エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

私が家庭用ゲーム各社に抱くイメージ<大手メーカー編>

ちょっと一風変わった記事を書いてみようと思って考えた企画。

スマートフォン向けの無料アプリなどが台頭して家庭用ゲーム(ゲーム専用の据置・携帯ハード向けゲーム)が衰退していると言われている昨今。

そんな現状ではゲーム専用機向けのソフト開発から、無料アプリなどの開発に重点を移している家庭用ゲームソフトメーカーも目立ち始めています。

そんな中にあるからこそ、”ゲームアプリ”ではなく”ゲームソフト”が好きな私から見て、日本の各ソフトメーカーの現在の方針や展開などがどんなイメージか、不満点なども含めて好き勝手に書き連ねていきたいと思います。

※全体的に少し辛口で書いていますが、そこはゲーム好きだからこその表現だということであらかじめご了承いただきたいと思います。(そんなつもりは全くないのですが、もし偉そうに聞こえてしまったらすみません・・・
 
今回はまず大手ソフトメーカー編。取り扱うのは、

任天堂/SIE(ソニーインタラクティブエンターテインメント)/バンダイナムコエンターテインメント/カプコン/スクウェア・エニックス/ セガゲームス/コナミデジタルエンタテインメント/コーエーテクモゲームス

の8社。 

中小のソフトメーカー編についても後日公開する予定です。

<任天堂> 

まずは任天堂。はっきり言って現在のイメージはよくありません。
一番の注目である新ハードNXですが、これといった情報はほとんど入ってきません。 

開発が遅れているのだとしても、発表の時期や現状など一言伝えるべきだと思います。というのもWiiUにはソフトがほぼない状況。3ds向けは辛うじてラインナップを維持していますが、開発リソースを大きく減らしていることは目に見えています。

NXに力を注いでいるであろうことは想像がつきますが、やはりそれをアピールしてもらわないと不安です。君島社長体制では情報開示が鈍いような気がします。

無茶ぶりかもしれませんが、業界の大きな位置を占めている責任のある会社なわけですから、ソフトはどんな時でも切らさずに展開してほしい。これでNXのソフトラインナップが大したことがないとなってしまえば、期待外れと言わざるを得ません。特にマリオなどに頼りすぎず、新規作で勝負してほしいと思います。

ポケモンGOやスマホゲームもいいですが、とにもかくにも”本業”を忘れないでいてほしいです。

<SIE(ソニーインタラクティブエンターテインメント)>

PS4が日本でも売れ始め、ソフトラインナップも充実してきていることに加え、PSVRが先日発売され勢いに乗っているSIE。PS4展開はかなり上手くやっている印象があります。

とはいえいくつか私としては不満もあります。

一つはPSVITAにまったくといっていいほど無関心であること。
欧米などであまり売れていないのは事実ですが、日本ではまだまだこれからの可能性があるプラットフォーム。
自社のタイトルを一切投入しないのはさすがにやる気がなさすぎる気がします。

AAA級タイトルをVITAで作れとまでは言わないまでも、小型の新規タイトルや有名IPの新作展開、スピンオフ作品。可能な範囲でのPS4とのマルチ化、ダウンロード専売の小粒タイトルなど、やりようはいくらでもあるはずです。

もう一つはIPを育てる・使う意思に欠けているように見えること。ワイルドアームズやサルゲッチュ、ポポロクロイスなど過去の有力IPをなぜ活用しないのか。待っているファンはそんなに少なくないように思います。

ぜひバランスよく、さらに日本のゲーム業界の活性化に力を入れてほしいです。

<バンダイナムコエンターテインメント>

専用機向け、スマホ向けとかなりバランスよくソフト展開しているのがバンナム。

機種に関してもPS4/PSVITA/3ds向けに多種多様なタイトルを満遍なく配置し、個人的にはかなりイメージの良い会社です。

一部のタイトルでの重課金制や、各ゲームに完成度のばらつきが見られるなどの問題点はありますが、現状にもっともフィットしてソフト展開をしているような印象を受けます。

<カプコン>

モンハンシリーズで知られるカプコン。
失礼を承知で書けば、良くも悪くもモンハンの会社という感じです(汗)

とはいえ家庭用中心でソフト展開をしてくれていることには好感が持てる会社です。

一つ指摘させていただきたいのは、新規作に乏しいこと。上記と重なりますがモンハンなどの有名IPの展開ばかりが目立ちなかなか新規タイトルが見えてこないような気がします。

最近だとめがみめぐりなどが発表されましたが、こうした取り組みを広げていってほしいですね。

<スクウェア・エニックス>

ドラクエやFF、キングダムハーツで知られる老舗のRPGメーカー。

スマホ向けにこうしたIPを用いたアプリを積極展開、というより過剰に展開しているような気がしないでもないですが、近年はPS4を中心に家庭用ソフトも多数開発しているということでイメージはよくなってきています。

新規タイトルについてもTokyo RPG FactoryなるRPG専門スタジオを立ち上げるなど、今後にも期待ができそうです。もう一つ開発のテンポを上げてほしいというのが希望ですかね(笑)

<セガゲームス>
 
セガといえばパッケージタイトルの展開を減らし、スマホゲームに注力する方針を打ち出して発売タイトル数は減ってはいるものの、功績としては危機的状況にあったアトラスの子会社化が一番に挙げられます。

私はアトラスの大ファンということもあって、セガには本当に感謝しています。ペルソナ5がこうして大ヒットしているのがうれしいですね。

またヴァルキュリアシリーズの新展開や初音ミク、龍が如く、セブンスドラゴンといった有力IPの新作を発売するなど、少しずつ家庭用事業に再び力を入れ始めているように見えることを評価したいです。

今後は新規タイトルなども見えてくるといいですね。

<コナミデジタルエンタテインメント> 

コナミファンの方には申し訳ありません・・・。
正直印象最悪の会社です。今日の8社の中でもダントツ最下位です。 

まずほぼすべての開発をスマホ向けに切り替えたことで知られるコナミ。
現在展開されているのはスポーツゲーム(ウイイレ、プロスピ、パワプロ)、それとメタルギアシリーズくらいです。

そのメタルギアシリーズも小島監督が退社し、今後の展望が見えない有様。

スマホでうまくいっているうちはいいかもしれませんが、いつかそのしっぺ返しが必ず来ると確信しています。ぜひともコナミの抱えている数々の有名IPが生かされる機会が来ることを願っています。 

<コーエーテクモゲームス>

打って変わってこちらは家庭用をいまでもメインに展開し、大きな成功を収めている会社。

ガストブランドの吸収をはじめとして、常に新規のタイトルの挑戦をしていることが伝わってくるため、私としてはかなり好きな会社です。

会社を支えている無双シリーズは人気に陰りも見えてきましたが、討鬼伝や各種コラボ、よるのないくになど、新たなヒット作が常に生まれていることが好調の要因だといえるでしょう。

一つ気がかりはスケジュール管理。コーエーの作品は今年ほとんどが延期されています。ユーザーの反感を買いかねませんし、できれば気をつけてほしいところですね。


さて大手メーカー編でした。ついつい辛辣に書いてしまった部分もありますが、各ソフトメーカーが力を合わせて今後もゲーム業界を盛り上げてほしいですね。


名探偵コナン第836話「仲の悪いガールズバンド(前編)」感想

1471089233763 [40934]

今週のコナンは青山先生による原作。仲の悪いガールズバンド・前編の感想です。
以下ネタバレしていますのでご注意ください。

~OP 

突然女子高生バンドをやろうと言い出す園子(笑)
映画を見てどうこうとのことで、相変わらず影響されやすい子ですねw

しかし意外にも乗り気な世良&蘭。
蘭はミーハーですから分かるとして、世良さんも案外ノリがいいタイプのようですね。

そんな中、園子に絡む二人の客。なんか端の方で妙に存在感を出していたのでただのモブじゃない?と睨んでいましたがやはり(笑)

「ギターはちょっとやればできるというのならここでやってみろ」と二人。
性格悪い奴らだなあ。涙目の園子。不機嫌そうなコナンと世良。心配そうな蘭。

園子はああ見えて気が弱いんですよねえ。いつもなら「うっさいわねー!あんたには関係ないでしょ!」とか言いそうなもんですが、自らのビッグマウスが原因とあって何も言えず。

OP~

さあ、誰が助け舟に入るのかなと思っていたら安室さん!

園子からギターを取って華麗に演奏!
これはかっこいい!園子はこれで安室さんに惚れちゃってもおかしくないのでは・・・?イケメン好きだし、色黒好きだしwあれ、京極さんピンチ?(笑) 

そんな中一人厳しい表情の世良。
世良「どこかで会ったことある?」
安室「今日が初めてだと思いますけど」
そばにいたら震えそうなやり取り・・・

そして一行はスタジオへ。
世良はベースを兄の友人からほんの少し習ったのだとか。

これがスコッチ、赤井修一と一緒にいた人物ですね。
ちなみにスコッチの声優は緑川光さん。止まらないガンダムネタ・・・・・・


奥では四人の女子バンドメンバーたちが気まずい空気。
全員の演奏にダメだししている染花さん。死亡フラグかなと思っていましたが、今回死ぬのはこの人じゃありませんでしたねw

一方園子たち。世良がボーカルは新一に頼めばと蘭に。
世良さんってコナン=新一に多分気が付いてますよね?コナンとカラオケに行ったりしてれば音痴なのは知っているはずですが、ラーメン屋とかしか行ってないのでしょうかw

蘭は新一の歌が「コナン君並みに・・・(ゴニョゴニョ)」
結構辛辣ですね、蘭さん!本人の前なのにw


そして聞こえる悲鳴。萩江さんが絞殺されているのが見つかります。

監視カメラはマイクの先につけた携帯で遮られて半分しか見えない。
被害者以外の三人は全員それぞれ10分程度ずつ、萩江さんのいたスタジオに行った。

ソーイング&ギターの弦の張替え&曲直し

偶然にも死亡推定時刻にスタジオに用事がある容疑者たち・・・w
結局凶器が見つからず。

ギターの弦とかが凶器だったり?そうだとしたら犯人は染花さんでしょうか?でも楽器だって警察は調べますよね。うーん。


そしてラストは世良の回想。
スコッチのバッグはベースを出してもピンと立っていた。なにか別の固いものが・・・ライフル・・・。
酒のコードネームということは組織のメンバーですからね。でもそれを聞いた割にコナンが冷静なような?

さらに赤井の友人のことをスコッチと呼んでいた男は安室に似ていたと世良。
これはまた難しい展開になってきました^^;


さて今回の話では事件はおまけみたいな位置づけですね。ミステリーとしての要素は消えた凶器の行方のみ。それよりも赤井、世良、安室、そしてスコッチの関係がどう明かされていくのかということが重要になってきそうです。後編が楽しみですね

個人的評価:7 (満点:10)


 

ゲームソフト発売予定・10月20日週/マリオパーティースターラッシュ、バトルフィールド1など

今週はマリオパーティーシリーズ最新作やバトルフィールドシリーズ最新作などが登場します。


ボードゲームであり、パーティーゲームでもあるマリオパーティー最新作が3dsで登場。本作ではプレイヤー全員が同時にサイコロを振るシステムとなり、これまでの待ち時間が解消されテンポアップが図られているほか、キャラクターを仲間にして一緒にミニゲームに臨むなど、ルールが大きく変更されているようです。

シリーズのマンネリ化が叫ばれたりもしていましたので、この新システムが受け入れられるのかが注目ですね。公式サイトはこちら。


PS4/XboxOneでバトルフィールドシリーズ最新作が登場。2015年にハードラインが発売されましたが、本作はもともとバトルフィールド5として開発されていたそうで、その後シリーズの原点という意味で1が付けられたとのこと。つまりナンバリングの最新作という位置づけでいいようで、そうなると三年ぶりのマザーシップタイトルです。

ファン待望の本作は第一次世界大戦をテーマにしたファーストパーソンシューティング(FPS)ゲームとなっています。最大64人でのマルチプレイモード、シングルプレイモード含め多彩な要素が収録されています。公式サイトはこちら。


マクロスΔ(デルタ)スクランブルはPSVITAで登場。3Dのフライトアクションシューティングゲームとなります。マクロスの楽曲をバックで遊べることに加え、アニメ版のストーリーに介入できるミッションや作品の枠を超えたミッションなども収録されているそうです。公式サイトはこちら。


NBA 2K17はNBAをリアルなグラフィックで楽しめるスポーツアクションゲームです。本作はPS4/XboxOne/PS3/Xbox360(Xbox360版のみダウンロード専売)で展開されます。早期購入特典として、元祖ドリームチームという1992年のチームUSAの使用権が付いてくるとのことです。公式サイトはこちら。
 

D3パブリッシャーからはかなり異色の新規タイトル・アイドルデスゲームTVがPSVITA向けに発売。パッケージだけ見るとよくあるアイドルゲームに思えますが、本作は生死をかけたセンター争奪のデスゲームに巻き込まれたアイドルたちを描いたアクションアドベンチャーとのこと。

山奥の洋館というクローズドサークルでのミステリー仕立てとなっているようで、ダンガンロンパシリーズを彷彿とさせます。公式サイトはこちら。 






合宿に参加して女の子の動画を撮影、光海祭に展示することを目的とした恋愛シミュレーションゲームが本作。角川ゲームスからPSVITA向けに展開されます。告白できる対象は小5~高3ということで、幅広い趣向に対応していますねw

レコセッションで録画した動画はパソコンを介してyou tubeやニコニコ動画などにも投稿できるということで、”動画クリエイター”による渾身のショットが見られるかもしれませんね(笑)公式サイトはこちら。

数乱digit 予約特典(ドラマCD) 付
アイディアファクトリー
2016-10-20

今週もオトメイトから新作女性向け恋愛ADVがPSVITAに登場します。梵学園という学校を舞台にした物語で、苗字に数字が入った数家間の戦いが描かれるそうです。公式サイトはこちら。
 

ということで今週は意欲的な新規作に有名なシリーズ作も登場し、意外な注目週となりそうです。とはいえ売り上げに関しては全体的に小粒そう。今年は特に家庭用の苦戦が目立ちます。なんとか大型新規タイトルでも登場して立て直してもらいたいですね。

妖怪ウォッチ最新作速報!「妖怪ウォッチ3スキヤキ」2016年12月15日発売!

妖怪ウォッチのゲーム最新作の情報が早くも入ってきました!
そのタイトルは・・・

「妖怪ウォッチ3 スキヤキ」!! 

2016年の7月16日に発売された、妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラに続く3バージョン目という位置づけになるようです。

発売日はタイトルにある通り12月15日。機種はもちろんニンテンドー3ds。
時期としては映画の公開が12月17日ですから、そこに合わせての発売ということになりますね。


ちなみに妖怪ウォッチシリーズでは2で元祖/本家バージョンの発売から約5か月後に3バージョン目・真打が発売されましたので、今回もそれと同じ流れということになります。

(そのためファンの間ですでに3バージョン目が展開されることを前提に、タイトルがスキヤキというのも予想していた方も 多かったみたいですねw)

2においては先行の元祖/本家と後発の真打では、クエストの内容や仲間になる妖怪、OP曲や登場するボスが異なっていた他、真打限定の要素(限定ダンジョン等)が収録されているなどの違いがありました。
(ただし元祖/本家の限定要素はのちに追加コンテンツとして無料配信されています。)

そのことを踏まえれば、スキヤキではスシ/テンプラと仲間やストーリーなど細かな部分が異なるほか、映画との連動などをはじめとした限定の要素がいくつか搭載されるであろうことが予想されます。

とはいえ前回はそのやり方に批判の声もあったわけですし、すでに発売されているスシ/テンプラバージョンでも、スキヤキ発売同日にアップデートの実施が明らかになっていますので、スキヤキを買わないとできない要素が本当にあるかどうかはわかりません。(あるとしたら買い直しというのはなかなか辛いですよね・・・)

ともかく今後の情報も楽しみにして待ちましょう。私としてはここへきて年末にビッグタイトルが登場するということが分かり、うれしく思います

(追記・2016年10月17日)

追加要素の詳細が分かりましたので追記します。
まずは予想通り「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」と連動したストーリーが追加されます。

また最大四人で楽しめるというマルチプレイモード・「妖怪ウォッチバスターズT(トレジャー)」が追加。こちらはダンジョンの奥深くに眠る秘宝探しの冒険ができるのだとか。ダンジョンでの謎解きやボスとのバトルなどが楽しめるようですね。(こちらはスシ・テンプラでも無料アップデートで追加されるみたいです)

またもちろんスキヤキバージョン限定の妖怪が登場するほか、3バージョンをそれぞれ連動させることによって限定の妖怪が何体か手に入るとのこと。

ちなみにスキヤキの発売と同日にスシ/テンプラをセットにしたお得なパッケージ・「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ バスターズTパック」が税込6192円で発売されるそうです。

(追記終わり)
 
妖怪ウォッチ3 スキヤキ
レベルファイブ
2016-12-15
 

PSVRの買い時はいつ?

PSVRの発売日が迫ってきましたね。
10月13日(木)発売ということで、すでに予約済みで準備万端という方も多いでしょう。

また予約はできなかったけど当日販売にかける!という方もいるかもですね。

ちなみに当日販売があるのは実店舗だと、

ヨドバシカメラ
ビックカメラ
ゲオ
ソフマップ
ヤマダ電機

 
などの大手量販店・専門店だそうです。(店舗によって抽選・先着と異なるようなので注意が必要です)

オンラインでは、

Amazon
TUTAYA オンライン 
ビックカメラ.com 

などということです。開始直後から争奪戦になるのは間違いないと思いますので、開始時間をあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

ちなみに私はPSVRを将来的には購入する予定ですが、発売日の購入は見送りました。

まったく新しいゲーム体験ができるハードですから、一日でも早く体験したい!という気持ちはあります。ですから予約購入される方がうらやましい・・・。

ではなぜ私が当日購入しないかといえば、コンテンツの充実を待ちたいという思いがあること、それからPS4Proの発売を待ちたいと考えていることがあります。

まずコンテンツについて。
発売タイトル数自体はかなりの本数です。(ロンチタイトルのまとめはこちらの記事をどうぞ
ただどうしても映像作品や、安価のダウンロード専売タイトルが目立ちます。

PlayStation VR WORLDS 
リグスマシンコンバットリーグ


の二タイトルはかなり楽しめそうですが、全体的にまだ実験段階で小粒感もありますよね。

PSVRは業界全体がかなりの興味を持って取り組んでいるのは間違いありませんから、コンテンツは時間とともに一気に充実していくと思います。ですからすぐにこれがやりたい!という作品がない場合は少し待つのもありかもしれません。

PS4 Proについて。
11月10日にPS4Proが発売されます。(Proについて少し詳しい記事はこちら。
4K対応・HDR対応の新型で、パフォーマンスが向上しています。
そしてVRもより安定したフレームレートで楽しめ、また機器接続の利便性も高めているとか。

ということはPSVRのためにPS4を購入される方、もしくは買い替えをされる方。そんな方は絶対にProの方がいいですよ! 

薄型PS4より少しお高いですが、長期的に見ればProにして損をすることはないでしょう。私はコンテンツが充実してきたら、改めてPS4ProとPSVRをセットで購入したいなと思っています。


新たな体験を誰よりも先にしたい!という気持ちは私自身ありますので、そういう意味では今日書いたことはその気持ちには反しています。
(※また楽しみにされている方の興を削ぐようなつもりはまったくありません。 それだけはどうかご理解くださいね。)

だからこそどんな反響になるか、ぜひ注目して見ていきたいと思います。今後のVRの展開に期待大ですねいつかソードアートオンラインのような世界が実現したら最高ですから。

【PS4】DRIVECLUB VR
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-17

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村