エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

映画「シンゴジラ」感想・政治要素を盛り込んだ大人向けの意欲作!

先日、池袋HUMAXシネマでシンゴジラを見てきました!エヴァンゲリオンシリーズの庵野秀明さんが監督、脚本をつとめています。

私はゴジラは2014年に公開された「GODZILLA ゴジラ」(ハリウッド製作のアメリカ版ゴジラ)も見ましたが、それとは全く異なる展開・雰囲気の作品です。

この記事ではシンゴジラについて少々のネタバレを含んでいますので、まだご覧になっていない方はご注意ください。見てないけど、興味があるという方に一言、『本当におすすめです、見た方がいいですよ!』 とだけ言っておきたいと思います。


今作のゴジラを見てまず感じた事。それはかなりリアリティにこだわって作られているということ。もちろんゴジラが出てくるだけで現実的でもなんでもありませんが(笑)、そんな世界観でありつつも政府の混乱や危機管理、自衛隊の出動や米国(米軍)の動きなど、タイトルにも書いたようにかなり政治的な物語となっています。


大きな物語の軸がゴジラに対抗するということであるのは当然ですが、その過程が恐ろしいほど丁寧に描かれているんですね。

内閣の初動対応が後手に回る序盤。ゴジラ(第一形態、ちょっとムカデ?みたいで気持ち悪いデザインですw)の上陸による危機。一世代の中で進化をしていく絶望などが表現されています。

また新しい姿となってゴジラが再上陸する中盤。自衛隊の必死の応戦もむなしく、ゴジラは東京へと侵攻します。この辺りはパニック映画としての色合いが強くドキドキ緊張しながら見ていました。 
そしてさらなる盛り上がりはここから。米軍の戦闘機から投下されたミサイルによってゴジラが初めて傷つきます。ですがそれで怒ったのか、背中から出す光線で戦闘機を打ち落とすと、ゴジラは破壊の限りを尽くします。

そしてそれに巻き込まれた政府の要人たちは・・・ここは軽く衝撃を受けました。こんな大胆な展開にするんだ!と。

ゴジラはそれでエネルギーを使い果たしたらしく、その場で行動を停止します。そんな中日本がゴジラを倒すべく思いついたのはおなじみの凍結。 しかしゴジラの身体の謎をなかなか解明できずにやきもきします。

一方国連では米軍を中心とした 多国籍軍を編成し、ゴジラに核攻撃を浴びせるという方針を打ち立てます。ですがそんなことをすれば間違いなく東京は死の街と化す。主人公・矢口(長谷川博己、内閣官房副長官)たちは凍結作戦が遂行できるように奔走する。終盤はそんな展開です。

全体を通して各国の思惑や内閣の交渉などゴジラという題材を使って裏側を描いた作品であると思いました。またそれと同時に本当にメッセージ性の高い作品になっていると思います。

・ゴジラの襲来を天災として表現
東日本大震災の津波の被害を彷彿とさせるような破壊された町。希望や意志。責任感を胸に、そこからの復興を目指すというものも作品のテーマの一つだったでしょう。

・核によって生まれた生物
核という便利ではある一方で危険なもの。その取り扱い、付き合い方に対してある種のプロパカンダになっているように思いました。

・日本にもう核を落とさせない(作中のキャラの発言)
先の戦争の記憶と絡めた描写も意外でした。これは日本が作るからこそ意味のあるゴジラだったのだろうと思います。核を攻撃に使うことは許されない。そんな警鐘を鳴らしているように感じました。



強いメッセージ性は時にエンターテインメント性と対立し、作品の魅力を損ないかねないものです。
しかし本作はその二つの背反ともいえる要素をうまく融合し、大人向けの上質な娯楽映画として昇華させたものになっていると感じました。二度、三度、と見るうちに味わいがさらに増していく。そんな気がしてくるくらいの傑作だと思います。

あと特筆したいこと。
石原さとみが綺麗すぎる!(笑)
冗談みたいな書き方をしてしまいましたが、作品を少し明るく、そして作品に華を持たせる素晴らしいスパイスになっています。

最後に一つ。
ラストにゴジラのしっぽがアップで表示されましたが、あれはなんだったんでしょうか?私としたことが、よく見ていなかったんですよね・・・何か深い意味があったんでしょうか?


個人的評価:85 (満点100)

ゴジラ-GODZILLA-VS
バンダイナムコエンターテインメント
2015-07-16
 

ペルソナ5まもなく発売!ペルソナシリーズってどんなRPG?

今やアトラスの看板RPGシリーズ、ペルソナ5がついに9月15日(木)に発売されます!
対応プラットフォームはPS4/PS3。昨年発売の予定でしたので、ずいぶんとずれ込みましたね。もう待ちきれない!という方も多いのではないでしょうか。

ですがその一方で、「ペルソナシリーズって人気だけどいったいどんなRPGなの?」という方もいるのでは?と思い、この記事を書くことにしました。 有名なのは知っているけど手を出したことがないという方に向けた記事になっています。

まず私個人のペルソナ歴としては、PSPでペルソナ3を、そしてPSVITAでペルソナ4G(ゴールデン)をクリア済みです。ペルソナは1,2と3,4で全くテイストが変わっているそうで、5も3からの路線であることは間違いありませんので、今日ここで書いていくことの大部分は5でも当てはまるはずです。 


そもそもペルソナとは?ということですが、

ペルソナ・・・ペルソナ(英: persona)とは、カール・グスタフ・ユングの概念。ペルソナという言葉は、元来、古典劇において役者が用いた仮面のことであるが、ユングは人間の外的側面をペルソナと呼んだ。(Wikipediaから引用) 

つまり心理学的には”人間の外的人格”、”仮面をかぶった姿”という意味となっています。
物語でもこのことを意識した展開というのが繰り広げられていきます。


さて本題ですが、ペルソナシリーズは基本的には学園ものRPGです。

昼間は同級生たちと学校の授業を受けて、放課後は部活に行ったり、仲の良い友達や恋人と遊んだりバイトをしたり。その行動を決めるのも主人公である自分自身。ごく普通ではありつつもかなり充実した毎日を疑似体験することができます。 いわばゲームの中でもう一度青春のやり直しができるんですね。 

ただもちろんただ学園生活をして終わり、というわけではありません。シリーズでは必ず事件が起こります。
3で言えば影時間という謎の時空に登場するシャドウという敵との闘い。4は町で起こる連続殺人事件を食い止めるために奔走する、といった感じ。雰囲気としてはオカルトチックで不気味な世界観になっています。ここはやはりメガテン(女神転生)シリーズと通じていますね。

簡潔に説明するため4にフィーチャーしてみると、4では次に狙われる人物がテレビの中に映り、その人物を助け出すためにテレビの中の世界(なぜかテレビに入り込めちゃうんですw)に潜り込むといった展開になります。
こう書くと突飛な設定だと思われると思いますが、このシリーズのいいところが「ありえないことをものすごく丁寧に演出する」ということ。 

意味の分からない現象もなぜか納得できてしまう、不思議な説得力を持っているんですね。これがこのシリーズ、特に4の評価が半端じゃなく高い要因の一つだと思います。あり得なさ過ぎて冷めてしまうということがないんです。 


ではここで次にシステム面について。
イベントを経て、夜になると基本的には好きなタイミングでダンジョンの探索を進めることになります。

戦闘システムはオーソドックス?なコマンドバトル。敵味方問わず、弱点を突くともう一度行動できる、メガテンからの派生タイトルではおなじみのシステムです。(デビルサバイバーシリーズなどもそうですよね。別記事に詳しく書いています)

シリーズ通しての魅力である悪魔合体システムは本シリーズでももちろん健在。スキルを選んだりステータスを吟味したりしながら、より強い悪魔を仲間にして戦っていく育成RPGとしての側面が色濃くなっています。

また4では戦闘後にスキルが変異したり、経験値が増えたりするアルカナカードを引くことができ、ハック&スラッシュの要素もありました。

それとペルソナシリーズで絶対に忘れられないのはコミュというシステム。
昼間に仲間たちと過ごすことで絆が深まり、夜のダンジョン探索が有利に働く(スキルを覚えたり、ステータスが上がったりなど)んですね。そのためイベントを見るということがゲーム攻略にそのまま繋がるということになる画期的なシステムだと思います。


音楽やグラフィックについて。

戦闘音楽から町の音楽まですべての楽曲が英語ボーカル!とんでもなくスタイリッシュなRPGです。グラフィックも世界観に合わせてどこか影を持たせた感じ。全編通して暗いとかシリアスとかというわけではありませんが、締まるところは締まり、緩いところは緩いというメリハリがついた作品です。

音楽だけでも一聴の価値あり。これをきっかけにシリーズにはまる方もいるようですね。



さてここまでペルソナシリーズの概略を書き連ねてきましたがいかがでしたでしょうか。言葉だけでゲームを紹介するのもなかなか難しいですねw
ただこんな記事を書いておいてなんですが、百聞は一見に如かず。プレイして損をすることはないと自信をもって言い切れるシリーズの一つとなっています。

新作5では主人公は怪盗。なんだかこれまでとは全く違う新しいペルソナが見られそうでわくわくします。動画などを見た感じだとそのスタイリッシュさは健在。今作も4と同様、一本でいろんな楽しみ方ができる宝箱的なRPGになっているのではないかと期待しています。

購入を迷っている方に少しでも参考になれば幸いです。まずは4Gからプレイされるのもいいかもしれまんし(プレイしないのはもったいないくらいの名作です!)、5からプレイして興味が出れば4Gに戻るのもいいと思います。

5の公式サイトはこちら。

ペルソナ5 - PS4
アトラス
2016-09-15


名探偵コナン第830話「ゾンビが囲む別荘(前編)」感想

1472823969017[121165]

九月になりました。カレンダーは沖矢さん(赤井さん)にジョディ、キャメル。なぜか歩美も登場という不思議な構図ですw緋色シリーズの時のシーンが元でしょうかね?

さて前回まで二週間は「初恋の人思い出事件(前編・後編)」のデジタルリマスター放送でしたので、新作コナンは久しぶりです。今回からは三話完結(前編・中編・後編)の原作・ゾンビシリーズのアニメ化ということになります。平次は鎌鼬ぶり?の登場。

以下ネタバレしていますので、見てない方はご注意ください。  


ホラー映画を見ている家族団らんのコナン、蘭、小五郎。蘭の上にチョコンと座るコナンですが、もはや特等席ですね。羨ましい(笑)
というか蘭がホラー映画を見ているのは珍しいですね。沖野ヨーコが見たい小五郎に付き合ってあげているんでしょうか。なんだかほんわかするシーンです。ここで出てきたゾンビブレイドは間違いなく何か事件に関係があるんでしょうね。

OP

車でロケ地へと向かう三人。小五郎にお腹が空いたと言ってたけど大丈夫?とコナン。小五郎はもう平気だと。でもこれ実は違う意味で平気じゃないですねw
なんせ毒キノコをつまみ食いしていたことがあとで判明しますから。さすがに小五郎さん、道に生えてたキノコを適当に食べちゃだめでしょうw

内臓脂肪が多いと医者に言われているから食べすぎはダメよと蘭。小五郎は柔道が強いですし、痩せている(引き締まっている)ように見えるのですが皮下脂肪ではなく内臓脂肪が多いみたいです。隠れ肥満みたいな感じでしょうか?


ロケ地に着くとなぜかそこで平次と和葉に遭遇!なんという偶然。でも蘭や和葉があんまり驚いていない気がするのは私だけでしょうかw
そしてさらに映画を撮った監督にその一行(スタッフや女優、大学時代は同じ映画製作の部活の仲間だったとか)が登場。タイミングが良すぎますねwなんかべらべら映画のこと部外者にしゃべってますし。C級映画だからいいのかな?(笑)


ヨーコちゃんはいるのかと期待する小五郎ですが、残念ながら続編では主役交代。事務所の許可がおりないからだと。
うーん、なんだかこの辺は世知辛いですね。こういうのは最近もニュースで目にしますし・・・事務所との関係というのも難しい部分なんでしょうね。

それからなぜか青くなる小五郎。どうやらお腹を壊してしまったようで・・・話を聞くとここで毒キノコを食べたことが分かります。というかコナンは見ただけでキノコの種類までわかるんですねw相変わらずの知識量です。

にしてもそこまで毒性の強くないキノコでよかったですね。ただ、

「滅多に死者がでない」

ここは、いや出るんかい!と見ながら突っ込んでしまいましたw見るからにめちゃくちゃ辛そうですし・・・でも意外に蘭が心配していない?撮影の様子を見に行くことになってますし。いつもならすぐにでも病院に!って言いそうなのですが。ミーハーな部分が心配より勝ってしまったのかw


そしてしばらく見学した後、撮影のきりがいいところで夕食をとることに。しかしなぜかプロデューサーの姿が見えない。はい、死亡しましたね(確信)。

コナンと平次が探すと案の定倒れたプロデューサーが。その手にはスマホ。動画を撮っていたらしい。
殺人かと思いきや動画には被害者が自分から毒を飲む姿が映っていました。もちろん何かのトリックを使ったのでしょうが、まったく思いつきません。どゆことだろ??

そしてその動画の中に新一Verのコナンの声が・・・!蘭がその口調が新一みたいだと。はい、合ってますよ、蘭ちゃんww
いや、それにしてもうかつですねえwなぜか平次の簡単なフォローで納得?したみたいですけど。ここでまたコナン君まさか・・・的な展開もいいなと思いました。(さすがにそのネタはもう何回もやりすぎですかね汗)


その後プロデューサーの持っていた封筒の中の文章をきっかけに監督の弟で部長だったという内藤の話に。内藤は奇怪な死を遂げた。
具体的には、密室状態の部屋から消えると宣言して本当に消えた。そしてメンバーが数日後別荘に再び訪れると内藤は餓死していたと・・・。

これもどんなトリックなのか想像もつきませんが、協力者がいたとかでしょうか?あらかじめ打ち合わせをしていたとか?(私はコミックはアニメの放映後に読んでいるので、トリックなどは全く知らないんです)

でもなぜ餓死していたんでしょう。そんな何日かで死ぬもんなんでしょうかね?(そこは関係ない?)
三話完結なのでそう単純ではないでしょうし、私の推理力ではとても分かりませんw


さて全体的にかなり面白いストーリーでしたね。私はこういうミステリーらしいミステリーは大好物です。ちょっとクローズドサークルっぽいですし。それにしてもやはり平次が出てくると事件の規模が大きくなりますのでいいですね。和葉にも会えますしw
そして次回予告ではゾンビがワラワラ集まってくるシーンが・・・!いったい何が起きているんでしょう。早くも中編と後編が待ち遠しいです

個人的評価:9 (満点10)

ゲームソフト発売予定・9月8日週/F1 2016、東京ザナドゥエクスプラスなど

今週もタイトル数は多くありません。来週発売のペルソナまで売り上げ的に目立つ作品は少なそうですね。


F1シリーズの最新作がPS4、XboxOneで登場。本作ではプロのF1レーサーとしてルーキーからチャンピオンまでのキャリアを積み重ねるという設定のモード、キャリアモードが大幅に強化されているそうです。現行据え置き機のみでの発売ということで美しいグラフィックにも注目です。公式サイトはこちら。 

東亰ザナドゥ 通常版
日本ファルコム
2015-09-30

PSVITAで発売済みの東京ザナドゥの完全版、東京ザナドゥeX+がPS4専用として登場します。VITA版にプレイアブルキャラクターの追加や、ストーリーの追加、ダンジョン、グリード、モードの追加など大ボリュームの要素が加えられているようです。私はすでにVITA版をクリア済みですが、ファルコムらしい丁寧なアクションゲームです。公式サイトはこちら。


今週も登場、オトメイトブランドの女性向けADV。本作は戦争で荒廃した世界を舞台にしたファンタジーだそう。主人公の少女は禁忌の力を持っているという設定のようです。公式サイトはこちら。

AIR
プロトタイプ
2016-09-08

すでに様々な機種にリメイクされている名作ADVであるAIRがVITAにも登場。アニメ化や映画化もされている人気ぶりで、親子の愛をテーマにした恋愛ストーリーとなっています。公式サイトはこちら。

下天の華 with 夢灯り 愛蔵版
コーエーテクモゲームス
2016-09-08

コーエーテクモゲームスによる下天の華と下天の華・夢灯りの二作が収録されたPSVITA向けお得パッケージが本作です。主人公はくのいち。明智光秀に雇い入れられた主人公だったが、光秀に信長の暗殺の命令が出て・・・という物語だそうです。公式サイトはこちら。


ということで今週も小粒タイトルが多いですが、東京ザナドゥは未プレイの方にはおすすめです。今後本作の個別記事を書くこともあるかもしれません。学園もの、同社の閃の軌跡が好きな方などは特にプレイされてみてはいかがでしょうか。

ニンテンドーダイレクト/2016年9月1日発表内容総まとめ!

さてこの記事では今日のニンテンドーダイレクトのまとめをしていきます!

前記事でちょっとした予想もしています。 果たしてどのくらい当たったのか・・・?1471089233763 [40934]
↑なんかこのコナン君、”直接”のポーズに見えませんか?(笑)

<発表内容> 
おなじみ森本さんの控えめの直接!でダイレクトスタート。 

1.ポケモンサンムーン 
早期購入特典の紹介。ダウンロード版とパッケージ版では特典が異なる。またZ技やポケモンの紹介などシステムについて発表。11月18日発売。
 
2.マリオパーティースーパーラッシュ
発売日が10月20日に決定。今回は全員同時にサイコロを振ることでテンポがアップ。仲間を集めてミニゲームなどシステムも大幅変更。三つの島を行き来するのだとか。おまけ付きの無料配信タイトルをダウンロードするとソフト一本で制限なく通信が遊べるようになる。

3.マリオスポーツスーパーオールスターズ
2017年発売予定。テニスやサッカー、ゴルフなど5つの種目が楽しめる。オンラインマルチやローカルマルチにも対応。

4.ゼルダの新たなアミーボが発売。ブレスオブワイルドと連動。

5.とびだせ どうぶつの森の無料アップデート。 新たなアミーボカードも発売。またアミーボ付きでアップデート込みのパッケージ版・アミーボプラスが11月23日に発売。

6.ニンテンドー2dsの単体版を9月15日発売。廉価版であるハッピープライスセレクションも同日に5タイトル発売。 

7.すれちがいMii広場の更新と、サクッと遊べる5タイトルが配信。一本だけ無料配信。それ以外はまとめパックも発売。

8.ショベルナイトのアップデートデータが無料配信。テーマも配信。プレイグナイトでステージが遊べるように。

9.タンクトゥルーパーズ
様々な性能の戦車で対戦が楽しめるアクションゲーム。六人マルチプレイが可能。ダウンロードソフトとして2016年に配信予定。

10.ペーパーマリオカラースプラッシュ
発売日が10月13日に決定。

11.ゼルダ無双
アップデート四弾が実施。これまでのアップデートのまとめパックも発売。ダイレクト終了後から配信。

12.モンスターハンターストーリーズ
任天堂のキャラとのコラボ。ゼルダのリンク衣装やエポナが紹介。10月8日発売。

13.RPGツクールフェス
配信されたRPGを誰でも無料で楽しめるプレイヤーが無料配信。過去作の素材(ds+やMV)も無料配信予定。また有名人が作ったRPGを配信するプロジェクトも進行中。11月24日発売。

14.ぷよぷよクロニクル
ぷよぷよシリーズ最新作が登場。RPGのように冒険する要素あり。キャラごとのスキルなどのシステムも搭載。四人協力モードも収録。12月8日発売。

15.パワプロヒーローズ
パッケージ版も発売。コロシアム(遺跡)が発見されてそこで大会が開かれる。。今冬発売予定。

16.めがみめぐり
カプコンの新規タイトルが登場。ICカードと連動するコミュニケーションソフト。今冬発売予定。

17.ドランシアサーガ
フライハイワークスから発売されるダウンロード専売タイトル。キャラは50以上で成長要素があるアクションゲーム。ダイレクト後から配信。

18.さばくのネズミ団

さばくを移動要塞で探索するシミュレーションゲームがアークシステムワークスから発売。敵と戦う要素や要塞を開発したりする要素が楽しめるダウンロード専売タイトル。ダイレクト後から配信。

19.マリオメーカーfor 3ds
マリオメーカーの3ds版が発売。作ったステージのオンライン配信は不可だが、すれちがいやローカル通信には対応。WiiU版のステージは遊べる。10人マリオチャレンジのリニューアルモードとして100ステージが収録されているほか、やりこみ要素も追加。12月1日発売。

20.ポチと!ヨッシーウールワールド
ポチなるキャラが追加。ヨッシーとポチの日常映像を30本収録。2017年1月19日発売。ポチのあみぐるみアミーボも同日発売。お得なセットパッケージも発売。

21.エバーオアシス
オアシスの発展要素などが紹介。仲間たちは武器や特技が異なる。操作キャラを切り替える必要があるとのこと。2017年発売予定。

22.ピクミン(仮)
ピクミンが登場する横スクロール2dアクションゲームが登場。2017年発売予定。

23.桃太郎電鉄2017立ち上がれ日本
なんと!桃鉄シリーズ復活となる新作が発売決定。さくまあきら氏のメッセージも。今冬発売予定。

24.Miitopia 
今日はタイトルだけの発表になる新規タイトル。年内に発売予定。 


ということで今日のニンテンドーダイレクト。ファイアーエムブレムの新作やらソフトメーカーの新作やらという私の予想は外れてしまいましたが、予想以上に充実した内容だったのではないでしょうか。

びっくりしたのはWiiUで出した作品の3ds版発売ですね。3dsについては2017年も現役で活躍してもらうつもりだということがひしひしと伝わってきました。それにしてもダウンロードタイトルなども含めると、今年の冬は思ったより3dsもソフトが出そうですね。使いまわしにも見える作品が目立つ気もしますが、それはNXにリソースを割いているであろう現状では仕方ないと思います。

ソフトメーカーもまだ3ds向けの開発から手を引くということはないようです。

また驚いたのは桃鉄。 噂はされてましたが、ついに!という感じですね。(桃鉄はコナミではなく任天堂発売なんでしょうかね?) 

期待していた新規タイトルもマリオのスポーツゲーを含めていいのかは分かりませんが、ラストのミートピアが出てきましたね。続報が楽しみです。

個人的には結構頑張ったダイレクトという印象でしたが、皆さんはどうでしたか? 


 
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村