エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

FF12のリメイク発売日決定、任天堂第三四半期決算などゲーム雑記

いくつか注目のゲームニュースが入ってきています。

1.ファイナルファンタジー12のリメイク(リマスター)タイトルが2017年7月13日に発売決定!

「ファイナルファンタジー12 ザ ゾディアック エイジ」が2017年7月13日にPS4で発売決定。

・キャラクターや映像などのHD化
・楽曲の録り直しや高音質の音声の搭載
・ロード時間短縮・オートセーブ機能実装、操作性の向上といったインターフェース面の改良
・キャラクターの育成をより楽しめるシステム面の改良

といった進化を遂げているそうで、HDリマスターというよりもリメイクと呼べる内容になっているみたいですね。価格は税別で6800円。公式サイトはこちらです。

2.任天堂が2016年度・第三四半期の決算を発表・いくつか新情報

ゲーム各社の決算情報を取り上げる気はなかったのですが、新機種発売を間近に控え、いろいろと気になる情報も出てきているため簡単に。

決算の中身については特に言うことはありませんが、実質的にWiiUを終了させていたことで本業自体は苦戦気味。とはいえマリナーズ株式の売却などが幸いし、全体としての数字は悪くありません。
(詳しくはこちらからどうぞ。https://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/index.html

それはさておき、プレゼンテーション資料によると、ニンテンドースイッチ向けにソフトメーカー70社が100タイトル以上を開発中とのこと。

三週間ほど前に行われたニンテンドースイッチ発表会では50社・80タイトルが開発中と言われていましたので、20社20タイトルくらい増えた計算になります。
これは発表会でスイッチの概要が公開されたことはもちろん、体験会の盛況や予約の好調といったニュースなども影響していると考えられ、まだまだ増えていきそうな様子ですね。

いい流れを作って上手く軌道に乗せてもらいたいです。

それからもう一つ。
経営方針説明会にて君島社長が3dsの後継機を検討中だと明かしたのだとか。(ソースはこちらです。)

あくまでも「保護者が最初に子どもに触らせるゲーム機としてニーズがある」と言っただけのようなので、可能性の示唆をしたにすぎない可能性もありますが、果たして?

スイッチが3ds並みに普及していきそうなのであれば、リソースの集中という観点から考えてハードを一本に絞るのもありだと思います。ただハードの成否は簡単に予測できるものではないので、保険的な意味合いもかねて開発自体はすでにある程度進んでいるのかもしれませんね。

個人的には携帯特化版のスイッチを3dsの後継機に置き換えても面白いのではないかと思っていますが、どうなるでしょうか。もちろんまったく新しい路線の携帯ハードが出てくるのなら、それはそれでワクワクします。

(最近はPSVITAの後継機の噂もチラホラ出てきています。携帯機の世代交代の時期も近づいているということでしょうね。)

3.角川ゲームスの「√Letter ルートレター」が全世界で20万本突破! 

角川ゲームミステリーの第一弾として発売された「√Letter ルートレター」(PS4/PSVITA)。
その売り上げが世界で20万本を超えたのだとか。

日本での初週売り上げは一万本足らずだったので、シリーズ化の計画はなかなか厳しいかな・・・と感じていたのですが、予想以上に売れていて驚きました。近年は明らかな日本向けタイトルも海外で売れるようになってきたのが明るい兆しですね。

個人的にノベル型ADV、特にミステリーやファンタジーと名が付いてキャラデザが気に入れば、基本なんでも買う人間ですので、ぜひ角川ゲームミステリーシリーズは続けてもらいたいところです。(1作目は買う前にいろいろ評判が聞こえてきてしまって、買っていないのですが・・・いつかやるつもりですw)

4.プレイ中のゲームとブログの更新について

現在はPS4/PSVITAの「蒼の革命のヴァルキュリア」をプレイ開始したところ。
・・・なのですが、この1週間はかなり立て込んでいてほとんどプレイできていません。

ブログの更新も遅れ気味ですが、なんとか乗り切っていこうと思っています!

1-2-Switch
任天堂
2017-03-03
 

ニンテンドースイッチについて45人のクリエイターに聞いたアンケートをまとめ!PART2

ファミ通が45人の人気ゲームクリエイターに「ニンテンドースイッチ」についてアンケート調査を実施。
その内容がファミ通の最新号に載っていましたので、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
(この記事はPART2です。PART1はこちら。

この記事で取り上げていない方で、個別にこの人の回答が知りたい!といった要望がありましたら、可能な範囲にはなりますがコメント欄で対応します。

基本的にクリエイターさんの所属・名前・質問の内容とそれに対する答え(一部を抜き出したり意味が変わらない範囲で表現を変えているところがあります・例Switch→スイッチなど)、それに加えて私の感じたことをカッコの中に書いていきます。

スクウェア・エニックス/青海亮太さん

スイッチで気になった点・・・ HD振動は実際に体験しないとわかりにくいですが、あれはスゴイ。「ドラゴンクエストヒーローズⅠ・Ⅱ for Nintendo Switch」にも、この機能を使った遊びを入れている。

(ドラクエヒーローズ2はPS版でプレイ済みですが、 HD振動は私も気になります。やや値段が張るのがネックなところで悩んでいます。)

セガゲームス/飯塚隆さん

プレゼンテーションの感想・・・ハードウェアの紹介はとても魅力的に感じた。(中略)ただ新規IPに突出したソフトウェアの紹介は正直物足りなさを感じた。スイッチらしい魅力的なタイトルだとは思うが、マリオカート8など、現在ラインナップされている他のタイトル群も合わせてスイッチの魅力をアピールした方がよかったと思う。

(長期的に見てシリーズものの作品と新規IPはバランスよく展開していってもらいたいですね。ただ新ハードなのでやはり新鮮さを感じられるラインナップを選んだのだと思います。スイッチの発売までに、もう一度ダイレクトなどでソフト情報を公開してほしいところです。)

セガゲームス/名越稔洋さん

プレゼンテーションの感想・・・実際にステージに立たせていただいたが、打ち合わせの段階から任天堂の並々ならぬ気合を感じた。そういう意味でサードパーティーのトップバッターは久々に緊張した。

(プレゼンテーションに登壇した名越さん。ソフトの具体的な発表がなかったのは残念でしたが、今後に期待しています。)

セガゲームス/細山田水紀さん

スイッチで気になった点・・・すでに「ぷよぷよテトリスS」を開発中だが、仮に新規にゲームを開発することを考えた場合、Joy-Conが分割できる点に注目するのがよいと思っている。

日本一ソフトウェア/新川宗平さん

スイッチで気になった点・・・「日本一ソフトウェアのゲームは携帯機でやりたい」という意見をいただくことが多いので、今後も携帯モードで楽しめるニンテンドースイッチでタイトルを発売していきたい。

(日本一ソフトウェアがロンチでディスガイアを出すのはなかなか衝撃的なことですが、しっかり結果が出るといいですね。私もロンチ展開ということでご祝儀買いしようと思っています。)

バンダイナムコエンターテインメント/原田勝弘さん

プレゼンテーションの感想・・・価格はマーケティング戦略上の観点では予想通りではありましたが、周辺機器に加え、内部構成を知っている業界人の身としては、これは安い、よくこの値段で抑えたなあと率直に思った。

スイッチで気になった点・・・本体がわりと軽いので、勝手な妄想ではありますがカメラ付きJoy-Conを外してモニターをそこいらのアタッチメントに付けてセットし、あとは画面左右分割描画すればワイヤレスVR-HMD化ができる。

(一般的にはスイッチの値段に賛否あるようですが、業界の方の印象では「安い」というワードが目立ちます。ちなみに私は触ってみないことには何とも言えませんが、現時点ではリーズナブルだと考えています。)

ブッコロ/ヨコオタロウさん

プレゼンテーションの感想・・・ニンテンドースイッチと「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の発売日が、いま自分の作っているゲームの一週間後と聞いた瞬間にすべての記憶を失った。

(「ニーア オートマタ」のことですねwそれにしてもすべての記憶を失っているのに、スイッチの発売日を覚えているジレンマ・・・w)

プラチナゲームズ/稲葉敦志さん

スイッチで気になった点・・・プラチナゲームズはニンテンドースイッチの開発会社として名乗りを上げているので、ハードウェアのポテンシャルについて理解している。その上で驚いたのが価格。本当に本当に安い。ものすごい努力の結果だと思うし、このハードを普及させようという強い気持ちを感じる。

(開発者の方がこれだけ手放しで褒めてくれると、ユーザーとしては性能面に期待が持てますね。ますますハードの発売が楽しみになります。)

フリュー/松浦正尭さん

スイッチで気になった点・・・ハイエンドなゲームだけでなく、おもに小~中規模のRPGが集まる土壌ができてくれると、新規タイトルを提案しやすくなるので、その点に一番期待している。

(フリューは新規作を続々各ハードに出していますので、スイッチでもどんどん挑戦的な作品を出してほしいです。特に新規のRPGは減っている中ですから、貴重です。)

マーベラス/高木謙一郎さん

スイッチで気になった点・・・HD振動。”やわらかさ”というものを表現したいので(笑)企画はもう作っていて、あとはどう実現していくかというのを詰めている最中。

(高木さんとHD振動・・・危険な香りがw高木さんらしい変態ながらじっくり遊べるタイトルが出てくるのを楽しみにしています(笑))

レベルファイブ/日野晃博さん

プレゼンテーションの感想・・・レベルファイブとしてもハードに合ったゲームを開発していきたいと考えている。

スイッチで気になった点・・・カメラ機能は付けてほしかった(笑)

(レベルファイブは3dsには終始積極的にソフト展開をしてきましたが、スイッチは若干様子見感が漂っています。できればレイトン本編の新作がまたやりたいですね。ちなみにカメラ機能はQRコード読み込みなどで使っていたみたいですが、なにか代替案はあるのでしょうか?)


以上で二回に分けたまとめを終わります。
全体を通して評判はまずまずのようです。もちろんパートナー企業の新ハードですから、悪く言えない部分もあるのでしょうが、少なくとも一定の完成度のゲーム機に仕上がっているようなので、一安心。

このブログでもこの新ハードの発売に向けてニンテンドースイッチを少しでも盛り上げていければ!と思っています
 
 

ニンテンドースイッチについて45人のクリエイターに聞いたアンケートをまとめ!PART1

ファミ通が45人の人気ゲームクリエイターに「ニンテンドースイッチ」についてアンケート調査を実施。
その内容がファミ通の最新号に載っていましたので、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

あまりにも人数が多いので、二回に分けたいと思います。PART2も数日以内(できれば明日)公開します。

(追記・2017年1月30日/PART2も公開しました!)

この記事で取り上げていない方で、個別にこの人の回答が知りたい!といった要望がありましたら、可能な範囲にはなりますがコメント欄で対応します。

基本的にクリエイターさんの所属・名前・質問の内容とそれに対する答え、それに加えて私の感じたことをカッコの中に書いていきます。

アークシステムワークス/森利通さん

スイッチで気になった点・・・いつでもどこでも二人でプレイできること。またドックが気になるが、実機を見ないとなんとも言えない。

(まだ実機を見ていないというのが意外ですね。アークシステムワークスはすでにブレイブルーシリーズのスイッチ展開を発表していますが、その生みの親的な存在の森さんがまだ仕様を完全には把握されていないのだとすると、まだまだ発売は遠くなりそうです。)

アイディアファクトリー/東風輪敬久さん

プレゼンテーションの感想・・・「いっしょにチョキっとスニッパーズ」は家族や友達と遊ぶと盛り上がると思う。
スイッチで気になった点・・・ニンテンドースイッチならではの機能を使いつつ、弊社らしいタイトルを前向きに検討していきたい。

(アイディアファクトリーがスイッチに何か出すとすると、まずは定番の薄桜鬼の移植などになりそうです。 そこから新作などに繫がっていくといいですね。)

アクワイア/遠藤琢磨さん

プレゼンテーションの感想・・・ローンチの「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が出るインパクトはすさまじい。「ARMS」も駆け引きがあり楽しかった。期待のゲーム機。

アトラス/山井一千さん

スイッチで気になった点・・・ゲームソフトを直接誰かに見せて自慢できる点は大きな魅力。(中略)「ARMS」のように直感的で誰もが楽しめるゲームをコミュニケーションの入り口にして、「真・女神転生」のような重厚なソフトへと話題の輪を広げてもらえたらうれしい。

(アトラスといえば重厚なRPG。任天堂が手薄になりがちなジャンルですので、ぜひ積極的にいろいろ作ってほしいですね。スイッチの売れ行き次第では、世界樹シリーズやデビサバシリーズなどが3dsから移籍してきたリする可能性もあります。)

カプコン/杉山晃一さん

スイッチで気になった点・・・HD振動やモーションIRカメラなどアイデアを膨らませる機能はたくさんあるが、いちばんいいなと思ったのは持ち歩ける点。

カプコン/杉本良三さん


プレゼンテーションの感想・・・いきなり発売日と価格の発表で驚かされた。いままでとは違った演出のプレゼンで、ひとつひとつの機能を丁寧に説明されていた印象。

スイッチで気になった点・・・振動が気になっている。まだ振動で進化する部分があったのかと。

(確かにこれまでのプレゼンとは一味違う印象を受けました。3dsやWiiUのときは価格などは最後に発表していた気がしますし、演出の方法もまるっきり違いましたね。)

ガンバリオン/山倉千賀子さん

スイッチで気になった点・・・HD振動。作り手としてこれまでに感じたことのない新しい体験を提供できそうで期待している。

(HD振動は体験された方の感想を聞く限り好評ですね。私も早くどんなものなのか実際に触ってみたいです。ぷよぷよテトリスSのやわらかい感触っていうのがすごき気になっていますw)

グラスホッパーマニファクチュア/須田剛一さん

スイッチで気になった点・・・体感としていかにHD振動を使いこなせるかがキモ。ほかのゲームとは違う仕掛けを発明したい。

(プレゼンテーションでは驚きの滑り芸?を披露していた須田さん。ノーモアヒーローズの新作をスイッチで開発中とのことです。)

グランゼーラ/九条一馬さん

スイッチで気になった点・・・重さや手に物が当たる感じを活かして、昭和の雰囲気がする麻雀ゲームを作ってみたい。

コーエーテクモゲームス/小笠原賢一さん

プレゼンテーションの感想・・・これまで任天堂が創り出してきた楽しさがすべて詰め込まれた感じで好印象。(中略)反面、ネットワークサービスに関する具体的な発表がなかったところが残念。

(ネットワークサービスについては詳細の公開が求められますが、開発者もまだ詳しくは知らないようなのは意外です。細かなところは今後詰めていくんでしょうか?)

コーエーテクモゲームス/早矢仕洋介さん

プレゼンテーションの感想・・・任天堂のハードの歴史の総決算という印象。

コーエテクモゲームス/藤重和博さん

プレゼンテーションの感想・・・価格も思ったより安く盛り上がりに期待。まずは3月3日のハードの発売と同時に「信長の野望・創造 with パワーアップキット」と3月30日に「三国志13 with パワーアップキット」をリリースする。これからも新しいハードを開発者としても盛り上げていきたい。


PART1は以上です。

全体的にスイッチの「価格の安さ」「持ち運びができる利便性」「HD振動などのギミック」「ゼルダなどのソフト」などを評価している声が目立っていました。

一方でまだハードの詳細が伝えられていないようなことを示唆する回答などもあったのが少し気にかかります。新ハード立ち上げ一年くらいは特にソフトメーカーとがっちりタッグを組んでソフトを集めてほしいところですね。


名探偵コナン第847話「千葉のUFO難事件(前編)」感想

1483539797961[833]
今週のコナンは千葉刑事がメインとなる原作前後編の前編です。
以下ネタバレしていますので、ご注意ください。

~OP

警視庁。
千葉刑事の顔を見ただけで顔が赤くなる三池苗子さん(笑)
三池さんあれほど美人なのに千葉刑事が全く意識していないのがもどかしい・・・wホントに幸せ者ですよ。

千葉和伸。千葉刑事のフルネームですが、確かこれが初登場だった気がします。
高木刑事の方は下の名前も声優さんの名前そのままなわけですが(高木渉)、千葉刑事は千葉一伸さんなので一が和に変わっています。(読み方もですね。)

OP~ 

千葉刑事と三池苗子の子ども時代の回想。(以前放送された振り返りです)

赤信号を渡ろうとする苗子を止める少年・千葉。
正義感が強いのはこの頃からだったんですね。でも普通いきなりこんな風に厳しく言われたら嫌いになっちゃう人もいるかもしれないと思いますが、三池さんは純真な子だったんでしょう。 

そんな千葉を見て「宇宙に千葉一人になっても彼氏にはしたくない」と揶揄する同僚たち。
三池さんの堪忍袋の緒が・・・。

まあ自分の好きな人のことをあれだけけなされたら腹も立ちますよね(^^;)
でもそこで三池さんが取った行動が、「千葉刑事にダイエットの方法やメタボのリスクをまとめたファイルを送り付けること」っていうのがかわいいですw地道だなあ・・・。
 
一方で毛利探偵事務所には和田陽菜が。
昨年放送された二時間SPでも登場した、蘭の空手のライバルです。
依頼は「宇宙人を探せ」。

小五郎への依頼が年々カオスになってきている気がしますねw浮気調査とか人探しのような普通の仕事をしている描写の方が珍しくなっています。

和田陽菜がUFOを目撃した現場にやってきたコナンたち。
以前の事件でジョディの友人・澁谷夏子が突き落とされた階段です。

ここで過去の事件が出てくるのは意味深ですね。澁谷先生はいったい何者なんでしょうか?(澁谷夏子をご存知ない方は緋色シリーズをご覧ください。) 

そんな中和田陽菜の通う杯戸高校にやってきた四人。
ここでは最近不可解な殺人事件が起きたのだとか。 そしてそんな現場に忍び込むコナン達。相変わらず警察の警戒が緩いw

現場にきた千葉刑事に事件のあらましを聞く一同。

殺害されたのは雑誌編集者の中津さん。コンクリートにめりこんだ状態で窒息死していた。(コンクリートで窒息したのではなく袋状のものを被せられた)

そしてその隣には仰向けでフード姿の男、朽木さんが倒れていた。彼は袋状の凶器を持ってはいなかった。また彼は「宇宙人が宙を浮いて中津さんを殺した」と証言。

今回は容疑者が現時点で朽木さんしか出てきていませんので、まず間違いなく犯人はこの人で決まりでしょう。 
問題は凶器がどこに消えたのか?そして宇宙人が中津さんを殺したという証言の意味。なんでも防犯カメラに横長の影が消えていく様子が取られていたのだと。

うーん、単純そうな事件に見えますが、あの影と袋で窒息というのがどうつながるのかさっぱり分かりませんね。固まっていないコンクリートとかいかにも怪しいので、またコナン特有の理科の実験的トリックが登場するのかもしれませんw(何かを飛ばして袋を移動させたとか・・・?) 

それにしても和田陽菜はずいぶんと明るく天然系のキャラですね。
意外と新キャラとして準レギュラー化したりするんでしょうか?コナンは早速”陽菜ねーちゃん”と呼んでいますがw

さて、来週は後編。 
トリックや事件の真相はもちろんですが、千葉刑事と三池苗子さんの恋の行方も気になりますね。

個人的評価 : 8 (満点10)

ゲームソフト発売予定・2月2日週/NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO、ハコボーイ!ハコづめBOXなど

今週は年始商戦空け、かつ月初めということで、発売タイトルは少なくなっています。


忍者対戦アクションとして世界で人気を誇るナルティメットストームシリーズの最新作はPS4で登場。本作は昨年発売されたナルティメットストーム4に新たな要素を追加した完全版です。

ナルトの息子であるボルトが主人公の映画『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』を題材とし、新モードと新キャラクターを加えているそうで、追加要素だけでゲーム新作一本分ほどのボリュームがあるみたいですね。

今作はシリーズ最終作であることが明言されており、集大成として制作されているとのこと。公式サイトはこちら。


アクワイアによる人気のアクションアドベンチャーであるアキバズトリップシリーズ。秋葉原を冒険できるのが醍醐味の一つとなっています。

本作は2の廉価版的な位置づけのタイトルですが、追加要素としてTVアニメのキャラクターの衣装などが登場するようです。対応プラットフォームはPS4。
初回特典としてTVアニメの第一話DVDやDLCなどが付属するようです。公式サイトはこちら。


3dsのダウンロードソフトとして人気を博したパズルアクションゲーム、ハコボーイ!シリーズ。その過去二作(ハコボーイ!&ハコボーイ!もうひとハコ)と新作一本(さよなら!ハコボーイ!)をまとめたパッケージタイトルがセットの形で任天堂から3ds向けに発売されます。

上記のハコづめセットではパッケージに加え、キュービィのamiiboとオリジナルサウンドトラックも同梱されますので、シリーズ遊んだことがない方にとってはお得なセットとなっています。(数量限定らしいので興味ある方はお早めに購入されることをおすすめします。)

ちなみに新作である「さよなら!ハコボーイ!」はダウンロード専売で単体購入することもできます。税込で680円となっています。


(ダウンロード専売タイトル)

・LET IT DIE(PS4)
おなじみ須田剛一さんのグラスホッパーマニファクチュアが手掛けるサバイバルアクションゲーム。価格は100円で、別途アイテム等のゲーム内課金ありとなっています。ローグ式ダンジョンで装備品を調達しながら進む、ハクスラ要素も楽しめるほか、PvPのプレイヤー間対戦もできるそう。ちなみに2017年3月9日には、様々な特典を封入したパッケージ版も発売される予定です。

・さよなら!ハコボーイ!(3ds)
上に書いた通りなのですが、ハコを上手く活用してステージクリアを目指すパズルゲーム。ちょっとしたひらめきが問われます。680円。

・プランテラ ガーデンライフ(3ds/WiiU)

・限界!山積みバトル(3ds)

などが発売されます。

またスマホアプリ「ファイアーエムブレムヒーローズ」も2月2日より任天堂から配信されます。
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。

連絡先:entertainment3150manエンタメgmail.com

(お手数ですが"エンタメ"を@に置き換えてください。また"返信がない=気付いていない"なので、Twitterやコメント欄から連絡された旨をお知らせください。)
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村