エンタメ最高マンの家庭用ゲームブログ

RPGにADV、アクションにシミュレーションなど、幅広い家庭用ゲーム(携帯ゲーム機ソフト含む)のおすすめ作品とレビュー、そして新作情報やゲーム関連のコラム(&コナンのTVアニメの感想)を書いていくブログです。 いただいたコメントにはその全てに返信いたします。ぜひお気軽にご意見・ご感想をお寄せください!

ご覧いただきありがとうございます! 全力で良質な家庭用ゲーム作品をご紹介していきます!

ちゃんとした記事を書かねば!というプレッシャー

ブログに大きなアクシデントがあってから今日でちょうど二か月が経過。
お陰様でようやくGoogleの文字を見ても落ち込まなくなってきました(笑)

(なんのこと?という方は以下の記事をご覧ください。)

実は先日Googleに一度限りの異議申し立てを行ったのですが、結果として残念ながら却下されてしまいました。そのため私はグーグルアドセンスを半永久的に利用できないことになってしまった形です。様々なアドバイスを多くの方から頂いたのに、このような不甲斐ない結果となってしまったのは、私の力不足にほかなりません。

とはいえそれももう終わったこと。
更新頻度は落としつつ、ブログはこうして細々と続けています。

ただここのところの私の悩み。
それは更新頻度と共にブログとしてのクオリティーも落ちているということ。(ついでにアクセス数も…w)

こればかりはモチベーションの問題なので「明日から解決します!」と宣言できないのがもどかしいところなんです(^_^;)

ルーティン記事の更新と毎週日曜日のメインの更新が今の運営形式ですが、「これでいいのかな~…」とはいつも思っています。以前はほぼ毎日更新の上にもうちょい気合いが入っていた(自分比)こともありますし。
”たまにはちゃんとした記事を書かないといけない”。
そんなプレッシャーが心のどこかにあるんですよね。

とはいえ今年は例年と比べて圧倒的に忙しいこともあるので、この程度の更新内容を維持するだけでも精一杯というのが正直なところ。

……なんだか見苦しい言い訳になってきたw

というわけで無理はせずに趣味レベルで続けていきたいと思いますので、こんなブログでもいいよ!と言ってくれる方がいらっしゃるなら、これからもよろしくお願いしますm(..)m



Switchは名作揃い!おすすめタイトル総まとめ&プレイ全作品レビュー!

(追記8/2018年4月22日・8タイトル追加)

ニンテンドースイッチではパッケージタイトル・ダウンロード専売タイトル問わず、多数の素晴らしいゲームが発売されています。

この記事ではそんなスイッチで私がプレイした全作品を一挙にレビュー!
人気作はもちろん、隠れた名作・傑作も含め、様々なジャンルのソフトの簡単な感想と評価をまとめていきます

また今後私が新しいソフトをプレイするたびに、この記事にそのソフトのレビューも追記していきます。

この記事についてはこれから長期的に更新し、ニンテンドースイッチのおすすめ作品一覧のような形(レビューのアーカイブ機能も兼ねて)にしていくのが目標です!
この記事が、皆様のスイッチでの魅力的なソフト探しの一助となれば幸いです。

(※一部、他ハードでプレイ済み作品のスイッチ向け移植タイトルも取り扱いますのでご了承ください。また順番は基本的には購入順です。)

スイッチ

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド



オープンワールドゲームとなったゼルダシリーズの最新作。
広大なフィールドで何をするのも自由というシリーズのお約束が大きく見直された革新的作品です。
複雑に入り組んだ大型のダンジョンは少ない分、祠の謎解きやフィールドそのものの地形を利用したギミックなどが多数用意されており、携帯機でもあるスイッチの特性に合わせ、「大作だけどサクッと遊べる」作品に仕上がっています。

各方面で絶賛を浴びる素晴らしいタイトルとなっていますので、悩んでいる方は購入して損はしないと思います。
レビュー記事リンクニンテンドースイッチ/ロンチ作品簡単レビュー<ゼルダ ブレスオブザワイルド、1-2-SWITCH>編

1-2-SWITCH

1-2-Switch
任天堂
2017-03-03


テレビ画面を見て遊ぶのではなく、他のプレイヤーと目を合わせて遊ぶ。パーティーゲームにそんな新たな一石を投じたのが本作です。

20以上の様々な対戦型のミニゲームが収録され、大勢が集まる場での破壊力はなかなかのもの。どれもルール、操作が単純な分、普段ゲームをプレイしない人とでも気兼ねなく楽しめます。HD振動やジョイコンといったハードならではの要素を加えているのも〇。ただし一人で遊ぶと悲しくなるのでご注意を。
関連記事リンクPS4の新作情報、1-2-スイッチ個人的ミニゲームランキングなどゲーム雑記

ぷよぷよテトリスS



ぷよぷよとテトリスのコラボレーションタイトルとして生まれた”ぷよテト”のニンテンドースイッチ版。
ゲームの内容自体は概ね他機種版と同じですが、テーブルモードでのおすそわけプレイがとても便利で、本体とソフトが一つずつあれば気軽に対戦プレイが可能。

二大パズルゲームがうまく合わさったルールもいくつか収録され、まさに決定版と呼ぶにふさわしい内容となっています。HD振動にも対応しています。
レビュー記事リンクニンテンドースイッチ/ロンチタイトル簡単レビュー<ぷよぷよテトリスS、スーパーボンバーマンR>編

スーパーボンバーマンR

スーパーボンバーマンR
コナミデジタルエンタテインメント
2017-03-03


旧ハドソンの人気シリーズ・ボンバーマンがスイッチで大復活を遂げたのが本作。
発売当初はラグやモードの少なさで大変に悪評が出回っていましたが、継続的なアップデートによって、現在は少しずつ評価も高まってきています。

爆弾を置いて相手を吹き飛ばすというシンプルなゲーム性で対戦プレイはやはり盛り上がりますし、ストーリーモードも面白い。対戦アクションを探している方は選択肢に入れてもいい出来になってきたと思います。
レビュー記事リンクニンテンドースイッチ/ロンチタイトル簡単レビュー<ぷよぷよテトリスS、スーパーボンバーマンR>編

VOEZ(ヴォイズ)

1489912888693

ダウンロード専売タイトルとして2500円で発売中のリズムアクションゲーム・VOEZ。(2018年1月11日にはパッケージ版も発売。)

安価な値段とは裏腹に収録曲はなんと150曲ほどという大ボリュームで、そのどれもが素晴らしい曲ばかり。いろいろなジャンルが一堂に会し、まさしくリズムゲームのおもちゃ箱とでも形容したい作品となっています。操作性も良好、とても爽快で、ゲームオーバーの概念がないためリズムゲームが苦手な方でも問題なく楽しめます。
レビュー記事リンク特大ボリュームの爽快リズムゲーム!Switch版VOEZレビュー!

ARMS

ARMS
任天堂
2017-06-16


バネのようなのびーる腕のキャラを操作して戦う格闘アクションゲーム。
任天堂の新規タイトルとして発売された本作は、格闘ゲームでありながらシューティングゲームのようでもあり、また1vs1のバトルだけでなく、協力プレイや2vs2、バレーボールにバスケットボールといった個性豊かなルールが収録。アームの種類も豊富で自分に合った構成を考える楽しさもあります。

さらに体感型ゲームとしての側面もあり、ジョイコンによるモーション操作も可能で、直感的なプレイが可能となっています。おすそわけプレイもでき、顔を突き合わせてのマルチプレイでその魅力が何倍にもなるタイトルです。
関連記事リンクARMSの真の面白さに気付いた!その他任天堂系の情報のまとめ

ドラゴンクエストヒーローズ1&2 for Nintendo Switch



ドラクエ無双ともいうべきアクションRPGである「ドラクエヒーローズ」のシリーズ2作品がセットになったパッケージ。

スイッチ版は”シドー”の追加やライアンの追加、HD振動への対応といった新要素も収録されています。
歴代ナンバリングのドラクエ作品のキャラやBGMが登場するなど、ファンとしては嬉しいクロスオーバー的な側面もあり、お馴染みのモンスターをなぎ倒していく爽快感もあります。純粋なアクションとしては珍しくタワーディフェンスの色合いがあり、また敵が固いために作業感も感じられますが、十分楽しめる作品です。

グーの惑星


 
ネバネバの生き物である「グー」を操って、さまざまなミッションに挑んでいく物理アクションパズルゲームである本作。ダウンロード専売で価格は1000円です。
バランスや効率、ステージごとのギミックの利用なども考えつつ、可愛らしいグーをゴールに導いていきます。

よく考えてプレイしないとグーが崩れてしまったり足りなくなってしまったりするので、頭を使いながらじっくりと遊ぶのに適したタイトルです。パズルアクションが好きな方はぜひ。

マリオカート8デラックス



WiiUで発売されたマリオカート8に追加要素を収録した完全版となるデラックス。
特にバトルモードがかなり充実しているのが特徴で、「パックンvsスパイ」や「ふうせんバトル」など5種類のルールを収録。

レースではアイテムを二つ持てるようになったり、3段階目のドリフトも追加。Splatoonシリーズなどからガール・ボーイといった新キャラも追加されています。
レビュー記事リンクマリオカート8デラックス レビュー!対戦が熱いレースゲーム決定版!

中毒パズル レベルスプラス

パズル中毒

その名の通り、確かに中毒性が高いRPG風のパズルゲーム。ダウンロード専売作品で700円となっています。
青いのが味方パネル、赤いのが敵パネル、黄色いのがお宝パネルで、同じ数字のパネル同士をくっつけるとレベルが一つアップ。お宝のレベルや味方のレベルを上げつつ、敵パネルをどんどん消していって高得点を目指していきます。

どの順でどのパネルを消すかによって状況が一変するのが面白く、スコアアタックに延々と挑戦してしまうような魅力があります。

Splatoon2



スプラトゥーン2はもはや説明が不要な作品かもしれません。
インクを塗り合って戦ういわゆるTPSアクションゲームですが、独自のジャイロ操作は慣れると思い通りにイカを操ることができて気持ちいい。

ナワバリバトル、ガチエリア・ガチヤグラ・ガチホコ、サーモンランなど多様なルールで対戦/協力プレイが可能で、シンプルなルールから想像が付かないほど立ち回りの奥深さが実感できる作品です。やればやるほどハマってしまう。「最初から美味しいスルメイカのような作品」と名付けておきます。
関連ページリンクSplatoon2記事カテゴリ(レビュー・攻略・プレイ日記等)

レイジングループ

1502889793592

ケムコによる人狼をテーマにしたサスペンスホラーノベルアドベンチャーゲーム。ダウンロードソフトとして3000円で配信されています。

バイク事故で偶然たどり着いた休水集落で発生した謎の怪異に巻き込まれて死んだ主人公は、自らが最初の夜に戻ったことに気が付きます。この”死に戻り”というループを繰り返し、怪異の謎・人狼の正体に迫っていく物語が展開されます。

先が読めないハラハラドキドキ・やめどきが見つからないシナリオ。魅力的で個性的なキャラクターたち。人狼ゲームの面白さを詰め込んだ裁判のような「宴」。伏線が少しずつ紐解かれていくカタルシスもお見事!大ボリュームなので完全クリアまで30時間はかかると思います。ちなみにPS4ではパッケージ版も発売中。おすすめです!
レビュー記事リンク人狼がテーマのADV・レイジングループが最強に面白い!クリアレビュー!

DE MAMBO (デマンボ)



とにかく相手を吹っ飛ばす対戦型アクションゲームであるデマンボ。ダウンロード専売で1500円で配信されていますが、私はセールで500円だったので購入。

シンプルでスピーディーなアクションなので、戦略性というよりもパーティー性に特化したタイトルであり、一人プレイのモードはあるものの、マルチプレイが前提の作りという印象を受けました。協力プレイが可能なサバイバルモードも収録されています。

全体的に説明があまり親切ではないこと、価格が1500円というのは割高に感じられてしまうことなどが欠点と言えそうで、気になる方はセールなどのタイミングで安く購入されるのをおすすめします。

メゾン・ド・魔王

mezon

様々な機種に展開されているタワーディフェンス系のシミュレーションゲーム。ダウンロード専売で864円で配信中。

本作では魔王となってアパートを経営。住民としてやってくるモンスターたちに指示を出して勇者たちを撃退していく、という内容になっています。

可愛らしいへんてこなモンスターたちの生活を眺めているだけでも楽しいですが、アパートをグレードアップして住人たちを強く育てていくのも中毒性あり。クエストで勇者の襲来やハプニングなどもあり、戦略的に進めていくSRPGっぽさもあります。

クエストオブダンジョンズ



スイッチではまだほとんど登場していないローグライク系のダンジョンRPG。本作はフライハイワークスより800円のダウンロードソフトとして配信されています。(スイッチ版はアリーナモードという新モードが搭載されています。)

ローグライクとは風来のシレンやトルネコの大冒険で知られる入るたびに地形やモンスター、アイテムが変わる自動生成のダンジョンを探索していく不思議のダンジョンスタイルのゲームのこと。
この作品はウォーリア、ウィザード、アーチャー、シャーマンという異なる特徴を持ったキャラクターを選択し、オーソドックスでシンプル、それでいて骨太なダンジョン探索が楽しめます。

翔べよ!!ドラゴン!



DSiウェアとして配信された同名タイトルのスイッチ版。価格は300円で、新たにおすそ分けプレイに対応した二人プレイモードが収録されています。
本作は3人の格闘家が修行のために延々と滝を登っていく縦スクロールのアクションゲーム。高得点を目指してどんどん上にジャンプしていくだけのシンプルなゲームですが、これがなかなかどうして地味に面白い。

エンドレスなゲームで目的こそありませんが、鳥を足場にコンボを稼いで一挙高得点!といったプレイングもできますし、ちょくちょくボスも登場したりと、スコアアタックが熱い作品。ジャンプアクションとしての手触りも良好で、この値段なら十分楽しめる内容だと思います。

ぺんぎんくんギラギラWARS

1506151136552

アーケードのアクションゲームとして生まれたペンギンくんが、スイッチで1800円のDLソフトとして大胆なアレンジと共に復活!

10個のボールを投げ合って相手のHPをゼロにした方が勝ちという「ドッジボール」と「ホッケー」を融合させたような対戦型のアクションゲームで、もちろんおすそわけプレイにも対応。各ステージに用意されたギミックや溜め攻撃のタイミング、反射する角度を計算するなど戦略性もあり、マルチプレイで盛り上がること間違いなしの作品です。

音楽やグラフィックにもセンスを感じられ、1800円という価格に十分見合った内容になっていると思います。
レビュー記事リンクSwitchでド派手に再誕!ぺんぎんくんギラギラWARSレビュー!手軽に楽しめる快作!

王だぁランド!

oudaa

自ら勇者を作り、その勇者で世界を冒険することも可能。逆に王様となってイスから動かずに好き勝手やることも可能。そんな1本で3度美味しいポイソフトの傑作が本作です。価格は888円。(3ds版もあります。)

個人的に特に推したいのが勇者の育成モード。様々なランダムイベントを通じて勇者の特定のパラメータが強化され、また数多くのスキルを選んで自分好みの勇者を作ることができます。これがパワプロくんのサクセスモードとかなり近い作りとなっていて、パワプロシリーズでオリジナル選手を作るのが好きな方にピッタリです!

また育てた勇者を使って冒険するモードではクエストや魔王討伐、アイテム収集などRPGでお馴染みの要素が楽しめます。
どのモードもボリュームたっぷりで、コストパフォーマンスもお見事。長く遊べる作品となっています。

謎解きメール

1507644532484

200問のちょっとしたクイズが収録された200円のダウンロード専用タイトル。
閃きが必要なものから発想の転換が必要なものまで、どれもそこまで練られた問題ではないとはいえ、価格の安さにしては暇つぶしになります。
大作のプレイ中の息抜きなどにも適しているのではないでしょうか。

ファイアーエムブレム無双



ファイアーエムブレムと無双のコラボレーションとして生まれたFE無双。
3すくみやキャラ選択といったFEらしい戦略性、キャラ・装備育成といったRPG的な要素に加え、無双シリーズの敵を一騎当千する爽快感が見事に融合した作品。

覚醒/イフ/紋章の謎からの参戦がほとんどであるというところは確かに残念ではありますが、それ以上にFEと無双のシステムの驚くべき親和性が生み出した完成度の高さは必見です。この手のコラボにしてはストーリーもなかなか綺麗にまとまっています。
レビュー記事リンクFE無双のクリア後レビュー!いつもの無双に戦略性が加わった傑作!

スーパーマリオ オデッセイ



久しぶりの完全新作・箱庭マリオである本作。今回はマリオとそのオトモ"キャッピー"の旅がテーマとなっており、様々な特徴を持った国がたくさん登場します。中でも都市の国・ニュードンクシティはシリーズとしても挑戦的なステージとなっており、本作の新しさを象徴しています。

また帽子を飛ばして色々な敵に乗り移る新アクション・キャプチャーによって、これまでになかった多数のギミックが生まれ、一本の中にこれでもかというほどの仕掛けが凝縮したタイトルになっています。今作のテーマ曲でもあるボーカル曲とともにシリーズの歴史を感じられる粋な演出も見物です。
レビュー記事リンクスーパーマリオオデッセイを購入!序盤をプレイした感想
関連記事リンク私がスーパーマリオオデッセイで撮ったおもしろ画像集
関連記事リンクスーパーマリオオデッセイ"Jump Up, Super Star!"歌詞を和訳してみた!

ザ・ブリッジ

1511685266354[1933]

白黒のどこか不気味な雰囲気が特徴の2Dパズルアクションゲーム。ステージを回転させることによって一見到達できなさそうなゴールを目指すシンプルな内容ですが、だまし絵のようなステージや、反重力や吸い込まれる渦など物理法則を超越したギミックが登場するステージなど、手強い謎解きを楽しめます。価格は990円とお手頃で、全24×2=48ステージが収録されています。

シノビリフレ -SENRAN KAGURA-

1511523375901

閃乱カグラシリーズのスピンオフタイトルとして発売されたDL専用ソフト。価格は1000円。
SwitchのギミックであるHD振動を生かし、飛鳥をマッサージするというネタゲームですが、凝ったシチュエーションや揺れ、仕草のリアルさなど、バカにできない内容になっています。”間違って”購入してしまう紳士が続出し、任天堂のe-shopで週間ランキング1位を獲得するほどの人気ぶりです。
現在は飛鳥のほか、追加キャラとして雪泉・紫が各1000円で配信中。
レビュー記事リンクHD振動はどんな感じ!?シノビリフレ閃乱カグラをレビュー!

ゼノブレイド2



モノリスソフトが贈る超大作のRPG。テイルズオブシリーズを彷彿とさせる今風のアニメチックなデザインですが、内容は驚くほどに硬派。複雑ではありつつも戦略性の高い疑似MMO的な戦闘システム・先が気になる大ボリュームのシナリオ・やりこみ度の高い育成要素・冒険心をこれでもかとくすぐる広大で仕掛けだらけの街とフィールド・豊富なクエスト・壮大な音楽...etcどれをとっても一線級というとんでもない作品になっています!不親切なところが散見されることさえ目を瞑れば、私は文句が何もありません!

JRPG(デザイン面・システム面・ストーリー面)が苦手、という方を除けばどなたにでもおすすめしたいです。
レビュー記事リンクゼノブレイド2のネタバレなし序盤レビュー!なんだこの面白さは!?
レビュー記事リンクこれぞJRPGの最高峰!ゼノブレイド2クリアレビュー!

ママにゲーム隠された!

1514121789829

ママに隠されたゲームを探し出す脱出系の謎解きアドベンチャーゲーム。見れば分かるように超がつくバカゲーで、あの手この手でゲーム機をゲットするハチャメチャな作品。私はこういうノリは嫌いではなく、なかなか楽しめましたが、500円という価格設定は人によって捉え方が異なるかもしれません。
レビュー記事リンクこれぞ一発ネタ!Switch版"ママにゲーム隠された"レビュー!

不思議の幻想郷 TOD リローデッド

hushigi

PS4/PSVITA版に続き、ニンテンドースイッチでも配信が開始された風来のシレン風のローグライクRPG。東方プロジェクトを題材としていますが、私のように一切知識がないプレイヤーでも楽しめるようになっています。また膨大なボリュームがありますので、はまればかなり長くプレイできると思います。ただしゲームオーバー時にアイテムがロストしないのは、不思議のダンジョンファンから賛否が分かれそうなポイントだと思います。(追記5・2018年1月5日)

Super Beat Sports(スーパービートスポーツ)

DTeAKn_UQAAAjRH

バットやラケット、ギターなどでリズムよくボールを跳ね返す、スポーツを題材としたリズムアクションゲーム。まさに任天堂のリズム天国ライクな作品で、シンプルなのに操作感が心地よく長く楽しめるという魅力もそのまま。

本作は5つのミニゲームから構成されており、そのうちの2つは4人対戦、3つは2人プレイも可能。この中でもホッケー的なルールのリズムラケットは超面白いです!価格は1600円と手に取りやすいのがいいですね。なお体験版も配信されています。(追記6・2018年1月14日)

マリオ+ラビッツ キングダムバトル



任天堂のマリオとUBIソフトのラビッツがコラボレーションしたシミュレーションゲーム。

マス目状のマップを動き回り、遠くから敵を射撃するシンプルなゲーム性に思いきや、味方と協力してジャンプすることで一気に距離を離したり、スライディングと組み合わせて効率的にダメージを与えたりと、その戦略性の高さには驚きました。

各ステージを探索してコレクションアイテムを収集する要素や、カスタマイズによって自分好みの戦い方を探す楽しみもあります。

全体的に難易度はかなり高めで、しっかり考えて動かさないとすぐにゲームオーバーになってしまうバランス。ストーリー性がないに等しいのは気になりますが、SRPG好きは購入を検討する価値アリだと思います。(追記7・2018年2月2日)

ポイソフトのズン

poisoft-ZUN

ポイソフトのトランプカードゲーム。ズンというあまり知られていないマイナーなルールが題材のため、ルールの把握と戦略の理解に少々時間がかかりますが、価格の安さ(500円)を考えれば十分遊べる内容。おすそわけによるローカル対戦を付けてほしかったというのが正直なところではあります。

あなたの四騎姫教導譚

あなたの四騎姫教導譚 - Switch
日本一ソフトウェア
2018-03-08


見下ろし視点のステージクリア型アクションゲーム。ヒロインとなる4人の姫を教導騎士として育成するゲームとしては珍しいタイプの作品です。
攻撃の方法を場面ごとに使い分ける戦略性と姫の育成システムが想像していたより複雑で、慣れるまで面白さが分かりにくいのが難点ですが、ストーリーはなかなかに先が気になる展開で、テンポの良いアクションパートと噛み合っている印象。大作の合間に気楽にプレイするくらいがいいかもしれません。

Dear My Abyss

Dear my Abyss

登場キャラはシルエット、背景は水彩画のように滲んだグラフィックという特徴的なサスペンスノベル。価格は972円ですが、パッケージクラスのボリュームがある作品です。
燃えない本を題材としたオカルティックで神話的な世界観で、全体的に不気味でサスペンスフルな物語が展開。若干の百合描写は人を選ぶように思います。

FAST RMX

FASTRMX

近未来の世界観のハイスピードレーシングアクションゲーム。任天堂のF-ZEROを彷彿とさせるような作品です。

加速がとにかく重要なシステムとなっており、ブーストのタイミングやジェットの色変えなど、テクニックが向上すると楽しくなってくるタイトル。おすそわけプレイによるマルチプレイも可能となっています。

オーバークック スペシャルエディション

オーバークック

オーダーされた料理を効率よく作っていくアクション要素ありのシミュレーションゲーム。いわゆるピクミンのように、状況やステージ・役割分担などを臨機応変に考えながら、高いスコアを目指していきます。

こちらもおすそわけプレイによる協力マルチプレイに対応しており、これがまた最高に盛り上がります。おすすめです!

ロケットリーグ

ロケットリーグ

ジャンプやロケット飛行が可能な車を操作してサッカーをするスポーツアクションゲーム。全世界で大人気となっている有名作品です。

空中のボールに車体を当てるのが難しく、私はまだ一人前のプレイができませんが、上達してくるとかなりアクロバティックに動けるようになるみたいですね。こちらもパーティーゲームとしてマルチプレイが熱い作品です。

スチームワールドディグ2

DZI-xQHVAAYa_qP

スチームロボットを操作してつるはしで地中深くを掘り進めていく探索型の2Dアクションゲーム。その操作感の気持ちよさはさることながら、練りこまれたステージの仕掛けを解きながら先を目指していくメトロイドヴァニア作品としての完成度も高い。
さらにプレイヤーを飽きさせないよう、定期的に新アクションが追加されたり、ハクスラ的に能力を強化したりして移動範囲が広がっていくゲーム性もお見事です。価格は2000円ほどと高めですが、十分その額に見合う密度の濃い作品だと言えるでしょう。

蒼の彼方のフォーリズム



空を飛ぶことができる世界観における架空のスポーツ「フライングサーカス」を題材とした青春恋愛ADV。綿密な設定と細やかな筆致で架空の競技とは思えない熱さがある作品で、ただの恋愛ADVとは一線を画した名作。

私は普段スポーツもののノベルゲームや小説はほとんど手に取る機会がないのですが、この作品のパワーには圧倒されました。続編が楽しみで仕方ありません。

近日当記事に追加予定のソフト(一部)

・ダマスカスギヤ 東京始戦
・ザ フレイムインザフラッド
・ドンキーコングトロピカルフリーズ
・Song of Memories
・マリオテニスエース
・イース8


ソフト発売予定・2018年4月26日週/実況パワフルプロ野球2018など

今週も注目作が目白押し。DLソフトも含めると相当なタイトル数がリリースされる予定です。

パッケージタイトル




パワプロシリーズの最新作が2年ぶりに登場。対応プラットフォームはPS4/PSVITAで、進化したパワフェスモードやVRモードなどが話題となっています。



人気のSRPGシリーズの原点といえる作品がリメイクされてPS4/PSVITAで登場。シミュレーションパートが2Dから3Dに変更されるなど、2作目・3作目のシステムで楽しめるようになっています。



SDガンダムがSwitchで初登場。



ナルトを題材とした人気アクションシリーズの3部作をセットにしたトリロジーパッケージがSwitchで登場。

【PS4】Bravo Team (VR専用)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018-04-26



VR専用のファーストパーソンシューティングが登場。ストーリーモードはNPCやフレンドと2人1組でプレイする形式となっています。



閃の軌跡のシリーズ2作目がPS4で登場。こちらをプレイする前に零・碧の軌跡をプレイされることをおすすめします。



廃屋に閉じ込められた主人公たちの脱出を描く密室サスペンスADV。PS4/PSVITAで登場。



アルマジロが激走するシリーズの新作が3dsで登場。タワーディフェンスとアクションが融合した独特のゲーム性の作品となっています。



電脳研究部なる部活を舞台とした学園もの恋愛ADVがPSVITAで登場。



秘密を抱えた各ヒロインを攻略していく恋愛ADVがPSVITAで登場。

大戦略パーフェクト4.0 - PS4
システムソフト・アルファー
2018-04-26


戦争シミュレーションゲームシリーズの最新作がPS4で登場。



3dsで大ヒットを記録したクラフト系タイトルがSwitchで進化してパッケージ化。



料理旅館を舞台とした女性向け恋愛ADV。

ダウンロード専売タイトル

4/25
・サンリオキャラクターズピクロス 3ds

4/26
・暴れろ 動物たちよ! スマホでパーティー PS4
・剣と魔法と学園モノ。 Anniversary Edition Switch
・世界一長い5分間 Switch
・プリンセスは金の亡者 Switch
・不如帰 大乱 Switch
・KORG Gadget for Nintendo Switch Switch
・Jotun: Valhalla Edition Switch
・12 orbits Switch
・Vesta Switch
・Skypeace
・金沢将棋~レベル300~ Switch
・Buddy Collection if -宿命の赤い糸- Switch
・Woodle Tree Adventures Deluxe Switch
・MAX マジックマーカーと兄弟の絆 Switch
・妖かし恋戯曲 Switch
・アケアカNEOGEO ゴーストパイロット Switch

などが発売されます。

今週の一言

まずは先々週の答え合わせ。デスエンドリクエストは1.6万本予想で結果は1.5万本と的中!一方でスナックワールドトレジャラーズは4.5万本予想で結果は3.5万本とやや下振れ。しかし消化率は高めで、ところどころ売り切れも出ているようですので、来週以降粘りを見せてくれるのではないかと思います。

さてそんなわけで今週の予想。実況パワフルプロ野球2018のPS4版を初動13万本、PSVITA版を5万本と予想します。VR対応のこともありますし、売上比率はPS4に偏るのではないかと見ています。
また、うたわれるもの 散りゆく者への子守唄は合算で2.5万本ほどと予想しておきます。

Switch/ニンテンドーeショップ新作情報!2018年4月19日週

今週は8本の新作が配信、そして来週は現在公開されている時点でなんと14本が配信予定!ここまでくるとまとめるだけでも一苦労です(笑)

今週の更新内容

2018年4月19日配信開始タイトル

・ボクセルショット(800円) 
・WILD GUNS Reloaded(1800円)
・ニンジャストライカー(500円)
・真・電愛「みんなあげる!」~さくらえま~(500円)
・アケアカNEOGEO リアルバウト 餓狼伝説スペシャル(823円)
・グレコからの挑戦状!計算の城とオバケたち たし算(1080円)
・グレコからの挑戦状!計算の城とオバケたち ひき算(1080円)
・マンティコア ギャラクシーオンファイア(2100円,2018年4月20日配信)

今週配信作品のうちいくつかをご紹介。

ボクセルショット

コミカル調のおもちゃの世界で、様々な武器を使いゾンビたちを倒していくタイトル。対戦がメインで手軽にあそべるアクションゲームとなっているそうです。



ニンジャストライカー

ドット絵で構築された横スクロールアクションゲーム。簡単操作で爽快な2D忍者アクションが楽しめるタイトルで、フライハイワークスからの配信となります。


2018年4月26日配信開始予定タイトル

・剣と魔法と学園モノ。 Anniversary Edition(2980円)
・世界一長い5分間(3086円)
・プリンセスは金の亡者(5143円)
・不如帰 大乱(1000円)
・KORG Gadget for Nintendo Switch(5000円)
・Jotun: Valhalla Edition(1480円)
・12 orbits(240円)
・Vesta(972円)
・金沢将棋(1980円)
・Buddy Collection if -宿命の赤い糸-(864円)
・Woodle Tree Adventures Deluxe(600円)
・MAX マジックマーカーと兄弟の絆(1500円)
・妖かし恋戯曲(2980円)
・アケアカNEOGEO ゴーストパイロット(823円)

剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition

 可愛らしいキャラクターデザインとは裏腹に、実際の中身は硬派な3DダンジョンRPGである”ととモノ。”が復活。発売から10年が経ち、その記念としてのリリースとなるみたいですね。

世界一長い5分間 / プリンセスは金の亡者

日本一ソフトウェアがPS4/PSVITAで発売した2本の完全新規タイトルがそれぞれダウンロード専売タイトルとしてSwitchでも登場。

前者はラスボス戦から始まる一風変わったRPG。後者はお金がモノをいうユニークなアクションRPGです。

不如帰 大乱

カード収集やデッキ構築と言ったトレーディングカードゲームの要素と、シミュレーションゲームの要素が融合した作品。以前PSPで発売されたタイトルのリメイクタイトルです。



Jotun: Valhalla Edition

北欧神話をベースにしたアクションアドベンチャーゲーム。手書きのアニメによる特徴的な世界観が魅力の作品。




というわけで私は「不如帰大乱」は購入決定。音楽が作れるという「KORG Gadget」は興味がありますが、ちょっと値が張りますので悩みどころ。
以上今週のeショップ更新情報でした!

VR非対応のタイトルでもPSVRで没入感UP!

毎週火曜日のゲーム情報のまとめを簡略化して日曜日の記事に組み込むことにしましたので、その分火曜日は時々コラムや特集などを公開していこうと思います。

今回は以前から書こうと思っていたPSVRのちょっとお得な活用法。
すでにVRをフル活用されている方からすれば今更感があるかもしれませんが、まだ購入されていない方に「こんな魅力もあるよ!」ということがお伝えできればと思います。

PSVRでVR非対応ソフトを遊ぶと?

PSVRの専用・対応タイトルではなく、通常のPS4タイトルであっても、VRヘッドセットでプレイすることは可能です。

どうなるかというと、もちろん映像が3Dになるわけではありませんが、真っ暗の空間の中で目の前に大きなモニターが表示されるようなイメージ。
まさに映画館のスクリーンという表現がしっくりくるような感覚です。

これを利用すれば、例えばTVを使わなくてもPS4のゲームが楽しめるということ。
Nintendo Switchは携帯機としてTVからの独立を可能にしているわけですが、PS4はPSVRのゴーグルを使うことでTVと独立させることができます。

この機能はTVがリビングなどで独占できないような場面で重宝すると思います。

臨場感と迫力がUP!

映画をTVやスマホで見るのと映画館で見るのとでは没入感が全然違いますよね。
その一つの大きな要因はやはり画面の大きさだと思います。

その点VRゴーグルの画面は前述のとおり、まさしく映画館のスクリーンを彷彿とさせます。
眼前に巨大なモニターが映されるため、同じゲームでもTVで遊ぶ以上に臨場感と迫力を感じることができるんです。

私の場合、地球防衛軍5で押し寄せるアリやクモの大群に思わず身体がのけぞってしまいましたw

注意点

注意点を挙げるならば、解像度があまり高くないため、画質はTVでプレイするのに比べて少々落ちてしまいます。また画面が大きい弊害として、画面端に表示される情報を読み取りづらいこともあります。

加えて激しいアクションゲームなどは酔いやすいことも。個人差があるとは思いますが、私は地球防衛軍の場合30分おきに休憩を入れていました。

まとめ

VRゴーグルを付けると当然ゲーム画面以外の視界が遮られますので、余分な情報がシャットアウトされてより集中できる上、自宅のTVサイズと関係なく迫力あるゲーム体験ができるのがいいところ。

個人的にはあまり激しくないゲーム(や映画)、それこそRPGやADVなどとむしろ相性がいいのではないかと思いますね。(酔う心配がなく、情報把握に追われるケースが少ないという点で。もちろんタイトルにもよります。)



記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
自己紹介
ご覧いただきありがとうございます。ゲームやアニメ、小説などの娯楽作品大好き人間。家庭用ゲームのおすすめ作品や新作情報、ゲーマーの目線でのコラムなどを公開していきたいと思っています。
Twitterで更新情報をつぶやいています。ぜひ気軽にフォローしてください!またブログ関連の連絡などもお気軽に!
Amazonで商品を検索
ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
にほんブログ村