エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

現代のミステリーADVとして再登場!「かまいたちの夜 輪廻彩声」感想!

(2017年2月23日・記事一部改変しました。)

スパイク・チュンソフト(旧チュンソフト)の名作サウンドノベルゲームとして名高いホラーサスペンスADV「かまいたちの夜」。
1487775102733[1211]
原作はキャラクターが影で表されているのが特徴で、ホラー成分が強めの作品として知られていましたが、そのリメイク作に当たる本作「かまいたちの夜 輪廻彩声」(PSVITA)はフルボイス化・キャラクターデザイン追加といった挑戦的な要素を加えています。

これはいろいろと賛否の声が分かれて話題になりましたが、原作未プレイの私としてはキャラが付くことを非常に歓迎している立場、ということを前提に考えてください。

本作の舞台は外界から隔絶された雪山のペンション
そこで主人公たち、ペンションにいた人間が次々と殺されていく、という物語です。いわゆるクローズドサークルもののミステリーですね。

以下ネタバレは控えつつレビューをしていきますが、閲覧は念のため自己責任でお願いします。

<おすすめポイント>

ミステリー好きならワクワクしないはずのないロケーション/物語展開

雪山のペンションに主人公たちが閉じ込められる。
いい響きです。(変人?)

物語は様々な形に分岐しますが、そのうち初めにプレイできるミステリー篇は、ペンションで起こる連続殺人事件の犯人やトリックを解き明かしていく内容。
この事件の真相はまさに盲点を突くもので、推理もの好きである私も唸ってしまいました。(もともと推理力自体は全くないんですが・・・w)

特定の選択肢によって展開が大きく変わり、サスペンスとしても楽しめるドキドキ感もなかなかのものでした。ホラー要素はキャラが影で無くなったことで薄れたという声もありますが、キャラの顔が分かることで感情移入度は増し、サスペンス要素はむしろ濃くなったのではないかと考えています。

夜中にプレイすることが多かったので、残虐なシーンの後、お手洗いに行くのが少し怖くなってしまったのは内緒です(笑)

膨大に分岐するシナリオ

まさかここまで分岐するとは・・・w
少しなめていましたね。
1487775112934[1212]
フローチャートがすごいことになっています。上の画像はほんの序の口ですw

私はシナリオの細かすぎる分岐には否定的で、どちらかというと一本道が好きなのですが(一本道は否定されがちですが、濃い物語を描くには優れた手法だと思っています)、本作に関してはむしろ好意的に捉えることができました。

というのも、このフローチャートが便利で、いつでも好きな場面に飛べるんですね。
別の選択肢をすぐに確認することができるので、シナリオを埋める作業が苦になりませんし、ヘンテコな選択肢も気軽に選べるのでよかったです。

またこの仕組みに伴って大量のバッドエンドが収録。
「選択を誤るとこうなるよ」、という予言を見ているようで、とても引き込まれましたね。

キャラが魅力的、音楽や背景グラフィックもGood!

物議を醸したキャラデザインですが、先述の通り私はアリだと思います。
この絵師さんがとても好きだということもありますし、原作をプレイしていないため先入観や思い入れがないこともあるのですが、何といってもキャラクターが立っているために名前も憶えやすいですし、愛着の沸いたキャラの安否に一喜一憂する楽しさがありました。

(ちなみに私は主人公・透と、ヒロイン・真理が大好きになりました。あと香山さんや啓子さんも地味に好きですw)
1487775126712[1213]
↑真理はほんとに美人ですね~。(笑)

また音楽や背景は作品の雰囲気を盛り立てる不気味なものが多く、視覚的に訴えてくるものがありました。ただ確かに影でない分、怖さは半減していたのかもしれません。

ボリュームがある

ミステリー篇だけなら5時間ほどあればコンプリートも可能になっていますが、これ以外にもギャグあり、恋愛あり、サスペンスありの様々なストーリーが収録されています。全部遊べば十分元が取れるボリュームになっていると思います。(約20時間前後?)
ひぐらしのなく頃にでお馴染み、竜騎士07さんによる新シナリオは突拍子もない感じで、私は正直中途半端なものに感じてしまいましたね。

<減点ポイント>

タッチ操作非対応

VITAのノベルゲームのほとんどに搭載されているタッチによるページ送りですが、本作は非対応。
タッチ操作は片手で楽々できるのがメリットなので、搭載しておいてほしかったです。
(これ以外のインターフェース面は素晴らしかったんですが・・・)

影でないのはやはり賛否あるかも

繰り返しになりますが、原作に思い入れがあればあるほど影でないことの違和感を覚えるかもしれません。キャラデザが受け付けないという方はなかなか難しいかもしれません。

一部グロテスクな描写がある

そもそもCERO Z指定(18歳以上)のソフトなので購入する場合は注意が必要です。
ただし、私自身はそこまでグロテスクに感じた描写はありませんでした。特に苦手だという方以外は問題ないとは思います。

 
というわけで万人におすすめというタイプの作品でないのは承知していますが、原作以上に間口が広がったのではないかと思います。ゲームでは珍しい設定の作品になっていますので、ぜひともこの系列でも新作を出していってほしいと感じましたね。購入してよかったです!

 

ニンテンドースイッチと3ds/WiiUのロンチタイトルを比較してみる

(追記/変更あり・2月21日)
ニンテンドースイッチの発売までいよいよ約10日ほどとなりました。
この記事では任天堂の現行機種である3ds/WiiUのロンチタイトルと、ニンテンドースイッチのロンチタイトルを比較していきます! 

ニンテンドースイッチのロンチタイトル
(パッケージ8タイトル、ダウンロード専売4タイトル)

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド/任天堂
1-2-Switch(ワンツースイッチ)/任天堂
スーパーボンバーマンR/コナミ
ドラゴンクエストヒーローズⅠ・Ⅱ/スクウェア・エニックス
イケニエと雪のセツナ/スクウェア・エニックス
ぷよぷよテトリスS/セガ
魔界戦記ディスガイア5/日本一ソフトウェア
信長の野望・創造withパワーアップキット/コーエーテクモゲームス

いっしょにチョキッとスニッパーズ/任天堂(※ロンチに用意したいとのコメントがあったそうですが確定ではないかもしれません。)
そるだむ 開花宣言/シティコネクション
オセロ/アークシステムワークス
新大開拓時代~街をつくろう~/アークシステムワークス

3dsのロンチタイトル
(パッケージタイトル8タイトル)

nintendogs + cats/任天堂
レイトン教授と奇跡の仮面/レベルファイブ
ウイニングイレブン 3Dサッカー/コナミ
スーパーストリートファイターIV 3D EDITION/カプコン
とびだす! パズルボブル3D/スクウェア・エニックス
戦国無双 Chronicle/コーエーテクモゲームス
リッジレーサー 3D/バンダイナムコゲームス
コンバット オブ ジャイアント ダイナソー3D/ユービーアイソフト

まずは3dsとの比較。
任天堂のタイトルだけで見ると、ニンテンドッグス+キャッツだけだった3dsと比べ、スイッチは何といってもゼルダがあるのが大きいですね。1-2-Switchも化ける可能性を秘めています。

サードパーティーのタイトルで見ると、大手メーカーがセガ以外揃い踏みだった3dsと比べ、スイッチはカプコン・バンダイナムコゲームスがロンチにソフトを出す予定がない形。バンナムはどのハードにも大体ロンチタイトルを出しているイメージがあるので、少し意外です。一方でスクウェア・エニックスはパズルゲーム一本だった3dsからRPG二本に。これ以外にも多数ソフトを開発中のようで、スイッチに積極的な印象です。

中小メーカーとしては、レベルファイブが3dsで看板作品レイトン教授を出した3dsに対して、スイッチでは日本一ソフトウェアがこちらも看板・ディスガイアを投入。
いろいろなところで言われていますが、かなり意外な展開となっています。

全体的なタイトル比で言えば、移植タイトルは目立つスイッチですが、IPの強さやジャンル的なバランスを加味すれば、3dsよりも守備範囲の広いラインナップといって差し支えないのではないでしょうか。
 
WiiUのロンチタイトル> 
(パッケージタイトル11タイトル)

NewスーパーマリオブラザーズU/任天堂
ニンテンドーランド/任天堂
モンスターハンター3G HDver./カプコン
ニンジャガイデン3 レーザーズエッジ/コーエーテクモゲームス
無双OROCHI2ハイパー/コーエーテクモゲームス
鉄拳タッグトーナメント2 Wii U エディション/バンダイナムコゲームス
ゾンビU/ユービーアイソフト
アサシンクリード3/ユービーアイソフト
FIFA13ワールドクラスサッカー/エレクトロニックアーツ
Mass Effect3特別版/エレクトロニックアーツ
バットマンアーカムシティアーマードエディション/ワーナー

さて次にWiiUのロンチと比較をしてみます。 
まずタイトル数はWiiUの方が3タイトル多くなっています。
ただWiiUでは海外サードのソフトが5作品あり、日本のソフトメーカーに限ればスイッチの方が多くはなっています。 

任天堂タイトルとしてはWiiUでは2Dマリオが登場。ニンテンドーランドという新機軸もあり、かなり強力なラインナップでした。(ただし2Dマリオはハードの牽引役というポジションではない気がしました。)

コーエーテクモゲームスはかなりWiiUの初期は積極的な印象があり、無双をはじめとした人気IPをかなり積極的にマルチ展開していました。カプコンもモンハンHD化作品を投入しており、3dsとの波及効果を狙っていたように思います。一方でスクエニやセガ、コナミはロンチタイトルを発売せず、様子見感がスイッチのとき以上に強かったことが伺えます。 

海外サードはEA(エレクトロニックアーツ)、UBIが2タイトルずつ。海外は据え置きゲーム機が圧倒的なシェアなので、新型据え置き機ということで期待していたのでしょう。こうしてみると、海外メーカーはスイッチを携帯ゲーム機寄りと捉えているのかもしれません。(スイッチのロンチに海外メーカーソフトがないので。)

総合的にみると、一見かなり強力なラインナップに見えるWiiUのロンチですが、サードソフトはプレイヤー層の限られた有名コアタイトルに偏重気味で、その点ではスイッチに分があるのではないかと思います。特にWiiUのプロモーションの仕方は比較的ライト層向けだったと記憶しているので、その中で選ばれるソフトは限られていたと言えるでしょう。

 

名探偵コナン第850話「婚姻届のパスワード(後編)」感想

1483539797961[833]
交通課・宮本由美と将棋士・羽田秀吉のラブコメ原作回の後編です。
以下ネタバレしていますのでご注意ください。

~OP

前編のあらすじの解説。 
ここで「異次元の狙撃手」のサウンドトラック・スナイパーのテーマが流れるのはなかなか新鮮でしたね。

OP~

佐藤刑事は三池苗子のことを三池と呼んでいるんですね。
部署は違えど、後輩的な存在なのでしょうが、佐藤刑事の呼び捨てはちょっと不思議な感じがしました。(レギュラーキャラでは初?)

由美がミニパトを名人戦が行われる山梨の常盤ホテルまで走らせたことが話題に。明らかに職権乱用ですねw

ちなみにこれは「太閤恋する名人戦」のときのエピソードです。秀吉と由美がキスをしたことが反響を呼んだお話ですね。(今回も振り返りで出てきましたがw)
それにしても由美さんは天然系が多いコナン女性陣の中で、恋愛に関して比較的自分から積極的な印象があります。

探偵団たちは暗号解読に飽きて”まわり将棋”で遊んでいます。
というか私は”まわり将棋”って初耳だったんですが、探偵団たちは小1なのによくそんな遊び知っていますねw
(調べたところ、将棋の駒を用いるすごろくのような遊びだそうです。)

そんな中コナンは以下のヒントで暗号の解読方法を発見。

・暗号がコピーであること。→コピーしたら折り目が消える
・夫婦(めおと)という言葉。→鶴を二回折る
・人生”山あり谷あり”という言葉。→折り紙の山折りと谷折り
・暗号の紙がゴミ箱の中から見つかったこと。→掃き溜めに鶴のことわざ(鶴を折れというヒント)
 
二つのパスワードのうちの一つはルートの5。
ルートの5とは、二乗して5になる数のうち正の方のこと。(コナンは正の方とは言っていませんでしたが、正確には正の方と入れた方がいいですね(笑))
だいたいの近似値は2.2360679(富士山麓オーム鳴く・ふじさんろくおーむなく)です。

もう一つは物を数えるときに濁点がつく3にルートを取ったもの。(いっぴき、にひき、さん「び」き・・・のような感じ)
ルート3の近似値は1.7320508(ひとなみにおごれや)ですね。

(ちなみに作中には出てきませんでしたが、ルート2は1.41421356(ひとよひとよにひとみごろ)もよく使いますね。これは9桁なのでエピソードには使わなかったんでしょう)

ということで、まさかの数学的な暗号w
鶴を二通りで折ったときにあんな文字が出るような暗号を、青山先生はどうやって作ったんでしょうか。かなり凝った暗号だったように思います。

ちなみにスリの設定や、暖房が壊れたとおじいさんが嘘をついた理由もさらりと伏線回収。まさか部屋に入った時には由美さんの上着の中に忍ばせていたとは、おじいさんスペック高すぎます(笑)

しかし封筒の件が解決したころに秀吉から電話。対局で敗れ、七冠ならず。封筒は捨ててほしいと。

由美さんのことで頭いっぱいになっていたせいで負けたとは誰も思わないでしょうねw
それはともかくここで秀吉の口から義理の兄「羽田浩二」なる人物が。これから先の展開に関わってくる人物というか名前です。

由美は秀吉に「負けんじゃねーぞ!ハリネズミ!」的な感じの叱咤激励を送りw、おじいさんに「茶々」でなく「寧々」と認めさせています。

ED~

灰原が羽田浩二をAPTX4869を飲まされた人物リストを見た覚えがあると。
それも工藤新一の名前の二つ下に・・・。

ほのぼの回かと思いきやラストのラストにとんでもない爆弾が!
というかこのリストは初期から何度か出てきているもので、十数年越しの伏線回収ということになります。「羽田」の苗字から気が付いていた人もいたんでしょうか?
これからの展開から改めて目を離せなくなりますね!

さて、次回はデジタルリマスター・天下一夜祭殺人事件。
先日再放送された美術館オーナー殺人事件の次の話に当たります。

個人的評価 :8(満点10)

ファミ通によるニンテンドースイッチのメーカー意識調査

ファミ通が紙面でゲームメーカーに対するニンテンドースイッチの意識調査を行っています。
その一部をまとめてみたのがこの記事になります。
(メーカー名は伏せられているため、どのメーカーが答えた内容なのかは分かりません。全24社へのアンケートであるとのことです。) 

<スイッチ向けソフトを開発しているか?>
開発中 13社
検討中 6社

開発していない 4社
無回答 1社

開発中または開発を検討中(企画段階ということでしょうか)を合わせて19社。少なくとも今の時点では、ゲームメーカーは比較的積極的に動いているとみていいのかもしれません。 

<将来的にソフトを発売する予定はあるか?>
ある 11社
検討中 11社

いまのところなし 1社
無回答 1社

上の質問で開発中としたメーカーよりも、ソフト発売予定があると答えたメーカーが減っているのは、おそらく試作中であるか、もしくは市場の動向次第での発売を考えているかということだと思われます。
 
<ニンテンドースイッチにゲームユーザーの期待を感じることはあるか?>
ある 12社
どちらとも言えない 9社
ない 2社
無回答 1社

こちらは比較的厳しめの評価となっています。確かにまだまだ一般層寄りのゲーマーの食いつきは弱い印象がありますね。

<価格についての印象>
適正 16社
安い 6社

高い 1社
無回答 1社

打って変わり値段に対する評価は全体的にかなりいい感じ。高い、無回答とした2社を除きすべての会社がリーズナブルだと捉えているようです。ユーザー目線だと高いと感じる人もいるようなので、意識に乖離が見られます。(ちなみに私は適正だと捉えています。)

<オンラインサービス有料化について>
有料化はやむなし 10社
できれば無料がよかった 9社
どちらとも言えない 4社
無回答 1社

ここは完全に意見が二分。無料に越したことがないのはその通りですが、無料にこだわってサービスの質が落ちては元も子もないので、難しいところ。私はやむなしだと考えています。(サービスがよくなるのであればむしろ歓迎します。)

<注目機能>
3つのプレイモード、HD振動、Joy-Con、おすそわけプレイが上位。

<相性のいいジャンル>
RPG、アクション、シミュレーション、パズル、レースが上位。アドベンチャー、クイズなどが続く。

<ニンテンドースイッチの普及にもっとも必要だと思うことは?>
ソフトの充実 8社
キラータイトルの登場 8社
プロモーション 2社
その他 5社
無回答 1社

ソフト関係がやはり意見の中心。これは当然と言えば当然ですね。ロンチ以降のラインナップについて、なるべく早い段階で情報を出していってほしいところです。


ということで以上となります。
一貫して無回答が1票ありましたので、おそらく一社は白紙で回答したのだと思われます。

ニンテンドースイッチはギミックハード路線でありつつも、これまでの歴代ハードの機能を集約し、コンパクトにまとまった”明快なハード”という印象を私は持っています。
その魅力が少しでも多くの人に伝わっていくことを期待していきたいと思います。

1-2-Switch
任天堂
2017-03-03

ゲームソフト発売予定・2月23日週/ニ―ア オートマタ、スーパーロボット大戦Vなど

今週は月末で久々に多数のタイトルが発売されます。
注目作も複数登場する予定です。





ニ―アシリーズの最新作がPS4に登場。
地球を侵略してきた異星人と彼らが操る機械生命体。人類は奪われた地球を奪還するためにアンドロイド部隊を編成し、機械生命体と熾烈な戦いが巻き起こるという世界観です。

オープンワールド形式のアクションRPGで、プラチナゲームズが開発を担当。簡単な操作でハイスピードなバトルが楽しめるようになっているそうです。
公式サイトはこちら。


スパロボシリーズの最新作はPS4/PSVITAで登場します。
今作はシリーズ未経験者でも楽しめるように世界観・ストーリーが一新され、本作一作で完結する形となっています。

新規参戦の作品としてはクロスアンジュ 天使と龍の輪舞や宇宙戦艦ヤマト2199、勇者特急マイトマガンなどが挙げられるほか、シリーズ作同様ガンダム作品の参戦が多くなっています。
公式サイトはこちら。

バットマン:リターン・トゥ・アーカム - PS4
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
2017-02-23

バットマン過去作二作がパワーアップリマスターされ、セットになったパッケージが本作です。
前世代機で発売された「バットマン アーカム・アサイラム」と「バットマン アーカム・シティ」の2タイトルがアンリアルエンジン4によってPS4に最適化。

グラフィックスなどにとどまらず、モデルや環境などに至るまでブラッシュアップされているそうです。すべてのダウンロードコンテンツも収録されています。
公式サイトはこちら。

魔女と百騎兵2 - PS4
日本一ソフトウェア
2017-02-23

日本一ソフトウェアの人気作の続編がPS4で発売されます。
魔女病により荒廃した世界・ケヴァラが舞台の3Dアクションゲームである本作。プレーヤーは使い魔である百騎兵を操作し、刀剣や蝕台といった5種類の武器を使い分けて戦います。

本作ではスキルをカスタマイズする育成要素や、レアリティの高い装備品を集めるハック&スラッシュ(ハクスラ)要素もあり、長く楽しめそうな作りとなっています。
公式サイトはこちら。

Halo Wars 2
日本マイクロソフト
2017-02-23

マイクロソフトによる人気のリアルタイムストラテジーゲームシリーズ、ヘイローウォーズ2がXboxOneで発売されます。

傭兵軍の銀河征服を阻止するため、プレーヤーはスプリットオブファイアの司令官となり、ユニットを指揮。戦略的な戦いが繰り広げられます。
本作ではBlitz(ブリッツ)なるカードベースの新たなマルチプレイモードも搭載されているそうです。
公式サイトはこちら。
 
暗殺アクションゲームシリーズとして名高いアサシンクリードシリーズ。
その過去三作品をまとめたパッケージがPS4で登場します。

本作にはアサシン クリード II、アサシン クリード ブラザーフッド、アサシン クリード リベレーションというエツィオ・アウディトーレを主人公とする三部作のシングルプレイがすべて収録されているそうです。またアサシンクリードリネージとアサシンクリードエンバースという二本の映像作品も収録されています。(本作にマルチプレイモードは収録されていません。)
公式サイトはこちら


約200種類もの実在するバイクが登場するというリアルライディングシミュレーターである本作。
サーキットでのロードレースやタイムアタック、オンライン対戦など様々なゲームモードが収録されているそうです。
PS4Proに対応し、4K画質で迫力のレーシングが楽しめる作品となっています。
公式サイトはこちら。

ISLAND
プロトタイプ
2017-02-23

人気ADV「グリザイア」シリーズを手掛けるフロントウィングから発売されたPC向けADVがプロトタイプによってPSVITAに移植されます。

本作は風土病により本土と確執のある島が舞台。そんな島に流れ着いた青年が、島の因習を変え始めます。秀逸なストーリーと謎が少しずつ明かされていく展開が好評を得ている作品です。
公式サイトはこちら。


美少女系のガンシューティングアクションとして知られるぎゃるがんシリーズ。
本作は2015年に発売された「ぎゃるがんだぶるぴーす」に日本語/英語切り替え機能、衣装を追加した完全版(廉価版に近い)に当たる作品です。対応プラットフォームはPS4/PSVITA。
公式サイトはこちら。


タイムピースアンサンブルはエンターグラムによる恋愛ADV。PSVITAで発売されます。
本作のテーマは文化祭。一日増える文化祭準備など、少し不思議な文化祭でヒロインたちとの関係が発展していきます。公式サイトはこちら。

遙かなる時空の中で3 Ultimate - PS Vita
コーエーテクモゲームス
2017-02-23

コーエーテクモゲームス・ルビーパーティーによるネオロマンスシリーズ、「遥かなる時空の中で3」と「遥かなる時空の中で3 十六夜記」の二作を一作にまとめ、完全リメイクしたタイトルが本作です。PSVITAで発売。

完全フルボイス化やイベントスチルの大幅追加、充実したダウンロードコンテンツによるエピソードの追加などがされるようです。
公式サイトはこちら。

これら以外には、

<ゲームハード>
・PS4 グレイシャーホワイトHDD1TBモデル
・PS4 グレイシャーホワイトHDD500GBモデル

<ダウンロード専売>
・イースオリジン PS4/PSVITA
・ダマスカスギヤ 東京始戦 HDエディション PS4
・かいぞくポップ 3ds/WiiU
・超科学脱出 最果てのクロスアイズ 3ds
・The Brookhaven Experiment PS4

などが発売予定となっています。 

そして!
次週はついにニンテンドースイッチのロンチ!
これからの動きにも目が離せませんね! 
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村