遊べる!dsの隠れた名作をご紹介!vol.2 
3dsでも遊べる!dsの隠れた名作をご紹介!vol.3 

今回紹介するのは、

ラストランカー
グローランサー
の二作です。


ラストランカーはカプコンが完全新規のRPGとして発売した作品。
最強を決める戦士ランキングに参加し、自らのランクを上げていく戦いを描いた物語が展開されます。

<おすすめポイント>

従来のRPGとは一線を画すシステム 

一般的なRPGはパーティーを組んで魔物と戦って・・・というのが多いですよね。
しかし本作はとにかく自分のランクを上げていくことが目的。画面の左上には常に主人公の順位が表示され、その数字を減らしていくことがゲームの趣旨ということになります。

となれば当然バトルは1対1。いわゆるタイマン形式の格闘ゲーム風・リアルタイムバトルで、戦闘自体が非常に面白い作りとなっています。戦術が色濃く反映されますし、それに応じたスキル選択の組み立てに頭を悩ませることも。

またストーリー上とは関係ないキャラとの戦闘などで、格上の相手に勝ったときはかなり爽快です。奥義を発動させた際のド派手は演出もいい感じでしたね。

先の気になる物語

目的がはっきりしている分、ストーリーが薄味なのでは?とプレイした当時は思っていたりもしましたが、それは杞憂でした。むしろいい意味で裏切られました。

「強さの意味」「自らの故郷」「災厄と機構」など予想外に壮大な物語になっていくので、ボリューム感とのバランスもあって濃密なプレイ感覚を体験できます。


著名なクリエイターが参加して作られた一風変わった名作という位置づけの本作。カプコンにはブレスオブファイアなどと合わせて、いずれ続編を出してもらいたいところですね。







続いてご紹介するのはグローランサーシリーズの第一作のPSPでのリメイクタイトル。
以前に復活してほしいシリーズとしても取り上げましたが、ここでももう一度取り上げたいと思います。

<あらすじ>
(以下Wikipediaから引用しています。)
ローランディア王国の宮廷魔術師サンドラに拾われ育てられた主人公。幼少の頃「世界を滅ぼす闇にも世界を救う光にもなる」との予言を受けたため、サンドラにより王都ローザリアの中だけで育てられた。成長したカーマインは、サンドラに「これからは外の世界を経験するよう」言われ、ローザリアの外へ旅立つところから物語は始まっていく。
(引用ここまで)

上の内容ではどんなストーリーなのか掴みづらいかと思いますが、簡単に言ってしまえば戦記もののストーリー。”魔法学院”、”魔法エネルギー”など、ファンタジーの世界観が色濃く物語に反映されています。

<おすすめポイント>

怒涛のドラマチックストーリー 

本作のジャンルは”ノンストップドラマチックRPG"。
その名の通り、作品のすべてがシナリオになっている(イベントが途切れることがない)まさにとんでもない作品です。

その一環として、戦闘ではストーリー上の展開に即したシチュエーションでミッションが指示されます。
例えば敵の逃亡を許してはならない場面ではその敵の足止めを、市民が巻き込まれた戦闘では市民の防衛を、といったように、戦闘もシナリオに組み込まれているんです。
さらに戦闘の進捗に合わせて物語がさらに進行するなど、リアルタイムでシナリオが描かれ続けるというわけですね。 

まさに自分が物語を追体験しているかのように、のめりこんでプレイしてしまうこと間違いなしです!予想だにしない驚愕の展開も多数!

戦略的なシミュレーションバトル

上述した通り、様々な状況に応じた戦闘ですが、それらはすべてシミュレーションRPGスタイルで進んでいきます。
キャラクターをマップ上で動かし、行動を選択。魔法などの発動までにはインターバル(硬直)があり、タイミングをよく考えて慎重に戦う必要があります。

ただ倒せばいいというわけではないので、様々な攻略法があり、うまくキャラを配置できて封殺できたりするとニヤニヤしてしまいますw

マルチエンディングの大ボリューム
 
本シリーズの特徴の一つが休暇。
休暇では好きなキャラとのイベントを見て、好感度をあげることができます。

好感度が上がれば特別なイベントが発生したり、キャラ別のエンディングが発生しますのでやりこみ要素の一つだと言えます。

それに加えて本リメイクではストーリーが大きく分岐します。一つ見るだけでも数十時間かかりますので、RPG二本分の物語が入っているといえるでしょう。ボリューム感は抜群です! 


使い魔の登場やダンジョン、スキルについてなど、まだいろいろな要素について書ききれていないような気がしますが、とりあえずはこの辺りにしておきます。

キャラデザが特徴的なので、そこで二の足を踏む方もいらっしゃるのではないかと思いますが、(私もそうでした)一度始めてしまえば全く気にならなくなります!あまりにも完成度の高い物語に没入してしまうこと請け合いですよ
私の中ではPSPでナンバーワンのRPGの一つですv


さて、いかがでしたでしょうか?RPG好きの方には二作ともおすすめしますよ 

PSVITAの個人的おすすめタイトルを総まとめ!<RPG編>

(以下、適宜追記を加えていく予定です)

3dsのおすすめソフトをまとめる企画を先日からスタートさせていますが(3dsおすすめRPG/3dsおすすめアクション)、この企画はVITAでも進めていきたいと思います。今回はVITAのおすすめRPGピックアップしていきます!
(何度か言及していますが、ここでの紹介順はおすすめ順というわけではありません。ランキング形式ではないのでご注意ください)

1.ファイナルファンタジー10 
ファイナルファンタジー X HD Remaster
スクウェア・エニックス
2013-12-26

名作として名高いFF10。感動の物語を美麗なグラフィックで楽しめる大作です。最新作FF15が間もなくPS4で発売されますし、未プレイの方は予習がてらプレイされてはいかがでしょうか。

2.閃の軌跡

空の軌跡から続く大長編RPGシリーズ。あまりにも多く出ているために、興味はあってもなかなか手が出せない・・・という方もいるでしょう。本作はエレボニア帝国を舞台にした一作目。本作から始めるのも悪くはないと思いますが、やはり順番を守るのがセオリー。別記事にてプレイの順番とどんなタイトルなのかということを説明していますので、興味がある方はご覧ください。ちなみに私はRPGシリーズの中では軌跡シリーズが一番好きです。(特に空の軌跡FC/SC)

3.閃の軌跡2

同じく帝国編二作目。帝国編は学園ものとしての性質が色濃く反映されており、従来の軌跡シリーズとは展開の違いを感じさせています。ちなみに現在閃の軌跡3が開発中とのこと。

4.軌跡EVOLUTIONシリーズ

すみません、軌跡シリーズが続きます。空FC、SC、Third、零、碧のエボリューションはいずれもリメイクタイトル。シリーズすべてがVITA一台で遊べるのがうれしいですよね。

5.ペルソナ4G(ゴールデン)

ペルソナシリーズといえばRPG好きなら知らない人はいないくらいかもしれません。RPG部分の要素がキャラクターとの交流と強く結びついたシステムが特に高い評価を受けているといえるでしょう。先日ペルソナ5がPS4でリリースされましたが、こちらもおすすめです。別記事でペルソナシリーズとはどんな作品なのかということをまとめていますのでどうぞ。

6.エスカ&ロジーのアトリエ






アトリエシリーズで私が一番好きなのがこれ。強いアイテムを錬金してバトルを進めたり、ミッションを効率よくクリアしたり、エスカとロジーの恋愛イベントを見たり。ほほえましいやり取りにニヤリとしてしまうこと間違いなしです。様々な素材を集めてより高性能なアイテムを錬金するのにはまるとまさに時間泥棒なシリーズですね。

7.ケイオスリングス3

スマホ向けに展開されてきた買い切り型のRPGタイトル三本分がまとめられたお得パッケージ。スクエニの古き良きRPGが好きな人におすすめするオーソドックスなRPGです。コマンド式のバトルですが、これがなかなか良くできています。ストーリーに関しては三作目が個人的には好きですね。全体的に一筋縄ではいかないシリアス調の雰囲気となっています。

8.デモンゲイズ

角川ゲームスとエクスペリアンスの贈るダンジョンRPG。本作の面白さはジェムシステム。使うジェムによって出現する敵の強さや落とすアイテムが変わり、本格的なハック&スラッシュが楽しめます。RPG部分の難易度の高さも相まって、やりこみ甲斐のある作品です。インターフェイスが親切なのも◎。ちなみに新作、デモンゲイズ2が間もなく発売予定です。

9.ソードアートオンラインホロウフラグメント


ライトノベルとして異例の人気を誇るSAOシリーズを題材としたRPG。一人プレイがメインの作品ですが、世界観に合わせて、オンラインRPG風のシステムになっています。ボリュームがとんでもなく、キャラクターイベントも大量に存在するということで長く楽しむにはもってこいの作品です。PS4版もあるほか、フライトアクションとなった二作目・ロストソング。RPGの最新作・ホロウリアリゼーションも発売予定です。

10.東京ザナドゥ
東亰ザナドゥ 通常版
日本ファルコム
2015-09-30

日本ファルコムが展開する完全新規アクションRPGである本作。イベントや街並みなどなかなか力を入れて作りこまれていることが伝わってきます。とはいえ閃のシリーズのモデルを流用したことはすぐに分かってしまうのですが、閃の世界観、演出が好きな人には問題ないかと思います。最近PS4で完全版がリリースされたばかりなので、PS4をお持ちの方はそちらの方がいいかもしれません。

11.ドラゴンクエストヒーローズ2

ドラクエ無双と言ってしまってそう差し支えない本作。わらわら沸いてくるモンスターたちを爽快に吹き飛ばし、大型のボスモンスターではうまく立ち回って戦う。二つの戦い方が要求されます。ドラクエの歴代キャラや音楽などがふんだんに使われ、歴代のドラクエ好きにはうれしい作品になっています。単調さがたまに瑕ですが、それは無双シリーズが慢性的に抱えている問題なので仕方ないでしょう。その中では工夫されている方だと思います。

12.イースセルセタの樹海

イースシリーズはファルコムの看板シリーズの一つ。樹海のマップを完成させていく過程がとても楽しいですね。冒険をしているという感覚を強く味わうことができます。軌跡シリーズに比べてストーリー性は薄いですが、アクションゲームとしては割としっかりした物語だと思います。最新作イース8もおすすめ!(こちらは後日単独レビューを書くと思います)

13.風来のシレン5プラス

ローグライクRPGとして有名な不思議のダンジョンシリーズ。シレン5のリメイク版が本作です。潜るたびに構造や落ちているアイテム、現れる敵が変わるダンジョンを、強化した武器や貴重なアイテムを駆使しながら冒険していくのは最高に楽しい!ストーリークリア後の高難度ダンジョンを遊んでいるといつの間にか5時間くらい経っていたりするのはざらですね(笑)

14.デモンゲイズ2
デモンゲイズ2
角川ゲームス
2016-09-29

前作からさらに遊びやすさを追求したデモンゲイズの新作。難易度がさらに低めに設定され(変えることはできます)、ダンジョン一つ一つも短くなりました。キャラメイクもなくなるなど、煩雑な要素をとにかく取り除いた、DRPGとしては珍しい作りになりました。これを良いととるか否かはプレイヤー次第。私は悪くないと思っていますが、高難度のがっつりDRPGをやりたいという方は合わないかもしれません。ですがこの方向性の作品がないと間口が広くならないとも感じますね。

15.ソードアートオンライン ホロウリアリゼーション

ホロウフラグメントの直接の続編。バトルシステムがさらにアクションチックになり、より爽快な戦闘を楽しめるようになりました。ストーリーもなかなか先の気になる展開ですし、ハクスラ要素や恋愛要素なども前作から引き継がれています。細かなポイントなどについては別記事で簡単にまとめていますので、そちらもご覧くださいね。

さてここからは特におすすめというほどではありませんが、私がプレイした上記以外のRPGも簡単に。

・カリギュラ

フリューの完全新規RPG。雰囲気やキャラはとても好みなのですが、戦闘システムの練りこみ不足が目立ちます。発想自体は面白いんですけどね。次回作で改善してくれると名作になりうるポテンシャルがあると思います。

・エクステトラ
エクステトラ
フリュー
2013-11-07

3dsとのマルチプラットフォームで展開された作品。こちらは突出したところこそないものの、オーソドックスに楽しめる作品です。シナリオの展開には賛否が分かれるところがあるかもしれません。

・ファンタシースターノヴァ

セガの人気シリーズの家庭用買い切りタイトル。オンラインが好きな方にとっては、なかなか本作独自の魅力が感じづらいかもしれません。拠点をカスタマイズしていける要素は割と好きでしたけどね。

・ルミナスアークインフィニティ

ルミナスアークシリーズの最新作。シミュレーションRPGとしてはある程度の完成度となっています。ストーリーは良くも悪くも”静か”という印象ですね。


ということでいろいろと紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。VITAはこれ以外にも様々なRPG(特にDRPG)が展開されています。いろいろなタイトルを発掘するのも楽しいでしょう。もし「これは遊ばないと損だよ!」というタイトルがあればぜひぜひ教えてくださいね。

(追記あり・2016年11月10日) 

3ds向けの新規タイトル・Miitopia(ミートピア)の概要

先日11月5日にミートピアダイレクトが放送され、任天堂が3dsでこの年末に発売する完全新規タイトルである「ミートピア」に関する情報が公開されました。
1478104229380[128]
この前から配信されている予告編と題した簡易体験版(自分でMiiを設定し動画を見るだけの内容です)に関してはこちらの記事をご覧くださいね。 
1478104219756[127]
 
やはり映像をみるとRPG風味のトモコレという印象で、プレイヤーは四人パーティーを組むようです。職業は12種類、性格は7種類。それの組み合わせによってMiiの行動が変化するようです。

(職業は”せんし”や”とうぞく”、”まほうつかい”といったドラクエなどでおなじみのものから、”アイドル”、”りょうりにん”、”ネコ”、”こあくま”など一風変わったものも用意されているようです。性格はがんこ、やマイペース、げんきといった感じですね。)

ジャンルは見守りシミュレーションとのことで、こうしたMiiの行動をプレイヤーは見守るという仕様みたいですね。直接指示を出して戦闘をする感じではないように見えます。

また人間関係も戦いに影響するということで、関係がよければ助け合い、悪くなると足を引っ張ってしまったりなんてこともあるようです。


ダイレクトで公開された映像に関しては、全体的に評価は割れているみたいですね。個人的にはMiiを使った冒険ものというコンセプトは結構いいんじゃないかと思っています。また知り合いのMiiたちがいろいろな物語を繰り広げるというのを見ているとくすっとしてしまうのではないかと。 

一方で大事なのはプレイヤーがどれだけ作品の世界に介入できるのかということ。自分で動かしてこそ「冒険」という感じがするのは間違いがありませんからね。

ともかくより細かな情報が公開されるのを待ちたいと思います。(私自身は購入する予定です
ミートピアは12月8日発売、税抜4700円でパッケージタイトルとして発売予定です。

2016年12月(年末商戦)のソフトラインナップを昨年と徹底比較!

今年の家庭用ゲームの年末商戦はかなりビッグタイトルがそろっているように思います。
この記事では昨年の12月に発売されたソフトラインナップと今年の12月に発売予定のソフトラインナップを比較し、今年の年末商戦の盛り上がり具合を分析していきたいと思います。

(ここで取り上げているのは一定の売り上げを記録したタイトル、もしくは一定の売り上げが見込めるタイトルということになります。記事の趣旨からこのようにしています)

<2015年12月1週目>
マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX
ドラゴンクエスト10 オールインワンパッケージ
マインクラフト PS4エディション
妖怪ウォッチダンス JUST DANCE スペシャルバージョン

<2016年12月1週目>
ファイナルファンタジー15(正確には11月29日発売ですが、発売週はこちらとして扱いました)
ウォッチドッグス2
デジモンユニバースアプリモンスターズ
スーパーマリオメーカーforニンテンドー3DS


第一週目の比較。FF15はなんといってもミリオンを狙えるタイトルですし、マリオメーカーもクリスマスプレゼントに選ばれそうな予感。売り上げ予想としてはFF15が100万本、スーパーマリオメーカーは30万本。全体としては昨年の一週目のタイトルを大きく超える成績となるのは間違いがないでしょう。


<2015年12月2週目>
レインボーシックスシージ
シュタインズ・ゲート・ゼロ
ヴァルキリードライブ  ビクニ
アイドルマスター MUST SONGS 赤盤/青盤
英雄伝説 空の軌跡 SC Evolution

<2016年12月2週目>
人喰いの大鷲トリコ
龍が如く6 命の詩。
ぷよぷよクロニクル
Miitopia ミートピア
めがみめぐり


第二週目の比較。龍が如くが2~30万本を狙えるほか、Miitopiaに注目。トモコレのような予想外のヒットを飛ばす可能性があります。すでにCMも放送していて任天堂がかなり力を入れていることも伝わってきますね。うまくいけば50万本クラスの売り上げをたたき出すポテンシャルがありそう。一方で不確定要素であるMiitopiaを除いたとしても、昨年のタイトルが比較的小粒であることから、ここも今年のラインナップに軍配か。


<2015年12月3週目>
フォールアウト4
ジョジョの奇妙な冒険 アイスオブヘブン
イグジストアーカイブ
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION
ミラクルガールズフェスティバル
モンスターストライク

<2016年12月3週目>
妖怪ウォッチ3 スキヤキ
アキバズビート
サガ スカーレット グレイス
実況パワフルプロ野球 ヒーローズ


第三週目の比較。この週は妖怪ウォッチ。年末&完全版でどこまで売り上げを伸ばすかに注目。予想としては70万本としておきます。サガは20万本、パワプロは8万本というところか。昨年は初動でモンストが40万本、フォールアウト4が10万本ほどを売り上げているほか、ジョジョやイグジストなど粒ぞろいで、全体的にはほぼ互角と言えるでしょう。


<2015年12月4週目>
機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE
メダロット9 カブトVer./クワガタVer.
幻影異聞録#FE

<2016年12月4週目>
桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!
よるのないくに2 新月の花嫁
不思議の幻想郷 TOD RELOADED
おそ松さん 松まつり!


第四週目の比較。昨年は機動戦士が約10万本。桃鉄は久しぶりの新作でどれほど売れるか未知数ですが、パーティーゲームとしては最高の発売時期。20万本規模と予想します。この週も今年のラインナップの方が強力ということになりますね。


~総括~

さて、ということでここまでラインナップの比較をしてきました。今年の方が四週とも、売り上げとしてみたときのラインナップが良いということが言えそうです。

いくつか注意点としては、昨年は11月28日にモンスターハンタークロスが出ています。それに加えスプラトゥーンやスーパーマリオメーカーなどWiiUの旧作が活躍した年でもあります。

今回の比較では旧作を考慮に入れていませんので、ただ単純に月比較での売り上げで今年が勝るかどうかははっきりとは言えません。(もっとも今年は11月にポケモンサン・ムーンもありますし、昨年の水準は最低限クリアしてもらいたいとは思っています。)
 
とにもかくにも家庭用ゲームの一番盛り上がる時期ですから、私もソフトをたくさん買って貢献したいと思っていますよ!(笑)


 

名探偵コナン第838話「ふんわり気球で怪事件」感想

1478340902224[258]
11月・12月のカレンダーはパーティーで正装するコナン、探偵団と蘭、小五郎。コナンってこういう正装がよく似合いますよね。うらやましい限りです(笑)

今週のコナンはアニメオリジナルの一話完結。脚本は小木曽豊斗さん。 ベイオブザリベンジに始まり、最近だと海に裏切られた男などを書いている方ですね。
以下ネタバレしていますので、ご覧になっていない方はご注意ください。

~OP

”鈴木バルーンフェスティバル”
相変わらずの鈴木財閥の道楽(?)アニオリで園子は珍しい。
本業は何をしているんですかね?気球の製造なんかもやっているんでしょうか?

それにしても気球がこれだけあるとなかなか壮観でしょうねえ。どこなのかなと思っていたらあとで茨城県警が来ます。何かモデルがあるのかもしれません。

気球に全力で乗りたがるコナンw 
こういうのに結構興味があるんでしたっけwこんなとき子どもの姿は便利でいいですね(笑)

「そんなこと言ってほんとは怖いんでしょ~?」 
渋る蘭と園子を煽っていくスタイルw園子には案外効きそうですねw

OP~

関係ありませんが今回のタイトルコール、BGMが小さくなっていたような気がします。なんかすごく違和感を覚えたので。ミスでしょうか?

そして聞こえてくる喧嘩の声。低レベルな言い争いでしたねw

結局気球に乗った三人。ここで流れたBGMは天空のロストシップの曲。飛行船で空を飛ぶシーンで使われた曲なのでこの場面にはもってこいですね。すごくマッチした選曲でした。

そんな中気球同士が衝突。水口さんの気球から女性が転落!
あんなのを見てしまったら二度と気球に乗ることなんてできないでしょうね、蘭たち。

いろいろと墜落した気球を見て回るコナン。
犯人は気球をぶつけた奥田さんだと刑事は決めてかかりますが、コナンはカメラを見て何かに気が付く。
そして始まる園子の推理ショーw
眠りの園子はわりと久しぶりの気がします。原作では最近あまりないですし。

犯人は水口さん(男)。
奥田さんの気球を細工し、ぶつかったときに自分の気球が切れるようにしておいた。
また奥さんをあらかじめ殴って気絶させておき、人形を奥さんだと思わせた。

これはわざわざこんな事する必要あったんですかね?普通に飛んでるときに隙を見て奥さんを落とすことはできなかったのかなと思ったり。

動機はこれまたひどい。保険金って・・・奥さん美人だったのにかわいそうです・・・。(美人は関係ないけどw)
コナンの怒りが伝わってきましたね。

ED~

蘭「そんなに推理力あるのにどうして他の事に活きないのかねえ?」
いや蘭ひどくね?親友にそんなこと言うキャラじゃないと思うのですがw

園子「小五郎からの遺伝なら蘭がねむくなるはずなのに」
いや親子そろって突然眠くなるなら、そりゃ病気だよw

ラストには二時間スペシャルの予告。二時間スペシャルについてはこちらの記事をご覧くださいね。
 
次回もアニオリ・「天狗の声が聞こえる」。
天狗と聞くと霧天狗伝説殺人事件を思い出します。どんなストーリーなのか、楽しみですね。

個人的評価 : 6 (満点10)

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村